弊社メディブリッジの各種プログラムは北米、東欧そして東南アジアの諸国において実施しております。東南アジアにおける実施国の1つにマレーシアがございますが、提携先クリニックはマレーシアの首都があるクアラルンプールにございます。

マレーシア町後便が増えました

日本からクアラルンプールを目指すとしたら、もちろん飛行機に乗って目指して頂くわけですが、国内の出発地により搭乗時間は異なるものの、たとえば羽田国際空港からでは概ね7時間半飛行機に搭乗して頂かねばなりません。航空会社により出発時間はもちろん異なり、また路線も異なります。

先般の報道で、エアアジアとする航空会社が今まで直行便の路線として新千歳国際空港、羽田国際空港、そして関西国際空港と有していた3路線から1路線を増やし4路線とするとありました。

報道によれば、週に4往復するとのこと。スケジュールとしては以下の通りとなる模様です。

(火)23:50クアラルンプール(KL)発 → 翌07:10福岡(FK)着 / FK08:25 → KL13:25着
(木)同上
(土)23:50クアラルンプール(KL)発 → 翌08:00福岡(FK)着 / FK08:00 → KL13:00着
(日)同上

弊社メディブリッジはマレーシアにおいて卵子提供プログラムを実施しております。路線が増えると、移動経路が増えるといった意味で、弊社クライント様の選択肢も増えることとなります。

これから気候が温暖で年間を通じて温かいマレーシアで゙卵子提供をご検討の方はぜひお問いあわせください。