「カウフマン療法」とお聞きになったことがある方もいらっしゃるかと思います。

不妊治療で使うお薬

弊社でご案内している卵子提供プログラムにおいても、月経不順の方や、閉経後の方は、このカウフマン療法を用いて月経の誘発を行っておられます。

まず、カウフマン療法で何を行っているかといいますと、月経周期にならって2種類の薬を投与します。

低体温期には卵胞ホルモン(エストロゲン)を、高温期には卵胞ホルモンと黄体ホルモン(プロゲステロン)を投与します。この2種類の薬によって、不足していたホルモンを補充し、低体温期と高体温期を作り出し、身体に覚えさせます。

そうすることで、カウフマン療法で不妊治療を行なっている間、基礎体温は薬によって、正常な変化をします。しかし、卵巣は休憩状態のため、排卵はなく、妊娠はしません。

カウフマン療法を3ヶ月〜6ヶ月間行ない、その後、治療を中止するとリバウンド現象が起こり、身体が自然な排卵周期を取り戻す可能性があります。

卵巣機能が活性化され正常な月経周期が回復しますので、無月経の人であれば月経が起こることが期待できます。無排卵の人であれば、排卵が復活する可能性があります。月経周期が乱れていたり、閉経している方であっても、カウフマン療法により月経を誘発し、子宮の状態を整えることで、受精卵の移植が行える状態を作ることが可能になります。

この療法を使い弊社卵子提供プログラムにてお子様を授かっておられるクライアント様はたくさんおられますので、生理が来なくなっている、生理が不順だといった方でもご安心ください。ご不明点などございましたら、ぜひお問い合わせください。

https://www.medi-bridges.com/contact.html

ハワイ・マレーシアでの卵子提供、日本最大の卵子 バンク、アジア代理出産のパイオニアのMediBridge
記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2019 MediBridge Inc. All Rights Reserved