medibridges

代理出産・卵子提供コーディネーターブログ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断、アジア・ヨーロッパでの代理出産を提供しているコーディネーターのブログ。

2013年02月

28

ハワイの芸術と文化のご紹介

おはようございます。
今日から3月13日まで、全国火災予防運動習慣です。
空気が最も乾燥するといわれている2月の終わりから3月中旬まで。
昔は自治体等の方々が拍子木を持って、「火の用心、マッチ一本、火事のもと」と町内を回られていましたね。
そんな冬の風物詩も今ではすっかり行うところも少なくなりましたが、気を付けましょう。

hawaii 卵子提供


さて、弊社では、卵子提供プログラムをタイとハワイでご提供しております。
今日は、ハワイの文化と芸術を少しご紹介いたしますね。


ハワイは様々な民族が暮らし、文化、ライフスタイルがアロハ・スピリットで一体となっている人種のるつぼです。
オアフ島の史跡を見れば、ハワイ先住民の威厳ある歴史が見えてきます。
イオラニ宮殿、カメハメハ大王像、ワイキキ・ビーチのデューク・カハナモク像、ビショップ・ミュージアムなど、ハワイの歴史に貢献した人物を称える貴重なランドマークがたくさんあるオアフ島。
島の伝統、フェスティバル、さまざまな国の料理が融合し、変化してきたこの地ならではの新しい形の文化が広がっています。


農業が盛んになった19世紀後半、中国、日本、ロシア、朝鮮、プエルトリコ、ポルトガル、フィリピンから大勢の労働者がプランテーションに仕事を求めて移住したことで、幅広い文化が入ってきました。
オアフ島のご当地グルメ を味わい、様々なフェスティバルに参加すると、それら豊富な文化に触れられます。
ハワイ・プランテーション・ビレッジなどでツアーに参加したり、オアフ島の美術館・博物館を訪れると、ハワイの多民族文化のルーツについて理解がより深まります。


現代のオアフ島は過去と現在が魅力的にミックスしています。
ビジネスマンと農民や職人、東洋の哲学とテクノロジー、音楽、ダンス、演劇。今もなおハワイの伝統と習慣を受け継ぐ地元文化、そして各国の文化が見事に融合された芸術は島の宝です。
ハワイ文化の豊かな遺産は21世紀の現代に受け継がれ、アロハ・スピリットはハワイの人の心に時代を超えて残っています。

ハワイでの治療をお考えの方は、ぜひハワイの文化や芸術を楽しまれてくださいね。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




27

新型出生前診断のゆくえ

こんにちは。
今年は、例年より寒く熱海や偕楽園の梅園や河津桜が見頃になる時期が少し遅い様です。
視覚、嗅覚共に楽しませてくれる梅や桜が待ち遠しいですね。

さて、民間の会社にて新型出生前診断をあっせんするサービスを開始することが発表され、産婦人科学会では賛否両論が巻き起こっています。

シーケノム


血液使う出生前診断、民間が先行開始へ 学会指針発表前

妊婦の血液で胎児にダウン症などの染色体異常があるか判定できる新型の出生前診断について、東京都内の民間会社が、米国での検査をあっせんするサービスを始めると発表した。
この検査は安易な人工中絶につながる心配もあり、日本産科婦人科学会(日産婦)は3月に対象年齢や施設を限定する指針を発表する予定だった。
学会関係者からは指針が骨抜きにされかねない、との声が上がっている。


この会社は昨年9月に設立され、業務内容は「不妊、妊娠、出産に関わる海外検査の提供」という。
担当者によると、グアムやハワイ、米国西海岸の3カ所の医療施設と提携。
妊婦が渡航して採血、米国の検査会社シーケノム社で判定する。
費用は約35万円で別に渡航費が必要。
「都内のクリニックでも採血できるよう調整中」という。


国内では国立成育医療研究センターや昭和大、大阪大、兵庫医科大など数十カ所の医療機関が、日産婦が3月に指針を完成させるのを待って、シーケノム社に依頼して行う計画だ。
この検査には「命の選別につながる」との批判があり、日産婦は検査対象や実施施設を限定する指針作りを進めている。
昨年12月に公表された指針案では、
(1)ダウン症や検査結果の意味についてきちんと説明するなど、十分な遺伝カウンセリングができると認定した施設に限って行う
(2)35歳以上の高齢妊娠や超音波検査で胎児に染色体異常が疑われる妊婦に限る、とした。


国内では、未だ是非が問われている新型出生前診断ですが、3月には具体的な指針を発表する予定とのことです。
民間会社でも都内のクリニックでの採血後に米国で検査を行うことを調整中とのことですが、まだまだ時間がかかりそうですね。

記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




26

ホワイトデーには白いカラー

こんにちは。
先日の、東京マラソンは多くの人で賑わいましたね。
様々なコスチューム姿が見かけられましたが、今回、2020年東京オリンピック・パラリンピックを招致するために、世界へ向けてアピールも行われていました。
声援に訪れた観客も多く、日本のスポーツ好きをアピールできたのではないでしょうか。

whitecalla lily

さて、今日は銀座ソニービルで開催されるホワイトデーに向けたイベントをご紹介いたします。

東京都・銀座ソニービルでホワイトデーに白いカラーをプレゼント

東京都・銀座 ソニービルは、3月1日〜14日の期間、3月14日のホワイトデーに向けて、「『Ginza Flower Letters』第8便 ソニービルがお届けする季節の花だより〜ホワイトデーはカラーを贈る日〜」を開催。
会場では、300本の白い“カラー”の花を展示する。

○「美」を象徴するカラーでホワイトデー

「Ginza Flower Letters(ギンザフラワーレターズ)」は、それぞれの季節を代表する花卉(かき)を展示するイベントで、2011年5月から実施している。
バレンタインには、男性から女性へ花を贈る習慣を応援する「フラワーバレンタイン」のイベントをソニービルにて開催した。

第8便となる今回はホワイトデーにちなみ、千葉県、愛知県、熊本県から300本の白いカラーを取り寄せ、1Fエントランスホールで展示する。
花の名の「カラー」の語源は、ギリシャ語の「Kallos カロス(美)」からきており、「美」を象徴する花として知られているという。
イベント期間中には、日時限定で来館者にカラーの切り花をプレゼントする。

「Ginza Flower Letters」第8便は、3月1日〜14日の11時〜19時に開催。
カラーの切り花のプレゼントは、3月1日の13時・15時に各回先着150名に1階エントランスホールにて実施する。
3月14日は12時から男性先着100名に、1階エントランスホールにて配布する。

また、3月1日の13時30分から、ソニービルを起点に歌舞伎座周辺までカラーを手にフラワーウォークを実施。
途中、すずらん通りにて50本を配布する。
さらに3階の「THE KISS Anniversary GINZA SALON」では、3月9日・10日の11時〜19時まで、ホワイトデー限定商品の購入者にカラーの切り花をプレゼントする。


カラーの花言葉は「乙女のしとやかさ」です。
バレンタインのお返しに、女性へホワイトカラーをプレゼントするのもいいですね。

記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




25

不妊治療のお薬と付き合う

こんにちは。
今日も天気は良いですが冷え込みます。
しばらく厳しい寒さが続くそうですのでお体に気を付けてください。

桜


不妊治療に使われる薬に対して皆さんはどういうふうに考えていますでしょうか?
副作用で大変な思いをしたと聞くこともありますね。

不妊治療で使われる薬は妊娠を助ける薬なのですが、不妊治療を始める人の多くは、なるべく自然の形で妊娠したいと望んでいるため、薬を使うことへの不安も少なくありません。
不妊治療で使われる多くの薬は、妊娠しにくい状態にある体の不都合な点を補正し妊娠に向かわせるきっかけをつくりだす、「妊娠を助ける」薬です。

薬をむやみに怖がるのは妊娠のチャンスを逃すことになりかねません。
納得のいく治療を受けるためにも、薬の持つ効果と副作用をその両面から正しく理解する事が重要です。
主治医に治療に使われる薬の使い方や薬の特徴、副作用などを説明してもらい、理解してください。

副作用については薬にもよりますが、頭痛や悪心、目のかすみなどが主にあげられます。
もし薬に副作用や抵抗感があったときは、副作用を心配して排卵誘発剤は使わないでほしいという方もいます。
しかし、自力での排卵が無い、もしくは何らかの原因で排卵しにくい状態なら排卵誘発剤は必要です。
排卵誘発剤は、治療の前や途中で副作用が起こる可能性があるかどうか、おおよそ予測が立てることができます。
超音波検査でチェックしながら、必要に応じて薬の量を調節したり、薬の組み合わせを変えたりすることにより、その人の生活や体調に合った飲み方をすることによって副作用も回避できるのです。

副作用をうまく回避しながら賢く薬を使っていくのがポイントですが、薬を使って体調に変化や抵抗感があったときは遠慮せずに主治医に相談しましょう。



記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




22

男性不妊もストレスは大敵!

こんにちは!
以前よりストレスは不妊に大敵とよく言われておりますが、男性不妊においても、ストレスが非常に大きく関係することを科学的な発表がありました。

男性不妊



精子の数と濃度、ストレスが関係

精子の質とストレスの関係を調べたイタリアの研究で、強いストレスや不安を感じている男性は精子の数が少なく、濃度も低い可能性があることが明らかとなった。

研究チームは、不妊治療に訪れた男性94人とそうではない男性85人を対象に、精子の提供とともに、現在のストレスや長期的不安について20―80で数値化してもらい、精子の質とストレスの関係を分析。その結果、どちらのグループの平均も27―40で「病的」とはいえないレベルだった一方、最もストレスの度合いが低かった28人と最も高かった40人を比較した場合、高かった人たちの方が精子の数と濃度が低い傾向にあった。また、精子の活動も鈍く、DNAが損傷しやすいことも分かった。

同研究では「総合すると、(ストレスと不安が)男性の生殖能力に関する重要因子である可能性の高いことが示唆されている」とした。


不妊には女性も男性もストレスが大敵!!
これは間違えないようです。



記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




21

オセロ松嶋さん、妊娠6か月に!

こんにちは!
2月も下旬になりましたが、まだまだ寒い日が多いですね。
春の訪れはもう少し先になりそうです。

さて、現在妊娠中のオセロ松嶋さんが、妊娠6か月に入ったそうです。

オセロ松嶋

オセロ松嶋、第2子は「6カ月に入りました」

 お笑いコンビ、オセロの松嶋尚美(41)が21日、アニメ「映画はなかっぱ 花さけ! パッカ〜ん♪ 蝶の国の大冒険」(4月12日公開)の公開アフレコを女優、江角マキコ(46)と都内スタジオで行った。NHKEテレで放送中のアニメ「はなかっぱ」の劇場版。現在第2子を妊娠中で、「妊娠6カ月に入りました! 1歳2カ月の長男にも自慢できる」。休養中の相方、中島知子(41)と会ったかどうか報道陣に聞かれると、笑顔で首を振っていた。

41歳で高齢出産の松島さんですが、順調な妊娠期を過ごされているようです。
無事の出産をお祈り致します!


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:©  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




20

1日に2組の双子を出産!?

こんにちは。
毎年恒例「サラリーマン川柳」の優秀作100選が、昨日、発表されました。
SNSのFacebookの機能“いいね!”を扱ったものは4作品が選ばれ、「『辞めてやる!』会社にいいね!と返される」(元課長)など、意味を逆手にとったサラリーマンの嘆きが寄せられたそうです。
19日より「私が選ぶサラ川ベスト10投票」がスタートし、どの句がサラリーマンたちの声を代表する作品に選ばれるのか、注目ですね。

さて、今日は1日に2組の双子を出産したという驚きのニュースをご紹介いたします。

twins

米女性が1日に2組の双子出産、7000万分の1の確率

米テキサス州在住の女性が、2月14日のバレンタインデーの日に、双子を2組出産した。同州ヒューストンの病院が18日明らかにした。
自然妊娠で双子を2組出産する確率は約7000万分の1だという。

病院が発表した声明によると、1日に双子を2組出産という「快挙」を成し遂げたのはトレッサ・モンタルボさん(36)。
赤ちゃんは4人とも男の子だった。
モンタルボさんは31週目で、帝王切開により出産した。
赤ちゃんの体重はそれぞれ約1300―1800グラム。

モンタルボさんは妊娠10週目のときに、担当医から双子だと告げられ、その後また検診に訪れると、3人目、4人目がいることが判明した。
4つ子ではなく、2組の双子と診断された。モンタルボさん夫妻は排卵誘発剤を使用していないという。

モンタルボさんは「4人の赤ちゃんに恵まれるなんて」と喜びを語った。


約7000万分の1という確率にも驚きですが、4つ子ではなく2組の双子ということがあるのですね。
健やかな成長を願います!


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




19

膀胱炎になりやすい季節

こんにちは。
今日は、吹雪いてますね!
こんな日は外にいてもオフィスにいても、なんだか寒く冷える気がします。
冷えているとお手洗いが近く、水分も取らなくなりがちです。

お手洗いも我慢しがちですが、膀胱炎にもなりやすいので気を付けましょう。


不妊治療 卵子提供

「トイレに行ってもなんだかスッキリしないことが続き、次第に排尿時に痛みが」「おしっこの回数が異常に増えて、数えてみたら1時間で10回以上に」というのが、膀胱炎の代表的な症状です。
原因は、ほとんどが雑菌です。
女性の尿道は、出口から膀胱までわずか数cmと近いので、常に雑菌が入り込みやすい状態です。
これが元気なときなら抵抗力があるので何ともありませんが、疲労が溜まっているときや、風邪気味のときは、膀胱内で菌が繁殖し、炎症を起こしてしまいます。


普通に生活していても膀胱炎の可能性はあります。
環境が不衛生だと発症率が高まります。
治療は、産婦人科か内科で抗菌薬を処方してもらい、数日飲めば、比較的すぐに治ります。
症状が軽い状態なら、しっかり体を休めて、免疫力を回復させれば、自然と治ることもあります。
排尿をスムーズにするために、水分をたっぷり摂るのも有効です。

まず第一に、尿道の入り口をいつも清潔に保つこと。
生理ナプキンやおりものシートを使うときはマメに取り替えましょう。
菌を増やさないようトイレは我慢せず、水分をしっかり摂って排尿をスムーズにします。
さらに、冷えは禁物です。
特に膀胱がある下半身が冷えてしまうと、膀胱機能が鈍くなり、排尿回数が少なくなります。
もちろん、日常生活で疲れを溜めないことも大事です。
疲労を感じたら、早めに休養しましょうね。

記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




18

晩婚化と不妊症の関係とは?

こんにちは。
気が付けば2月も半ばを過ぎ、すごく早く月日が流れているように感じますね。
まだまだ寒い日が続いていますので、皆さんお体にはお気を付け下さいね。

さて、今日は晩婚化と不妊症の関係についてお話し致しますね。

busy-lady

仕事に恋愛、そして女子会など、とにかく忙しい現代女性は、つい結婚も出産も先延ばしにしがちです。
結婚は何歳になっても可能ですが、出産はいつでもというわけではありません。
芸能人の高齢出産ニュースをみると、今は何歳になっても簡単にうめると思ってしまいがちですが、それは大きな間違いです。
子宮や卵巣機能は年齢と共に確実に低下するので、年齢を重ねたらそれだけ不妊のリスクは高くなります。

女性の卵子は生まれる前にすでに一生分の卵は卵巣で作られ、新しく作られることはないため、卵子の数は生理のたびに減っていきます。
さらに、排卵の鍵を握る女性ホルモンも20代をピークに少しずつ減少し始めるため、卵子の質が低下します。

晩婚化により、子供を授かりたいと思ったときはすでに卵巣機能が低下し始め、不妊治療を始めても精神的にも肉体的にもかなり辛い状態に、ということは少なくありません。
将来、子供が欲しいと考えている方は、なるべく早めに婦人科検診を受け、自分の体の状態を確認することをお勧め致します。

また、不妊症とは、避妊をせずに性行為を行い妊娠を望んでいるにもかかわらず2年以上妊娠しない場合をいいますが、実ははっきりした診断基準はありません。
健康な人でも女性は月に1度しか排卵しないので、タイミングが合わなければ妊娠は望めません。
そのため2年と決めつけず、できないなと感じたら早めに医療機関へ相談をし、検査を受けてみましょう。

弊社メディブリッジでは、タイ又はハワイでの卵子提供プログラムをご提供しております。
ご検討中の方は、ぜひ一度ご相談ください。

記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




15

iPS細胞による網膜再生、厚労省の審査へ

こんにちは!
今日の東京は曇り空で、すっかり冬に逆戻りしたようです。
暦の上では春で、早く春物のコートを着たい気分ですが、まだまだ寒い日が続きますね。

さて、今日は、iPS細胞による目の治療のニュースをお伝えします。

iPS

iPS細胞で網膜再生治療 病院も承認…申請へ


理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)のチームから、iPS細胞(人工多能性幹細胞)で目の難病「加齢黄斑変性」を治療する臨床研究の実施を申請されていた先端医療センター病院(同市)の倫理委員会(守殿(かみどの)貞夫委員長)は13日、同研究の実施を承認した。チームは理研の倫理委の承
認も得ている。3月までに厚生労働省へ審査を申請する予定で、承認が得られれば、今年中にもiPS細胞を使った世界初の治療がスタートする。

 同病院の倫理委によると、理研チームが現在実施中の安全性試験の最終結果が得られ次第、同倫理委へ報告することなどを条件に承認した。

 臨床研究では、加齢黄斑変性のなかで、目の血管が異常に増えて、網膜の一部「色素上皮」が傷み、中心部が見えづらくなる「滲出(しんしゅつ)型」の50歳以上の患者6人が対象になる。同センター病院で行われる治療では、眼球に特別な注射針を刺して、傷んだ色素上皮や血管を取り除き、そこへ各患者のiPS細胞から作製した色素上皮の細胞シート(2ミリ角程度)を貼り付ける。

 同チームの高橋政代・プロジェクトリーダーは「眼球に針を刺す手術の危険性は数%あるが、iPS細胞のリスクは、それよりはるかに小さい。安全性を確認しつつ、技術を高めていきたい」と話している。


昨年ノーベル賞を受賞した京都大学の山中教授がiPS細胞の研究者としては有名ですが、様々な医療の場で応用が始まっているのですね。
不妊治療の分野でも、卵子や精子がiPS細胞から作製されたり、生殖医療の分野でも注目されています。
今後の研究成果と実用化が期待されますね。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




プロフィール

メディブリッジ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断プログラム、アジア・ヨーロッパでの代理出産をご提供しております。
このブログで不妊治療現場、世界の医療、弊社メディブリッジの思いなどなどなどあらゆる事をお伝えして参ります。

記事検索
ミッション
MediBridgeのミッション
  1. 1. 日本の医療制度で救われない日本人患者のサポート
  2. 2. 途上国の雇用促進
  3. 3. 医療のグローバル化支援
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 新年の御挨拶 −設立12年目になりました−
  • 新年おめでとうございます
  • 妊娠前の風疹抗体検査
  • ハワイでの卵子提供プログラム
  • 着床前診断について
  • エッグドナーボランティア募集
  • 大渕弁護士、出産で涙止まらず「本当に嬉しくて、感動」
  • 西村知美、不妊で悩んでいたとき相田みつを氏の言葉に出会い救われた…
  • 卵子を使わずに新生児マウス誕生? 英国とドイツの研究
  • メディブリッジのサポート体制
  • 弊社の着床前診断プログラム
  • 3Dプリンターで作った卵巣でマウスが妊娠!
QRコード
QRコード