本日は各地で夏日となりました!
日焼けは気になるところですが、太陽の光は妊娠に良い効果をもたらすとの研究結果があります。

さて、先日ご案内いたしましたMedibridge主催セミナーのご案内です。

今回は、専門医お二人をお招きして、卵子提供、出生前診断と、それぞれ専門の2つのテーマについてご講演いただく、贅沢なセミナーとなりました。

【概要】
日本では法整備が進んていない事や、国内での実施が実質不可能な事もあり、卵子提供に希望を見出す一方、どのようなリスクがあるのかといった情報を、国内医師から得られる機会がなく、不安に感じらる方も多いのではないかと思います。
成功率などの生のデータと併せ、リスク、卵子提供が体外受精の1割に上ると言われる米国の現状を、在ハワイの弊社提携クリニック Fertility Insitiute of Hawaii のDr. Karmon MD にお話いただきます。
卵子提供治療を受けている方にも、検討中の方、情報収集を始められたばかりの方など、全ての方にお聞きいただきたい講演です。

日本で認められていない着床前診断に代わるものとして、日本では出生前診断が認められ社会的な認知も広がっている一方、羊水検査や絨毛検査以外の出生前診断以外の方法が、余り知られておりません。
今回は大阪で、胎児へのリスクもある羊水検査や絨毛検査に先立ち、胎児を観察することから出生前診断を始めておられる、クリフム夫律子マタニティクリニック臨床胎児医学研究所の夫律子先生より、「胎児ファースト」の出生前診断、「胎児ドック」のお話をお伺いします。


  Medibfidge presents 不妊治療セミナー 
 『専門医にきく  〜卵子提供・胎児ドック〜 』 


日時:6月10日(土)午前10:00〜
場所:品川プリンスホテル Nタワー 17階
・セミナー参加費:無料
・本セミナーは予約制です。お席に限りがありますので、お早めにお申し込みください。


【一部】10:30〜 『胎児ドックとは(仮)』PhD
 講演: 夫 律子先生
     (クリフム夫律子マタニティクリニック臨床胎児医学研究所 院長)

新型出生前診断等の話題に比べて、余り知られていない「胎児ドック」について、胎児ドックの第一人者クリフム夫律子マタニティクリニック臨床胎児医学研究所 院長、夫 律子先生よりお話をいただきます。胎児ドックは羊水検査等に比して、侵襲性は低く、今後注目される出生前診断と考えられます。


休憩(11:30〜13:00)




【二部】13:00〜卵子提供のj実践の現場から(仮)』
Karmon 
講演:Dr. Anatte Karmon  MD (Fertility Institute of Hawaii 医師)

究極の不妊治療とも報道された「卵子提供」について、米国ハワイの提携クリニック、Fertility Institute of 
Hawaiiの医師、Dr. Karmon より米国での卵子提供の現状、メリット、リスク、成功率も含めてお話いただきます。 
セミナー終了後、ご希望者には、個別のご相談も受けてくださいます。



[お申し込み先]
下記問い合わせフォームより「セミナー希望」と明記し、お申込みください。
お申込み:http://www.medi-bridges.com/contact.html
※1部のみ、2部のみのご希望の方は、その旨明記ください。
※定員になり次第、締め切らせていただきます。

記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2017 MediBridge Inc. All Rights Reserved