medibridges

代理出産・卵子提供コーディネーターブログ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断、アジア・ヨーロッパでの代理出産を提供しているコーディネーターのブログ。

2014年07月

31

イタリアより-禁止解除後初の卵子提供による妊娠が判明!

こんにちは。
蝉がにぎやかになり、夏も本番ですね。

メディブリッジの不妊治療

7月22日、イタリアである妊娠がニュースになりました。
今年6月中旬に卵子提供の禁止が解除されたイタリアで、解除後初となる卵子提供による妊娠が判明したのです。
この嬉しいニュースにLuca Coscioni Associationという生殖医療の研究を進めるグループは「最高の感動を覚えた瞬間だった」とコメントしています。

これは、今年の4月、ベルルスコーニ首相時代の2004年に制定された生殖医療を厳しく制限する法律は、家族を持つ権利に違反しているとの司法判断が下されたことに基づいた禁止解除です。
今年6月、卵子提供と精子提供による体外受精が認められることになりました。

Luca Coscioni Association にはその後、続々と妊娠が報告されているようです。

EU諸国は概して米国に比較すると、生殖医療に対しては保守的です。
中でもイタリアは、ローマカトリック教会の総本山バチカン市国が首都ローマ内にあるという地勢と、国民の多くがカトリック教徒であることから、生殖医療に対しては厳しい態度をとってきました。

高度生殖医療を巡る議論では、得てしてそれが「自然か自然ではないか」という議論になる事が多いように思いますが、「家族を持つ権利」に関連するだ発想はなんだか素敵ですね。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2014 MediBridge Inc. All Rights Reserved



30

ふたりめ不妊とは

こんにちは。

過ごしにくい天気が続きますね。


bara 0730


本日は“不妊”の中でも、ひとりめは出産したのにふたりめができない、ふたりめ不妊についてお話したいと思います。
近年はこのふたりめ不妊が増加傾向にあると言われています。

ふたりめ不妊の場合、よく前回妊娠したのだから問題はないはず、と考える方もいらっしゃるかもしれません。

前の妊娠がたまたまうまくいった可能性もあります。
たとえば、旦那さまが年を重ねるにつれ、精子の数が減少したり運動率が悪くなることも考えられます。

また、一人目を産んだときより年齢が高くなっているという点が不妊の一因になっているともいえます。
加齢によってホルモンのバランスが崩れ、子宮内膜の機能不全や卵巣機能不全が原因となり、ふたりめ不妊となる可能性もあるのです。

一度出産しているから不妊症など関係ない、と思わず治療を行っていきましょう。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2014 MediBridge Inc. All Rights Reserved

29

メディブリッジ 卵子提供 Q & A

こんにちは。

今日は少し暑さも和らいだとはいえ、過ごしにくい天候が続きますね。

sora0729



本日は弊社の卵子提供プログラムについてよく寄せられる質問について紹介したいと思います。

Q:ドナーの方はどのようにして決定するのですか?

A:弊社には現在全血液型で約250名の日本人ドナーの方が登録されております。
弊社にお越し頂き、顔写真および全体写真、血液型、プロフィール、ご家族の医療歴等の情報からご夫妻のご希望に合ったドナーの方を選んで頂けます。
弊社でのドナー登録者は厳しい事前審査を通過しており、健康かつ責任感あふれ、ボランティア精神に富む方のみを登録しております。

Q:現地での滞在が不安ですが、どのようなサポートがありますか?

A:現地では弊社の日本人スタッフが責任を持ってサポートさせて頂きます。
ご滞在のホテルから治療頂く病院への送迎、診察時の付き添い、通訳などを行いますのでご安心ください。

Q:カウンセリングを受けたいのですが、夫婦で受ける必要がありますか?

A:初回のカウンセリングではご夫婦揃ってお越し頂く必要はございませんが、ご夫婦共に卵子提供を受けるご意思を確認させて頂くため、プログラムをお申込み頂き、ご契約頂く場合にはお越し頂く必要がございます。
お忙しく弊社オフィスまでお越し頂けない場合は、出張カウンセリングも行っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

Q:受精卵は何個まで移植できますか?

A:通常2個までとさせていただいております。

Q:年齢が45歳なのですが、卵子提供プログラムを受けての妊娠は可能でしょうか?

A:弊社の卵子提供プログラムで、一番多い年齢層が40代半ばでございます。1回の移植での成功率は70-75%、最終的にお子様を授かられたクライアント様は95%になりますのでご安心くださいませ。

いかがでしたか?

弊社の卵子提供プログラムにご興味をもたれた方、またご質問がある方はご遠慮なく弊社ウェブサイトよりお問い合わせください。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2014 MediBridge Inc. All Rights Reserved

25

フーナーテスト(性交後検査)

こんにちは!
昨夜は東京地方では激しい雷でしたね、私は夏の天体ショーをオフィスから眺めておりましたが、皆様大丈夫だったでしょうか。

さて、本日は不妊検査テストのひとつフーナーテスト(ヒューナーテスト)についてご案内いたします。

10525662_984728501554196_5990080611557904076_n


フーナーテストとは、排卵時期に合わせて性交をした後、子宮頚管粘液に元気な精子がどのくらいいるかを調べる検査です。
この検査では、射精された精子が元気に泳いで子宮頸管内に進入できているかどうか、頸管粘液は精子が泳げるほど十分に出ているか、抗精子抗体が邪魔をしていないかなどを調べることができます。

検査は、排卵直前に、タイミングをあわせて早朝の性交渉後、数時間以内に受診して行います。 当日の朝がいろいろな理由で難しければ、前夜の性交渉でも検査は可能です。子宮の出口より頸管粘液を採取して、顕微鏡で観察して運動精子の数をカウントします。 この結果が良好であれば、精子が子宮頸管粘液の中を元気に泳いでいけることがわかります。

検査結果が不良で、男性側の精液検査では問題がなかった場合、次のふたつの原因が考えられます。

1.頸管粘液の質が悪い
頸管粘液の粘土が高い、もしくは強い酸性を示した場合は精子は子宮頸管を通過することができず、卵管までたどり着きません。

2.女性に抗精子抗体がある
この場合、粘液中にある抗体に精子がくっついて精子が死んでしまいます。フーナーテストの結果が常に悪い場合は女性の抗精子抗体を調べる血液検査を行い、その結果が強い陽性だった場合には体外受精を行う必要がございます。

フーナーテストは100年も前から行われていて比較的簡単な検査ですが、いまでも有用な検査方法です。
特に男性側が不妊検査を拒否した場合、この検査方法を用いて結果を見てみるという方法もいいのではないでしょうか。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2014 MediBridge Inc. All Rights Reserved


24

不妊治療における子宮内膜へのアプローチ

こんにちは。
どんよりした空模様にも関わらず、暑いです。

nature_clouds_and_236459[1]

さて、今週は子宮内膜がテーマです。
子宮内膜が厚くなる仕組みや日常生活の中でできることをみて参りました。

本日は不妊治療の中で行わわれる投薬により子宮内膜へのアプローチについて、ご紹介します。

<自己採卵での体外受精>
卵子へのアプローチと子宮内膜へのアプローチの両方を行います。
実はこれは自然のサイクルとしては、理に適っているものです。ただし、排卵を誘発する薬の中には、子宮内膜を薄くするとされているものもありますので、注意が必要です。

<卵子提供による体外受精>
多くの場合、卵巣へのアプローチはなく、子宮内膜のみへのアプローチとなります。

いずれの場合にも、年齢的に、体質的に内膜が厚くならない方には下記のような投薬が行われています。

デュファストン
黄体ホルモンを補充するお薬です。黄体ホルモンは排卵後の高温相に分泌されるホルモンで、子宮内膜を厚くする働きがあります。子宮内膜の薄い方に処方されたり、人工授精、体外受精後の着床を助ける目的で処方されます。

ルトラール
黄体ホルモンの薬です。デュファストンより、作用は強いお薬です。

プレマリン
卵胞ホルモン(エストロゲン)のお薬です。子宮内膜を増殖させて着床しやすくするために処方されたり、月経不順や無月経にも処方されます。

エストラーナ

卵胞ホルモン(エストロゲン)の貼り薬です。体外受精前に処方される事が多いです。


7月22日の弊社ブログ、「子宮内膜のこと知っておこう」を合わせてお読みいただきますと、お薬使用目的と使用理由がよくお分かりいただけます。



記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2014 MediBridge Inc. All Rights Reserved



23

良い子宮内膜を作るために出来ること

こんにちは!
ついに関東も梅雨明けしました♪

無題


さて、昨日ご紹介いたしました子宮内膜に重要性に引き続き、本日は「良い子宮内膜を作るために出来ること」をご紹介したいと思います。
まず子宮内膜を厚くするためには“体を温めて、血流をよくすること”が重要です。

下記の体を温める食べ物を積極的に摂取し、夏場の冷え性を予防しましょう。

[体を温める食べ物]
・黒豆、小豆、黒米
・かぼちゃ、しその葉、玉ねぎ、ピーマン、レンコン、
・オレンジ、ゴマ、松の実、ざくろ、あんず
・鶏肉、鶏レバー、豚レバー
・いわし、えび、鮭、ちりめんじゃこ
・しょうが、こしょう、トウガラシ、味噌、醤油


[夏場に出来る体を温める方法]
・少しぬるめの37℃前後のお風呂にしっかり浸かる。
・寝る時はエアコンを切って、氷や水枕、夏用のひんやりシーツで乗り切る。
・朝夕の涼しい時間帯に30分ほどのウオーキングを行う。

夏場はクーラーなどで体が冷えてしまっていますので、特に注意が必要です。
またトマト、ナス、キュウリなどの夏野菜には体を冷やす効果があります。たくさん取りすぎないようにしましょう。


22

子宮内膜のこと知っておこう

こんにちは。
南の方から梅雨明けが始まりましたね!

女性と生殖の知識

本日は体外受精や卵子提供ブログラムにおいては卵子の質と同様、非常に重要な子宮内膜についてです。

子宮内膜は数種のホルモンが巧みに働き合う、ほぼ一カ月のサイクルの中で形成されます。
こんなサイクルです。

【増殖期(卵胞期)】
・脳下垂体から、性腺刺激ホルモンの一種である、卵胞刺激ホルモン(FSH)が分泌され、卵巣のなかにある原子卵胞が目覚め、成長し始める。
・発育した卵胞から、卵胞ホルモン(エストラジオール)が分泌され、子宮内膜に働きかけて徐々に内膜を厚くする。

【排卵期】
・卵胞ホルモン(エストラジオール)の分泌量がピークに達すると、下垂体から黄体化ホルモン(LH)が分泌される。
・黄体化ホルモン(LH)が卵巣に届くと、成熟した卵胞は刺激され、なかの卵子が飛び出す(排卵)。

【分泌期(黄体期)】
・排卵後、卵子が出ていった卵胞は黄体というものに変化し、黄体ホルモン(プロゲステロン)を多量に分泌しはじめます。このとき、卵胞ホルモン(エストラジオール)も少量ですが分泌される。
・黄体ホルモン(プロゲステロン)は、子宮内膜に働きかけ、受精卵がいつでも着床できるよう、準備をする。

【月経期】
・受精が成立しないと、黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストラジオール)の量は激減し、子宮内膜もはがれ、経血となってカラダの外に出ていく。


不妊治療をしていると、卵胞や卵子の成長にばかり気を取られがちですが、子宮内膜も卵子同様、こうした流れの中で形成されています。

子宮内膜を例える表現として爛侫錺侫錣離戰奪"等という言葉が使われているのを、お聞きになったことはあるのではないでしょうか。
子宮内膜中にはコイル状の血管が豊富にあり、それがフワフワ効果になっていたり、着床した受精卵に十分な栄養を供給する源になっていたりしています。

どうすれは、一か月の間で爛侫錺侫錣離戰奪"を作る事ができるのでしょうか。
次回は、良い子宮内膜を作る為に出来ることを書いてみたいと思います。



記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2014 MediBridge Inc. All Rights Reserved



18

早発閉経(POI)とは?

こんにちは。

本日は蒸し暑さもなく、少し肌寒いですね。

ajisai 0718


本日は早発閉経(POI)についてお話したいと思います。

40歳未満の早い時期に月経が来なくなり、完全に無月経となり50代の閉経と同じような状態となってしまうのが早発閉経です。

通常卵巣機能は30歳以降は低下していきますが、早発閉経の場合はその経過が以上に早くなっています。
最近は若い女性が月経不順を経て病院へ受診し、POIと診断されるケースが増えてきています。

POIの原因ですが、ほとんどが原因不明だと言われ、原因が明らかになっているのは全体の1-2割程度だといわれています。
先天的な染色体異常なども考えられますが、卵巣機能低下症などもあります。

早発閉経になった場合、若年性更年期障害になりやすくなりますので、治療や予防、改善策が必要です。
生理が不規則で少しでもおかしいな、と思われましたら早めの治療をお勧めします。


弊社では早発閉経による不妊に悩んでいらっしゃる方のご相談も承っており、卵子提供プログラムをご案内することが可能です。
子宮の状態が良好であれば、ドナーの卵子を用い受精卵を移植することで、妊娠することが可能です。

ご興味のある方は弊社ホームページをご覧くださいませ。
http://www.medi-bridges.com/

17

顕微授精と受精卵の発育

こんにちは!

街を歩いていると、スーツケースをもっている旅行者の方が目につくようになりました。
皆さん海外旅行にいかれるのかしら?

1208576_765045973522451_1939176411_n


さて本日は顕微授精と受精卵の発育について少しお話させていただきます。
私たちの卵子提供プログラムでは顕微授精後培養をし、移植を用います。
この時培養液5日かけて受精卵が発育いたします。

 受精→接合子→2分割卵→4分割卵→8分割卵→桑実胚→胚盤胞

この過程は自然妊娠において卵管で行われます。
この話を聞いたとき、生命ってすごい!って思ったのは私だけでしょうか?


16

精液検査でわかる事

こんにちは。

蒸し暑い日が続きますね。

hare 0717medi

本日は精液検査についてお話したいと思います。
男性不妊の検査の中で、精液検査は最も重要な検査です。
精液検査では次の項目を調査します:

1.精液の量
採取された精液の総量を測定します。
通常1回の射精で2cc以上が普通とされています。
ただ、精液の量は同じ人でも体調によって異なる事があります。

2.精子の数 (濃度)
正常な人は精液1cc中に精子が4,000万個以上いるのが普通と言われています。
ただ、こちらも体の状態などで精子の数(濃度)が変化します。

3.運動率
元気に運動している精子がどれくらいいるかを調べます。
精子の受精能力を一番表しているのが運動率と言われており、通常60%以上あれば正常と考えられます。
運動率が極端に低い場合は、精子無力症と診断されます。

4.奇形率
精液中に奇形精子が何パーセントいるかを調べます。
奇形精子の多くは受精能力がないといわれているので、奇形率が高い場合、不妊の原因になります。
奇形精子の頻度が高い場合は奇形精子症と呼ばれます。

5.精液のPH
精液の酸性度を調べます。
通常中性よりアルカリ性に傾いており、PH 7.2から7.8の間にあります。
乏精子症、無精子症の場合は酸性に傾くこともあります。 


実際に検査するときは、マスターベーションで精液を採取し、病院で渡される容器に直接入れます。
検査の結果は身体の状態によっても異なるので、検査結果が悪い場合は繰り返し行います。

男性の場合、女性と比べて男性は積極的に行動に移す人が少ないようです。
しかし不妊の原因の3分の1近い割合を男性不妊が占めると言われており、精液検査は大切でな検査です。
女性の不妊検査に比べると、簡単で痛みを伴うこともほとんどありません。

ご夫婦協力して不妊治療に取り組む姿勢が大切ではないでしょうか。


プロフィール

メディブリッジ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断プログラム、アジア・ヨーロッパでの代理出産をご提供しております。
このブログで不妊治療現場、世界の医療、弊社メディブリッジの思いなどなどなどあらゆる事をお伝えして参ります。

記事検索
ミッション
MediBridgeのミッション
  1. 1. 日本の医療制度で救われない日本人患者のサポート
  2. 2. 途上国の雇用促進
  3. 3. 医療のグローバル化支援
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 新年の御挨拶 −設立12年目になりました−
  • 新年おめでとうございます
  • 妊娠前の風疹抗体検査
  • ハワイでの卵子提供プログラム
  • 着床前診断について
  • エッグドナーボランティア募集
  • 大渕弁護士、出産で涙止まらず「本当に嬉しくて、感動」
  • 西村知美、不妊で悩んでいたとき相田みつを氏の言葉に出会い救われた…
  • 卵子を使わずに新生児マウス誕生? 英国とドイツの研究
  • メディブリッジのサポート体制
  • 弊社の着床前診断プログラム
  • 3Dプリンターで作った卵巣でマウスが妊娠!
QRコード
QRコード