こんにちは。
連日、うだるような暑さの東京ですが、この暑さの中で復旧作業を続けられる豪雨被害地の皆様の事を思うと、心が痛みます。
この度の豪雨で被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

さて、こんなに暑いとつい、毎日の入浴をシャワーで済ませてしまいがちですよね。
でも、実は夏も、女性の身体はとても冷えやすくなっています。

medibridges

冷えを招く一番の原因は、冷房です。長時間冷房の中で過ごす方は特に、注意が必要です。
また、少しでも熱を逃がそうと裸足にサンダルだったり、ノースリーブで過ごす方、肩や手足の冷えを感じることはありませんか?
どこにいっても建物の中はガンガン冷房が効いていますから、「冷えるかな・・・」と思うときは、靴下を持ち歩くとか、羽織もので肩をカパーするとか、自衛策が必要です。
薄着で出かけるとき、私はいつも薄手のストールを一枚持ち歩くことにしています。
冷房がちょっと効きすぎのときには、サッと肩にかけるだけで、冷えすぎを防ぐことができて便利ですよ。

この季節は、暑い外の気温と、室内の冷房の温度差で、自律神経の働きも鈍っています。
一日の終わりには、ゆっくりぬるめのお湯で半身浴をすることで、冷房で疲れた体を芯から温めましょう。
アロマオイルを使ったり、炭酸ガスの入浴剤なども、リラックスしながら体を温めるのにお勧めです。
寝る前にゆっくり湯船につかることで、深い睡眠が得られる効果も期待できます。

特に妊活中の女性には冷えは大敵。
ぜひ、お風呂を上手に楽しんで、体を温めてください。