medibridges

代理出産・卵子提供コーディネーターブログ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断、アジア・ヨーロッパでの代理出産を提供しているコーディネーターのブログ。

2013年03月

29

早発閉経とは?

こんにちは。
気温もだいぶ安定してきて、過ごしやすい日が続いていますね。
お昼休みは桜の木の下でランチでもしてみてはいかがでしょうか?

春


さて、最近は若い女性が月経不順を経て病院へ受診し、早発閉経と診断されるケースが増えてきています。
今日はこの早発閉経についてお話します。
早発閉経とは43歳未満で閉経を迎える状態と言われています。
卵巣に卵胞が残っていないと確認されると早発閉経と診断されます。
早発閉経が起こる原因としては先天的な染色体異常なども考えられますが、卵巣機能低下症などもあります。
早発閉経になった場合、若年性更年期障害になりやすくなりますので、治療や予防、改善策が必要です。
早発閉経になることで、エストロゲンがきちんと役割を果たさずに骨粗鬆症や心血管疾患に罹りやすくなります。
少しでも、変だなと思ったら、早めの治療をお勧め致します。

弊社の行う卵子提供プログラムでは、早発閉経による不妊で悩んでいる方々からのご相談も承っております。
卵子提供を選択肢のひとつとして、ご検討してみてはいかがでしょうか。

記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




28

抗精子抗体検査について

おはようございます。
北海道内では、本来カブトムシがいなかったということをご存知でしたか?
この度、ペット等で本土から道内へ持ち込んだカブトムシが繁殖し、生態系が変化しつつあるのを受け、カブトムシの持ち込みを禁止したそうです。
昆虫の王者、カブトムシがいない地域もあるんですね!

2342_free_spring_flowers_medibridges

さて今日は抗精子抗体検査に関してお話しいたします。
抗精子抗体という検査をご存じの方は、まだまだ少ないのが実情です。

抗精子抗体とは、精子に対する特殊な抗体でこれは不妊の原因になります。
何と、不妊症の女性のうち数パーセントの方々が抗精子抗体を持っていると言われております。

この抗精子抗体があるかないかを調べる検査を、抗精子抗体検査といいます。

抗精子抗体の般的な検査としてフーナーテストというテストがあります。
しかしフーナーテストも限界があり結果が何回受けてもはっきりしない場合には、体内に抗精子抗体があるかどうか調べる際に抗精子抗体検査を行います。


抗精子抗体は血液検査で調べます。
血液を採取し、血清の中に男性の精子を入れて確認する検査方法が一般的であります。
その入れた精子の様子を確認し、抗精子抗体があるかどうかを判断します。
抗精子抗体の数はいつも一定ではないために、幾度か定期的な検査を行う場合もあります。


また抗精子抗体があったとしても、その数が少ない場合、自然妊娠の可能性もあります。
そして抗精子抗体の数値が高い場合には、人工授精(AIH)を行います。
人工授精では子宮内に直接精子をいれるため、子宮頚管内の抗精子抗体が精子を邪魔しません。
さらに、抗精子抗体の数値が多い時には、卵管液内の抗精子抗体の影響を受けることがあります、体外授精を行います。

自然妊娠でなかなか結果が出ない場合、このような検査を行うことも良いかも知れません。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




27

妊娠高血圧症候群とは?

こんにちは。
桜の開花とともに寒さが戻ってきましたね。
この時期は気温の高低がありますので体調を崩されないようにしてください。

おなか


今日は妊娠高血圧症候群についてお話いたします。
これは旧来より妊娠中毒症として知られていましたが、2005年に日本産科婦人科学会により「妊娠高血圧症候群」と名称の変更がされました。
改名の大きな理由としては、病態が明らかにされてきたことにより「中毒症」という「原因毒」が存在するわけではないということが大きいとされているからです。
妊娠高血圧症候群は主に妊娠後期(32週頃から)にみられる高血圧と蛋白尿を主とする疾患群の総称です。
症状はむくみ、高血圧、蛋白尿などです。
妊娠高血圧症候群になりやすい人は、糖尿病や高血圧、腎臓病の人などですが、太りすぎの人やストレスをためている人も注意が必要です。


予防や改善には食事療法も取り入れられており、塩分を減らしたり、余計な油を摂らない事も大切です。
普段からの規則正しい食生活や、偏りのない食生活、そして適度な軽い運動が妊娠後から出産までは、お子様を授かるために重要になってきています。
また、ストレスが溜まらないような生活も心がけましょう。
旦那様もこの時期は家事やお風呂掃除など、奥様のサポートをしっかりとしてあげてくださいね。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved

26

品川プリンスホテル 桜まつり開催中

こんにちは。
ここ数日は、寒い日が続いておりますが、外に目を向ければ桜が見ごろですね。
弊社メディブリッジのある品川でも満開の桜が電車の車窓からみることができます。

cherry_blossom_品川x1200


さて、3月15日(金)から4月14日(日)まで高輪・品川エリアのプリンスホテルでは、「桜まつり」が開催されているそうです。


高輪・品川エリアのプリンスホテル 桜まつり開催中

ほほえみと元気を与えてくれる桜が次々と花開く季節がやってきました。
今年は、ご家族やご友人、お仲間など、大切な方とのいろいろなお花見をリザーブして楽しんでみてはいかがでしょうか。
高輪・品川エリアのプリンスホテルでは19種234本の個性あふれる桜とともにお花見をごゆっくりとお楽しみいただける多彩なプランをご用意して、皆様のお越しをおまちしております。


弊社メディブリッジにお立ち寄り頂いたあと、桜まつりに行かれるプランはいかがでしょうか。
例年よりも寒暖の差が激しく桜の開花時期が短いのではないかといわれているので、お早めにお花見をたのしんでくださいね。

記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




25

「不妊治療休暇」制度の実施を検討

こんにちは。
都内では桜が見ごろを迎えていますね。
ほんのりピンク色の木々が様々なところで見かけられ、心も和みます。

Cherry-blossom-petals

さて、今日は不妊治療休暇制度など、少子化対策として行政が支援を強化を行うというニュースをご紹介いたします。

結婚・出産、政府が支援…住宅支援やマイ婦人科

政府は、深刻な少子化の状況を打開するため、これまで手薄だった結婚や出産などの支援強化に乗り出す。

有識者による「少子化危機突破タスクフォース(作業部会)」(仮称)を27日に発足させ、具体策を検討。
5月までに結論を得て、政府が6月にまとめる「経済財政改革の基本方針(骨太の方針)」に盛り込む。
早急に実現すべき施策は、2014年度から実施する考えだ。

タスクフォースは森少子化相が議長役を務め、学者や医師、自治体首長、経営者ら約20人で構成する。

政府の少子化対策としては、保育サービスと幼児教育の拡充を中心とする子ども・子育て支援3法が、昨年8月に成立した。
ただ、少子化の背景には、未婚・晩婚化や出産・子育てへの不安感などの要因もある。
こうした結婚や出産、育児など、残された課題への支援策を検討する。

具体的には、結婚支援策として、低収入の新婚カップルを対象にした住宅支援や融資制度、自治体の「婚活」事業への補助などが挙がっている。
また、出産前後の支援策として、女性が若い時期から婦人科のかかりつけ医を持つ「マイ婦人科」制度や、出産後の女性の1割が経験するとされる「産後うつ」などを防ぐための「産後ケア」の充実、働きながら不妊治療を受けられる「不妊治療休暇」制度などが検討される方向だ。


女性の社会進出で、未婚・晩婚化が進むなか、1日でも早く女性が安心して出産・子育てが可能な社会になることを期待いたします。
また、少子化対策の一つとして、若い時から女性が妊娠・出産及び体の機能について知る機会が増えるといいですね。

記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




22

テレビの見過ぎで精子が減少する?!

こんにちは。
今年は東京の桜の開花は平年より10日ほど早かったそうですが、弊社の近くでもあちこちで桜が開いているのが見られます。
夜はまだまだ冷え込むのですが、今週末はそろそろお花見ができそうですね!

さて、今日は、ニューズウィークに載っていたこんな記事をご紹介します。

TV_ semen


テレビが男の精子を殺す?

 先進国に住む男性の精子が減っていることに、研究者たちは20年ほど前から気をもんでいた。

 昨年末の研究でも、この事実に警鐘が鳴らされた。35歳のフランス人男性の精子数は、89年には1ミリリットル当たり平均7360万個だったのに、05年には4990万個に減っていたという。

 人類の種としての生存を脅かすような数字ではない(その心配は1ミリリットル当たり1500万個を下回ってからでいい)。ただしパパになるのは難しくなるから、望ましい傾向ではない。

 問題は原因が分からないことだ。高脂肪の食事、肥満、環境ホルモンなどが調べられたが、これまで確証は得られなかった。

 そんななか、学術誌のブリティッシュ・ジャーナル・オブ・スポーツ・メディスンに発表された論文が新たな有力容疑者を明らかにした。テレビである。

「週20時間以上テレビを見る男性は、ほとんど見ない男性より精子が44%少なかった」と、筆者の1人であるオードリー・ガスキンズ(ハーバード大学公衆衛生学大学院博士課程)は言う。「しかも軽めのものからきつめのものまで、運動を週に15時間以上行う男性は、5時間未満の男性より精子が73%多かった」

 テレビの影響は研究チームにも「驚きだった」と、ガスキンズは言う。被験者は18〜22歳の若くて健康な男性ばかりだったし、ほぼ全員がWHO(世界保健機関)の定める正常範囲の精子数も持っていた。

 被験者には食生活についても聞き、「加工食派」と「健康食派」に分けて比較した。すると精子数の差は食生活の違いによるものではないことが分かった。「今回の結果は食事や肥満度、喫煙とは無関係だと考えられる」と、ガスキンズは言う。

 反響は上々だ。「素晴らしい論文だ」と、ルイジアナ州立大学教授(予防医学)のティム・チャーチは言う。「体を動かすと血行が促される、精神に良い、自律神経のバランスが良くなる、または単に健康全般に良いなど、この研究結果が納得できる理由はたくさんある」

 チャーチはさらに付け加える。「被験者が30歳なら、もっと大変な結果が出るだろう。ダメージの蓄積した時間が長いから」

 その点は1〜2年で分かる。ガスキンズはもっと年上の男性を対象に追跡研究を始めている。


不妊の原因の半分近くは男性に原因がある、という説もありますが、テレビばかり見ている方は、要注意です。
妊活中の女性にも適度な運動は必要なことですが、男性側にも、同じように健康的な生活が求められます。
思い当たる方は、テレビの見過ぎにはお気を付けくださいね。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




21

キャサリン妃の子供は女の子?

こんにちは。
少し強すぎるかもしれませんが春風が心地よいですね。
桜前線も上がってまいりました。

チューリップ


さて今日はイギリスのキャサリン妃のニュースをお伝えします。

キャサリン妃「性別はわからないけれど男の子が良いです」 
7月にウィリアム王子との子供を出産予定のキャサリン妃。先月、思わず口を滑らせてしまい、生まれてくる子供が女の子であることを匂わせるような発言をしたが、実際には性別は知らないと強調している。


2012年同様に、3月17日に行われたセントパトリックデーのパレードに、緑のコートを着て現れた妊娠5ヵ月半のキャサリン妃は、「子供ができたら、しばらくの間は睡眠不足になる準備が整っている」と答えた後、子供の性別について問われると、「わからないのです。でも、私はできれば男の子が良いんです。ウィリアム王子は娘の方が良いみたいです」と語ったと、デイリー・テレグラフ紙が報じている。
 
イギリス王室の王位継承権は、男の子が優先であるものの、女の子にも権利があるため、世継ぎという意味では男の子であろうと女の子であろうと関係ないが、やはりキャサリン妃の思いは男の子なのかもしれない。
 
いずれにしても、キャサリン妃は性別がわかっていても明らかにはしないはずだが、出産まであと約4ヶ月。明るいニュースが待ち遠しい。


明言はしていませんが、女の子であることを匂わせる発言をしていますね。
いずれにしても出産すれば大々的に祝福されるでしょう。

さて、弊社ではハワイ、タイでの卵子提供プログラムをご案内しておりますが、いずれの国でも、着床前診断を行うことが可能です。
着床前診断により、男女を産み分けることや受精卵の染色体異常を検出し、異常のある受精卵を移植をしないという選択をすることで、流産の確率を下げることができるのです。
着床前診断をご検討されている方は、お気軽に弊社までお問合せください!


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved

19

「染色体転座」の仕組み解明!?

こんにちは。
昨日、横浜地方気象台は横浜で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表致しました。
平年より8日、昨年より15日早く、最も早かった2002年(3月15日)に次いで早い開花宣言とのことで。
今週末には見ごろを迎えるそうですが、春の便りは嬉しいですね。

cherryblossom


さて、今日は不妊の原因の一つとされている染色体転座の仕組みが解明されたニュースをご紹介いたします。

「染色体転座」仕組み解明=がんや不妊、予防法に期待―藤田保健大

細胞の中で染色体の一部が切断され、別の染色体にくっつく「染色体転座」が起きる仕組みを、藤田保健衛生大(愛知県豊明市)の倉橋浩樹教授らの研究チームが突き止めた。
染色体転座はがんや白血病、流産を繰り返す習慣流産などの原因の一つとされ、予防法の開発につながると期待される。
12日付の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表した。

研究チームは、精子が作られる過程で起きる染色体転座のうち、最も頻度が高い11番と22番染色体の転座を試験管内で再現した。
染色体のDNAは、4種類の塩基が連なった鎖が絡み合う「二重らせん」構造になっている。
向かい合う2列の塩基の並び方が「しんぶんし」のように、逆さに読んでも同じ回文配列になっていると、その部分で二重らせんが緩み、DNAが十字架のよACうな形になることが分かった。

十字架型のDNAは修復酵素によって切断されるが、誤ってつなぎ合わされ、染色体転座が生じるという。 
染色体転座が精子や卵子で起きると不妊や習慣流産、体細胞で起きるとがんや白血病を引き起こす。
倉橋教授は「染色体転座を起こしにくい条件を体内で作ることができれば、さまざまな病気の予防法開発につながる」と話している。


不妊や習慣流産などの原因となる染色体転座が起こる仕組みを解明したとのニュースですが、新なる治療法が見つかることを期待いたします。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




18

気になるPM2.5、環境省が暫定指針策定

こんにちは。
暖かくなってきて、花粉の舞う季節ですが、今年は花粉以上に気になるのが、中国からの黄砂に乗って飛来するPM2.5の影響です。
英国の調査では、PM2.5が高濃度の地域ほど、心臓発作を起こした患者の経過が悪く、死亡率が高くなるとの報告もでています。
PM2.5は、花粉や黄砂よりも小さい直径2.5マイクロメートル(1マイクロは100万分の1)以下の物質で、粒子が極めて小さいため肺の奥まで入りやすく、ぜんそくや肺がんなど呼吸器系への影響があると言われています。
今後も黄砂に乗って日本への飛来が予想されていますが、環境省が暫定指針を策定しました。

黄砂

中国で深刻な大気汚染の原因になっている微小粒子状物質「PM2・5」が日本にも飛来し、健康への影響に対する不安が広がっている。花粉症用のマスクでは防げず、環境省は外出を控えるなどの注意喚起を行う暫定指針を策定した。

越境汚染

 中国・北京周辺が高濃度を示す赤色に染まり、その汚染は日本に流れ、西日本をすっぽりと覆う――。東アジアの大気をコンピューターで再現できる国立環境研究所(茨城県つくば市)が1月31日のPM2・5の拡散状況を調べると、こんな結果が出た。中国大陸から海を越えてやってくる越境汚染の実態だ。

 この日のPM2・5の濃度は全国155か所の測定局のうち31%で環境基準値(大気1立方メートル当たり1日平均35マイクロ・グラム)を超過した。1月13日にも汚染が西日本を中心に広がり、27%の測定局で基準値を超えていた。

 国環研はさらに、周辺で排ガスを出す工場の影響が極めて少ない五島列島・福江島で観測された粒子状物質に着目。主要な5成分の濃度を調べたところ、石炭火力発電所や石油精製施設などからの排出を裏付ける硫酸塩が全体の48%も含まれていた。

 国環研の清水厚・主任研究員は「中国には硫黄分を取り除く『脱硫装置』を備えていない工業施設が残っている。暖房のための石炭使用も増えており、こうした汚染物質が日本に到達している可能性が高い」と指摘する。

 PM2・5は今後、黄砂とともに運ばれてくることが予想され、5月末ごろまで濃度が高まる恐れがある。ただ、粒子が極めて小さいため花粉用のマスクでは防ぐことができず、対策の基本は必要のない外出を控えることしかない。空気清浄機による除去効果は機種ごとに異なるので、販売店でのチェックが必要だ。

注意喚起の指針


 PM2・5に対する関心の高まりを受け、環境省は2月27日、注意喚起をする濃度を「大気1立方メートル当たり1日平均70マイクロ・グラム超」という暫定指針を定めた。

 ただ、注意喚起は通勤・通学が始まる朝に行う必要がある。そこで、指針では早朝に1時間の濃度が85マイクロ・グラムを超えた場合、その日の平均濃度が70マイクロ・グラム超になると予測し、都道府県が注意喚起を行うように求めている。この指針に沿って、熊本県は今月5日に全国で初めての注意喚起を行った。

 なぜ指針の濃度は環境基準の2倍になったのか。同省によると、環境基準はあくまで行政上の目標値で、これを超えたからすぐに健康影響が出るものではないという。暫定指針を検討した専門家会合で委員を務めた島正之・兵庫医大教授も、「健康な人であれば70マイクロ・グラムでもほとんど影響はない。過敏に反応することはなく、注意をするための目安と受け止めてほしい」と話している。

国内にも汚染源


 PM2・5には「年平均で15マイクロ・グラム」という長期基準もある。2010年度の測定結果では、国内でこの長期目標を達成した測定局はわずか26%だ。関東でも未達成の測定局があることから、同省大気環境課は「越境汚染だけではなく、国内の都市汚染にも対処する必要がある」と話す。

 世界保健機関(WHO)の年平均の基準は10マイクロ・グラム、米国の基準も今月から12マイクロ・グラムが適用されるなど、国際的に見て日本の基準は緩い。専門家からは日本は決して汚染対策が進んでいる国ではないとの声も出ている。(吉良敦岐)

マスクもすり抜けてしまうというPM2.5、いちど肺に入ってくると、除去するのは難しく、肺がんリスクを始めとした様々な健康への影響があると考えられています。

大気中の濃度は、国や自治体が全国約560か所で監視しており、一部の測定局の濃度は、環境省の広域監視システム「そらまめ君」のホームページで確認できますから、濃度が高い日はできるだけ外出を控えるなど、自衛することも大切かもしれませんね。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




15

なぜ、ハワイで卵子提供?

こんにちは。
お笑いコンビ・タカアンドトシのタカ(36)に13日、第1子となる男児が誕生したそうです。
水曜レギュラーを務める『笑っていいとも!』で「実は…きょうの2時28分に生まれました」と生報告しました。
生放送中の公開プロポーズ、奥様の妊娠発表に続く驚きのニュースでしたが、幸せそうなタカさんにこちらもほほえましくなりましたね。
おめでとうございます。
hawaii 卵子 メディブリッジ

さて、弊社メディブリッジ社はタイ、ハワイで卵子提供プログラムをご提供しております。
ハワイはリゾート地としても人気が高く、日本人にとっても非常に過ごしやすい環境が整っています。
では、どのような特色があるのでしょうか?

• 観光地としても人気の高いリゾート地である。
• 日本人が多く訪れており、日本人向けのサービスも充実している。
• 直行便も多くアクセスが楽。
• 恵まれた自然環境でリラックスしながら治療を受けられる。
• 医療技術が高い。
• 医療施設が整っている。

また、ハワイの病院は、医療観光に力を入れており、医療技術や医療施設の水準も高く、外国人のクライアントにも満足の行く対応を実現しています。
日本からは直行便も多く出ており、アクセスが比較的容易な場所であり、ハワイの環境を楽しめる宿泊施設も豊富です。
観光やショッピング、ビーチでのリゾートなど、治療に加えて多くの楽しみがあり、充実した滞在期間をお過ごし頂けます。

ハワイでの卵子提供プログラムをご検討中の方は、ぜひ一度お問い合わせください。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




プロフィール

メディブリッジ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断プログラム、アジア・ヨーロッパでの代理出産をご提供しております。
このブログで不妊治療現場、世界の医療、弊社メディブリッジの思いなどなどなどあらゆる事をお伝えして参ります。

記事検索
ミッション
MediBridgeのミッション
  1. 1. 日本の医療制度で救われない日本人患者のサポート
  2. 2. 途上国の雇用促進
  3. 3. 医療のグローバル化支援
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 新年の御挨拶 −設立12年目になりました−
  • 新年おめでとうございます
  • 妊娠前の風疹抗体検査
  • ハワイでの卵子提供プログラム
  • 着床前診断について
  • エッグドナーボランティア募集
  • 大渕弁護士、出産で涙止まらず「本当に嬉しくて、感動」
  • 西村知美、不妊で悩んでいたとき相田みつを氏の言葉に出会い救われた…
  • 卵子を使わずに新生児マウス誕生? 英国とドイツの研究
  • メディブリッジのサポート体制
  • 弊社の着床前診断プログラム
  • 3Dプリンターで作った卵巣でマウスが妊娠!
QRコード
QRコード