medibridges

代理出産・卵子提供コーディネーターブログ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断、アジア・ヨーロッパでの代理出産を提供しているコーディネーターのブログ。

2017年01月

28

ミトコンドリア交換で新たに赤ちゃんが誕生


こんにちは。周囲でインフルエンザが猛威を振るっています。皆さんは大丈夫でしょうか?

「新生児」の画像検索結果

さて、ウクライナにて3人の遺伝子を受けつぐ赤ちゃんが誕生したというニュースが発表されました。

3人の遺伝子をもつ赤ちゃん、ウクライナでも 不妊治療で


3人の遺伝子を受け継ぐ体外受精の技術を使った不妊治療で、子どもが生まれたことがわかった。ウクライナの不妊治療クリニックの医師が18日、複数のメディアに明らかにした。

 不妊治療の目的で技術が使われ、子どもが生まれたのは初めてという。

 英科学誌「ニューサイエンティスト」によると、15年以上不妊治療をしても妊娠しなかった34歳の妻の卵子と夫の精子を体外受精させた。この受精卵の核を、あらかじめ核を除いた、第三者の女性の卵子から作った受精卵に移植。妻の子宮に戻し、今月5日に女児が生まれたという。核DNAは両親から、細胞質に含まれるミトコンドリアDNAは提供者の女性から受け継がれたことになる。この技術が細胞質の異常で起こる受精卵の発育不全に対する治療になるとしている。

遺伝子疾患治療を目的(女性側がミトコンドリア病)としてミトコンドリア交換を行ったケースでは、昨年4月に男児が誕生したというニュースが話題になりましたが、今回は不妊治療目的(受精卵の分割が止まってしまい、移植まで進まない)でのミトコンドリア交換だったそうです。不妊治療を目的としたミトコンドリア交換で児が誕生したのは初めてのケースです。

この治療はウクライナのナディヤ クリニックで行われました。これからもうお一人、不妊治療目的でミトコンドリア交換を行った方の出産を控えているとのことで、また近々ウクライナから新たなニュースが発表されそうです。
まだ新しい技術で、生まれてくる児へ何か影響があるのかどうか等、不明確なことが多い状況ではありますが、これから注目されるべき技術ですよね。

記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2017 MediBridge Inc. All Rights Reserved
 


26

生殖医療+遺伝子編集の未来

こんにちは。
 本日、1月26日(木)は貴花田が19歳5か月の時に史上最年少で幕内最高優勝をした日だそうです。

受精卵

人間の医学の進歩というのはとても凄いものです。
精子とか卵子を人工で作って任意に改変、も(技術的には)可能な時代へ。 これから遺伝子編集技術の進化で、「デザイナー・ベビー」が可能になってしまうのでは?と科学界が揺れています。遺伝子を簡単かつ正確に切り貼りできる技術CRISPR/Cas9を使えば、「美形でモデル体型でIQ200で孫悟空みたいに体力のある人間」とかができてしまうかもしれないんです。 そんなのまだSFの世界での話だと思われていても、技術は日々進化しています。さらに遺伝子編集技術だけでなく、体外受精(IVF、In Vitro Fertilization)などの生殖医療も進んでいます。今だってIVFによって子どもを持てなかった人が持てるようになっているし、さらに精子や卵子提供を受ける場合は、提供する人の人種や教育レベルなどを選ぶことも可能になっています。CRISPRが人間に対して使われたら、技術的には、そんな取捨選択が果てしなく可能になってしまうんです。 ある研究グループが現在、「IVG(In Vitro Gametogenesis)」(直訳:試験管内配偶子形成、「配偶子」とは精子や卵子のこと)という生殖医療技術がデザイナー・ベビーを現実に近づけていると問題提起しています。IVGとは、精子や卵子そのものがなくても、他の適当な細胞を元に精子や卵子を作れる技術です。
 極端にいえば、たとえば髪の毛1本、皮膚片ひとかけあるだけで、自分または他人の遺伝子を持った精子・卵子ができてしまうってことです。なので理論上は、Tinderで出会ってドリンク1杯も飲み終えないで別れたんだけど、数カ月後にその相手から「あなたの皮膚を使って精子を作ったからよろしくね。あなたって遺伝子の作りは良さそうだったから」って連絡される…なんてことがありうるんです。 Cohen氏いわく、IVGによって大量の受精卵を作ることが簡単になるかもしれません。そしてCRISPRによってそれらの卵を簡単に編集し、その中から遺伝子的に一番よさげなものを選んで着床させるなんてことも可能になるかもしれないんです。
 とはいえ、こんなシナリオが可能になるのは非常に遠い未来です。今のところIVGはマウスに対してしか行なわれていません。そしてCRISPRは「DNAの切り貼り」ツールといわれるものの、実際そこまで正確なわけではありません。だから上に書いたようなTinderホラーストーリーが成り立つには、両方の技術がもっと進む必要があります。それに米国などでは、人間の受精卵の遺伝子編集自体が今は違法です。 ただ、IVGそのものは、不妊に悩むカップルにとっては希望の光となりえます。だって自分の精子とか卵子ができなかったり、質が悪かったりしても、体の他の細胞を元に精子や卵子を作れちゃうんです。 多くの国で人間の受精卵に対する遺伝子編集を禁止しているのに対し、イギリスではたとえば特殊なミトコンドリア病など、限定的なシナリオではそれを許可しているのです。 「我々は、どんなときに(IVG利用が)適切となるのか、ガイドラインを作りたいのです」とCohen氏は言います。「私が賛成できるひとつのケースは、がん治療が原因で卵子を作る能力がなくなってしまったがん生存者が利用する場合です」 IVGもCRISPRも、人間に対して使われるようになるには、技術そのものの進化も必要だし、法的整備も必要です。逆にいえば、倫理的議論を早めに進めておくことで、技術が完成したときにそれを必要とする人が早く利用できるようになるのかもしれません。それは多分、Tinderで遺伝子的に良さげな異性から皮膚片をはぎとる人ではなさそうです。
LivedoorNEWS引用

今後も医学の進歩から目が離せませんね。


記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2017 MediBridge Inc. All Rights Reserved
 

24

ホルモン検査と生理周期

みなさま、こんにちは!
東京では最低気温が0度、マフラーと手袋でしっかり防寒したいですね。

今週は寒さの日厳しい日が続くようです。
インフルエンザなど、気をつけて生活したいですね。 

ホルモン値_生理1日目

さて、今日は生理開始日の数え方についてです。
妊娠に適したホルモン状態(卵巣機能など)であるかを調べるため、不妊治療クリニックでは、治療前の検査として、必ずホルモン数値を測る為に血液検査を行います。

女性の体は数種類の性ホルモンの働きで生理周期など、様々な機能が保たれています。
その中でも、性ホルモン(女性ホルモン)は、排卵や生理の周期に大きく変動します。
このため、不妊治療クリニックでのホルモン検査は、それぞれの周期に適した検査が行われます。

<月経期に行う検査>
月経期のホルモン測定では、卵胞刺激ホルモン(FSH)や黄体化ホルモン(LH)がきちんと分泌されているかを検査します。
通常月経期の検査は生理2日目から遅くとも生理4日目までに行う必要があります。

その際に 
「生理1日目って・・・いつ」と思われたことがありませんか?

生理のタイミングは周期が安定している方や基礎体温を測られている方はある程度予測がつくかもしれません。
しかし、ホルモンバランス、ストレス、食生活などによって周期がずれることも良くありますよね。
また、おりものに微量の出血が混じったり、すこし間を置いてから出血量が増えることもあります。

こういった場合は、どこから開始日をカウントすればいいのでしょうか?

医師によって見解の違いはありますが、通常本格的に出血が開始した日を生理1日目とカウントします。
不妊治療クリニックや産婦人科での問診、検査、薬を服用する際にはご参考になさっていただければと思います。

メディブリッジでは、海外での卵子提供プログラムをご案内しております。
お気軽にお問い合わせ頂ければ幸いです。
お問い合わせフォーム

記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2017 MediBridge Inc. All Rights Reserved
 
 
21

マウイ お勧めスポット その1

こんにちは。

シュノーケル
 

ハワイは人気のスポットでもありますが
ワイキキがあるオアフ島だけではなく、近隣の島々で形成されています。
広大で自然を満喫できるお勧めスポットをブログで紹介致します。

 本日はハワイの島、マウイ島のスポットをご紹介致します。
ローカルハワイアンエアラインだけではなく、プロペラ機での移動も可能で
広大で青いオーシャンを見ながらの空中飛行が楽しめます。

ラハイナ(Lāhainā)

当地はアメリカ合衆国ハワイ州マウイ郡、マウイ島の西半分に位置しており、有名なカアナパリ (Kaanapali)、
地区の北にあるカパルア (Kapalua)ビーチ・リゾートへのゲートウェイとしても機能しています。

このポートから様々なツアーが出ており諸所の島々をめぐるアイランドクルーズを楽しめます。
数時間のプログラムに参加するのもお勧めです!
- ホエールウォッチング セーリング ラハイナ
- ラナイ島(45分間の航行中)でシュノーケルとイルカ観察

ラハイナのフロント・ストリートは世界の十大豪華商店街に選ばれ、現地観光客でにぎわっています。

ぜひアドベンチャラスな旅を楽しみませんか。

記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2017 MediBridge Inc. All Rights Reserved
                                              

19

サメの持つ羨ましい能力

こんにちは。
明日から週末にかけて、東京にも雪の予報が出ています。
キンと冷たく張りつめた空気からも、寒波の到来を感じます。

本日は不妊治療から少し離れ、ホンマでっか!と言いたくなるような話題です。

shar

というのも…
「獰猛なサメのメスが長期にわたるオスとの交尾もなしに健康な子ザメを産んだ。DNA分析で子孫をもうけるために高齢の母ザメは交尾による生殖ではなく、交尾なしの出産に切り替えたことがわかった。」
というのです。

獰猛なメスのサメがオスなしで出産


 獰猛なサメのメスが長期にわたるオスとの交尾もなしに健康な子ザメを産んだ。DNA分析で子孫をもうけるために高齢の母ザメは交尾による生殖ではなく、交尾なしの出産に切り替えたことがわかった。
母ザメの名はレオニ。豪州タウンスヴィッラの水族館で12年にわたってオスザメと暮らしていた。この間に2匹は24頭の子ザメをもうけた。ところが2013年、オスザメは別の水槽に移されたため、レオニは1匹だけで遺された。夫から離され数年を暮らしたレオニは2016年、突然3匹もの健康な子ザメを出産した。
DNA鑑定の結果、子ザメからは母親の遺伝子のみが検出されたことから、母ザメは交尾を行なわずに出産したことが判明した。
サメの数種、七面鳥、コドモオオトカゲ、ヘビ、エイのなかには通常は交尾で子どもを産む種類でも交尾なしで子孫をもうける能力をもつものも見られる。


「トンでもネタ」かと思いきや、既に同様の能力がある事が分かっている種があるというのです。
寡聞にして知らずでございました。

環境と状況によってで児の生産方法を変えられるなんて、少し羨ましいと思いました。

皆様、本日の夜は冷えるそうです。
暖かくしてお過ごし下さい。

記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2017 MediBridge Inc. All Rights Reserved
 
17

卵子の質を良くするには

こんにちは。
とても寒くなりましたね。
ヨガ

さて、人間の生命現象を左右しているのは、体の温度です。
体温が低いと卵子の質や排卵にも影響があるのです。
体を正常に動かすための体温が低いと、元気で質のよい卵子を育てたり、排卵を起こすこともできなくなってしまいます。
逆を言えば、体を温めて、体温を上げれば、卵子の質も高まり排卵もスムーズになると言えます。

卵子が好むものの中に、カリウムと酸素があります。
カリウムを多く含むのは野菜や果物ですから、これらを沢山食べるように心がけると良いでしょう。
また、卵子に含まれるミトコンドリアは酸素が大好きです。
深呼吸などは効果があるそうです。
身体を温め、酸素、カリウムを与えることで、ミトコンドリアが元気になり、卵子の質も良くなるそうです。

しかしながら、熱心にやりすぎるとミトコンドリアがショックを受けて死んでしまうそうなので、温泉などに行って長湯したり入浴しすぎるのは良くないそうです。

弊社でご案内している、卵子提供、代理出産においても、卵子の質がとても重要です。
できるだけよい状態で卵子を採取できるよう、担当医とカウンセリングを重ね、治療を行っていきますが、投薬による治療の前提として、体を温めることも、積極的にやって頂くようにおすすめしています。

弊社のプログラムについては、こちらからお問い合わせくださいませ。
お問い合わせフォーム

記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2017 MediBridge Inc. All Rights Reserved
 
12

代理出産プログラムのご案内

こんにちは!
 
1月12日、今日はスキーの日!
平成6年に大手スポーツメーカーが設定したそうです。
東京では昨年11月に初雪がみられて以降、雪の訪れがなくちょっと寂しい感じもしますね.

代理出産_メディブリッジ

さて、本日は弊社メディブリッジにてご案内させていただいております、代理出産プログラムについてご紹介させていただきます。

代理出産プログラムの流れって? 

現在日本では、代理出産は残念ながらほとんどの病院で行われていない状況になっております。
※日本の法律自体の規制はありません
しかし、海外では代理出産は不妊治療の1つと考えられており、患者様の状態によっては有効な治療法と言えます。
日本国内でも代理出産を希望する患者様は少なくありません。

弊社メディブリッジでは「子宮に問題があるために、長年赤ちゃんを持つ夢をあきらめていた」、「ずっと子宮の機能がないために苦しんでいた」、「妊娠、出産が危険だと医師に言われ、悩んでいる」といったお問い合わせを多くいただきます。

代理出産プログラムはどなたでもお受けいただけるプログラムではなく、本人による妊娠継続や分娩が医学上危険、不可能であると診断された方に限ります。

<代理出産プログラムの主な適応症>
○子宮が摘出されている場合(子宮体癌等の治療のため)
○子宮欠損症(ロキタンスキー症候群)や子宮奇形などの場合
○着床、妊娠継続、出産に際し重篤な子宮の問題がある場合
○妊娠継続、分娩が医学上危険であると診断された場合

メディブリッジでは海外の高度医療施設と提携し、クライアント様に安心して、なるべくご負担の少ない金額で、代理出産という高度な医療プログラムをご案内させていただいております。

様々なご事情により、代理出産プログラムをご検討中の方は、ぜひ一度、弊社にご相談ください。
お問い合わせフォーム
 
記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2017 MediBridge Inc. All Rights Reserved
 

10

日本でも子宮移植ができる日が!

こんにちは!
抜けるような冬の空が広がった今日の東京ですが、今夜から今期最大の寒波がやってくるそうです。
暖かくしてお過ごしください。

medi-bridges_20170111

ビックニュースです。
とうとう日本でも子宮移植が実現できる可能性が出てきました。
慶応大学のチームがが2017年内に学内の倫理委員会に申請する方針であることが判明したとの事です。

子宮移植、慶大が初の申請へ…5人に臨床研究
病気などで子宮がない女性に、妊娠・出産を目的に第三者の子宮を移植する子宮移植の臨床研究を、慶応大のチームが2017年内に学内の倫理委員会に申請する方針であることがわかった。

海外では出産例もあるが、国内で実施されれば初めて。

子宮移植は赤ちゃんを得ることが目的で、心臓や肝臓の移植のように本人の生命維持のためではない。

このため、倫理委員会や関連学会の承認を得て、先天的に子宮がない「ロキタンスキー症候群」という病気の女性を対象に3年間で5人に移植する計画だ。子宮は母親など親族から提供を受ける。将来は子宮頸(けい)がんなどで子宮を失った人も対象になる可能性がある。

読売新聞 1/9(月) 6:06配信

「ロキタンスキーー症候群」という疾患をご存知でしょうか。
生まれつき子宮がない疾患で、日本産婦人科学会の説明によれば、出生女児5,000人に 1 人の割合で発生する比較的まれな疾患であり,胎生期のミュ.ラー管の分化異常により起こるとされるが,その正確な原因はいまだ不明との事です。
通常卵巣はありますので、採卵は可能です。
しかしご自身で妊娠、出産をすることが出来ないため、弊社では代理出産のプログラムでサポートしてい参りました。
2014年にスウエーデンで世界で初めて、子宮移植を受けた女性が健康な男児を出産たとのニュースの接し、目から鱗の素晴らしい発想と技術だと感心すると同時に、世界でもトップレベルの医療、不妊(ではないけれど)治療技術を誇る日本において、何故このような方々に助けの手が差し伸べられないのかと、じれったく思いました。

学内には倫理的に問題視する向きもあるようです。
倫理問題をおざなりにしていいと、考えているわけではありませんが、その技術で救われる方がいる事も忘れて欲しくはありません。

記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2017 MediBridge Inc. All Rights Reserved
 

5

ジャネット・ジャクソンさん、50歳で出産 米誌が報道

みなさん、こんにちは。
穏やかなお正月でしたが、本日は急に冷えますね。
昨日、ジャネット・ジャクソンさんが無事出産したとの大変嬉しいニュースがありました。

janet-san
 

米国の歌手、ジャネット・ジャクソンさんが3日、第1子となる男児を出産したと、米誌「ピープル」が報じた。「ポップの王様」として名をはせた故マイケル・ジャクソンさんの妹のジャネットさんは50歳での出産となった。

同誌は「男の子! ジャネットは息子イーサを歓迎している」との見出しで紹介。ジャネットさんの代理人が同誌に「ストレスのない健康な出産で、心地良く静養している」と答えている。

ジャネットさんは2012年にカタールの実業家と結婚した。昨年4月、世界ツアーの中断を突如発表し、「私と夫は新しい家族をもうけることを計画している」と明らかにしていた。


50歳にて初産!!天晴れママに、”プリンス”のご出産です。
待望の赤ちゃんの子育てに楽しく奮闘して頂きたいです。
プロフィール

メディブリッジ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断プログラム、アジア・ヨーロッパでの代理出産をご提供しております。
このブログで不妊治療現場、世界の医療、弊社メディブリッジの思いなどなどなどあらゆる事をお伝えして参ります。

記事検索
ミッション
MediBridgeのミッション
  1. 1. 日本の医療制度で救われない日本人患者のサポート
  2. 2. 途上国の雇用促進
  3. 3. 医療のグローバル化支援
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 新年の御挨拶 −設立12年目になりました−
  • 新年おめでとうございます
  • 妊娠前の風疹抗体検査
  • ハワイでの卵子提供プログラム
  • 着床前診断について
  • エッグドナーボランティア募集
  • 大渕弁護士、出産で涙止まらず「本当に嬉しくて、感動」
  • 西村知美、不妊で悩んでいたとき相田みつを氏の言葉に出会い救われた…
  • 卵子を使わずに新生児マウス誕生? 英国とドイツの研究
  • メディブリッジのサポート体制
  • 弊社の着床前診断プログラム
  • 3Dプリンターで作った卵巣でマウスが妊娠!
QRコード
QRコード