medibridges

代理出産・卵子提供コーディネーターブログ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断、アジア・ヨーロッパでの代理出産を提供しているコーディネーターのブログ。

インドの代理出産事情

5

インドの代理母はどのような人?

こんにちは。
今週末は”猛烈低気圧”に伴う台風並みの暴風となる恐れがあるとのことです。
外出は控えて、家でゆっくり過ごすと良いかもしれませんね。

green (2)

さて、弊社メディブリッジではインドでの代理出産プログラムをご紹介しておりますが、今日はよくある代理母に関する質問をご紹介致します。

Q: 代理母はどのような方がなるの?

A: まず、出産経験がありご自身のお子さんがいる方、そして厳しい検査をパスした身体的・精神的に代理出産に適した方となります。
また、インドの代理母は20代が主ですが、30代前半の方もおられます。


Q: 代理母の健康管理はどうなっているの?

A: 弊社が提携している病院では、代理母の健康管理を徹底して行います。
代理母は移植日から特別な代理母ハウスにて出産するまで過ごされますので、代理母が栄養不足で赤ちゃんに十分に栄養がいきわたらないという心配ありません。
また、代理母側も、依頼者から預かった赤ちゃんを誕生させるまで、徹底したプロ意識を持って出産に臨みます。


Q: 代理母が赤ちゃんを出産したあとに、手放すことを拒否するといったトラブルは起こらないの?

A: 経済的な理由からインドでは代理母を志願するケースは少なくありません。
経済的な事情が彼女たちの代理母の主な志願理由であるため、代理母自身も、トラブルになることは望みません。
もちろん、見ず知らずの人が子どもを授かることに協力しようというのですから、ボランティア精神がなければとてもできることではありません。

弊社提携先のインドの代理母は、出産までストレスのない快適な環境で、しっかりとした医師の管理のもと妊娠期を過ごし、代理出産を行っています。
インドでの代理出産をご検討中の方は、お気軽にお問い合わせください。

記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




21

インドの医療とは?

この冬、猛威を振るっているノロウイルスと、本格的な流行が始まったインフルエンザウイルスですが、この両方にかかるダブル感染に注意しましょう。
ダブルで感染すると高熱や下痢、嘔吐などの症状が重症化する傾向があるようですので、みなさん手洗いやうがいなどを念入りにしましょうね。

さて、弊社メディブリッジはインドでの代理出産プログラムをご紹介しておりますが、毎日多くの方からお問合せを頂いております。
その中で皆様から良くいただくご質問として「インドの医療は大丈夫?」「病院はどういった所?」などがございます。
海外で、しかもインドとなると日本の方にとってあまり馴染みのない国です。
今日は、弊社提携先のインドの病院についてお話を致します。

Nature-flowers

急速な経済成長を続けるインドで今、医療分野が大きな注目を集めており、弊社の提携病院も最新の医療設備を備えた近代的な私立病院として知られています。
欧米の病院で経験を積んだ優秀な医師も多数勤務していますので、医療技術も高いと評判です。
また、弊社の提携病院は不妊治療の成功率が高いことで世界的に有名であり、インド国内だけでなく、アメリカやヨーロッパ、オセアニアやアジア各国からも多くの患者が訪れています。
先日はボリウッドの有名俳優が治療を受けたことも知られ、看護師や病院スタッフが記念写真の撮影やサインを求める姿も見受けられました。

また、病院の個室は清潔でとても広く、毎日医師が診察を行い、そして24時間体制で看護師が定期的に部屋へ訪れサポートしてくれます。各階には警備員も配備されておりますので安心です。
食事もインド料理や中華、そしてパスタ等種類も豊富で、「今日は何を食べようかな?」と一つの楽しみともなります。
設備もサービスも充実しており、実際に弊社の代理出産プログラムを受けられた方からは、「医師や看護師の丁寧な診察やケア、そして充実した設備に安心しました」というお声を多く頂きます。

弊社は皆様に安心して治療をお受けいただけるよう、信頼のおける病院と提携しております。
インドでの代理出産プログラムをご検討中の方は、是非一度お問合せ下さい。

記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




9

インドでの代理出産、その特徴とは?

おはようございます!
今日は東京でも気温30度を超えるという予報になっています。
蒸し暑い東京の夏、いよいよ本番という感じです。
梅雨明けも間近かもしれませんね!

lotus_1

さて、弊社は、インドでの代理出産をご紹介しておりますが、お客様からも、またマスコミからの取材などでも、「代理出産は、どうしてインドで行うのですか?」とよく聞かれることがあります。
インドで代理出産を行うことには、実は、多くのメリットがあるからです。

第一に、何よりも費用が安いこと。
弊社にご相談にこられる方々には、2千万とか3千万とか言われる単位で費用のかかるアメリカでの代理出産を、費用の高さゆえにあきらめてきた方も少なくありません。インドでの代理出産は、アメリカの代理出産と比べると、約三分の一の費用で行うことができます。

第二に、医師の技術レベルが非常に高いこと。
インドの医師は、海外で医療を学んできた人も多く、高い技術を持っています。
弊社が提携している病院には、その成功率の高さから、アメリカやヨーロッパ、アラブなど、世界中の患者が集まっています。

第三に、何かトラブルが起きた場合でも追加の費用が安いこと。
代理出産には、見えない費用がつきものです。出産までの長い期間、なにが起こるかは誰にも分かりません。
その時の費用が、インドではアメリカに比べて格段に安いのです。
インドでの代理出産には、こういったメリットがあります。

一方で、インドでの代理出産には危険な側面もあります。
以前に愛媛県の男性医師が、インドの代理母に依頼して生まれた赤ちゃんが帰国できなくなった問題など、日本人にとっては法的、システム的にまだまだ困難な状況であるのが事実です。
法的な知識、専門家のサポートがなければ、赤ちゃんを帰国させることも容易ではありません。

また医療の質も、平均的ではなく、信頼できない病院、ドクターも多くおられます。
中には、患者の治療よりも自らの利益を重視し、暴利を得ている悪質なドクターも見られます。

インドの事情を良く知る弊社からすると、外国人がなんのサポートもなく、インドで独断で代理出産を行うことは、大変危険な行動と言わざるをえません。

弊社は法的問題も含め、日本人向けにシステムを確立し、インドで代理出産をご提供しております。
インドの多くのドクターを調査し、信頼できるドクターのみ提携関係を結ぶと共に、費用面も出来るだけクライアントに負担のないようにしております。

インドでの代理出産についてご検討されている方が、どうかお気軽にお問い合わせください。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2012 MediBridge Inc. All Rights Reserved




8

インドの代理出産とは?

こんにちは。
弊社は、インドでの代理出産のパイオニアとして、これまでも多くのクライアント様のサポートをしております。
インドの代理出産とはどのようなことを、行うのでしょうか?

img9


まず、代理出産とは、奥様の卵子とご主人様の精子を体外受精させ、その受精卵(胚)を代理母の子宮に移植します。
その後代理母は、妊婦としてお腹で胎児を育てますが、生まれてくる子はご夫婦お二人の遺伝子を持った子です。

但し、代理出産を行う場合は、卵巣と精巣は健康で、子宮が要因の不妊症の時です。
子宮要因の不妊症とは、ロキタンスキー症候群による子宮欠損、または子宮が痕跡程度、妊娠できる大きさに発育しなかった場合、子宮奇形、子宮癌などによる全摘出の場合などです。
また、卵巣が良好に機能していない場合、卵子提供プログラムと併用して代理出産プログラムを行うことも可能でございます。

では、なぜインドなのでしょうか?
第一に、インドでの代理出産は、アメリカに比べると費用が約3分の1と、とても費用を安く抑えることが出来ます。
また、インドでの滞在費や何かトラブルが起きた場合でも追加の費用がアメリカに比べて格段に安いのです。

第二に、インドの医師は海外で医療を学んできた人も多く、医師の技術レベルが非常に高いことです。
弊社が提携している病院には、その成功率の高さから、アメリカやヨーロッパなど、世界中の患者が集まっています。

私たちはインドで代理出産プログラム、タイ、ハワイで卵子提供プログラムを多くのご夫婦にご提供しております。
代理出産プログラムや卵子提供プログラムをご検討中の方は、是非ご遠慮なく一度弊社にご相談ください。
お子様を望まれる全ての方に幸せになっていただけることを祈っております。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2012 MediBridge Inc. All Rights Reserved




25

凍結受精卵によるインドでの代理出産

こんにちは!
今日の東京は、曇り空で、蒸し暑いような肌寒いような、すっきりしない空模様です。
週末はお天気の予報になっていますから、スカイツリーで賑わう東京の下町散策も、楽しいのではないでしょうか?

Baby_and_Mother_Surrogacy

さて、弊社は、インドでの代理出産のパイオニアとして、これまでも多くのクライアント様のサポートをしております。
弊社の代理出産プログラムは、それぞれの方の事情に合わせて、柔軟に対応できることが特徴です。

なかでも、凍結受精卵移送による代理出産プログラムは、日本で唯一、弊社だけがご提供しているプログラムです。
インドで採卵を行うのが難しい方の場合、凍結受精卵によるプログラムはとても有効な方法と言えます。
凍結受精卵による代理出産プログラムには、以下のようなメリットがあります。

  •     一度に複数個の採卵が難しい人でも、回数を重ねることで状態のよい受精卵を複数個確保することができる
  •     複数個の受精卵を確保できることで、一度の移植で複数個の受精卵を移植することが可能になる
  •     自身のペースで、国内で採卵を行うことができる
  •     インドに渡航する回数を最小限にできる
  •     渡航に掛かる日数、費用の負担を軽減することができる
  •     海外に滞在して採卵を行うという、精神的な負担を軽減することができる


弊社は、できるだけクライアント様のご負担を軽減できるよう、それぞれの方のご状況に合わせて、様々な方法をご提案しております。
代理出産をご検討されている方、ぜひ一度、弊社にご相談ください!

記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2012 MediBridge Inc. All Rights Reserved




16

代理出産-インドの病院について

こんにちは!
弊社が代理出産を行っているインドには珍しいルールがあり、環境保護のために街で見かける木に赤と白のペンキが塗られています。
これは、インド政府が管理しているという印であり、伐採してしまうと罰金や刑務所行となってしまいますので、インドへ行かれた際にはご注意下さい。

__


さて、弊社は日本で最初にインドでの代理出産を始めたパイオニアであり、毎日多くの方からお問合せを頂いております。
その中で皆様から良くいただくご質問として「インドの医療は大丈夫でしょうか?」「病院はどういった所でしょうか?」などがございます。
海外で、しかもインドとなると日本の方にとってあまり馴染みのない国であり、皆様がインドでの治療に不安を持たれるのは当然のことと思います。

しかし、急速な経済成長を続けるインドで今、医療分野が大きな注目を集めており、弊社の提携病院も最新の医療設備を備えた近代的な私立病院として知られています。
欧米の病院で経験を積んだ優秀な医師も多数勤務していますので、医療技術も高いと評判です。
また、弊社の提携病院は不妊治療の成功率が高いことで世界的に有名であり、インド国内だけでなく、アメリカやヨーロッパ、オセアニアやアジア各国からも多くの患者が訪れています。
先日はボリウッドの有名俳優が治療を受けたことも知られ、看護師や病院スタッフが記念写真の撮影やサインを求める姿も見受けられました。

また、病院の個室は清潔でとても広く、毎日医師が診察を行い、そして24時間体制で看護師が定期的に部屋へ訪れサポートしてくれます。各階には警備員も配備されておりますので安心です。
食事もインド料理や中華、そしてパスタ等種類も豊富で、「今日は何を食べようかな?」と一つの楽しみともなります。
設備もサービスも充実しており、実際に弊社の代理出産プログラムを受けられた方からは、「医師や看護師の丁寧な診察やケア、そして充実した設備に安心しました」というお声を多く頂きます。

弊社は皆様に安心して治療をお受けいただけるよう、信頼のおける病院と提携しております。
インドでの代理出産プログラムをご検討中の方は、是非一度お問合せ下さい。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2012 MediBridge Inc. All Rights Reserved




18

凍結受精卵による代理出産のメリット

こんにちは!
もう11月も後半になりましたね。
女性の皆さんには、冷えがつらい季節かもしれません。
足が冷えて眠れない方、湯たんぽがお勧めですよ!

infant-2

さて、弊社は、インドでの代理出産のパイオニアとして、これまでも多くのクライアント様のサポートをしております。
弊社の代理出産プログラムは、それぞれの方の事情に合わせて、柔軟に対応できることが特徴です。
なかでも、凍結受精卵移送による代理出産プログラムは、日本で唯一、弊社だけがご提供しているプログラムです。
インドで採卵を行うのが難しい方の場合、凍結受精卵によるプログラムはとても有効な方法と言えます。
凍結受精卵による代理出産プログラムには、以下のようなメリットがあります。

  • 一度に複数個の採卵が難しい人でも、回数を重ねることで状態のよい受精卵を複数個確保することができる
  • 複数個の受精卵を確保できることで、一度の移植で複数個の受精卵を移植することが可能になる
  • 自身のペースで、国内で採卵を行うことができる
  • インドに渡航する回数を最小限にできる
  • 渡航に掛かる日数、費用の負担を軽減することができる
  • 海外に滞在して採卵を行うという、精神的な負担を軽減することができる

弊社は、できるだけクライアント様のご負担を軽減できるよう、それぞれの方のご状況に合わせて、様々な方法をご提案しております。
代理出産をご検討されている方、ぜひ一度、弊社にご相談ください!


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2011 MediBridge Inc. All Rights Reserved




6

代理出産をインドで行う理由とは?

おはようございます。
9月に入り、やっと涼しくなってきましたね。
夏の疲れが出て、何かと体調を崩しやすい季節です。
皆さん、どうかお気を付けください。

Helianthus nuttallii


さて、弊社は、インドでの代理出産を行っているエージェンシーですが、お客様からも、またマスコミからの取材などでも、「代理出産は、どうしてインドなんですか?」とよく聞かれることがあります。
弊社がインドを代理出産を行う場所として選んだのには、理由があります。
インドでの代理出産には、いろんなメリットがあるからです。

第一に、何よりも費用が安いこと。
弊社にご相談にこられる方々には、2千万とか三千万とか言われる単位で費用のかかるアメリカでの代理出産を、費用の高さゆえにあきらめてきた方も少なくありません。インドでの代理出産は、アメリカの代理出産と比べると、約三分の一の費用で行うことができます。

第二に、医師の技術レベルが非常に高いこと。
インドの医師は、海外で医療を学んできた人も多く、高い技術を持っています。
弊社が提携している病院には、その成功率の高さから、世界中の患者が集まっています。

第三に、何かトラブルが起きた場合でも追加の費用が安いこと。
代理出産には、見えない費用がつきものです。出産までの長い期間、なにが起こるかは誰にも分かりません。
その時の費用が、インドではアメリカに比べて格段に安いのです。
インドでの代理出産には、こういったメリットがあります。

一方で、インドでの代理出産には危険な側面もなります。
以前に愛媛県の男性医師が、インドの代理母に依頼して生まれた赤ちゃんが帰国できなくなった問題など、日本人にとっては法的、システム的にまだまだ困難な状況であるのが事実です。
法的な知識、専門家のサポートがなければ、赤ちゃんを帰国させることも容易ではありません。

また医療の質も、平均的ではなく、信頼できないドクターも多くおられます。
中には、患者の治療よりも自らの利益を重視し、暴利を得ている悪質なドクターも見られます。
もちろん、そのようなことですからトラブルも頻発しております。

インドの事情を良く知る弊社からすると、外国人がなんのサポートもなく、インドで独断で代理出産を行うことは、大変危険な行動と言わざるをえません。
実際、多くの方がトラブルに見舞われているのが現状です。

弊社は法的問題も含め、日本人向けにシステムを確立し、インドで代理出産をご提供している唯一の会社です。
インドの多くのドクターを調査し、信頼できるドクターのみ提携関係を結ぶと共に、費用面も出来るだけクライアントに負担のないようにしております。

インドでの代理出産についてのご質問などございましたら、どうかお気軽にお問い合わせください。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2011 MediBridge Inc. All Rights Reserved




2

凍結受精卵による代理出産の可能性

おはようございます!
8月に入りましたが、なんだかすっきりしないお天気が続きますねー。
夏らしい青空が早く戻ってくるとよいのですが。。。

IVF_jpg_1217221c

さて、弊社は、インドでの代理出産のパイオニアとして、これまでも多くのクライアント様のサポートをしております。
弊社の代理出産プログラムは、それぞれの方の事情に合わせて、柔軟に対応できることが特徴です。
なかでも、凍結受精卵移送による代理出産プログラムは、日本で唯一、弊社だけがご提供しているプログラムです。
インドで採卵を行うのが難しい方の場合、凍結受精卵によるプログラムはとても有効な方法と言えます。
凍結受精卵による代理出産プログラムには、以下のようなメリットがあります。

  •     一度に複数個の採卵が難しい人でも、回数を重ねることで状態のよい受精卵を複数個確保することができる
  •     複数個の受精卵を確保できることで、一度の移植で複数個の受精卵を移植することが可能になる
  •     自身のペースで、国内で採卵を行うことができる
  •     インドに渡航する回数を最小限にできる
  •     渡航に掛かる日数、費用の負担を軽減することができる
  •     海外に滞在して採卵を行うという、精神的な負担を軽減することができる

また、過去にご病気で卵巣摘出する前に採卵を行い、国内の病院に凍結受精卵を保存してあるような場合でも、その受精卵を用いて代理出産を行うことも可能です。
これまでも、この方法で多くの方がお子様を授かっておられます。

弊社は、できるだけクライアント様のご負担を軽減できるよう、それぞれの方のご状況に合わせて、様々な方法をご提案しております。
代理出産をご検討されている方、ぜひ一度、弊社にご相談ください!


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2011 MediBridge Inc. All Rights Reserved




22

インドでの代理出産のメリットとは?

おはようございます!
今日は久しぶりに、雨あがりのさわやかな天気となっています。
湿気もなく、傘の要らない、気持ちの良い朝ですね。

Early-Infertility

さて、弊社は、インドでの代理出産、韓国での卵子提供を行っているエージェンシーですが、お客様からも、またマスコミからの取材などでも、「代理出産は、どうしてインドなんですか?」とよく聞かれることがあります。
インドで代理出産を行うには、いろんなメリットがあるからです。

第一に、何よりも費用が安いこと。
弊社にご相談にこられる方々には、2千万とか三千万とか言われる単位で費用のかかるアメリカでの代理出産を、費用の高さゆえにあきらめてきた方も少なくありません。インドでの代理出産は、アメリカの代理出産と比べると、約三分の一の費用で行うことができます。

第二に、医師の技術レベルが非常に高いこと。
インドの医師は、海外で医療を学んできた人も多く、高い技術を持っています。
弊社が提携している病院には、その成功率の高さから、世界中の患者が集まっています。

第三に、何かトラブルが起きた場合でも追加の費用が安いこと。
代理出産には、見えない費用がつきものです。出産までの長い期間、なにが起こるかは誰にも分かりません。
その時の費用が、インドではアメリカに比べて格段に安いのです。
インドでの代理出産には、こういったメリットがあります。

一方で、インドでの代理出産には危険な側面もなります。
以前に愛媛県の男性医師が、インドの代理母に依頼して生まれた赤ちゃんが帰国できなくなった問題など、日本人にとっては法的、システム的にまだまだ困難な状況であるのが事実です。
法的な知識、専門家のサポートがなければ、赤ちゃんを帰国させることも容易ではありません。

また医療の質も、平均的ではなく、信頼できないドクターも多くおられます。
中には、患者の治療よりも自らの利益を重視し、暴利を得ている悪質なドクターも見られます。
もちろん、そのようなことですからトラブルも頻発しております。

インドの事情を良く知る弊社からすると、外国人がなんのサポートもなく、インドで独断で代理出産を行うことは、大変危険な行動と言わざるをえません。
それほど多くの方がトラブルに見舞われているのが現状です。

弊社は法的問題も含め、日本人向けにシステムを確立し、インドで代理出産をご提供している唯一の会社です。
インドの多くのドクターを調査し、信頼できるドクターのみ提携関係を結ぶと共に、費用面も出来るだけクライアントに負担のないようにしております。

インドでの代理出産についてのご質問などございましたら、どうかお気軽にお問い合わせください。



記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2011 MediBridge Inc. All Rights Reserved




プロフィール

メディブリッジ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断プログラム、アジア・ヨーロッパでの代理出産をご提供しております。
このブログで不妊治療現場、世界の医療、弊社メディブリッジの思いなどなどなどあらゆる事をお伝えして参ります。

記事検索
ミッション
MediBridgeのミッション
  1. 1. 日本の医療制度で救われない日本人患者のサポート
  2. 2. 途上国の雇用促進
  3. 3. 医療のグローバル化支援
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 新年の御挨拶 −設立12年目になりました−
  • 新年おめでとうございます
  • 妊娠前の風疹抗体検査
  • ハワイでの卵子提供プログラム
  • 着床前診断について
  • エッグドナーボランティア募集
  • 大渕弁護士、出産で涙止まらず「本当に嬉しくて、感動」
  • 西村知美、不妊で悩んでいたとき相田みつを氏の言葉に出会い救われた…
  • 卵子を使わずに新生児マウス誕生? 英国とドイツの研究
  • メディブリッジのサポート体制
  • 弊社の着床前診断プログラム
  • 3Dプリンターで作った卵巣でマウスが妊娠!
QRコード
QRコード