こんにちは。
本日2月5日は、「ニ(2)コ(5)」の語呂にちなんで笑顔の日だそうです。
笑顔になることは、健康面にもいい影響を与えると医学的にも証明されていて、笑わない人よりもよく笑う人の方が傷の治りが早いそうです。

smile

さて、本日は受精卵の着床に重要なことについてお話しさせていただきます。
まずは、受精卵の着床に必要な要素をおさえておきましょう。

<受精卵着床に重要なこと>
1.質の良い卵子
2.質の良い精子
3.状態の良い子宮

他にも着床に影響を与える要素は、食生活や生活リズムなどありますが、主なポイントは上記になります。

その中でも、「3.状態の良い子宮環境」について詳しくお話しさせてください。
そもそも「着床」とは、どういった状態を意味するのでしょうか?

<着床(妊娠)とは?>
子宮の内腔は繊毛の生えたような粘膜で覆われています。
子宮内膜に受精卵が付着(着床)することので、妊娠が成立します。
また、月経周期によって女性の体には様々な変化がみられますが、子宮内膜の厚みにも変化があります。
受精卵が着床するためには、子宮内膜に十分な厚みが必要と言われており、子宮内膜の厚みが足りないと、受精卵がしっかり着床できない(=妊娠継続できない)原因となることもあります。

<理想的な子宮内膜の厚みとは?>
通常、妊娠に理想的な子宮内膜の厚さは10mm程度といわれていますが、7-8mm以上であれば妊娠が可能と言われています。

不妊治療をされておられる方の中には、「子宮内膜が薄くて、移植ができない・・・」と医師に言われた周期もあるのではないでしょうか?
子宮内膜の厚みが十分でない場合は、ホルモン剤などを服用し状態を良くしてから移植を行うことが通常です。
また、月経が止まり子宮内膜が薄くなってしまった場合(閉経に近い状態)、カウフマン療法を用いて、月経を起こすことで、厚みを徐々に取り戻せること少なくありません。

お薬の服用だけでなく、生活環境の改善等で子宮内膜の厚みを改善できる方法もあるので、ご自身に合った方法を担当の先生と相談することが重要ですね。

子宮内膜は、赤ちゃんの大切なベッドとなり、成長に必要な栄養を与える重要なものでもあります。
弊社メディブリッジでご案内させていただいております、「卵子提供プログラム」においても、子宮や子宮内膜の状態が良いと、より高い着床率が期待できます。

弊社でのプログラムをご検討中の方は一度、弊社までお問い合わせくださいませ。 

https://www.medi-bridges.com/contact.html