medibridges

代理出産・卵子提供コーディネーターブログ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断、アジア・ヨーロッパでの代理出産を提供しているコーディネーターのブログ。

2021年04月

9

新型コロナワクチンの予防効果は妊婦から子へ伝えられる

こんにちは。
コロナ感染者がなかなか減少しない中、明るいニュースがありました。

free b

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミック中に妊娠している女性や母乳育児をしている女性にとって、心強い研究結果が報告された。妊娠中や授乳中の女性は、新型コロナウイルスワクチン接種後に強い免疫応答を示し、その免疫は子にも移行する可能性のあることが、米マサチューセッツ総合病院(MGH)のAndrea Edlow氏らの研究で明らかになった。研究結果の詳細は、「American Journal of Obstetrics and Gynecology」に3月25日掲載された。

この研究は、ファイザー社製またはモデルナ社製の新型コロナウイルスmRNAワクチンを接種した、妊娠と出産が可能な年齢の女性131人を対象としたもの。対象者のうち、84人が妊娠中(妊娠群)、31人が母乳育児中(母乳育児群)、16人がそのどちらでもなかった(非妊娠群)。新型コロナウイルスのスパイクタンパク質やその受容体結合ドメイン(RBD)に対するIgG、IgA、IgM抗体価を、試験開始時と2回目のワクチン接種時、2回目のワクチン接種後2〜6週間後、出産時に、血清(131人)と母乳(31人)で測定。また、出産時に臍帯血(10人)でも測定した。その上で、妊娠中に新型コロナウイルスに感染した女性(感染群)37人の感染後4〜12週間目の抗体価と比較した。

その結果、抗体価には、妊娠群(中央値で5.59)、母乳育児群(同5.74)、非妊娠群(5.62)の間で有意差は見られなかった(P=0.24)。また、これらの抗体価は、感染群の抗体価よりも有意に高かった(P<0.0001)。さらに、ワクチン接種によって作られた抗体は、被験者から採取した臍帯血や母乳中にも検出され、抗体が母親から乳児に移行することが示された。

Edlow氏は、「新型コロナウイルスワクチンの優れた効果を示すこの結果は、初回のワクチンの臨床試験で対象外とされた妊娠中や母乳育児中の女性にとって大きな励みとなるものだ」と述べている。その上で、「特にCOVID-19による合併症リスクの高い妊娠中の患者にとっては、情報の欠如している部分を実データで埋めることが重要だ」と付け加えている。

HealthDayから引用
https://consumer.healthday.com

コロナウィルスとの付き合いは、まだまだ続きそうです。
そんな中でも妊娠・出産を希望する方は沢山おられます。
弊社では個々の方のご状況に合わせて、ご状況にあったプログラムをご提示しております。
お問合せはURLをクリックくださいませ。

https://www.medi-bridges.com/contact.html


記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2021 MediBridge Inc. All Rights Reserved
 
Logo
1

エッグドナーボランティア募集のお知らせ

こんにちは。
東京の桜🌸は散り始めました。
もっと長いこと咲いていて欲しいものです。

volunteers

さて、弊社メディブリッジでは卵子ドナーのページにてエッグドナーボランティアを常時募集しております。

卵子ドナーの方には、ハワイ又はマレーシアへ2-3週間ご滞在いただき、採卵にご協力いただきます。
ドナーとしてのご登録希望の方は多く、メディブリッジでは約400名のエッグドナーボランティアが登録されています。
ご登録をご希望される方は身近に不妊治療をしている方がいらっしゃる方、海外留学時にこのようなボランティアがあることを知った方、またはメディアを通じて 卵子ドナーを知った方など、理由は様々ですが、いずれも「誰かの役に立ちたい」というボランティア精神が高い方々です。

また、実際にメディブリッジで卵子ドナーとしてご協力頂いた方からご紹介を受けた方々も多くいらっしゃいます。
既にご協力頂いた方からボランティアの体験を聞き、「私にもできることがあるなら、是非協力したい、やってみたい」という、高い志をお持ちの方ばかりです。

弊社のエッグドナーボランティアは、20歳から30歳までの健康で喫煙されていない方に限らせていただいております。
(ご登録時に喫煙されていらっしゃる方は、ご登録を機に禁煙して頂いております。)

登録ご希望の方には、弊社スタッフが直接会い、もしくはお電話にてお話しをさせて頂いた上で登録しております。
ドナーの登録者数自体が増えるのは大変うれしい事なのですが、エッグドナーとして適正のある方のみをご登録させて頂くことで、ドナーの質を高く保ことが何より重要だと弊社は考えております。

卵子提供プログラムには、エッグドナーボランティアの方々のご協力なしには成り立ちません。
ご夫妻を幸せにするお手伝いがしたい、という想いを高い志をお持ちのご登録者数が極めて多いことは、スタッフ一同、大変誇りに思っております。

また、卵子ドナーとして登録をご希望の方は、ぜひ弊社ウェブサイトをご覧ください。

プロフィール

メディブリッジ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断プログラム、アジア・ヨーロッパでの代理出産をご提供しております。
このブログで不妊治療現場、世界の医療、弊社メディブリッジの思いなどなどなどあらゆる事をお伝えして参ります。

記事検索
ミッション
MediBridgeのミッション
  1. 1. 日本の医療制度で救われない日本人患者のサポート
  2. 2. 途上国の雇用促進
  3. 3. 医療のグローバル化支援
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 新年の御挨拶 −設立12年目になりました−
  • 新年おめでとうございます
  • 妊娠前の風疹抗体検査
  • ハワイでの卵子提供プログラム
  • 着床前診断について
  • エッグドナーボランティア募集
  • 大渕弁護士、出産で涙止まらず「本当に嬉しくて、感動」
  • 西村知美、不妊で悩んでいたとき相田みつを氏の言葉に出会い救われた…
  • 卵子を使わずに新生児マウス誕生? 英国とドイツの研究
  • メディブリッジのサポート体制
  • 弊社の着床前診断プログラム
  • 3Dプリンターで作った卵巣でマウスが妊娠!
QRコード
QRコード