弊社は不妊治療に関する悩みを持ったいろいろな方々からご相談を受けております。
本日は、弊社が提供している、卵子提供、代理出産という不妊治療が、それぞれどのようなケースに有効なのかをお伝えしたいと思います。


eh


<卵子提供が該当するケース>
卵子提供というのは、ご自身の卵子での妊娠ができない場合に、第三者からの卵子を提供してもらい、配偶者の精子と体外受精を行い、自分の子宮に移植を行うという治療法です。
具体的には、早期閉経、ターナー症候群、加齢による卵子の老化、卵巣がんなどによる卵巣摘出などのケースが挙げられます。
子宮環境に問題はなく、何度も体外受精を行ってきたが、卵子が採取できない、あるいは採取できてもグレードがよくない、といったケースにも、卵子提供は有効です。
自身の卵子による妊娠が難しくても、ご自身の子宮に問題がなければ、若い女性の卵子による体外受精を行うことで、高い確率で妊娠することが期待できます。

<代理出産が該当するケース>
フリーアナウンサーの丸岡さんが代理出産でお子様を授かったことが記憶に新しく、弊社メディブリッジにも多くのお問い合わせ、ご面談のご予約を頂いております。
代理出産は、ご自身の子宮で妊娠・出産ができない場合、自身の卵子を採取し、配偶者の精子とで体外受精を行い、その後第三者の子宮に移植を行って、文字通り第三者の子宮を借り、
自分の代わりに出産をしてもらうという治療法です。
一般的には、卵巣は機能しており排卵はあるが、子宮側あるいはその他の臓器の問題で、自身での妊娠ができないケースがこれに該当します。
具体的には、子宮がんなどによる子宮摘出、ロキタンスキー症候群、その他疾患などによる妊娠継続不可などのケースがあります。

卵子提供や代理出産をお考え中の方、ご不安も大きいことと思います。
弊社のプログラムをご検討されている方、ぜひ一度ご相談ください。

記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2018 MediBridge Inc. All Rights Reserved