こんにちは。
風が冷たくなり、体が冷える季節になりましたね。
街のイルミネーションもクリスマス色でウキウキします!
冷え性くらいは、たいしたことではないと考えておられる方も多いかもしれませんが、実は、女性の冷え性は、不妊の原因になることもあるので、注意が必要です。
それでは、なぜ「冷え性」が不妊の原因になるのでしょうか?

D

冷え性や低体温である体は、血液のめぐりが悪くなります。
血液には、身体のエネルギーの素となる栄養素や酵素、身体の調子を整えるホルモンなどが含まれているので、 これらがうまく身体の全体に行きわたらなければ、身体の機能が低下してしまいます。
特に、子宮や卵巣など妊娠に不可欠な生殖器のある下半身は、冷えの影響を受けやすいと言われています。
子宮や卵巣が冷えてしまうと、生理痛、生理不順、子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣嚢腫などを引き起こすこととなり、排卵や着床がスムーズに行えなくなる原因になることがあります。
また、これらの器官の周辺が冷えることにより、卵管を収縮させることにもなります。

冷え性の改善には入浴が効果的と言われています。
夏の間は、短時間のシャワーですませていた方も多いかと思いますが、これからの季節、湯船にゆっくりつかって体を温めることをお勧めします。
アロマオイルなどを使ってのんびり湯船につかると、リラックスできますので、今夜から試されてみては如何でしょうか?

記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2017 MediBridge Inc. All Rights Reserved