みなさんこんにちは。年齢が35歳を過ぎて出産する場合、日本では高齢出産とされています。

india 73 women twin baby

高齢出産では妊娠高血圧や妊娠糖尿病が発症するリスクが高くなります。また、卵子の染色体の数に異常が生じる割合はとても高くなり流産などといったこともリスクとしてあります。

本日は以下をご紹介したいと思います。

"インドで5日、73歳の女性が双子の女の子の赤ちゃんを出産した。82歳の夫との間でなかなか子宝に恵まれなかったが、体外受精(IVF)を経て、ついに第1子を迎えた。
母親となったのは、南部アンドラプラデシュ州のマンガヤマ・ヤラマティさん。
「(不妊治療に)何度もチャレンジし、何人もの医師と出会った。それだけに、いまが人生で一番幸せ」と、出産後の心境を語った。
出産は帝王切開によって行われたという。担当医師は、「母子ともに順調」とBBCテルグ語に語った。
82歳の夫が心臓発作
ヤラマティさんはこれまで、子どもがいないことで、住まいのある地域や村で汚名を着せられたり、近所の集まりに入れてもらえないことがたびたびあったと話す。
「よく『子なし婦人』と呼ばれました」
夫のシタラマ・ラジャラオさんによると、体外受精を始めて、2カ月がたたないうちに妻の妊娠がわかったという。

「私たちは、この上なく幸せだ」と、ラジャラオさんは喜びを語った。
ただ気がかりなことに、双子誕生の翌日、ラジャラオさんが心臓発作に見舞われた。現在、病院に入院中だ。
インドでは2016年にも、70代の女性ダルジンダー・コーさんが男の子を出産して話題になった。"
(英語記事 Indian woman, 73, gives birth to twin girls)
https://www.bbc.com/japanese/49605473

なんと73歳の女性が出産したそうです。信じられません。

おそらく卵巣機能は喪失されていると思われますので、卵子提供を受けての体外受精だったのでしょうか、記事ではこの点ははっきりしていません。

しかし、生まれてきた子供たちが成人する時には、お父さんは100歳を超え、お母さんは90歳を超えるわけです。

人にもよると思いますが、何歳になっても子供が欲しいと思う気持ちはあきらめがつかないのでしょう。

何歳になってもチャレンジしようとされる姿勢は素晴らしいとは思いますが、子供たちのことを考えると、家族としての形とは何なんだろうかと少し考えます。

弊社メディブリッジでは卵子提供プログラムや代理出産プログラムをご案内しています。
ご検討の方はぜひお問い合わせください。

https://www.medi-bridges.com/contact.html

記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2019 MediBridge Inc. All Rights Reserved