medibridges

代理出産・卵子提供コーディネーターブログ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断、アジア・ヨーロッパでの代理出産を提供しているコーディネーターのブログ。

産み分け

29

受精卵の性別

みなさんこんにちは。着床前診断を行うと受精卵の染色体の数の異常がわかります。

PGT-A 012

着床前診断では22本対44本の常染色体と1対2本の性染色体すべてを調べます。染色体の数の異常がすべてわかりますので、以上がある受精卵は移植しないといった判断ができることになります。

染色体の数に異常があると着床しなかったり、早期流産につながってしまいますので、この診断を行うことで体外受精の着床率を上げたり、染色体異常を原因とする流産を回避することができるのです。

着床前診断では性染色体も確認しますので、受精卵の性別までわかります。つまり、Xが2本なら女の子、XとYなら男の子といった具合です。

受精卵の性別がわかりますので、XXの胚を移植する、またはXYの胚を移植するといった選択をすると、生まれてくる赤ちゃんの性別の選択につながることになります。

弊社ではハワイやマレーシアにおいて卵子提供プログラムを行っています。プログラムでは着床前診断を行っていただくことが可能です。

ご検討の方は以下よりぜひお問い合わせください。

https://www.medi-bridges.com/contact.html

記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2019 MediBridge Inc. All Rights Reserved

 
1

出生児の性別構成割合から読み取れること

みなさんこんにちは。生まれてくる子供の性別を決めるの精子の種類です。

うみわけ

どういうことかといいますと、男性の精子にはX染色体を持つX精子とY染色体をもつY精子が存在します。一方で、女性の卵子にはX染色体のみしか存在しません。

つまり、X精子と卵子が受精すると受精卵はXXとなって女の子が生まれてくる、Y精子では受精卵はXYの男の子となるわけです。

したがって、精子が性別決定しているのです。さて本日は以下の記事をご紹介します。

”統計総局(GSO)によると、2018年の男女出生比(女児100人に対する男児の数)は115.1だった。保健省人口・家族計画化総局のグエン・ゾアン・トゥー総局長は、男女出生比が高い状態が続いており、さらに上昇する傾向があると指摘した。自然の男女出生比は105とされている。

統計によると、高学歴の夫婦や経済的に恵まれた夫婦ほど男女出生比が高い。読み書きのできない母親グループの男女出生比は107と最も低いのに対し、女性の学歴が高まるにつれて数字が上昇し、短大卒以上の母親グループでは114に達している。また、貧困層グループの105に対し、富裕層グループは112と明確に差がある。

トゥー総局長はこうした状況の主な原因について、性別に対する偏見・先入観を挙げた。ベトナムでは女児より男児を好む傾向が強いことがおおもとの原因だが、科学技術の発展によって男女の産み分けができるようになったことも、状況悪化に拍車をかけている。学歴が高い富裕層ほど、産み分け技術を利用できる条件に恵まれている。”
https://www.viet-jo.com/news/social/190724082243.html

これはベトナムの状況です。少し他国の状況も少し調べましたが、たとえばインドや中国など、男児を希望する割合が多いように見受けられました。やはり経済的要因なのでしょうか。

富裕層などは、着床前診断など最新技術を用いて産み分けをされているのでしょうね。

弊社メディブリッジでご提供している卵子提供プログラムでは着床前診断を行っていただくことができます。ハワイにおけるプログラムでは、受精卵の性別を選択してプログラムをお進めいただくことも可能です。

弊社プログラムをご検討の方は是非お問い合わせください。

プロフィール

メディブリッジ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断プログラム、アジア・ヨーロッパでの代理出産をご提供しております。
このブログで不妊治療現場、世界の医療、弊社メディブリッジの思いなどなどなどあらゆる事をお伝えして参ります。

記事検索
ミッション
MediBridgeのミッション
  1. 1. 日本の医療制度で救われない日本人患者のサポート
  2. 2. 途上国の雇用促進
  3. 3. 医療のグローバル化支援
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 新年の御挨拶 −設立12年目になりました−
  • 新年おめでとうございます
  • 妊娠前の風疹抗体検査
  • ハワイでの卵子提供プログラム
  • 着床前診断について
  • エッグドナーボランティア募集
  • 大渕弁護士、出産で涙止まらず「本当に嬉しくて、感動」
  • 西村知美、不妊で悩んでいたとき相田みつを氏の言葉に出会い救われた…
  • 卵子を使わずに新生児マウス誕生? 英国とドイツの研究
  • メディブリッジのサポート体制
  • 弊社の着床前診断プログラム
  • 3Dプリンターで作った卵巣でマウスが妊娠!
QRコード
QRコード