おはようございます。
7月も半ばになりましたが、いかがお過ごしでしょうか?
毎日暑い日が続き、暑さに「伸びている」方も多いのではないでしょうか。

tiger

今年も酷暑が予想されますが、そこで気を付けたいのが熱中症ですね。
熱中症予防に欠かせない水分補給ですね。

では、どんな“水分”が効果的なのでしょうか。
ちょっと意外なように感じる方も多いでしょうが、炎天下や運動時など、大量に汗をかくときにただの水をたくさん飲むと、脱水が治まるどころか、かえって進行しかねないということをご存知でしたか。
屋外での運動中に突然、足がつった経験がある方は、水を多量に飲むことで、体内のナトリウム(塩分)濃度が低下したために起こるものだと言います。

汗で失われるのは水とナトリウムです。
そこに水だけを飲むとナトリウムは一層薄まり、筋肉のけいれんを起こしやすくなります。
しかも、このような状態になると体はナトリウム濃度を戻そうとして、水分を尿として排出してしまいます。

つまり、水分補給のつもりが、脱水を進行させてしまうという逆効果に陥るわけです。
これを防ぐためには、ナトリウムや少量の糖が入ったスポーツドリンクや経口補水液を飲むのが、効果的だといいます。
水だけを飲むのに比べ吸収も速いので、脱水からの回復も早まるようです。

ナトリウムや糖の入ったスポーツドリンクの摂取を心掛け、熱中症を予防しましょう。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2012 MediBridge Inc. All Rights Reserved