medibridges

代理出産・卵子提供コーディネーターブログ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断、アジア・ヨーロッパでの代理出産を提供しているコーディネーターのブログ。

2014年09月

30

タイでの卵子提供プログラム

こんにちは。

0930medi


9月も残すところあと1日、ずいぶん涼しくなりましたね。

本日は温暖なタイでの卵子提供プログラムについてご紹介したいと思います。

多くの日本人が駐在するタイの卵子提供には、以下のような特色があります。

・同じアジア圏内であり、時差が2時間と少ない。
・物価が大変安く、滞在費も安価である。
・スパやマッサージなど、女性向けのリラックス施設が豊富にあり、かつリーズナブルな価格で楽しめる。
・南国のリゾート地であり、観光も楽しみながら治療を受けられる。
・至るところに日本食レストランがあり、食事の面でも不便なく過ごせる。
・医療技術が高い。
・医療施設が整っている。

同じアジア圏内であり、時差も少ないタイは、日本人にとって最も身近なリゾート地であると言えます。
また、日本からの駐在員も多く滞在しており、日本食レストランが豊富に有るところもうれしいですね。
タイでの卵子提供プログラムをお考えの方は、ぜひ弊社ウェブサイトをご覧ください。

ハワイ・タイでの卵子提供、日本最大の卵子バンク、アジア代理出産のパイオニアのMediBridge

記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2014 MediBridge Inc. All Rights Reserved

26

カウフマン療法について

こんにちは!
駅で山梨のぶどう狩りの広告を見て、行きたくなりました。

grape picking

さて、今日は不妊治療においてよく行なわれる、カウフマン療法についてお伝えしたいと思います。

カウフマン療法とは、規則的な月経周期を人為的に作り出して、ホルモン欠落症状が起こらないようにする治療法です。不足しているホルモンを補い、規則的な月経周期や、排卵周期を取り戻すことを目的としています。

カウフマン療法が有効な疾患は、以下の通りです。

・月経周期の異常(第1度無月経、第2度無月経、頻発月経、希発月経)
・月経持続期間の異常(過長月経など)
・月経血量の異常(過多月経など)
・月経前症候群
・早発月経
・機能性子宮出血
・更年期障害

カウフマン療法を用いた不妊の治療法は、月経周期にならって2種類の薬を投与します。低体温期には卵胞ホルモン(エストロゲン)を、高温期には卵胞ホルモンと黄体ホルモン(プロゲステロン)を投与します。この2種類の薬によって、不足していたホルモンを補充し、低体温期と高体温期を作り出し、身体に覚えさせます。

カウフマン療法で不妊治療を行なっている間、基礎体温は薬によって、正常な変化をします。しかし卵巣は休憩状態のため、排卵はなく、妊娠しません。カウフマン療法を3ヶ月〜6ヶ月間行ない、その後治療を中止するとリバウンド現象が起こり、身体が自然な排卵周期を取り戻す可能性があります。卵巣機能が活性化され正常な月経周期が回復するので、無月経の人であれば月経が起こることが期待できます。無排卵の人であれば、排卵が復活する可能性があります。排卵が正しく周期的に行なわれるようになれば、妊娠する可能性はぐっと上がるでしょう。

弊社でご案内している卵子提供プログラムにおいても、月経不順の方や、閉経後の方には、このカウフマン療法を用いて月経の誘発を行います。月経周期が乱れていたり、閉経している方であっても、カウフマン療法により月経を誘発し、子宮の状態を整えることで、受精卵の移植が行える状態を作ることが可能になります。

必要な治療を取り入れながら、バランスの取れた食事や、適切な運動にも心がければ、きっと身体も喜びますね。自分に合ったスタイルを取り入れて、張りのある毎日を過ごしましょう。

ハワイ・タイでの卵子提供、日本最大の卵子バンク、アジア代理出産のパイオニアのMediBridge

記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2014 MediBridge Inc. All Rights Reserved

    
25

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)とは

こんにちは。

台風16号の影響が懸念されていましたが、ひどくならないうちに温帯低気圧に変わり、ほっとしました。


medi0925


本日はPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)についてお話ししたいと思います。

不妊の原因のひとつに、PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)というものがあります。
PCOSは、卵巣に小さい卵胞がたくさんあるのに排卵しにくいという疾患で、生殖年齢の女性の5〜10%に存在すると言われています。
特に20歳代の若い年齢層に多く見られますが、高校生にも見られます。

代表的な症状には、月経不順・無月経・不妊症・流産のほか、多毛、にきび、声が低音になるなどの男性化兆候、または肥満になりやすい傾向があります。
月経異常を起こしやすく、それに伴う排卵障害が不妊原因となります。

特に月経周期が3ヶ月から6ヶ月もあるという方には、この疾患である確立が非常に高いといえます。

治療法には、排卵誘発剤が最もよく用いられますが、原因不明な疾患であるため、お薬で排卵周期が整ったあとも治療を止めてしまうとまた元に戻ってしまう方が8割近くいます。
そのため、この疾患の方で特に妊娠を望まれない場合は、妊娠が必要な状況になるまでは低容量ピルを服用することが一般的です。

PCOSに対する低容量ピルの投与によって月経が規則正しく訪れるようになります。

服用期間中には排卵は起こりませんが、ホルモンバランスは保たれるので、女性ホルモン欠乏による子宮の萎縮や骨の脆弱化は阻止されます。
また服用期間中、卵巣は休んだ状態になるので、ピルの服用中止後の排卵誘発剤への反応が改善することが期待できます。

ハワイ・タイでの卵子提供、日本最大の卵子バンク、アジア代理出産のパイオニアのMediBridge

記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2014 MediBridge Inc. All Rights Reserved

24

ホルモンと食生活の関係

こんにちは!
秋分の日をゆっくり過ごせましたか。
healthy foo

普段の食事の栄養によってホルモンは作られますが、皆さん食事や生活習慣などに気を付けていますか?

もし、ダイエットや偏食などで食生活が乱れてしまうと、ホルモンの原料不足→生理不順→不妊症というように、悲しい流れに乗ることになります。そのため、ホルモンの原料となる栄養バランスのとれた食事を摂るように気をつける必要があります。

生理周期はホルモンの複雑な相互作用によって調節されていますが、そのホルモンの原料不足を防ぐためには、低カロリーで尚且つ、良質なたんぱく質と、ビタミン・ミネラル・食物繊維・食物酵素が豊富な、食生活の為の食事療法を実践する必要があります。栄養バランスのよい食事とは、やはり伝統的な日本の食事です。お味噌汁とご飯、そして海苔や佃煮、納豆、豆腐、魚など副食の品数を多く、少量を食べるのが栄養バランスのとれた食事です。

また、効率よく栄養補給ができるのは、野菜や果物の生ジュースや自家製ふりかけなどです。ビタミンやミネラルなど、栄養を簡単に美味しく補給できます。インターネット上ではいろいろなレシピが公開されてますので、ぜひ活用してください。

まずは、食生活の改善によって生理周期を安定させて、子宮を最善な状態にしましょう。食事療法によってホルモンの原料供給が十分だと、ホルモンの分泌が改善され、生理周期も順調になり、子宮内膜の状態も良好になりますので、受精卵の着床後も安定して成長しやすくなります。受精卵が育ちやすい子宮環境を整えるためにも、栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。


記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2014 MediBridge Inc. All Rights Reserved



19

人口甘味料にはご注意?

こんにちは。
明日から連休の方も多いのではないでしょうか。お天気に恵まれると良いですね。

ginkgopic

さて、ダイエットの強い味方、人口甘味料について気になる研究結果が発表されています。

人工甘味料 “血糖値下がりにくい”
清涼飲料水やお菓子などに使われる人工甘味料を摂取すると、糖尿病や肥満のリスクを高める血糖値が下がりにくい状態になることを、イスラエルの研究チームが発表し、人工甘味料の健康への影響を巡って議論となりそうです。
これは、イスラエルの研究チームが18日付けのイギリスの科学誌「ネイチャー」に発表したものです。
研究チームは、マウスにサッカリンやスクラロースなどの人工甘味料を混ぜた水を与え、変化を調べたところ、マウスの腸内の細菌のバランスが崩れ、糖尿病や肥満のリスクを高める血糖値が下がりにくい状態になることが分かったということです。
また、研究チームがヒトへの影響を探るためおよそ380人を調べたところ、人工甘味料を多く摂取する人は少ない人に比べて体重が重かったり血糖値が高かったりする傾向が見られたということです。
研究者の1人は「広く大量に使われている人工甘味料の影響について再評価する必要がある」と指摘しています。
人工甘味料は、カロリーを摂取せずに甘さを加えられるとして清涼飲料水やお菓子に幅広く使われていますが、健康への影響はないとする別の研究もあり、今回の発表を受けて議論となりそうです。


血糖値の管理は、妊娠中の方やこれから妊娠を望む女性には非常に重要です。
妊娠時の合併症の一つである妊娠糖尿病はよく知られていますが、これは妊娠中に初めて発症が確認される糖尿病で、出産後は元に戻る事も少なくありません。しかし、妊娠中の高血糖は胎児に深刻な事態をもたらす可能性がある上に、妊娠糖尿病の発症を契機に、出産後、そのまま糖尿病に移行してしまう場合もあるなど、十分な注意が必要です。

妊娠中の血糖値をコントロールするには、白米などの血糖値の上がりやすい食品を摂取する前に野菜を食べる事を習慣化したり、食後に少し動くようにするなどの対策が有効です。これらは食後の血糖値の急激な上昇等を抑える事が主な目的です。しかし代謝する機能そのものが阻害されているとなると、これは生まれつきインスリンの分泌が少ない方と同様、糖尿病を発症するハイリスク状態になってしまいます。

「人口」とつくものが全て悪いものとは限りませんが、お子さんを望まれる方や妊娠中の方はできるだけ自然の、祖母の代、曾祖母の代から使われて来ているものが良いですね。
血糖値が上がりやすい白いお砂糖を避けるのであれば、なるべく精製されていない「三温糖」や「和三盆」、最近では「アガペー」等の甘味料などの選択肢もあります。


記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2014 MediBridge Inc. All Rights Reserved
18

カラダの酸化を防いで妊娠力UP!

こんにちは!
9月のシルバーウィークも近いですね、月曜日お休みして4連休なんて方もいらっしゃるかと思います。

9_18


さて、本日は不妊治療されている方には知っておいてほしい、カラダの“酸化”を防ぐ方法です。
カラダの酸化は老化の原因とされています。もちろん不妊治療している人にもカラダの“酸化”は大敵です。

では何が原因でこの“酸化”は起こるのでしょうか?
主な原因は
1.ストレス
2.紫外線
3.飲酒
4.喫煙
5.食品添加物
などがあげられます。

飲酒や喫煙といった気を付けられる事は簡単に注意できるけど、一番やっかいなのは“ストレス”。
ストレスを貯めないようにしていても、現代社会とかくストレスがたまりやすいもの。
ではどうすればいいのでしょうか。

ストレスによる酸化を防ぐには抗酸化作用のものを摂取し、酸化しないカラダ作りを心がけましょう。
ポリフェノール、ビタミンE、リコピンを含む食物には抗酸化作用がございます。

<抗酸化作用のある飲み物>
・紅茶
・緑茶
・烏龍茶
・ルイボスティー

<抗酸化作用のある食べ物>
・アーモンド
・ほうれん草
・モロヘイヤ
・トマト
・いちご
・納豆

お食事と一緒に緑茶を飲む。朝ごはんには納豆を食べる。日頃の食生活を見直すことで、カラダの“酸化”を防ぎ、妊娠力を高めていきましょう。


記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2014 MediBridge Inc. All Rights Reserved


 
17

キャサリン妃第2子の懐妊を発表

こんにちは。
今日も爽やかな朝です。
スコットランドの独立で揺れている英国から、素敵なニュースが入ってきましたね。
キャサリン妃が第2子を妊娠中であることが発表されました。

RoyalBaby

キャサリン妃は妊娠悪阻が酷く、医師の観察下に入る為、妊娠⒓週を待って発表するはずであった予定を早め、現地時間9月8日に発表されたとのこと。キャサリン妃はジョージ王子妊娠中も酷い悪阻に悩まされ、入院を余儀なくされていましたが、今回は宮殿内で医師のケアを受けているとの事です。

ところで、今回の妊娠の報道に即座に反応して、ある日本企業の英国法人が粋なTwitterが話題になっているようです。
Nissan_UK_pregnant

It could be triplets and there would *still* be enough room for the Queen.
三人になられたとしても、女王様にお乗り頂く十分なスペースがございます。

ツイッターの投稿は、妊娠のは発表から7分後だったとのこと。
準備をして、Tweetのタイミングを今か今かと待ち構えていたであろう製作者に、拍手を送りたくなる粋な宣伝ですね。


記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2014 MediBridge Inc. All Rights Reserved



16

妊娠力を高める食事

こんにちは。
だんだんと、昼夜の寒暖の差が激しくなってまいりましたが、 いかがお過ごしでしょうか? 

寒暖差が激しくなってくると、溜まった疲れが体の機能を低下させてしまい、睡眠障害、食欲不振、肌荒れなど、あらゆる体の不調につながりやすくなり、激しい温度差がストレス となって体の不調の原因となります。

適度な運動や半身浴を行って、夏の間に体に溜まりこんだ老廃物を排出しましょう。 
また、疲れた体にしっかり休息を与えて、リラックスしながら体の疲れを癒すことも大切です。
みなさん、体調管理にくれぐれも気をつけてお過ごし下さい。

9_16


さて、今日は妊娠しやすい体づくりについてお届け致します。
現代人の食生活は乱れがちで偏った食生活が懸念されています。
不妊の原因の一つとして排卵がおこらない排卵障害は、偏った食事や飲酒やタバコの摂取が関係していると言われております。

ここで、子宝ビタミンといわれるビタミンEを多く含む食品ベスト10と精子の成長を促す男性ホルモンの合成を助ける働きがあるといわれている亜鉛食品ベスト10についてご紹介します。

ビタミンEは、女性ホルモンの強化に役立ち、男性ホルモン、黄体ホルモンの生成分泌にも深くかかわっています。
また、血管に働いて、血行をよくする作用もあります。

ビタミンEを多く含む食品ベスト10
1. ひまわり油
2. アーモンド
3. サンフラワー油
4. 落花生
5. 養殖あゆ
6. うなぎ
7. ししゃも
8. かぼちゃ
9. アボカド
10.ほうれんそう

亜鉛を多く含む食品ベスト10
1. カキ
2. ごま
3. 豚レバー
4. 凍りどうふ
5. 牛もも肉
6. 牛レバー
7. 鶏レバー
8. ずわいがに
9. 豚もも肉
10. 納豆

亜鉛は、生殖器の機能 向上や、精子の運動性を活発にして妊娠を促す男性ホルモンの合成にかかわります。
ビタミンEや亜鉛は、上記のトップ10の食品の中に多く含まれるので、積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

12

ハワイでの卵子提供プログラム

こんにちは。

hawaii 0912


本日はいいお天気で気持ちがいいですね。

今回は日本人に人気のリゾート地、ハワイでの卵子提供プログラムの特色についてお話しさせて頂きます。
ハワイはリゾート地としても人気が高く、日本人にとっても非常に過ごしやすい環境が整っています。

ハワイで治療を受けて頂くにあたって、下記のメリットが考えられます。

ハワイ卵子提供の特色

 •    観光地としても人気の高いリゾート地。
 •    日本人が多く訪れ、日本人向けのサービスも充実。
 •    直行便が多く、アクセスが楽。
 •    恵まれた自然環境でリラックスしながら治療を受けることが可能。
 •    医療技術が高い。
 •    医療施設が整っている。

ハワイの病院は、メディカルツーリズムに力を入れており、医療技術や医療施設の水準が高く、外国人のクライアントにも満足の行く対応を実現しています。
日本からはホノルルまで直行便も多く出ており、アクセスが比較的容易であり、ハワイの環境を楽しめる宿泊施設も豊富です。

また、観光やショッピングなど治療に加えて多くの楽しみがあり、充実した滞在期間をお過ごし頂けます。
ハワイ独特のゆったりとした時間の中で、おいしい物を食べて、リラックスしながら治療を受けられてみてはいかがでしょうか。

海外での卵子提供プログラムをご検討中の方は、ぜひ一度弊社までお問い合わせください。

記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2014 MediBridge Inc. All Rights Reserved
11

不妊治療に伴う必要な検査って?

こんにちは!
今日も強い雨が降っています。
みなさんは大丈夫でしょうか。
8d0b27fa07fc32bb2148.jpg

さて今日は、不妊治療にともなう検査についてお話したいと思います。

専門用語が多く、病院では何をされるのだろうとご不安な方も多くいらしゃると思います。今回は検査項目をご紹介させて頂きます。不妊症の原因は患者様によって様々で、クリニック等では治療の前に不妊の原因を突き止めるための検査があります。

まず初診で女性側に行われる事はどのようなものがあるのでしょうか?

<不妊症内診>
膣鏡を膣の中に入れ、子宮頸部や子宮の出口を観察します。また子宮筋腫、卵巣腫瘍、子宮内膜症の検査のため、触診にてお腹と腟の両方から子宮や卵巣を調べます。
 
<不妊症超音波検査>
子宮筋腫、卵巣腫瘍、子宮内膜ポリープ、多嚢胞性卵巣を調べるために、経膣式の超音波検査をします。これにより子宮や卵巣の位置や大きさ、構造を観察します。
 
また、不妊治療は女性だけの問題ではありませんので、男性側の検査も今後の治療にとって大切なものになります。

<問診・尿検査>
過去の病歴や異常の有無を聞かれます。尿検査では糖、たんぱく、白血球、赤血球数を調べます。
 
<精液検査>
精液検査では、精液の量、精子濃度(1ml中の精子の数)、運動率、奇形率、白血球数を調べます。この検査を数回行って結果が悪い場合には、泌尿器科で異常の原因を調べる検査を行います。
 
上記の内容は患者様の状態と医師の判断によって変更されることがあります。
 
医療機関を受診される前に、ご自身で情報を集めておくことも適切な検査を受ける上で大切なことですね。不妊症の検査(スクリーニング)の一部は保険適用されるので、医療機関に問合せの上、リラックスして受診をお勧めします。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2014 MediBridge Inc. All Rights Reserved
プロフィール

メディブリッジ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断プログラム、アジア・ヨーロッパでの代理出産をご提供しております。
このブログで不妊治療現場、世界の医療、弊社メディブリッジの思いなどなどなどあらゆる事をお伝えして参ります。

記事検索
ミッション
MediBridgeのミッション
  1. 1. 日本の医療制度で救われない日本人患者のサポート
  2. 2. 途上国の雇用促進
  3. 3. 医療のグローバル化支援
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 新年の御挨拶 −設立12年目になりました−
  • 新年おめでとうございます
  • 妊娠前の風疹抗体検査
  • ハワイでの卵子提供プログラム
  • 着床前診断について
  • エッグドナーボランティア募集
  • 大渕弁護士、出産で涙止まらず「本当に嬉しくて、感動」
  • 西村知美、不妊で悩んでいたとき相田みつを氏の言葉に出会い救われた…
  • 卵子を使わずに新生児マウス誕生? 英国とドイツの研究
  • メディブリッジのサポート体制
  • 弊社の着床前診断プログラム
  • 3Dプリンターで作った卵巣でマウスが妊娠!
QRコード
QRコード