medibridges

代理出産・卵子提供コーディネーターブログ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断、アジア・ヨーロッパでの代理出産を提供しているコーディネーターのブログ。

出産

1

腎結石と思ったら妊娠9か月?!無事出産

今日から11月、すっかり寒くなりましたね。
皆さん風邪引かないように、お気を付けください。

今日はこんな驚きのニュースを。

腎結石‗出産

「腎結石と思ったら妊娠」、緊急手術で出産 米ジョージア州


(CNN) 米ジョージア州で、腎結石ができたと思って病院を受診した女性が妊娠していると告げられ、そのまま男の子を出産する出来事があった。

同州ローカストグローブに住むステファニー・エーガースさんは先週、腹部に強い痛みを感じ、腎結石だと信じて近くの病院で診察を受けた。検査の際に妊娠何カ月目かと尋ねられ、妊娠していないどころか生理中だと答えたという。

医師の指示で超音波検査を受けたステファニーさんは、緊急手術を受けて男の子を出産した。

「大変なショックだった」とステファニーさんは振り返る。夫のマイケルさんも頭が真っ白になったといい、「ほとんどの親は9カ月以上かけて準備するのに、私たちは30分前に告げられた」とフェイスブックに書き込んだ。

ステファニーさんは妊婦がすべき健康管理をしていなかったことを心配した。しかも子どもは逆子で、両足を頭の近くにまで持ち上げて座ったような格好をしていたことも分かった。

その数時間、信じられない思いの連続だったが、ショーンちゃんと名付けた息子を抱いた瞬間、安堵感に包まれたという。「この瞬間に全ての不安は消えた。こうなるはずだった、これで良かったと思った」

マイケルさんによると、妊娠と分かった瞬間から、2人はステファニーさんが食べた食事のことや、骨折してX線検査を受けたこと、遊園地でジェットコースターに乗ったことなど心配事が次々に浮かんだという。

しかしそんな心配をよそに、ショーンちゃんは3260グラムの元気な赤ん坊として誕生。エーガースさん夫妻の4人の子どもの中で一番元気に生まれてきたという。

そもそもなぜ妊娠に気付かなかったのかという疑問についてマイケルさんは、「自分たちも同じことを自問している。バカでマヌケで無知と言われても、自分にそれが起きるまでは本当に分からない」と話す。

ステファニーさんの出産はこれで4度目。妊娠の兆候は分かっているはずだが、今回は何も兆候がなかったという。

ステファニーさんはこの数カ月で太ったように感じるとこぼしていたが、妊婦のような腹部の膨らみはなかった。これは多分、ショーンちゃんがずっと、肋骨の下で体を2つに折った姿勢でいたことによると思われる。


つわりもなくお腹も大きくならず、9か月も妊娠に気づかずに過ごしていたというステファニーさん。
妊娠中はアルコールや飲んではいけない薬などもありますが、生まれたショーンちゃんは健康体であるとのこと、なんでもなくて良かったです。
こんなことってあるんですね!


記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2016 MediBridge Inc. All Rights Reserved




6

妊娠中に果物を食べると子供の知能が向上する?!

こんにちは。
このところ台風続きの日本列島ですが、先の台風で被災された方々、心よりお見舞い申し上げます。
また台風13号が発生したようです。緊急時に備え、非常用品など準備しておきましょう。

さて、今日は、こんな研究結果をご紹介します。

fruits

妊娠中の果物摂取、子供の知能向上に影響か


妊婦が果物を多く摂取すると、生まれてくる健康な子供の知能指数が高くなる可能性があることが、新たに発表された研究で明らかになった。

 カナダ・アルバータ大学の研究グループが同国の688人の子供を調査したところ、妊婦の果物摂取量の多さと比例して、生まれてきた子供の生後1年後の知能が高い傾向があったという。グループは新生児の発達の経年研究をする同国の機関から得られたデータを元に調査を行った。

 4月にEバイオ・メディシン誌に掲載された研究結果はあくまでも予備段階で、ほ乳類や人体での今後の研究の参考にすべき程度のものだと専門家は話す。しかし子供の知能発達に影響を与えるとされる食物はこれまで魚しかなかったことを考えると、今回の発表は大きな出来事だ。

アルバータ大学で小児科学を研究し今回の調査も行ったピウシ・マンダネ准教授は、明確な違いが見られた実験結果に驚いたと話す。記憶力や学習能力の研究によく使われるハエを使った実験の再確認を同僚に依頼したところ、自らの調査と一致する結論が得られたという。

 ただ、マンダネ氏は「妊婦に大量の果物を摂取してもらいたいわけではない」とし、「これはあくまでも1回の研究であり、果物の摂取増加による健康への影響はまだ調査していない」と語る。

 専門家らによると、妊娠中に大量の果物を摂取すると血糖値が上がり、妊娠糖尿病や急激な体重増加などを引き起こす可能性があるという。

 今回の研究で調査対象となった妊婦の半数は、米政府が推奨する量の果物(1日当たり1.5カップから2カップ)を食べていなかったという。マンダネ氏は妊婦への助言として、「この推奨量程度は摂取すべき」と話す。 

果物以外にオメガ3脂肪酸も

 妊婦の栄養不足が胎児の発達にどう影響をするのかを調査した研究はこれまでもあり、妊娠初期に葉酸の摂取が足りないと胎児の神経管に影響が出ることや、鉄分やヨウ素を十分に摂取することが胎児の脳の発達に必要であることなどは明らかになってきている。しかし、妊婦の栄養摂取が生まれてくる子供の知能に与える影響を調査した研究は、これまでにあまりない。

魚などに含まれるオメガ3脂肪酸は脳細胞の膜組織を作るのに必要とされ、妊娠中に多くの魚を摂取した場合、生まれた子供が認知機能テストでより高い点数を得る傾向があるとされている。しかし魚油のサプリなどを使った無作為での実験ではこの結果は実証されていない。また、魚の摂取量だけでなく、それと関連する他の条件があって初めて認知力の向上に結びつくとする意見もある。

 果物の実験に関しても「果物の摂取が大切なのかもしれないし、果物を多く摂取する女性は最初から健康を意識した生活をしているのかもしれない」と、ハーバード・メディカル・スクールなどで栄養学等を教えるエミリー・オーケン教授は指摘する。ただ、研究成果はいろいろな可能性が含まれているので「より深く調査を進める価値がある」とも同教授は話す。


妊娠中のお母さんの栄養摂取は、赤ちゃんにとってとても重要です。
しかし、妊娠してから急に生活を変えるのは難しいですから、妊活中の方は、普段からバランスのよい食生活、適度な運動を生活の中に取り入れて習慣づけておくことが大切。

メディブリッジでは、ハワイ、マレーシア、台湾での卵子提供プログラムをご紹介していますが、卵子提供プログラムで出産される方は、高齢出産になることが多く、皆さん妊娠前から健康に気を付けておられます。
また面白いことに、赤ちゃんによいことは、大体アンチエイジングにもよいとされています。
フルーツの酵素の美肌効果や、オメガ3の脳の老化防止、血管の若返り効果はよく知られているところです。
ぜひ、普段から食生活に取り入れていきましょう!

記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2016 MediBridge Inc. All Rights Reserved




12

インド人女性、高齢出産

こんにちは。
昨日のどんより天気から一点、東京は汗ばむ程の晴れ模様です。

「インド 」の画像検索結果

さて、既にご存じの方も多いかと思いますが、インドにて70代の女性が、体外受精にて授かった赤ちゃんを無事に出産したという、驚きのニュースが報じられました。

インド女性、70歳で第1子出産 79歳夫と体外受精で


ダルジンダー・コー(Daljinder Kaur)さんは、北部ハリヤナ(Haryana)州の不妊治療院で体外受精(IVF)治療を2年間受けた末、先月19日に男児を出産した。
79歳の夫との46年間の結婚生活で子どもは授からず、ほぼ望みを捨てていたという。インドでは、不妊は神の呪いとされることもあり、夫妻はあざけりの対象だった。

「神への祈りが届いたのです。人生を全うしたように感じます。私は自力で赤ん坊の世話をしていますし、とても元気です。夫もとても協力的で、一生懸命に手伝ってくれています」。コーさんは北部アムリツァル(Amritsar)で、AFPの取材にこう語った。

コーさんは自身の年齢を70歳前後としている。一方、不妊治療院の発表文では72歳とされている。インドでは出生証明書を持たない人が多く、自分の正確な年齢が分からないことは珍しくない。


一部報道では、卵子提供での妊娠・出産であったとの記事もありますが、いずれにしても70歳程のご年齢で母子共に無事出産を終えられたという事実に、大変驚きました。
自己卵での妊娠であっても、卵子提供での妊娠であっても、高齢での妊娠継続、出産をされたということに、女性として感動したニュースでした。

 ハワイ・マレーシアでの卵子提供、日本最大の卵子 バンク、アジア代理出産のパイオニアのMediBridge                    記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ
              
              Copyright:c  2008-2016 MediBridge Inc. All Rights Reserved

                          

29

妊娠・出産をトータルサポートするアプリ誕生

こんにちは。
今朝、会社周辺を少し歩いたのですが、うっすらと汗ばむ陽気でした。

springbaby-medibridge

さてスマートフォンの機能やアプリがドンドン多様化してきて、私など着いていけずにインストールしては使いこなせず、3日位でアンインストールをする羽目になったりしております。
女性の生活に密接に関連したアプリも増えており、若いドナーさん達は生理周期の管理等、アプリを使用している方も多くいらっしゃいます。

時代を反映して、こんなアプリがリリースされています。
妊娠をしたいと望んだときから、妊娠、出産、出産・育児休業から、職場復帰まで、トータルにサポートするアプリです。

その名も「カムバ!」
リクルートホールディングスが配信するiOS/Androidの無料アプリです。

試しに登録してみましたが、本当に多様な側面からのサポートが考えられておりました。
なかでも「パートナー」を登録できることろが注目です。

そうです。
妊娠は一人でするものではありません。
出産、子育ても、パートナーの存在は欠かせないのです。

ママ予備軍も知っておきたい――妊娠・出産から職場復帰をサポートする「カムバ!」

テレビや新聞では、連日、女性の社会進出を促進する動きについて報じられていますが、やっぱりまだまだ子育てをしながら働くということに不安を抱えている女性も多いのではないでしょうか? かくいう筆者もその中の1人です。
“働き女子”にとって、妊娠・出産、さらに出産後の職場復帰というのは、分からないことだらけ。身近に職場復帰したママの先輩がいればいいですが、やっぱりいろんな意見を聞きたいですよね。そんな人におすすめしたいのが「カムバ!」というアプリです。

「やるべきことを分かりやすくタスク化」
「カムバ!」は、リクルートホールディングスが配信するiOS/Androidの無料アプリ。「妊娠/出産から職場復帰まで応援するアプリ」で、子育てと仕事を両立するためのナビゲーションを提供してくれます。」

「タスクの内容は多岐にわたり、「お母さん」「検診・産院」「職場・仕事」「手続き・お金」といったように、さまざまなやるべきことを把握できます。産後には、「家族・保育園」の項目も加わるので、少し先のことを考えないといけないことに気付かされます。」

「出産前の手続きやお金のことが分かるので、初めての出産を控えた女性でも安心。職場復帰直前にやるべきことがこうして分かるのは、子どもが生まれて慌ただしい生活を送るママにはありがたいはず。」

「これらのタスクはパートナーと分担することもできます。そのために役立つのが「パートナー招待」です。パートナー招待IDを伝えることで、タスクを2人で共有化できるのです。「これは私、これはパートナー、これはどっちがやってもいい」というようにタスクを分担することで、お互いの負担を軽くしていきましょう。」

「先輩ママの体験談が充実している」
「ママが100人いれば、100通りの考え方や働き方があります。自分に近い環境に暮らす先輩ママが、どのように出産から職場復帰までをへたのかが分かるのも「カムバ!」の魅力です。」

<以上抜粋>

記事は『出産・育児だけでなく、“働きながら”という要素が加わることでやるべきことは大きく変わります。パートナーとアプリを活用しながら、自分らしい子育てと仕事のあり方を追求してみませんか?』と結んでいます。

自分が管理される類のアプリは苦手な私も、嗚呼、あの時これがあったらなぁと思わずにいられないのでした。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

好評につき残僅かとなりました<<大阪>>出張個別カウンセリングのご案内
こちらよりご確認ください→ http://blog.livedoor.jp/medibridges/archives/5020898.html

↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
 
記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2016 MediBridge Inc. All Rights Reserved
16

ダイズ食品で出生率が向上?

こんにちは!
台風が近づいているせいか、東京は今日はとても蒸し暑い一日になっています。
明日まで台風の影響があるようですから、皆さん気を付けてくださいね。

さて、今日はダイズが不妊治療にもたらす効果についての研究結果をご紹介したいと思います。
soybean_isoflavone

女性の身体のサイクルは、女性ホルモンによって作られています。
女性ホルモンの大切な役割は、月経を起こし、妊娠を促すことです。
女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)がありますが、この二種類のホルモンの働きにより、月経が規則的に起こり、妊娠する準備ができるのです。
このホルモンの分泌量が減少したり、バランスが崩れると、月経サイクルが乱れる等、様々な不調をもたらします。

この女性ホルモンのうち、エストロゲンと似た働きをする物質があるのをご存知ですか?大豆イソフラボンです。
この大豆イソフラボン、不妊治療中の方にも、効果があるそうです。

不妊治療、ダイズ食品を食べると出生率が改善、豆腐一丁レベルで効果


生殖補助医療技術(ART)による不妊治療中に食事でダイズを食べる量が増えるほど、赤ちゃんを生み出す確率が高まるという結果が出ている。

植物性エストロゲンの影響を検証

コロンビアのポンテフィシア大学医学部を中心とした研究グループが、専門誌のファーティリティ・アンド・ステリリティ誌で2015年1月7日に報告している。

研究グループは、食事による植物性エストロゲンの摂取量と生殖補助医療技術(ART)を利用した不妊治療を受けている女性のその後の出産との関連を検討。

コロンビアの不妊治療センターにおいて、2007年から2013年までに全体として520回分の治療を受けた女性315人を対象に調査を行った。

赤ちゃんが無事に生まれる確率高まる

その結果、ダイズイソフラボンを食べていない女性と比較して、ダイズイソフラボン摂取量の多さと女性の出生率との関係を複数の条件も踏まえて分析。

赤ちゃんが無事に生きて生まれてくる出生率は、ダイズイソフラボンを取る量が増えると高まった。

1日に0.54〜2.63 mgを食べている女性では出生率は1.32倍、2.64〜7.55 mgを食べている女性では1.87倍、7.56〜27.89 mgを食べている女性では1.77倍となっていた。

豆腐1丁や納豆1パックを食べると、十分に高い水準のダイズイソフラボンを取れると見られる。

ダイズイソフラボンの摂取量が、出生率を改善したわけだ。

日本人ではもともとダイズを取る量は多いと見られるが、参考にしたい。

大豆イソフラボンには、そのほかにも美肌効果や骨形成促進など、女性には嬉しい効果があります。
妊活中の方もそうでない方も、積極的に摂取したいですね!

記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2015 MediBridge Inc. All Rights Reserved




23

森三中 大島美幸さん、第一子ご出産

こんにちは。森三中の大島美幸さんがご出産されたという、明るいニュースが発表されました!

FlowerAndSky_


以前、弊社のブログにて森三中の大島美幸さんのご妊娠のニュースを
載せさせて頂いておりましたが、その後無事ご出産されたとの発表がありましたので、
弊社ブログでもご紹介させて頂きます。

大島美幸が男児出産「最高です。愛してます」鈴木氏

森三中の大島美幸(35)が22日、都内の病院で第1子の男児を出産した。
3885グラムで母子ともに健康だという。
大島は「本日、無事、出産することができました。私と夫に似て、大きめの赤ちゃんでした。
男の子です。たくさんの笑顔と福が訪れることを願って、育てていきたいと思います。
心も体もビッグな子になりますように」とコメントした。

夫の放送作家・鈴木おさむ氏(43)と森三中の村上知子(35)黒沢かずこ(36)も
出産には立ち会った。鈴木氏は、2度の流産を経て、14年1月から妊活休業しての
待望の第1子を生んだ、大島のこれまでの道のりを、「産まれました!」と題してブログにつづった。


記事からも、鈴木氏のブログからも、喜ばしい気持ちが伝わってきます。
テレビに露出するお仕事だからこそ、通常の妊活よりも大変な事があったかと
思います。ご出産、本当におめでとうございます!

記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2015 MediBridge Inc. All Rights Reserved
28

昭和大小児科で日本初「母乳バンク」の取り組み

おはようございます。
台風が去って、今日は気持ちの良い秋晴れです。
雨の後は急に気温が下がって、日に日に秋の深まりを感じます。
そろそろ冬支度が必要なシーズンですね。

母乳バンク

今日は、こんな昭和大に誕生した「母乳バンク」のニュースを。

日本初「母乳バンク」誕生 昭和大、低出生体重児に対応


【岡崎明子】病気や早産で母乳が出ない母親に代わり、別の女性の母乳を提供する日本初の「母乳バンク」が、昭和大小児科(東京)に誕生した。小さく生まれた赤ちゃんは、免疫の働きが不十分で、様々な病気のリスクを避けるには母乳が効果的だ。高齢出産や不妊治療による多胎などで、小さい赤ちゃんの割合は増えており、5年以内にNPO法人化して普及を目指す。

 学内の倫理委員会の承認を得て、スタートした。

 同大小児科の水野克己准教授によると、早産では、赤ちゃんが2500グラム未満の低出生体重児になるだけでなく、母親も母乳を出す準備ができていないことがある。早産で小さく生まれた赤ちゃんは体の働きが未熟で、腸に穴があく壊死(えし)性腸炎や未熟児網膜症、慢性的な肺の病気などのリスクが上がる。母乳にはこれらのリスクを下げる成分が含まれているため、出産から2〜3日以内に飲ませることが有効だ。粉ミルクでは、こうした効果は期待できず、赤ちゃんの腸に壊死などのトラブルが起きやすくなる心配もある。


母乳には、免疫グロブリンなどの感染防御因子が含まれており、人工乳では補えない成分があると考えられています。
余った母乳のシェアが効率よくできることで、低体重児へのケアにとても役立つのではないでしょうか。
母乳の出具合には個人差があるので、母乳が出にくいママが利用しやすいシステムになるとよいですね。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




7

産婦人科内で遺伝カウンセリング、大分大

こんにちは。
母体から採血し、その血液を検査することにより胎児の染色体異常を調べることができる新型出生前診断が話題になっていますね。
大分大では、産婦人科内の遺伝外来で遺伝カウンセリングを行っているそうです。

genetic_counseling

産婦人科に遺伝外来…大分大病院

大分大医学部付属病院(大分県由布市)は、産婦人科内に遺伝外来を設け、遺伝カウンセリングを受け付けている。妊婦の採血で胎児の病気が高い精度でわかる新型出生前診断の申請準備も進めており、実現すれば九州・山口・沖縄では4か所目となる。

 同病院によると、出生前診断が受けられるのは、国立病院機構九州医療センター、福岡大病院(ともに福岡市)、長崎大病院(長崎市)の3か所。

 同大によると、遺伝外来は4月に開設。医師は2人体制で、出生前診断の希望患者に検査内容などの説明や助言をするほか、遺伝性疾患についての相談も受け付けており、必要に応じて専門医療機関に紹介しているという。

 同科の川野由紀枝助教は「出生前診断を受けるか悩んでいる方は多いと思う。県内でもカウンセリングが受けられるようになったので、希望者は予約してもらいたい」と話している。

 予約や問い合わせは、産婦人科外来(097・586・6920)へ。

生まれる前に胎児の異常を検査することには、倫理的な側面から問題が指摘されることもありますが、生まれてくる子がどんな状態なのかを知ることで、母体への負担の軽減、専門家のカウンセリングを受けることにより子どもを迎える親としての心構えができるなど、メリットも多くあります。

こういった新しい医療の取り組みを上手に活用して、出産に備えることが今後はもっと広がるかも知れませんね。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved

2

いのちの輝き

こんにちは!
いよいよゴールデンウィークも後半となってきましたが、皆さんどのように過ごされているでしょうか?
今年のゴールデンウィークは天気にも恵まれ、過ごしやすい毎日が比較的続いていますね。

さて、今日は先日放映されたTV番組について少し話したいと思います。

メディブリッジと命


4月29日に『いのちの輝きSP』という番組が放映され、話題を呼んでいます。
番組では、46歳で不妊治療のすえお子様を授かる御夫妻や、出産前になって夫が山で遭難し、夫なしで新しい命を出産する妻と小さい兄妹達、パレスチナ・ガザ地区にて誕生する命のドキュメントなど、生命というものが本当に尊いものだと、再認識される番組でした。
※5月下旬に第2回目は5月下旬に放送予定です。

番組では、広末涼子さんが命のドキュメントに「勇気をもらいました」と感動の言葉も発した通り、登場した母親一人一人が、必死で産まれてくるわが子の無事を祈る姿が印象的でした。

我々、メディブリッジは、どんなに望んでも、今までお子様を授かれなかった御夫妻に、お子様を授かって頂けるよう日々サポートをしております。
生まれつきの疾患で妊娠を継続できない方、初めての妊娠の際にお子様と子宮を失ってしまった方、早発閉経でご自身での採卵が行えない方・・・。
このような方々が、実はたくさんおられるのです。

私たちメディブリッジは、そのような方々に、ハワイ・タイでの卵子提供プログラム、インドでの代理出産プログラム、をご提供し、これまで本当に多くの御夫妻にお子様を授かって頂いております。

赤ちゃんを初めて抱いて、その子の泣き声を初めて耳にする母親の姿を何度も目にし、これほど幸せな光景はないだろうと、何度思ったことでしょう。

これからもメディブリッジは、新しい命を授かって頂けるよう、一組一組、御夫妻をしっかりサポートして参ります。



記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2012 MediBridge Inc. All Rights Reserved




17

キャサリン妃、7月出産予定!

1月も後半になり、ますます寒さが厳しい日が続いています。
インフルエンザ患者が急増しているそうですので、皆さんご注意くださいね!

さて今日は、イギリスからのおめでたニュースです。

kate

キャサリン妃の出産予定は今年7月! 王室も認める

昨年12月に妊娠が明らかになったキャサリン妃。その出産予定がこのほど発表された。

生まれてくる子供の性別はわかっていないが、妃もウィリアム王子も出産予定がわかったことにとても喜んでいるという。また今回の発表は以前報道された"双子説"を否定するものにもなっている。以下は妃の出産予定を明かしたクラレンス・ハウスのツイート。
「ケンブリッジ公爵および公爵夫人のお子様(a babyと単数形)の誕生予定は7月です」

The Duke and Duchess of Cambridge are expecting a baby in July bit.ly/VZAA1O
- Clarence Houseさん (@ClarenceHouse) 1月 14, 2013
今回の発表はやや驚きかもしれない。王室が12月初めに妃の妊娠を発表した際、「妃は現在妊娠12週(約4か月)」という報道が多く出ていたからだ。そのため出産予定は今年5月か6月だと思われていた。そのためこの発表は妊娠のごく初期にされたようだ。

一方、先週木曜日には妃の肖像画が公開。AP通信によると、王室は妃の状態について"回復の途中にある"としている。


キャサリン妃のご出産はイギリス国民のみならず、世界中が心待ちにしている明るいニュースですね。
無事のご出産をお祈り致します!


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




プロフィール

メディブリッジ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断プログラム、アジア・ヨーロッパでの代理出産をご提供しております。
このブログで不妊治療現場、世界の医療、弊社メディブリッジの思いなどなどなどあらゆる事をお伝えして参ります。

記事検索
ミッション
MediBridgeのミッション
  1. 1. 日本の医療制度で救われない日本人患者のサポート
  2. 2. 途上国の雇用促進
  3. 3. 医療のグローバル化支援
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 新年の御挨拶 −設立12年目になりました−
  • 新年おめでとうございます
  • 妊娠前の風疹抗体検査
  • ハワイでの卵子提供プログラム
  • 着床前診断について
  • エッグドナーボランティア募集
  • 大渕弁護士、出産で涙止まらず「本当に嬉しくて、感動」
  • 西村知美、不妊で悩んでいたとき相田みつを氏の言葉に出会い救われた…
  • 卵子を使わずに新生児マウス誕生? 英国とドイツの研究
  • メディブリッジのサポート体制
  • 弊社の着床前診断プログラム
  • 3Dプリンターで作った卵巣でマウスが妊娠!
QRコード
QRコード