皆さん、こんにちは。
今度は台風18号が日本上陸予定です。
お出かけの際は特に、くれぐれもお気をつけてくださいね。

本日はタレント、西村智美さんのお話しをご紹介させて頂きます。

NT


タレントの西村知美(45)が2日放送のフジテレビ系「ボクらの時代」に出演し、不妊治療の日々を語った。

西村は結婚6年目に長女を出産。第1子を授かるまでに長い不妊治療の苦しみがあったという。「あの時は精神的に病んでいた」と話した西村は、周りから「何で子供が欲しいの」と言われ「子供が欲しいのに理由がいるの?」と思うくらい周りが見えなくなっていたという。

1997年に結婚した元タレントの西尾拓美氏は、はじめ不妊治療に協力してくれていたが、徐々に協力してくれなくなり「そんなに子供が欲しいなら、僕と離婚して他の男と子供を作ればいい」と言われ、つらい思いをしていたとも告白した。

ある日、泣きながら銀座を「さまよって」いたとき、相田みつを氏の「しあわせはいつもじぶんのこころがきめる」という言葉に出会い、自分の生活の中で妊娠に重きを置かなくなったところ、自然と子供を授かったという。

西村は「考え方一つで気持ちが楽になれた」と笑顔を見せながら当時を振り返っていた。


不妊治療をおこなっている全ての方がそれぞれに、一人で抱えず、悩まず、少しでも気持ちが楽になれる言葉や時と出逢えますように。
 
海外での卵子提供プログラムをご検討される中でご不安な点、ご質問が多くあるかと存じます。
品川オフィスでのカウンセリングをご希望の方は、ぜひ一度お気軽にお問合せください。

記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2016 MediBridge Inc. All Rights Reserved