medibridges

代理出産・卵子提供コーディネーターブログ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断、アジア・ヨーロッパでの代理出産を提供しているコーディネーターのブログ。

2015年06月

30

不妊症の定義「1年」に短縮

こんにちは!
いよいよ6月も今日で最終日。
今月は祝祭日が無かったので、いつもの月より長く感じた方もおおかったのでは?

6_30

さて、本日は「不妊症の定義」についてです。
いままで望んでも妊娠できない期間が2年を超えると「不妊症」とされ、病院に行くことを勧めていましたが、この度、日本産科婦人科学会ではその2年を1年に変更する方針を決めました。

日本産科婦人科学会は20日、望んでも妊娠できない期間が2年としていた不妊症の定義を「1年」に変更する方針を決めた。国際標準に合わせるという。

卵巣や精巣の異常などで治療が必要な場合は期間を問わない。学会員の産婦人科医らに意見を募り、8月の理事会で正式決定する。

学会倫理委員長の苛原稔・徳島大教授によると、現状でも1年間妊娠しなかった場合に医療機関を受診し治療に入るケースが多い。晩婚化や女性のキャリア志向などで妊娠を望む年齢が上昇するなか、定義を変更することで「より早期に適切な不妊治療の受診につながることが期待できる」と話した。

学会では従来、不妊症に関して妊娠が成立しない期間を「1年から3年までの諸説があるが、2年というのが一般的」としていた。〔共同〕

不妊症の定義、1年に短縮 産婦人科学会方針 

お子様が出来なく悩んでいらっしゃる方は、期間に限らず一度婦人科で受診された方が良いかもしれません。



25

太陽の光で妊娠率が向上

こんにちは。
弱冷房設定の室内にいると、少し暑く感じるようになってきました。
梅雨明けも近いでしょうか。

sunlight

2015年6月14日から17日にポルトガルのリスボンで開かれた『ヨーロッパ生殖医学会(European Society of Human Reproduction and Embryology)』において、太陽の光を浴びる事で妊娠率が向上するという研究結果が発表され、各国で報道されています。

体外受精を試みている6000人の女性に聞き取り調査を行った結果、妊娠前に良い天候に恵まれていた女性の妊娠率は、そうでない人に比べ35%も上昇したとの事です。

良い天候として「高温」と「少雨」が挙げられ、これらは妊娠期間を通じて良い影響をもたらすとしていますが、最も密接な関連を示したのがSunchine-日照であったとの事です。

興味深いのは、良い天候との相関関係が認められたのは、体外受精による胚移植を受けた日ではなく、移植の1か月程前に身を置いた環境での天候との相関関係だという事。

日光を浴びる事で、体内のビタミンDが生成される事は知られておりますが、結果、睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンが豊富に分泌される。
これらの成分、およびその生成のリズムが女性の体のリズムを整え生殖機能を能を高めるのに役立っていると説明しています


参考記事:
「日光は女性の妊娠率をアップさせる」とベルギーの研究チーム。

この夏は例年よりちょっとだけ黒くなる事を覚悟して、1日1回は太陽の光を浴びてみるのも良いのではないでしょうか。

記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2015 MediBridge Inc. All Rights Reserved

23

森三中 大島美幸さん、第一子ご出産

こんにちは。森三中の大島美幸さんがご出産されたという、明るいニュースが発表されました!

FlowerAndSky_


以前、弊社のブログにて森三中の大島美幸さんのご妊娠のニュースを
載せさせて頂いておりましたが、その後無事ご出産されたとの発表がありましたので、
弊社ブログでもご紹介させて頂きます。

大島美幸が男児出産「最高です。愛してます」鈴木氏

森三中の大島美幸(35)が22日、都内の病院で第1子の男児を出産した。
3885グラムで母子ともに健康だという。
大島は「本日、無事、出産することができました。私と夫に似て、大きめの赤ちゃんでした。
男の子です。たくさんの笑顔と福が訪れることを願って、育てていきたいと思います。
心も体もビッグな子になりますように」とコメントした。

夫の放送作家・鈴木おさむ氏(43)と森三中の村上知子(35)黒沢かずこ(36)も
出産には立ち会った。鈴木氏は、2度の流産を経て、14年1月から妊活休業しての
待望の第1子を生んだ、大島のこれまでの道のりを、「産まれました!」と題してブログにつづった。


記事からも、鈴木氏のブログからも、喜ばしい気持ちが伝わってきます。
テレビに露出するお仕事だからこそ、通常の妊活よりも大変な事があったかと
思います。ご出産、本当におめでとうございます!

記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2015 MediBridge Inc. All Rights Reserved
19

ハワイでの卵子提供

こんにちは。

sun

じめじめとした梅雨が続いていますね。
弊社の卵子提供プログラムは、タイとハワイの二ヵ所にてご提供させて頂いております。
いずれも一年を通して温暖な気候で、過ごしやすい土地です。

その中でも、本日はハワイでの卵子提供についてお話をさせて頂きます。
ハワイといえば、日本人にとって一番馴染みのあるリゾート地ではないでしょうか。
年々ハワイを訪れる日本人の観光客は増えており、毎年人気のリゾート観光地の
1位2位を争っている渡航地です。

ハワイでの卵子提供プログラムには、下記の様な特色がございます。

・日本人観光客が多い為、飲食店やショッピングセンターにて日本語が通じることが多い
・治療のみでなく、ビーチやお買い物を楽しむことができる
・自然が多く、リラックスできる環境
・アメリカであるものの、本格的な日本食店や韓国料理等、食事も楽しめる
・観光用のトロリーやバスが運行している為、移動も便利
・少し長めの滞在期間を取り、近くの島にも観光に行ける
・24時間営業しているレストランや、コンビニエンスストアと同様のショップが多くある


ハワイを訪れたことのある方も多くいらっしゃるかと思いますが、
澄み切った青空と力強い日差し、ハワイに降り立った瞬間から
ハワイ独特のパワーを感じることができます。

ハワイにはたくさんのパワースポットがあると言われていますが、ハワイに住んでいる
人からすると、ハワイ全体がパワースポットだそうです。

より詳しいハワイでの卵子提供については、是非弊社ウェブサイトをご覧ください。




18

日本生殖医療学会を知っていますか?

梅雨らしい、しっとりとしたお天気ですね。
本日も、肌の潤いを存分に感じたいと思います。

rain_eggdonation

不妊治療でクリニック等に通っている方は「日本産婦人科学会」という学会名を目にする機会が多いのではないかと思います。

不妊治療に関連する学会としては、日本には実は「日本生殖医学会」という学会も存在します。
生殖医療の発展に寄与すべく発足した学会だけあり、医療関係者のみでなく、一般の方への不妊治療の情報提供にも力を入れています。

昨今はネット等の情報が溢れ、簡単に多くの知識は得られるものの、どれが真実か分からないような相反データが得られたりと、どこまで裏付けの取れた内容なのかと、不安になる事もあるのではないでしょうか。

不妊の基礎知識から、卵子の老化について、米国での統計データを基にした卵子提供での年齢別妊娠率グラフなど、卵子提供をお考えの方々にも非常に参考になる、信頼のおける情報が提供されております。

是非一度、ご覧ください。
日本生殖医学会HPより
不妊症Q&A

メデイブリッジは不妊治療についての常に新しく正しい知識を吸収し、皆様に提供できますよう努力を続けて参ります。

記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2015 MediBridge Inc. All Rights Reserved
17

卵子提供と母親

こんにちは。
今日は少々曇ったり雨降りだったりと、少々すっきりしないお天気です。

Summer Wallpapers HD 1


このようなすっきりしないお天気のように、生殖医療にかかわる日本の法令整備は、欧米に比べはるかに後れを取っているようです。

そのような中、ようやく政治の世界も動き始めたようです。

第三者の卵子を使って出産した場合に産んだ女性を母とする民法の特例法案を、早ければ今国会に提出する方針を決めた。
(中略)
今の民法は代理出産などを想定していないため、出産した女性と卵子の持ち主のどちらを母とするか明記されていない。特例法は生殖補助医療で複雑化する親子関係を法的に整理しておくのが目的。

とはいえ、しっかりとした法制度がしかれ、卵子提供や、代理母に関しての国や社会の受け入れ態勢が整うまでには、長い道のりと年月がかかりそうです。

今、卵子提供や代理母出産によるサポートが必要な方々には、制度が一般化するまで待つことはつらいことでもあり、またいつまで待てばよいのかという疑問も残ります。

弊社では、今受けることのできる、卵子提供プログラムおよび代理母出産のプログラムをご案内しております。ご興味のある方は、一度お問い合わせになってみてください。


記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2015 MediBridge Inc. All Rights Reserved


 
16

代理出産プログラムの成功率

こんにちは!

エッグドナー


本日は代理出産プログラムの成功率についてお話しさせていただきます。

代理出産プログラムの成功率は、代理母に移植される受精卵の質、この場合は主に卵子の質によって左右されます。

自ら代理母となる女性は、少なくとも一人の健康な赤ちゃんを問題なく出産した経験があることが条件となっている他、代理出産プログラム開始前に、改めて体 外受精に向けての子宮の状態の検査を受けます。

そして、子宮や心身の健康状態についての検査結果が良好な場合のみ、代理母として協力することが可能となります。

しかし、子宮の状態が大変良い状態であっても、具体的に妊娠成功率の決め手となるのは、「卵子の生殖力」なのです。
 
着床し妊娠・出産へ至るためには、受精卵を成した卵子の質によるところが大きいことが、全米の体外受精の統計結果によりわかっています。

卵子の質、つまり生殖力は、採卵時の女性の年齢や卵巣機能の状態に大きく左右されるのです。
メディブリッジ代理出産プログラムでは、初回検診の際に、担当医がそれぞれのご夫婦の成功率について検討し、それについての説明を受けていただけます。

一般的には、成功率が最良レベルなのは採卵時の女性の年齢が満35歳頃までであり、そして女性の加齢と共に卵巣機能の低下が起こるため、成功率はどうしても少しずつ下がっていきます。
 
代理出産プログラムにおける採卵時の年齢制限は採卵する女性(母となることを願う女性)の満45歳のお誕生日となっております。
そのため、代理母との準備期間や実際の治療に際して充分な猶予があるようにするため、代理出産プログラムへのお申し込みは、採卵する女性が43歳にな るまでに済まされることをお勧めいたします
 
また、成功率を考慮しますと、母となることを希望されている女性の年齢が低ければ低いほど、それだけ成功率が高いうちに治療に挑戦できる、ということになります。


代理出産プログラムをご希望の場合まずは、お問い合せフォームよりご相談ください。


記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2015 MediBridge Inc. All Rights Reserved


 
12

科学の進歩と不妊治療

こんにちは。

蒸し暑い日や少し肌寒い日が交互にやってきて、もうじき梅雨入りの予感です。

medi1021


今日は、科学の進歩と不妊治療について書いてみたいと思います。
2012年12月、イギリスの研究チームが、ヒトの万能細胞から、卵子や精子のもととなる細胞を作り出すことに成功したという記事が掲載されました。

ES細胞、iPS 細胞、万能細胞という言葉は、昨今の科学の進歩を話題にしたニュースでは頻繁に使用されているので、聞き覚えもあるでしょう。

マウスを使用した研究ではこの技術を利用して体外受精による仔マウスが生まれているそうです。

この始原生殖細胞を精子や卵子に変えられるようになれば、精子や卵子ができる仕組みを詳しく調べることができるようになり、将来的には不妊の原因解明にも役立つ可能性がある。

*興味のある方は出典もとの日本語訳も参照してみてください。

このような最先端の科学技術は日々進歩していますが、倫理面の問題から、すぐにはヒトへ応用されることはないかもしれません。ただ、不妊のメカニズムを解明していく上では、重要な役割を果たすことを期待します。

ただ、技術が確立され、ヒトへも応用が利くようなるまでは、まだまだ長い年月が必要だと思われます。現在、不妊治療に悩む方達には、卵子提供などによるサポートが最も近道なのかもしれませんね。


記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2015 MediBridge Inc. All Rights Reserved




11

受精卵の成長をアプリで監視?!

こんにちは!
東京は梅雨入りし、すっきりしないお天気が当分続きそうですが、この時期は紫陽花を見るのが楽しみです。
雨の日の紫陽花は、一際綺麗ですね。

さて、体外受精を行っている方にとって、受精卵の成長はとっても気になりますよね。
採取された卵子は、受精を経て、培養士の管理のもと、数日間培養された後に移植されますが、培養中の受精卵の状態は、通常、患者は見ることができません。
この培養中の受精卵の成長を確認できるアプリを、オーストラリアの会社が開発中だそうです。


blastcyst_embryo


受精卵の成長を監視できるアプリ、開発中


【シドニー】医師や、体外受精(IVF)を受けた患者たちが、何千マイルも離れた研究所にある受精卵の成長を監視するための新しいスマートフォン向けアプリケーションが登場するかもしれない。

 シドニーに本拠を置くジェネアが開発中のこの技術は、世界のIVF業界でいかにイノベーションが加速しているかを示す好例だ。一部のアナリストはこの業界が2020年までに140億米ドル(約1兆7000億円)にまで成長するとみている。この技術は受精卵(胚)の質を高め、移植成功の公算を大きくするような有効なアプローチを可能にするかもしれない。

 ドイツの製薬・化学大手メルクは、ジェネアの製品セットを、IVFを行う世界中のクリニックに販売する計画だと述べた。この製品セットにはGaviが含まれる。Gaviは、後日使用するヒトの受精卵や胚を急速凍結する世界初の機械で、温度を下げる凍結プロセスでの人為的ミスを防げるという。

 このセットにはまたGeriも含まれる。Geriは受精卵用のインキュベーターで、タイムラプス(インターバル撮影)画像を活用する。これは、胚に成長しているかどうかを検査するために受精卵を取り出すという潜在的に危険な手順を省くのが狙いだ。メルクとジェネアの契約には、新技術開発への資金提供も含まれる。この中には、Geriからスマートフォンに画像をライブ配信し、医師、そして患者までが、受精卵を24時間監視できるようにする技術も含まれる。

自分の受精卵をスマホのアプリで確認できるなんて、すごい技術ですよね!

こんなアプリが開発されるということは、体外受精がそれだけ多くの人にとって身近なものになってきているのかもしれませんね。

記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2015 MediBridge Inc. All Rights Reserved




10

着床前診断プログラム

こんにちは!
ついに関東地方も梅雨入りしました、朝天気が良くても折りたたみ傘をもって外出をするように心がけております。

メディブリッジのミッション


さて、本日は着床前診断プログラムのご案内です。
着床前診断はご自身の卵子で行う事も可能ですし、卵子提供プログラムでもお受けいただく事が出来ます。

着床前遺伝子診断あるいはPGD(Preimplantation Genetic Diagnosis)とは、体外受精後、胚移植を行う前に受精卵に対して検査を行い、遺伝子を検査する方法です。

胚移植を行うに先立って、受精卵の染色体に異常があるかどうかを検出することで、移植を行う受精卵を選択することが可能になります
検査は、受精後数日間培養した受精卵の細胞の一つを取り出して行われます。

染色体異常を持つ受精卵を移植した場合、このような受精卵は着床しにくく、着床した場合でも高確率で流産をすると考えられていますが、着床前診断により染色体異常を持つ受精卵を移植前に確認することで、もともと着床しにくかった受精卵、あるいは流産しやすい条件を持った受精卵を予め避け、染色体異常の見られない受精卵を選んで移植を受けられます。
 
体外受精後の流産はこういった受精卵の染色体異常による場合が多く、着床前診断を受けることで、胎児として育ちにくい条件を持った受精卵を予め移植しないことで、結果として流産の確立を下げることが可能です。

着床前診断は、習慣性流産による不妊に悩む方が流産を回避して妊娠しやすい条件を整える新しい技術です。
弊社の着床前診断プログラムは、ハワイ・タイでご提供しております。

ご興味のある方はまず弊社までお問い合わせください。


プロフィール

メディブリッジ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断プログラム、アジア・ヨーロッパでの代理出産をご提供しております。
このブログで不妊治療現場、世界の医療、弊社メディブリッジの思いなどなどなどあらゆる事をお伝えして参ります。

記事検索
ミッション
MediBridgeのミッション
  1. 1. 日本の医療制度で救われない日本人患者のサポート
  2. 2. 途上国の雇用促進
  3. 3. 医療のグローバル化支援
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 新年の御挨拶 −設立12年目になりました−
  • 新年おめでとうございます
  • 妊娠前の風疹抗体検査
  • ハワイでの卵子提供プログラム
  • 着床前診断について
  • エッグドナーボランティア募集
  • 大渕弁護士、出産で涙止まらず「本当に嬉しくて、感動」
  • 西村知美、不妊で悩んでいたとき相田みつを氏の言葉に出会い救われた…
  • 卵子を使わずに新生児マウス誕生? 英国とドイツの研究
  • メディブリッジのサポート体制
  • 弊社の着床前診断プログラム
  • 3Dプリンターで作った卵巣でマウスが妊娠!
QRコード
QRコード