medibridges

代理出産・卵子提供コーディネーターブログ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断、アジア・ヨーロッパでの代理出産を提供しているコーディネーターのブログ。

2015年05月

29

代理出産を考える

こんにちは。
あいにくの雨降りですが、アジサイの花は鮮やかになり喜んでいるようです。

medi 0407 男性不妊 精液検査


今日は、代理出産について考えてみたいと思います。
代理出産については様々な意見が飛び交っています。反対する人もいれば、賛成派の人もいます。

世の中の主流としてはなんとなく反対派が多いようにも感じますが、タイで起こった事件のせいでしょうか。
しかし、代理出産とはそんなにも批判されるべきものでしょうか。

代理出産について考察されている記事を見つけたのでご紹介します。

代理出産に関する考察
私は「代理出産」という呼称に誤謬があると感じています。
その昔、「借り腹」といって本妻に子供が出来ない場合に、別の女性に夫の子を産ませ実子として引き取ることが、時折行われたようですが、それこそが代理出産そのものであり、同じ呼称を用いるのは適当ではありません。「扶助出産」とでも呼ぶ方が、本質に則していると思います。

「出来ない」と「してはならない」とは、本来別の意味です。同時に「出来る」と「しても良い」も別です。「可である」あるいは「不可である」と答えを出すには合理的な根拠が必要です。


ご興味のある方は、読んでみてください。
そして、今一度、代理出産についてその是非を考えてみましょう。

不妊に悩む方々のために、弊社では代理出産プログラムもご用意しております。弊社ホームページのお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2015 MediBridge Inc. All Rights Reserved


 
28

卵子提供のメリットとは?

こんにちは。
本日は弊社のメインプログラムである、卵子提供のメリットをお話しさせていただきます。

flower

最近は不妊治療の選択肢として卵子提供の認知度も上がってきていますが、卵子提供に関する法整備が整っている欧米と比べるとまだ認知度が低いのが実情です。
本日は卵子提供を受けるメリットについてお話したいと思います。

女性の社会進出、晩婚化により、出産年齢が上がってきています。
年齢を重ねることにより卵子も老化し、卵子が老化すると着床しづらくなります

受精卵の質が低下している場合、子宮内膜に着床する力がなかったり、着床しても数週間で剥がれ落ちてしまいます。
また、受精させた場合、分割が途中で止まってしまうこともあります。

20代の方に質の良い卵子を提供して頂くことにより受精卵の質も上がります
すると何が期待できるかというと、着床に結びつきやすくなるということです。
受精卵の質が低下している場合、子宮内膜に着床する力がなかったり、着床しても数週間で剥がれ落ちてしまいます。
 
また、受精させても、子宮に戻せるほどに分割が進まないこともあります。
卵子の質の低下には様々な原因が考えられますが、代表的な原因の一つとして、卵巣機能の低下が挙げられます。
卵巣機能の低下は年齢が高くなるにつれ多く見られる症状ですが、中には若くしてこの症状に悩まされる方もいらっしゃいます。

弊社のエッグドナーボランティアの方は、20〜30歳までの健康で、喫煙されていない方に限らせていただいております。

エッグドナーボランティアの方々は、不妊治療に強い関心を抱き、ご夫妻を幸せにするお手伝いがしたい、という想いをお持ちの方々です。

卵子提供をお考え中でお悩みの方は、是非一度お問い合わせページからメールにてお問合せ下さい。



記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2015 MediBridge Inc. All Rights Reserved


 
27

兵庫県養父市、不妊治療費助成を拡大

こんにちは。本日は全国的に真夏日の様ですね。

116175657215623399

さて、以前兵庫県の不妊治療に対する助成金のニュースをご紹介させて頂いたのですが、
兵庫県内の養父市にて、不妊治療にかかる費用の「全額助成」を開始するという
発表があったそうです。

http://apital.asahi.com/article/news/2015043000035.html

不妊治療を受ける夫妻の負担を減らすため、養父市は今月から
治療費の「全額助成」制度を始めた。これまで市の助成分は上限10万円だった。
但馬地域では最も手厚い助成という。

市によると、不妊治療の件数は年々増加している。
これまで県の特定不妊治療費助成(1回15万円または7万5千円)の対象者に、
市は10万円を上限に助成してきたが、経済的負担が大きく
治療を断念するケースもあるため助成の拡充を決めた。
市の助成対象は養父市在住の夫妻で、県の助成の決定を受けた人に加え、
県が定める年間・通算助成回数や通算助成期間の限度を超えた人も新たに対象とする。

兵庫県は、県全体として不妊治療をされているご夫妻への助成に
力を入れている様に感じます。日本全体の都道府県でも、同じように
助成の幅が広がっていくと良いですね。

記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2015 MediBridge Inc. All Rights Reserved

26

精子や卵子提供 “利用したい”20%超える

こんにちは。

5月も早いものでもう最終週、気持ちのよい天気が続いていますね。

medi0526 不妊 卵子提供


さて本日は、NHKニュースで気になる記事がありましたのでご案内させて頂きます。

精子や卵子提供 “利用したい”20%超

晩婚化などの影響で不妊症に悩む夫婦が増えるなか、第三者からの精子や卵子の提供を利用したいと考える人が全体の20%以上を占めたことが、厚生労働省の研究班の調査で分かりました。専門家は「国内での生殖補助医療の法整備について議論を急ぐべきだ」と指摘しています。
この調査は、厚生労働省の研究班が、去年2月、インターネットを通じて2500人の男女を対象に行いました。
この中で、自分が不妊症だった場合、第三者からの精子や卵子の提供を望むか尋ねたところ、「利用したい」「配偶者が賛成したら利用したい」と答えた人は、精子の提供については24.9%、卵子の提供は26.8%でした。

また、妻が病気で子宮を失った場合などに別の女性に出産してもらう「代理出産」については、「利用したい」「配偶者が賛成したら利用したい」と答えた人は合わせて29.1%でした。
調査を行った東京大学大学院の大須賀穣教授は、「技術が進歩するなかで、精子や卵子の提供など第三者が関わる生殖補助医療を利用したいと考える人が少なくないことが分かった。海外で治療を受ける人が増える一方で倫理面などの議論が追いついていないのが現状で、国内での法整備について議論を急ぐべきだ」と指摘しています。

徐々にではありますが、卵子提供について世間で認知されてきたな、という実感はあるものの、実に1/4近くの方が利用したいと考えている事には正直驚きました。

ご自身で不妊治療を続けてきたものの残念ながら妊娠しなかった方がお子様を授かる、新たな選択肢になり、そのお力添えができれば、と考えております。

記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2015 MediBridge Inc. All Rights Reserved

22

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)とは

こんにちは!
3年前の今日5月22日は、東京スカイツリーが開業した日です。
私は、当時通勤電車の中からスカイツリーがどんどん高くなっていく様子を見るのが楽しみでした。

5_22


さて、本日はPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)についてお話ししたいと思います。

不妊の原因のひとつに、PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)というものがあります。
PCOSは、卵巣に小さい卵胞がたくさんあるのに排卵しにくいという疾患で、生殖年齢の女性の5〜10%に存在すると言われています。
特に20歳代の若い年齢層に多く見られますが、高校生にも見られます。

代表的な症状には、月経不順・無月経・不妊症・流産のほか、多毛、にきび、声が低音になるなどの男性化兆候、または肥満になりやすい傾向があります。
月経異常を起こしやすく、それに伴う排卵障害が不妊原因となります。

特に月経周期が3ヶ月から6ヶ月もあるという方には、この疾患である確立が非常に高いといえます。

治療法には、排卵誘発剤が最もよく用いられますが、原因不明な疾患であるため、お薬で排卵周期が整ったあとも治療を止めてしまうとまた元に戻ってしまう方が8割近くいます。
そのため、この疾患の方で特に妊娠を望まれない場合は、妊娠が必要な状況になるまでは低容量ピルを服用することが一般的です。

PCOSに対する低容量ピルの投与によって月経が規則正しく訪れるようになります。

服用期間中には排卵は起こりませんが、ホルモンバランスは保たれるので、女性ホルモン欠乏による子宮の萎縮や骨の脆弱化は阻止されます。
また服用期間中、卵巣は休んだ状態になるので、ピルの服用中止後の排卵誘発剤への反応が改善することが期待できます。


記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2015 MediBridge Inc. All Rights Reserved

21

男性不妊治療に新たな技術

こんにちは。
今日、気が付いたら「暑い!」と口走っていました。
米国のある政府機関が、今年は地球全体が過去最高の暑さになるとの予想を発表したそうです。
お手柔らかにお願いしたいものです。

Medibridge_sperm

さて弊社は卵子提供プログラムをご案内しております。

これは文字通り第三者より卵子の提供を受ける事で、加齢やその他の理由によって妊娠可能な受精卵を得られない方をサポートするプログラムです。

つまりは女性の側に起因する不妊に対処するプログラムであり、同時に、男性不妊でも悩まれているご夫妻にとっては、原因の半分へのアプローチになってしまいます。

本ブログでも何度か取り上げて参りましたが、不妊に悩まれるカップルの実に半数において、男性側にも何らかの原因がある事が分かっています。

少なからぬ方が悩んでおられる男性不妊に対処する新たな技術が誕生し、実用化に向け動き始めているようです。

男性不妊に希望の光。未分化の精子細胞を体外で育てることが可能に―仏研究

記事によれば、生殖細胞を体外で成長させ、完全な機能を備えた精子に育てることができる技術が開発されたとの事です。
この技術を公表したフランスのある研究所によれば、15年の研究の末ついに、睾丸から採取された精原細胞(精子の基となる細胞)を使い、体外で活発に動き回る精子に育てることに成功したのだとか。

この技術はこれから2年間、臨床前及び臨床実験が実施され、例えば精液中に精子が一匹もいない無精子症等でも 体外精子形成ができるかなどの有効性の検証が行われ、実用に向けて更に研究を続ける予定のようです。

受精卵の状態に卵子の質が大きく関与しているのと同様に、精子の状態はその後の卵子の正常な分割、クオリティーに大きな影響を与えます。
新しい技術の一日も早い実用化が望まれます。

記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2015 MediBridge Inc. All Rights Reserved


20

はしのえみさん、ご妊娠

こんにちは。
5月も後3分の1を残すところとなりました。

medi 0520 芸能人 不妊



さて先日、はしのえみさん(41)が妊娠5カ月である事を発表しました。

はしのえみ、妊娠5カ月を報告「幸せいっぱいのマタニティーライフ」

タレントのはしのえみ(41)が17日、自身の公式ブログを更新。現在、妊娠5カ月であることを明かした。

 はしのは「嬉しいご報告」の題でブログを更新。「皆さん、ご報告が遅くなってしまい申し訳ありません!実は私は今、妊娠5ヶ月の身体です」と、第1子の妊娠をファンに報告。ありがたいことに、つわりもなく無事に安定期に入り、高校生の時以来の食欲と、睡眠欲で、元気いっぱい、幸せいっぱいのマタニティーライフを送っています」と現況をつづった。

 通常に比べて高齢での初出産となることについては「41歳、初産…不安が全くないわけではありませんが」と心境を吐露。それでも「このペースも私らしいペースだなぁと思って、貴重な時間を噛み締めながら、楽しみながら、過ごしています」と前向きな姿勢を示した。


一部では不妊治療を行っていたのではないかといううわさも流れたはしのさん。
結婚7年目の待望の赤ちゃん、無事にご出産に至ってほしいです。

記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2015 MediBridge Inc. All Rights Reserved
19

卵子の老化

こんにちは。
少し雨降りですが、木々の緑には天の恵みでしょうか。

ajisai 0708 medhi


今日は、卵子の老化について書きたいと思います。

卵子のもとになる原始卵胞は、200万個程度、生まれる前から卵巣に蓄えられています。ところが、この原始卵胞は、どんどん減り続け、思春期を経て生殖適齢期のころには20万から30万個程度になります。その後も減り続け、新しく作られることはありません。つまり、卵子はご自身の年齢とともに年をとるのです。最終的に閉経までに造られる成熟卵胞の数は約400個程度と言われています。

年齢を重ねた原始卵胞から排卵された卵子には、減数分裂がうまくいかず、染色体異常を持ったものが増えてきます。卵子に染色体異常があると、受精卵になりにくく、また、流産する可能性も増えてきます。また、自然妊娠の確率は、30歳頃から下がり始め、40歳を超えると激減し、44歳以降では1%程度になってしまします。

このように、40歳以降になると、自己卵での妊娠が難しくなってくるため、海外では卵子提供による不妊治療が早い時期から行われるようになっています。

弊社では、タイとハワイでの卵子提供プログラムをご提供しております。また、着床前診断などもご提案しております。ご興味のある方は、一度弊社までお問い合わせください。



記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2015 MediBridge Inc. All Rights Reserved


16

クルーガーテストってどんな検査

こんにちは!
今週は台風が来たり、雨の日が多かった印象です。
6月になると梅雨入りもしますし、今週末は新しい傘を買いに行こうかな。

5_16


さて、本日はクルーガーテストについてお話しをさせていただきます。

クルーガーテストとは、精液中の精子を顕微鏡で確認し、精子の奇形を見る検査です。
検査時には特殊な溶液を使用し、精液中の精子に色付けを行ってから顕微鏡で確認します。

クルーガーテストで、正常とされる精子が15%以上あれば自然妊娠も期待できますが、4%未満の場合は奇形精子症と診断されます。精子の奇形は、頭部の奇形と尾部の奇形に大きく分けることができます。頭部に異常のある精子は、非常に受精しにくいとされています。

<精液検査の標準値>※WHOラボマニュアルに準拠している場合
精液:1.5ml以上
pH:7.2以上
精子濃度:1ml中に1500万以上
総精子数:3900万以上 ※3900万未満の場合は乏精子症
精子運動率:40%以上 ※40%未満の場合は精子無力症
正常形態精子率:4%以上 ※4%未満の場合は奇形精子症

奇形精子症の原因はさらに詳しい検査により、精索静脈瘤、逆行性射精、染色体異常などが見つかる場合もあります。
原因不明の場合は、喫煙・飲酒・食生活など生活習慣の改善を行う事により、正常形態精子率が上がる事もあります。
まずは専門医師にご相談しましょう。 


15

タイでの卵子提供プログラムについて

こんにちは。日中はじわじわと汗ばむ程、暖かくなってきていますね。

DSC00335

ついこの前までコートが手放せない気温が続いていたのもつかの間、
どんどん暖かさが増していき、既に半袖で一日を過ごされる方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

さて、弊社の卵子提供プログラムは、通年暖かなタイ、もしくはハワイにて
ご提供させて頂いております。
その中でも、本日はタイでの卵子提供プログラムについてお話しさせて頂きます。

皆さんタイと聞くと、どういったイメージをお持ちでしょうか?
治安の面を心配されたり、食事が合わないのではないかという心配も
あるかと思いますが、近年のタイは高層ビルが増え、ぐっと近代化が進んでいます。
また、タイでの卵子提供プログラムには下記の様な特色がございます。

・日本との時差が2時間と少なく、体への負担が少ない。
・物価が安く、滞在費も先進国と比べて比較的抑ることができる。
・南国のリゾート地で、観光も楽しみながら治療を受けられる。
・医療技術が高く、医療施設も整っている。
・スパやマッサージ等、リラックス施設が豊富。
・日本食レストランが多く、他にも食事のバラエティーが豊富。

他にも日系のデパートがあったり、最近では日本から進出しているラーメン屋さんや
レストランも増えてきています。

また、海外で治療を行う際に時差が2時間のみということは
メリットの1つだと考えられます。

タイでの卵子提供プログラムにご興味をお持ちの方は、是非弊社ウェブサイトをご覧ください。


プロフィール

メディブリッジ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断プログラム、アジア・ヨーロッパでの代理出産をご提供しております。
このブログで不妊治療現場、世界の医療、弊社メディブリッジの思いなどなどなどあらゆる事をお伝えして参ります。

記事検索
ミッション
MediBridgeのミッション
  1. 1. 日本の医療制度で救われない日本人患者のサポート
  2. 2. 途上国の雇用促進
  3. 3. 医療のグローバル化支援
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 新年の御挨拶 −設立12年目になりました−
  • 新年おめでとうございます
  • 妊娠前の風疹抗体検査
  • ハワイでの卵子提供プログラム
  • 着床前診断について
  • エッグドナーボランティア募集
  • 大渕弁護士、出産で涙止まらず「本当に嬉しくて、感動」
  • 西村知美、不妊で悩んでいたとき相田みつを氏の言葉に出会い救われた…
  • 卵子を使わずに新生児マウス誕生? 英国とドイツの研究
  • メディブリッジのサポート体制
  • 弊社の着床前診断プログラム
  • 3Dプリンターで作った卵巣でマウスが妊娠!
QRコード
QRコード