みなさんこんにちは。弊社メディブリッジでは卵子提供プログラムや代理出産プログラムなどを不妊でお悩みのご夫妻にご案内しています。

judge

昨今、多様な性を認め合える社会を目指そうと性的マイノリティに対する関心が高まっていますが、本日は以下ご紹介いたします。

"【ロンドンAFP時事】女性として生まれ、現在は法的に男性であるトランスジェンダーの英国人が、出産した子の出生証明書に「父」や「親」と登録するよう求めた訴訟で、原告側が敗訴した。英高等法院が25日、「個人の性が『男』でも、出産という生物学的役割に由来する親の地位は『母』だ」と判断した。

原告のフレディ・マコーネルさん(32)は2013年にホルモン投与を始め、乳房切除の手術も受けた。女性としての生殖機能は残し、精子提供を受けて17年に妊娠。18年に子が生まれた際、法的に男性となった。

マコーネルさんは今回の判断について「最も伝統的な形の家族だけが受け入れられ、平等に扱われるとの見方を支持するものだ。公平ではない」と表明。原告側弁護士も「英国では自身の出生証明書の性を変更する権利があるのに、なぜ子(について)はないのか」と疑問を呈した。 "
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019092700301&g=int

今回の判断はシンプルに考えられてるような気がします。
つまり、生んだ方が母親だと考えているわけですね。

ただ、記事を読んで少し考えてしまいました。
子供が生まれる前にすでに男性であった場合どうなるのだろうか?
そもそも女性としての生殖機能を残したまま、希望すれば男性となれるのだろうか?
少し考えましたが整理するのは少し難しいです。

弊社ではLGBTの方にも代理出産、卵子提供、精子提供などのプログラムのご相談を行っております。
ご相談のご連絡は以下URLよりくださいませ。

https://www.medi-bridges.com/contact.html

記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2019 MediBridge Inc. All Rights Reserved