「卵子の老化」とよく耳にしますが、不妊治療を続けている方々にとっては自身の卵子の状態は切実な問題です。

環境ホルモン

弊社にご相談に来られる多くの方は、卵子の老化により自己卵子での妊娠が難しく第三者から卵子提供を希望されている方です。
国内での不妊治療を続けるものの、思うような結果が出ずに最終的に卵子提供に切り替えるとされて弊社にご相談に来られます。

日本でも卵子提供についての認知度は以前に比べ高くなっています。

現在は、国内で卵子提供による治療を受けられる対象者は非常に限定され、ターナー症候群や早発閉経の患者様が対象者となっています。 

しかし、卵子提供を必要としているのはターナー症候群や早発閉経の患者だけではなく、加齢による卵子の老化によって不妊に悩む方が最も多い印象です。

卵子の老化によって卵子提供を検討される方々は様々な不妊治療を試され、卵子提供に踏み切られます。弊社に来られる方の場合、患者様は40代半ばまで自己採卵を続けることが多いです。

卵子提供を考え始める時点で、患者はすでに40歳を超えておられます。卵子の質の低下による卵子提供を希望する場合は現状、事実上、海外で受ける以外は選択肢がありません。

弊社のプログラムでは、弊社が運営している独自のドナーバンクに登録している日本人ドナーボランティアをご紹介します。 現在、約300名以上の卵子ドナー登録者がおられます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。