medibridges

代理出産・卵子提供コーディネーターブログ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断、アジア・ヨーロッパでの代理出産を提供しているコーディネーターのブログ。

2012年12月

28

本年もありがとうございました!

2012年も、残すところあとわずかとなりました。
ついこの間お正月を迎えたような気がするのですが、時が経つのは本当に早いものです。
今年も一年、当ブログをお読み頂き、弊社をご支援頂きまして、誠にありがとうございました。

baloon

医療の分野では、今年はiPS細胞の研究で京都大学の山中教授がノーベル賞を受賞したことが話題になりました。弊社も度々、iPS細胞のニュースを当ブログを通してお届けしておりますが、日本人の山中教授によるiPS細胞の研究が高く評価されたことは、とても喜ばしいことです。

iPS細胞は、ES細胞と同様に、さまざまな細胞への分化が可能であり、万能細胞とも呼ばれていますが、ご存知のようにES細胞が受精卵をもとに作られるのに対し、iPS細胞は皮膚細胞に遺伝子を導入して作製されるものです。ES細胞の作製には受精卵を用いることで、生まれてくるかもしれない命を犠牲にするとの意見があり、倫理的な側面からの問題が指摘されていましたが、iPS細胞は受精卵を利用せずに得られる万能細胞であるため、ES細胞が抱えていた倫理的問題の解決されたことで、画期的な研究と言われています。

このiPS細胞には、不妊治療の分野でも、大きな期待が寄せられています。
弊社で卵子提供プログラムを受けられる方の中には、先天的、あるいは加齢による卵巣機能の要因により、卵子が採取できない方が多くおられます。現在の医療では、このようなケースでは、第三者からの卵子提供を受けなければ、自身での治療は不可能です。

iPS細胞から卵子を作製することができれば、たとえ卵巣機能に問題があっても、患者自身の遺伝子を持つ卵子による不妊治療が可能になります。京都大学大学院の研究では、マウスでの実験で、iPS細胞から精子、卵子を作り出し、子どもを誕生させることにすでに成功しています。
また、子宮がん、卵巣がんなどの疾患によって子宮や卵巣を摘出した患者が、失った子宮や卵巣をiPS細胞により再生させるという可能性もあります。

もしこういった方法での治療が現実になれば、現在弊社でご提供している、代理出産、卵子提供という、第三者の助けを借りる形での治療が必要なくなるかもしれません。

医療の分野では、日進月歩で新しい技術が開発されています。
しかし、現在研究段階にある新しい技術が、一般の患者に手が届く形で実用化されるまでには、長期間を要します。
今悩んでいる患者にとって、いつ受けられるかわからない新しい技術の実用化を待つことは、現実的な選択肢ではありません。
私たちは、第三者の助けを借りなければご自身の子どもを授かることができない方々に、今できる選択肢のひとつとして、インドでの代理出産、ハワイ・タイでの卵子提供をご案内しております。

本年も、弊社のインドでの代理出産、ハワイ・タイでの卵子提供プログラムを通して新しい命がたくさん誕生しました。弊社のプログラムを通してお子様を授かられたご夫妻から、出産のご連絡や、お子様の成長するご様子をお知らせ頂く度に、私たちも大きな力を頂いています。

弊社の活動にご理解を頂き、ご協力くださっている皆様に、この場をお借りして、深く感謝申し上げます。
メディブリッジは、来年も、不妊治療のみならず、日本の医療では救われない患者たちに新しい手段をご提供できるよう、一層努力して参ります。

なお、弊社は、2012年12月29日(土)〜2013年1月6日(日)まで年末年始休業期間となります。
2013年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

良いお年をお迎えくださいませ。

記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2012 MediBridge Inc. All Rights Reserved




27

タイの万仏祭、マカプージャ!

こんにちは。
今年も残すところ、あと5日となってきましたね。
寒さも厳しくなってきていますが、弊社プログラムご提供先のタイとハワイは暖かい気候で過ごしやすいです。
さて、信仰心の厚いタイで行われる万仏祭の2013年の日程が決まりました。

thai 卵子提供


マカプージャMakkha Pujaとも呼ばれる万仏祭。
釈迦(シャカ,ブッダ)のもとに1250人の弟子が偶然集まったという伝承を記念した祭り。
たくさんの仏教徒が寺院に参拝し、花や食べ物を捧げ、僧侶にも食べ物を捧げる儀式も行われます。
釈迦がとなえた伝統的な仏教の教え、徳を積み心をきれいにし悪をよせつけないという教えに敬意を表します。
白い服をきることが良いとされています。

しかし現代のタイでは、数百年、仏教が国教であるにもかかわらず、若者がマカプージャのことを知らないというABAC大学の調査結果にタイ政府宗教局局長が懸念をしめしています。
ラオスやカンボジアでもマカプージャは行われているといいます。

来年、2013年の2月25日(月)とのこと、是非足を運んでみてはいかがでしょうか?


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2012 MediBridge Inc. All Rights Reserved




26

一生で作られる卵子の数はどのくらい?

おはようございます。
クリスマスも終わり、いよいよ年の瀬も間近ですね。
今年は例年に比べ寒い気もしますが、みなさま風邪などひかれてはいませんでしょうか?
段々と気ぜわしくなる時期ですが、そんな時こそゆっくりお風呂に浸かり、おいしいものを食べてお過ごしくださいね。

卵子の老化

さて、今年は「卵子の老化」や「卵子提供」等の今まで広く知られていなかったことがメディアや雑誌、新聞を賑わしましたね。

テレビの放送を見て、初めて卵子が老化するということを知ったという方も少なくなかったようですね。

そんな卵子ですが、女性が一生のうちに作る卵子の数というものはいくつかご存じでしょうか。
実は、一生分の卵子は、胎児のときに作られるのです。
胎内にいるときは、卵子のもとである原子卵胞が約200万個あり、年齢を重ねるごとに減っていきます。
出生時には既に約50〜100万個に減り、初潮を迎える年齢では約30万個までに減少します。

また、排卵の有無にかかわらず毎月1000個ずつ減っていきます。
37歳で約2万5000個になり、1000個を切ると閉経になります。
実際に排卵される卵子は一生で400個〜500個、1周期あたり1個ずつです。

このように年齢を重ねるごとに卵子の数は減少すると共に質も老化の影響をうけ易いといわれています。

婦人科や不妊治療クリニックで卵子の老化や現象で自己卵子により、妊娠が難しいと判断された場合は、卵子提供を選択肢のひとつとして、ご検討してみてはいかがでしょうか。
ご検討中の方、まだ迷われている方も是非弊社までご相談くださいませ。
ご連絡をお待ち致しております。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2012 MediBridge Inc. All Rights Reserved




25

メリークリスマス!!

メリークリスマス!
クリスマスの朝を迎えましたね!
昨晩はクリスマスイブ礼拝に出席させて頂きましたが、皆で美しいクリスマスソングを歌い、喜びを共有できるに感動いたしました。

メディブリッジクリスマス


クリスマスという日は、改めて他者への思いを考えさせられます。
家のない人々、病に苦しまれる人々、食べる物に苦労している人々、家族を失った人々、愛情に恵まれていない子供達などなど、国境や文化も超え、自分のことではなく、他者のことを考えされられる良い機会であります。

そう考えると、キリスト教のイベントと考えるより、全ての人に、このような再考できる日があることは大切ではないでしょうか。

メディブリッジは今後もミッションを胸に、人と社会に貢献できるよう努力して参ります。

ところで、皆さんクリスマス募金というものをご存知でしょうか?
クリスマスという良い機会に一度参加されてはいかがでしょうか?



記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2012 MediBridge Inc. All Rights Reserved




21

女性が子を持つ権利

こんにちは!
今日は冬至だけあり、とても厳しい寒さですね。
そんな中でも、今日は年末ジャンボ宝くじの販売最終日だけあって、弊社銀座オフィスの近くにある、銀座チャンスセンターでは見たこともないような長蛇の列でした。
今年最後の運を求める人々はやっぱり活気があります。

さて、今日は代理出産を行う女性の権利について少しお話ししたいと思います。
代理出産で有名である長野県の諏訪クリニックの根津院長は「代理出産」という本を書かれています。

女性の権利


こちらの本の序章で、根津院長は子供が産むことが出来ない女性とハンセン病患者を比較し、日本における子供を産むことができない女性は、ある意味差別的環境に置かれていると述べています。

ハンセン病患者は、らい病予防法や優先保護法の下に隔離され、日本社会から姿を消したような扱いを長年受けていました。
欧米がハンセン病患者を人として扱うようになった後でも、日本は差別し続け、ハンセン病患者が子供を産むものなら、強引に堕胎させるという、何とも恐ろしい扱いをしていたのです。
今になると、どうしてあんな扱いをしたのかと、以前、小泉元首相が謝罪したように社会はハンセン病患者の権利を認め始めました。

代理出産もアメリカやインドでは以前から行われていますが、日本では、子宮が奇形していたり摘出された女性が病院で代理出産の相談をしようものなら、門前払いのような扱いを受けるということも珍しくありません。
ただただ、人として、妻として、我が子が欲しい。
それだけなのに、日本では子供を産むことができない女性を差別し続けているように見えます。

日本人が同じ日本人の苦しみを理解せず、差別するだけで良いのでしょうか?
人は助け合い、痛みを認識しあって生きるものです。
日本においての代理出産の必要性をより深く考えることを、社会やマスコミ、医者、政治家、そして全ての人々がより真剣に検討する時ではないでしょうか?



記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2012 MediBridge Inc. All Rights Reserved




20

韓国でも進む晩婚化、体外受精で双子急増

おはようございます!
今日はこの冬一番の寒さだそうで、銀座も冷え込んでいます。
皆さん、外出の際は、しっかり着こんでお出かけくださいね!

さて、近年日本でも晩婚化の影響で不妊治療件数は増加していますが、お隣の国韓国でも、事情は同じのようです。

twin_baby_卵子提供


(朝鮮日報日本語版) 不妊治療で双子急増、晩婚の影響


18日午後、ソウル市中区の第一病院母児センター2階、新生児室。昨年1年間に新生児6560人が生まれ、韓国一の分娩(ぶんぺん)件数を誇るこの病院でここ3日間に生まれた新生児71人がベッドに寝ていた。病院関係者は「このうち7組(14人)が双子だ」と話した。最近生まれる子どもの2割は双子だという。

 このところ晩婚傾向が続く中、自然妊娠が難しい夫婦が体外受精や人工授精などを受けるケースが増加し、双子が生まれる割合も急増していることが分かった。

 第一病院の双生児出生率は2001年に2.61%、02年には2.18%だったが、10年には4.69%、昨年は5.35%にまで急増した。第一病院には「双胎妊娠クリニック」があり、特に双子の出産が多い。ほかの病院での双生児出産率も2000年代前半の1−2%から最近は5%程度まで増加した。

 統計庁による韓国の双生児出生率(三つ子以上も含む)は01年に1.80%、06年に2.42%、11年には2.94%を記録した。自然妊娠で双子が生まれる確率は0.43%程度だが、昨年韓国で双生児出生率は自然の状態に比べ6.8倍高かったことになる。双子の出生児の数は01年の9966人から昨年は1万3852人へと39%増加した。

 双生児出生率は、韓国国民の結婚年齢が高まるのに正比例して増加する傾向にある。統計庁の資料では、韓国の女性の結婚年齢は01年の26.78歳から11年には29.14歳まで上昇した。平均出産年齢も、01年の29.26歳から11年には31.44歳と2.18歳高まった。

 医学界ではこのような状況について、自然妊娠が難しい高齢女性が増加し、不妊治療などを受ける中、双生児出産率が高まっていると説明している。代表的な不妊治療の体外受精は、妊娠成功率を高めるために数個の卵子から受精卵を作り子宮に移植するため、双子が生まれる可能性が高くなる。昨年第一病院で双子を出産した女性のうち自然妊娠は37.2%、体外受精や人工授精は62.8%だった。

 双子の増加は、医療技術の発達と晩婚傾向が見られる米国など先進国でも共通の現象だ。米国の疾病統制予防センター(CDC)は、米国での双生児出生率(三つ子以上も含む)が1980年の1.89%から2000年には2.93%、10年には3.31%に増えたという集計結果を発表している。

 インターネット上の双子の親のコミュニティー「双子のママたちみんな集まろう」のキム・ヤンスク代表(46)は「双子は一度に授乳しなければならず、衣類や学費なども同時に2倍の費用が掛かるため、育てるのが大変だという側面もある。しかし双子がそれぞれ友人になった子と互いに交流し、友人も2倍になり、学業成績を競い合うなど肯定的な側面も多い」と話した。


晩婚化の影響によって日本でも体外受精件数は年々増加していますが、日本では、通常は1回に1個の受精卵を胚移植するのが一般的です。
受精卵をいくつ移植するかは、国や個々の病院の方針によって異なりますが、海外では複数の受精卵を移植するケースが多く、その分双子出産の確率は上がります。

弊社がご提供するハワイ、タイでの卵子提供プログラム、インドでの代理出産プログラムでも、複数の胚を移植することが多いため、中には双子を授かる方もおられます。
いきなり二人の赤ちゃんのママになるのは大変だろうと思いますが、幸せも2倍かもしれませんね!


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2012 MediBridge Inc. All Rights Reserved




19

『ハンガー・ゲーム』のエリザベス・バンクス 代理母が第2子を出産

こんにちは。
今日の寒さは、一段と厳しいですね。
ノロウィルスも猛威をふるっているようです。感染しないようにくれぐれも手洗い等しっかりとしましょう!

さて、本日は、代理母で第2子を授かった女優のエリザベス・ハンクスのニュースをご紹介いたします。

エリザベス・ハンクスの代理母が第2子出産

エリザベスバンクス



映画『ハンガー・ゲーム』『恋愛だけじゃダメかしら?』のエリザベス・バンクスに第2子が生まれたことが明らかになった。
 
エリザベス・バンクス出演 映画『ハンガー・ゲーム』
 
 エリザベスの公式ウェブサイトによると、マグナス・ミッチェルと名付けられた男の子は代理母を介して誕生したとのこと。エリザベスと夫でプロデューサーのマックス・ハンデルマンには1歳8か月の長男フェリックスがすでにいる。
 
 「2012年も終わりに近づき、感謝祭も間近となりました。プライベートでも仕事の上でも、大統領選でも感謝すべきことはたくさんありますが、第2子を迎えたこと以上の喜びと感謝はありません」とエリザベスは報告している。
 
 長男フェリックスも代理出産によって授かったエリザベスは、代理母になることを承諾してくれた女性と、代理出産をサポートしてくれた団体センター・フォー・サロゲート・パレンティングにも感謝を述べている。
 
 受精しても着床しないことがわかった後、代理母を利用する決断は難しいものだったとエリザベスはいう。「他人を人生に招き入れ、こんなにも重要なことを頼むのには勇気がいりました。妊娠を他人に委ねるのも精神的に困難でしたが、代理母の女性はすばらしい人で、今も家族の一員です。子どもたちにとって叔母のような存在なんです」と語っている。
 
 エリザベスは現在、3部作となる『ハンガー・ゲーム』の第2弾『キャッチング・ファイア(原題) / Catching Fire』の撮影中である。(BANG Media International)


エリザベスの言葉には、ずっしりと重みがありますね。




記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2012 MediBridge Inc. All Rights Reserved




18

ストーン・ローゼズのマニ(51)が双子のパパに!

おはようございます。
日に日に冷え込んできましたね。
万病の元、女性の宿敵冷えからカラダを守るため、色々なグッズが巷では出ていますね。
特にお腹、腰などが女性は皮下脂肪が多く、冷えやすいのでカイロなどで温めましょう。
また、冷えるとお腹をくだすだけではなく、冷えると腸の動きが固まり、便秘にも繋がりますので、暖かいお茶、白湯など摂取する様に心掛けましょう。

高齢出産


さて、イギリスのロックバンド、ストーン・ローゼズのベーシスト、マニがお父さんになったとのニュースが入りました。

ストーン・ローゼズ、マニに双子の赤ちゃんが誕生

金曜日(14日)、ストーン・ローゼズのベーシスト、マニと奥さんの間に双子の男の子が誕生した。
マニは奥さんのツィッター・アカウントを通じ、こう報告した。
「マニだ。今日、2人のゴージャスな男の子が誕生した。ジーン・クラーク&ジョージ・クリストファーだ。たくさんの祝福の言葉、ありがとう」

マニの出身地マンチェスターの新聞『Manchester Evening News』によると、シャーラタンズのフロントマン、ティム・バージェス、元ニュー・オーダーのピーター・フック、ケミカル・ブラザーズのエド・シモンズらがお祝いのツイートを返しているという。
マニは夏に妊娠のニュースを明かした際、「ダブル・ベースがやってくる」と話していた。


マニは御年、51歳。
双子の男の子とは、マニもロックな子育てを披露してくれるのでしょうか?
マニの今後に乞うご期待ですね。

記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2012 MediBridge Inc. All Rights Reserved




17

ハワイでの卵子提供プログラム

こんにちは。
弊社ではタイとハワイで卵子提供プログラムをご案内しておりますが、今日は日本人に人気の高いリゾート地、ハワイの特色についてお話し致します。

Hawaii


ハワイはリゾート地としても人気が高く、日本人にとっても非常に過ごしやすい環境が整っています。
では、どのような特色があるのでしょうか?

• 観光地としても人気の高いリゾート地である。
• 日本人が多く訪れており、日本人向けのサービスも充実している。
• 直行便も多くアクセスが楽。
• 恵まれた自然環境でリラックスしながら治療を受けられる。
• 医療技術が高い。
• 医療施設が整っている。

また、ハワイの病院は、医療観光に力を入れており、医療技術や医療施設の水準も高く、外国人のクライアントにも満足の行く対応を実現しています。
日本からは直行便も多く出ており、アクセスが比較的容易な場所であり、ハワイの環境を楽しめる宿泊施設も豊富です。
観光やショッピング、ビーチでのリゾートなど、治療に加えて多くの楽しみがあり、充実した滞在期間をお過ごし頂けます。

ハワイでの卵子提供プログラムをご検討中の方は、ぜひ一度お問い合わせください。

記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2012 MediBridge Inc. All Rights Reserved




14

メディブリッジの大切なこと、WIN-WIN関係

今年の漢字も発表になり、いよいよ年越しが意識されるようになりましたね!
今年の漢字は「金」とのこと、私としては意外でした。
ところで、「金」は家庭用妊娠検査にも使用されているのはご存じでしたか?
金コロイドナノ粒子を用いて、あらゆるところで金は利用されているんです。

今年の漢字



さて、弊社はハワイやタイでの卵子提供プログラムと、インドでの代理出産プログラムをパイオニアとして提供しておりますが、弊社がこれらのプログラムを行うにあたって、とても重要な考えがあります。


それは、WIN-WIN関係です。
「WIN−WIN関係」を簡単にご説明しますと、あるサービスを提供する側とそのサービスを利用する側が、相互に利益を得、円満な関係で良い結果を得ることを意味します。

メディブリッジのWin-Win関係


卵子提供や代理出産はとても倫理的であり、とりようによって肯定的にも否定的な考えも入り混じっております。
しかし弊社が考えているのは、新しい医療技術を否定するのではなく、重要なことはモラルとポリシーを持って行うことだと信じています。

そして大切なことは卵子提供や代理出産のステイクホルダーの考えを重視しなければならないということです。

代理出産であってはならないことが、依頼者側のご夫婦のみ幸せになり、代理母側の立場が不幸せになってはいけません。
卵子提供も同じく、依頼者側のご夫婦のみ幸せになり、エッグドナーが不幸せになってはいけないのです。

エッグドナーや代理母がご協力頂く過程で不安や苦痛がなく、ご協力頂いた後に、「やって良かった」、「また行いたい!」と言って頂けるサポート体制を確立しております。

幾つかのエージェントでは、エッグドナーや代理母に非常に悪い扱いをするところもございます。
そのような場所ではWIN−WIN関係は成立しません。
またそのようなエージェントを使うことは、卵子提供や代理出産を行う上で理想的ではないと考えております。

弊社はWIN-WIN関係をいつも念頭に入れ、皆が幸せになれるようなプロセスをご提供出来ればと常に心がけております。



記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2012 MediBridge Inc. All Rights Reserved




プロフィール

メディブリッジ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断プログラム、アジア・ヨーロッパでの代理出産をご提供しております。
このブログで不妊治療現場、世界の医療、弊社メディブリッジの思いなどなどなどあらゆる事をお伝えして参ります。

記事検索
ミッション
MediBridgeのミッション
  1. 1. 日本の医療制度で救われない日本人患者のサポート
  2. 2. 途上国の雇用促進
  3. 3. 医療のグローバル化支援
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 新年の御挨拶 −設立12年目になりました−
  • 新年おめでとうございます
  • 妊娠前の風疹抗体検査
  • ハワイでの卵子提供プログラム
  • 着床前診断について
  • エッグドナーボランティア募集
  • 大渕弁護士、出産で涙止まらず「本当に嬉しくて、感動」
  • 西村知美、不妊で悩んでいたとき相田みつを氏の言葉に出会い救われた…
  • 卵子を使わずに新生児マウス誕生? 英国とドイツの研究
  • メディブリッジのサポート体制
  • 弊社の着床前診断プログラム
  • 3Dプリンターで作った卵巣でマウスが妊娠!
QRコード
QRコード