medibridges

代理出産・卵子提供コーディネーターブログ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断、アジア・ヨーロッパでの代理出産を提供しているコーディネーターのブログ。

卵子提供 評判

30

卵子提供とは -Youtubeのご案内-

こんにちは!

本日は、弊社が卵子提供の説明用動画を作成しましたので、そちらのご案内になります。

シンプルな卵子提供の説明動画となりますので、もしよろしければ下記Youtubeをご覧下さい。





今後もあらゆるメディアを利用して、メディブリッジは最新生殖医療や不妊治療の現場のご紹介を行って参りますので、ご期待下さい!!




記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2014 MediBridge Inc. All Rights Reserved




22

弊社のエッグドナーついて

おはようございます。
今日の銀座は、秋晴れの気持ち良い陽気です。
東京は、夕方より雨の予報となっておりますので、傘をもってお出掛けくださいね。

さて、今日は、弊社のエッグドナーボランティアについてご紹介したいと思います。まず、卵子提供において非常に重要なのはドナーから提供された「卵子の質」です。
弊社では、卵子をご提供頂くドナーの質を、非常に重視しています。

エッグドナーボランティア メディブリッジ

その為、登録のエッグドナーは、20歳から30歳までの健康で若い方に限定しております。

弊社のドナー登録数は日本最大規模であり、弊社では、ご夫妻がドナー決定を行うに当たって、230名を超える豊富な登録ドナーからドナーをお決め頂くことが可能です。
登録ドナーの方には身長、体重、血液型、肌色、視力、髪の毛、利き手等の身体的特徴から、アレルギー・喫煙・飲酒の有無、遺伝疾患や医療歴等の健康状態、また、これまでの経歴、志望理由、登録ドナーの方の父母に関してまで多岐にわたって情報を頂いております。

また、ドナーを選ぶときには、ご夫妻によって、様々な条件があります。
生まれてくるお子さんが、ご両親となるご夫妻の血液型と矛盾がないよう、まず血液型はドナー選びの第一条件です。 
その他にも、容姿や身長、体重、健康状態、遺伝的疾患など、さまざまな観点からのドナー選びが考えられます。

弊社のドナー情報は、こういったさまざまな観点からの情報を、ドナー一人一人に対して保有しております。
年齢だけでなく、登録者数も重要です。
ご夫妻によってお選びになる条件は様々ですが、弊社は卵子ドナーの詳細な情報を保有しておりますので、様々な観点から卵子ドナー候補をお選び頂くことが可能です。

質の高いドナーを多数の登録者の中からお選び頂くことは、卵子提供の成功への第一条件であると言えます。
卵子提供をご検討されている方、是非お気軽に弊社にお問合せください。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2012 MediBridge Inc. All Rights Reserved




23

野田聖子さん 不妊治療で薬漬けだった10年間

こんばんは!
本日は卵子提供に関して、野田聖子さんのインタビューをお伝えしたいと思います。

野田聖子さん

週刊SPA 野田聖子さんインタビューより

体外受精に挑戦すること14回。妊娠、流産、離婚、再婚を経験し、米国病院での卵子提供を受けて、ついに50歳で初産−−。週刊SPA!3月19日発売号の「エッジな人々」では、40歳から10年にわたって不妊治療に取り組んできた野田聖子衆院議員を直撃。母・野田聖子と議員・野田聖子のはざまで格闘する彼女の素顔をつまびらかにした。

−−やはり、10年間にわたる不妊治療は苦行でした?

野田: 塗炭の苦しみね。最初は普通妊娠を目指していたけど、なかなかできないから、不妊治療を始めて。漢方薬を服用したり、排卵を誘発する注射を打ったりで薬漬け。この注射は、“アレ”の10数時間前に打つので、当時の夫に「今日は早く帰ってきて」と強要してしまう。すると、「俺はお前の子供をつくる道具じゃない」なんて言われて、随分、不毛なケンカをしました。その上、私の卵管が詰まっていることが発覚して体外受精に挑戦したのだけど、何度やっても、妊娠できない。

−−それなのに、40歳から10年間も治療を続けられたのはなぜ?

野田: 家族が欲しかった。それだけ。女性はみんなそうでしょ? だから、私はシングルマザーでもいいとは思わなかったんです。愛する夫がいて、その人と子供を産んで、家族をつくりたかった。普通でしょ? 私はやっぱり普通に生きてる人が普通に政治家にならなきゃいけないと思っているので、滅私奉公とか、我が身を政治に捧げるなんて発想は、必要ないどころか、かえって迷惑だと思ってる。そんな人に、普通の暮らしがわかるかって、言いたくなっちゃう。

−−しかし、「普通の人」は卵子提供に500万円、不妊治療に500万円もかけられません。「特権階級の贅沢」だという批判もありますが。

野田: でも、不妊治療にお金をかけられるだけ、働いてきたわけだし。自分でできないことを人にまかせる自由は許されると思うんです。努力は報われるっていう、資本主義国家にいるわけだから。それでも「野田は国民の血税で不妊治療している」って言う人はいるよね。でもね、卵子提供も出産も費用は全部、夫に出してもらっているんですよ。

−−卵子提供から現在に至るまでの道のりは、フジテレビのドキュメンタリーで放送されましたが、「障害を抱えた子が生まれるのを承知で子供をつくるなんて、エゴだ」と、だいぶ批判もあったようですね……。

野田: そういう批判は構いません。だって、出産自体、エゴじゃない? 子供の側から見れば。親がエッチして、世に送り出されちゃって。ただ、ネット掲示板に「基地外」だ「ババアは引っ込んでろ」だの書かれたときは、ずっと泣いてましたよ。何だか日本人が汚く見えて。外に出ると、そういう人ばっかりなのかなと怯えちゃってね。だから、そういうときは野田聖子とわからないように変装して、すごい内向き女になってた。

−−番組のなかで「子供には私のためではなく、自分のために生きてほしい」と言ったのが、かえって誤解を招いたのかもしれませんね。

野田: 前後がカットされていたので、正確に伝わらなかったんです。本当のところを説明すると、うちの子は何度も死にかけて、息も何度も止まりかけて、それでもカムバックしてくるんです。そのとき私は、子供を助けてくれたお医者さんや看護師さんに「ありがとうございます」って言うでしょ。すると、お医者さんは「いや、違いますよ。真輝君はママのそばにいたくて頑張るんですよ」って必ずおっしゃるんです。救っているのは、私たちじゃない、お母さんですよと。それを聞いて、私、胸が詰まって、「もう私のために頑張らなくていいよ」と言ったんです。

−−“同業者”から批判されたことはありました?

野田: 表だって言わないですよ。ズル賢い人たちですから。でも、地方の市会議員のおじさんとかには散々言われました。前夫との間の不妊治療について書いた『私は産みたい』を出したとき、「ポルノ小説」と言い切った人もいたんですから。

−−どの部分がポルノなんですか?

野田: 「精子をくれ」と、私が夫に言ったくだりとかじゃない?

−−お子さんにこれだけ重篤な障害があるなら、1日中母親が付いているべきだという批判もありますよね。

野田: 「お母さんに徹しろ」って批判ね。徹したいよ、私だって。死にかけてる子供がいるのに、仕事をするのはツラいですよ、本当に。でも、やっぱり社会人として穴開けられない仕事は、行くしかないでしょ。私の心の中では、いつだって「母・野田」と「議員・野田」がケンカしてますよ。天使と悪魔みたいに。



野田聖子さんが不妊治療とはどれ程苦しいものなのか、代弁してくれているのではないでしょうか?
国会議員が話題を呼ぶことを行うと、批判にさらされるのは目に見えています。
それでも彼女は多くの不妊治療患者の先頭にたって、批判も覚悟で卵子提供を行いました。
インタビューを読んでわかるのは、野田聖子さんは本当に苦しんだし、誰にも負けず子供を望み、産まれてきた子供を愛していることです。

メディブリッジでは卵子提供を通じ、不妊治療で苦しまれておられる患者様、子供を心から望まれている患者様にお子様を授かって頂こうと日々誠心誠意、患者様のサポートし、サポート体制やエッグドナーボランティアさんの協力体制について良い評判を頂いております。
どうか野田聖子さんの努力が無駄にならないよう、卵子提供を必要としておられる方が、スムーズに治療を受けられる環境をこれからも作っていきたいと思います。



記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2012 MediBridge Inc. All Rights Reserved




プロフィール

メディブリッジ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断プログラム、アジア・ヨーロッパでの代理出産をご提供しております。
このブログで不妊治療現場、世界の医療、弊社メディブリッジの思いなどなどなどあらゆる事をお伝えして参ります。

記事検索
ミッション
MediBridgeのミッション
  1. 1. 日本の医療制度で救われない日本人患者のサポート
  2. 2. 途上国の雇用促進
  3. 3. 医療のグローバル化支援
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 新年の御挨拶 −設立12年目になりました−
  • 新年おめでとうございます
  • 妊娠前の風疹抗体検査
  • ハワイでの卵子提供プログラム
  • 着床前診断について
  • エッグドナーボランティア募集
  • 大渕弁護士、出産で涙止まらず「本当に嬉しくて、感動」
  • 西村知美、不妊で悩んでいたとき相田みつを氏の言葉に出会い救われた…
  • 卵子を使わずに新生児マウス誕生? 英国とドイツの研究
  • メディブリッジのサポート体制
  • 弊社の着床前診断プログラム
  • 3Dプリンターで作った卵巣でマウスが妊娠!
QRコード
QRコード