medibridges

代理出産・卵子提供コーディネーターブログ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断、アジア・ヨーロッパでの代理出産を提供しているコーディネーターのブログ。

男性不妊

26

精液検査で分かること

みなさんこんにちは。
5月25日は生活情報紙『リビング新聞』が2009年に制定した、「主婦(主夫)休みの日」!
読者へのアンケートで日頃家事を主に担当している主婦(主夫)がリフレッシュをする日を制定したとのことです。
今回お休みが取れなかったかたも、次回9月25日には、ゆっくりされてみてはどうでしょうか。

精液検査_健康

さて、本日は精液検査についてお話したいと思います。
男性不妊の検査の中で、精液検査は最も重要な検査です。
精液検査では次の項目を調査します:

1.精液の量
採取された精液の総量を測定します。
通常1回の射精で2cc以上が普通とされています。
ただ、精液の量は同じ人でも体調によって異なる事があります。

2.精子の数 (濃度)
正常な人は精液1cc中に精子が4,000万個以上いるのが普通と言われています。
ただ、こちらも体の状態などで精子の数(濃度)が変化します。

3.運動率
元気に運動している精子がどれくらいいるかを調べます。
精子の受精能力を一番表しているのが運動率と言われており、通常60%以上あれば正常と考えられます。
運動率が極端に低い場合は、精子無力症と診断されます。

4.奇形率
精液中に奇形精子が何パーセントいるかを調べます。
奇形精子の多くは受精能力がないといわれているので、奇形率が高い場合、不妊の原因になります。
奇形精子の頻度が高い場合は奇形精子症と呼ばれます。

5.精液のPH
精液の酸性度を調べます。
通常中性よりアルカリ性に傾いており、PH 7.2から7.8の間にあります。
乏精子症、無精子症の場合は酸性に傾くこともあります。 

男性の場合、女性と比べて積極的に行動に移す人が少ないようです。
しかし不妊の原因の3分の1近い割合を男性不妊が占めると言われており、精液検査は大切でな検査です。
健康な生活をこころがけ、ご夫婦協力して不妊治療に取り組む姿勢が大切ではないでしょうか。
28

精子を見つける人工知能(AI)!?

今日からゴールデンウィークに突入された方も多いことと存じます。
天気のいいゴールデンウィークになりそうですね。

ゴールデンウィーク

さて、人工知能(AI)を使って精子を見つける支援システムの情報がございましたので、ご紹介させて頂きます。

男性の不妊治療で、人工知能(AI)を使って精子を見つける支援システムを開発したと、横浜市立大と横浜国立大のチームが、京都市で19日から始まる日本泌尿器科学会で発表する。
体外受精が増えるなか、培養士の負担を軽減し、精子の見落とし防止につながる可能性があるという。

不妊の原因の半数は男性が関係するとされている。
このうち、精液中に精子がない「無精子症」の場合、医師が精巣にメスを入れ、取り出した組織のなかから、培養士が精子を探し出す必要がある。
精子が見つかりにくい場合は、2〜3人がかりで数時間、探し続けることもあるという。

横浜市立大付属市民総合医療センターを受診した患者の同意を得て、精巣組織に含まれる精子や白血球などが混在する顕微鏡映像を利用。
培養士が精子約8千個、白血球など約2万5千個に分類した後、機械学習などが専門の横浜国立大の濱上知樹教授と大学院生の佐々木勇人さんらがAIに学習させた。

その結果、AIが精子とそれ以外の細胞を見分け、精子の可能性のある場所を囲んで知らせるシステムの開発に成功した。
精子の見落としを極力避けるため、精子と形が似た細胞もある程度、検出するように設計。
精度を上げると、ほかの細胞が混じる割合も高くなるため、たとえば「精子を99%見落とさない」と設定すると、AIが示したうち、約半分はほかの細胞も入り込むという。
この情報をもとに、培養士が治療に使う精子を決定する。

同センターの湯村寧・生殖医療センター部長(泌尿器科)は「このシステムが医療現場で使えるようになれば、時間がかかる培養士の作業の手助けとなる」と話す。

早く臨床現場に導入されることを願うばかりですね。

3

育毛剤が精子を減らす!?

今日は節分ですね。
年齢分の豆を食べたら、夕飯は食べられそうにありません。。。

節分


さて、今日は育毛剤と不妊の関係についてお話をしたいと思います。
男性の脱毛症に効果がある育毛剤の一部には、妊活に悪影響が出るものがあるそうです!
問題になっているのは「プロペシア」(一般名:フィナステリド)と「アボルブ」で、もともとは前立腺肥大の治療薬として使われていました。
これらは、体内の男性ホルモンを抑えることで脱毛を改善する効果があると言われておりますが、男性ホルモンを抑えるということは男性機能も抑えることになってしまいますから、妊活に影響が出てしまいます。
そして、前立腺に作用して、精液も減少します。

そのため、これらを使用することで、性欲減退、勃起不全(ED)、精液減少、もしくは精子数の減少が報告されています。
また、これらは不妊症男性の精子(精液)に悪影響を及ぼすのみならず、精子のDNAにダメージを与えることも示唆されています。

そのため、プロペシアやアボルブ使用をされている方は、精液所見が正常でも精子DNAダメージは存在することを認識のうえ、より詳しい検査を(DNA fragmentatin index、DFIテストなど)行うといいかもしれません。

さらに注目すべき点は、以前は、これらの使用を中止したら、数ヶ月で精子の質や数も戻るといわれていましたが、数年経過してもまだ妊娠力が戻らずに精子への影響が消えていないという方もいるようです。

治療のために必要と言われれば使用せざるを得ないこともあると思います。
しかし妊活中の男性は、医師とよくご相談の上、ご使用されることをお勧め致します。

18

鎮痛剤で男性不妊?

久しぶりに暖かい今日の東京ですが、週末からはまた寒波との予報。
エアコン温度を高めに設定して、ぬくぬく感を楽しもうと思います。

first-sign-of-spring

さて、男性の皆様に警鐘です。
現在日本でも、鎮痛剤として広く使用されている成分に、男性の生殖機能を低下させるものがあるという研究結果は発表されました。

「イブブロフェン」という成分名を耳にした事はどなたにもあると思います。
鎮痛剤として広く使用されている成分で、可愛らしい女優さんに狙い撃ちされてしまったり、美しい女優さんに「いいんじゃない?」と誘われれてしまうお薬にも含まれています。

デンマークとフランスの研究者らが行った、世界各国の鎮痛剤成分が体に与える影響を調べる研究によって明らかになりました。

イブプロフェンを服用した男性は、たった2週間で睾丸等からのテストステロン分泌を抑制され、内分泌系の乱れが起こり、性腺機能を低下させたとしています。被験者は男性更年期のようなホルモン状態になってしまい、そのホルモン状態は心血管系疾患のリスクをも上昇させるものです。

一時的な使用によって引き起こされた状態は、服用を中止すれば元に戻るであろうとしていますが、継続使用となると、将来の健康リスクも含め注意が必要だとしています。

成人男性における試験に先立ち、妊婦における鎮痛剤使用の影響を調べる試験が行われたとの事。その結果、実は同成分を含む代表的な鎮痛成分3種(イブプロフェン、アセトアミノフェン、アスピリン)全てが、男の胎児の睾丸に影響を与えたことが判明したといたため、成人男性の調査に踏み切ったというのが驚きです。妊娠していない女性における使用の影響は分かりませんが、妊婦さんにも注意が必要という事。

痛みはつらいもの。
例えば酷い変頭痛等を抱えている人にとって、鎮痛剤はQuolity Of Lifeー生活の質の面からも欠かせないものです。
不妊治療中に限らず、自分の状態、将来等も見すえ、使用するリスクとベネフィットを良く勘案し、賢くお薬と付き合わなければなりませんね。


11

ピロリ菌を撃退すべし!

なんだかすでに花粉の影を感じている今日この頃です。
インフルエンザ、胃腸炎、さらには花粉の脅威に怯える日々です。

スキー


ピロリ菌とは、胃の粘膜に生息している菌で、胃潰瘍や胃癌の原因として知られています。
ピロリ菌は不妊症の原因にも関連している可能性があると言われています。
ピロリ感染した女性の頸管粘液は、精子の運動性を阻害させ、さらに、卵子と精子の融合を阻害する(受精障害)とも言われています。
実際に、血中のピロリ菌抗体検査で、女性不妊の約45%がピロリ菌抗体陽性であったというデータでありました。
血中のピロリ菌抗体検査で陽性だった女性の全例が卵胞液のピロリ菌抗体検査でも陽性だったとされています。
さらには、ピロリ菌は妊娠成立後も悪影響を及ぼすとされています。
妊娠高血圧腎症のリスクが高まるという報告や、ピロリ菌と重症妊娠悪粗(長引く重傷なつわり)との関連も有名な話です。

また、ピロリ菌の影響は女性ばかりではありません。
ピロリ感染した男性の精子運動率、生存率、正常な形状の精子数し、男性因子の原因となるなどと言われています。
こちらも実際に、不妊男性の約51%にピロリ菌抗体陽性が確認されたというデータがありました。

不妊治療中の方、これから妊娠を希望されておられる方は、ピロリ菌を含めたご自身の健康診断をお受けていただくことが重要です。
ピロリ菌が見つかったらまずは除菌をしましょう。
ご自身の健康あっての不妊治療、妊娠、そして出産であるために、ぜひともご注意ください。

記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2018 MediBridge Inc. All Rights Reserved
 

6

不妊の原因は卵子の老化だと決めつけていませんか?

インフルエンザが猛威をふるっていますね。
みなさん、お気を付け下さい!

七草

さて、多くの方は、不妊の原因は卵子の老化だと決めつけていませんか?
しかし実際は男性側に要因があることも決して少なくありません。
不妊の原因が女性要因であると考えられがちな、1つの大きな要因は卵子の老化が取りざたされることが多いからだと思います。
精子は毎日作られているのに対し、卵子は新たに作られることはないということは、精子と卵子の大きな違いだと思います。
つまり、女性が20歳の時に排卵する卵子は、その卵子もまた20歳であり、40歳の時に排卵する卵子は、その卵子もまた40歳だということです。
当然に、年を取れば卵子も老化し、妊娠率低下、奇形率増加、流産率増加につながっていきます。
これは1つの確固たる事実です。

一方、精子は一般に、精巣で毎日1000万個前後新たに作られていると言われています。
毎日新しく産生されるし、精液検査の所見に問題が無いと言って安心していませんか?

顕微授精においてよく知られていることですが、意外にご存じない方が多いのが、受精卵の分割過程における精子の影響です。
受精卵は受精後3日目までは卵子の影響が大きいと言われています。
しかし、それ以降は卵子・精子の両方が関与していると言われているのです。

精液検査に問題が無いからと、安心はできないのです。
精液検査の基準値はあくまでも「基準」であり、「妊娠できる値」を示しているわけではありません。
単純に精子の濃度、量、形や動きを検査している検査であり、遺伝子的異常の有無などがわかるわけではありません。

なかなか胚盤胞にならないなどと悩まれている方もいらっしゃいますが、場合には精子の要因を視野に主治医と相談されてもいいかも知れません。

また、禁欲期間についても、勘違いされやすことが多々あるように思います。
いまだ、精子は溜めた方が良いとお考えの方もいらっしゃいますが、長期間の禁欲期間は、よくないということが明らかになってきました。
禁欲期間が延長すると、精巣で新たに精子が作られず、さらに古い精子は活性酸素を酸性し、良好な精子の状態を悪化させると言われています。
それでは理想的な禁欲期間は男性の禁欲期間は2日から7日が妥当だとしています。
さらには2-4日が理想的だとする研究結果も散見されます。
採精の際には、2-4週間前程から、調整されるとよろしかも知れません。

不妊の原因を女性側だと決めつけてしまわず、いろんな原因を考えていくといいのかも知れませんね。
19

活性酸素は精子の天敵!?

今週末はいよいよクリスマスですね。
皆さんはご予定が決まっておりますか?


クリスマス 犬

さて、酸化ストレスが精子に悪影響を与えるということは聞いたことがあるでしょうか?
多くの研究で、精子が活性酸素に弱いという発表がされております。
活性酸素は紫外線、放射線、喫煙、食習慣、さらには大きな精神的、身体的ストレスなどによって発生すると言われています。
男性不妊患者の精液中には、活性酸素の量が多く酸化ストレスが高いことが多く、この活性酸素の増加が、精子の運動率や機能を低下させたり、精子のDNAを損傷手いるそうです。
さらには、精子をつくる機能や受精能力の低下にも関与していると言われております。

精子の劣化を防止するためには、抗酸化物質を多く摂取することが重要であることが明らかになってきています。
そこで、抗酸化サプリを摂取することが推奨されております。
抗酸化サプリメントを摂取することで、3ヵ月以内に精子運動性能が優位に上昇したという研究結果も見られています。
主にビタミンE、ビタミンC、カロテノイド、ユビキノール(COQ10)、葉酸、亜鉛、クリプトキサンチン、リコぺン、β−カロテンなどの摂取が抗酸化サプリメントとして効果が見込まれているとされています。
女性の卵子の質ばかりに目が行きがちですが、精子の質も重要ですね!

28

精液検査について

こんにちは。
本日は精液検査についてお話したいと思います。

sperm


不妊治療というとどうしても女性側ばかりがクローズアップされがちな気がしますが、不妊の原因の4割は男性側にもあると言われています。

男性は、射精ができていれば精子があると思われる方が多いのですが、受精が可能な状態かどうかは、精子の量や運動率、奇形率などの検査を行わないと分かりません。
数値が十分でないと、射精できているとしても、精子は卵子に到達できず、受精には至りません。

通常精液検査では以下の項目について調べます:

1.精液量
採取された精液の総量を測定します。
通常1回の射精で2cc以上が望ましいとされています。

2.精子数 (濃度
正常な人は精液1cc中に精子が2,000万個以上、総合精子数で4,000万個と言われています。
ただし、体の状態などで精子の数(濃度)が変化します。

3.運動率
精子の受精能力を一番表しているのが運動率と言われており、通常50%以上、高速直進運動率が25%あれば正常と考えられます。
運動率が極端に低い場合、精子無力症と診断されます。

4.奇形率
精液中に奇形精子が何パーセントいるかを調べます。
奇形精子の多くは受精能力がないといわれているので、奇形率が高い場合、不妊の原因になります。
奇形精子の頻度が高い場合は奇形精子症と呼ばれます。

精液の状態は体調やストレスにより日々変化します。
女性の検査に比べるとはるかに簡単な検査で、また痛みを伴う事もありません。
不妊治療は女性任せにせず、ご夫婦の問題として捉え、男性にも積極的に参加して欲しいですね。

21

精子の老化

皆さん、こんにちは。
本日は、精子の老化についてお話しさせていただきます。

aging

女性は年齢を重ねるほど卵子が老化して妊娠しづらくなるといわれますが、実は男性にも同じことがいえます。男性は高齢になっても射精できるので無関係と思われがちですが、男性の精子も老化・劣化することがわかっているのです。

精子の老化・劣化が始まる年齢には個人差がありますが、35〜40歳頃から始まると言われております。一般的に、女性の卵子は35歳頃を境に老化が進むといわれているので、同じ時期に起こるといえます。
高齢男性の精子には多くの損傷が見られ、それが妊娠の起こりにくさや流産につながるとも解っています。

日本では未だに女性の不妊原因ばかり、指摘されることが多いように感じ不妊治療に消極的な男性も多いかと思います。男性にも治療には積極的に参加して頂くとともに、もっと治療に取り組めやすい環境が増えていくと良いですね。

4

日焼け止めは精子を減らす!?

こんにちは。
暑い日が続き、そろそろエアコンが必要な時期になってきました。
熱中症には気を付けましょう!
さわやか

読売新聞に、興味深い記事がありました。
なんと、日焼け止めが精子を減らす可能性があるというのです。
日焼け止めの外用剤(クリーム、ローション)の中には、紫外線を皮膚へ通さなくする成分(UVフィルター)が入っています。
アメリカとヨーロッパで承認されている29種類のUVフィルターを調査したところ、おおよそ半分のUVフィルターが精子の機能障害を起こすことがわかりました。
UVフィルターは、皮膚から吸収され、血流に乗って全身に回ります。アメリカ、スペイン、フランス、デンマークの研究では、テストされた95%の被験者の尿中からUVフィルターの成分が検出されたのです。
UVフィルターが体の中で何をするのかというと、それはプロゲステロンという女性ホルモンと同様の働きをしてしまうのです。偽の“プロゲステロン”として働くUVフィルターは、人の精子の機能に影響を及ぼします。
プロゲステロンは女性ホルモンですが、男性の体内でも作られます。精子の成熟や卵の受精に働きます。また、女性の卵に精子が向かう時の目印にもなりますし、卵にたどり着いた時にそのバリアを突き破る際にも働くことがわかっています。
このようにプロゲステロンは精子や受精に重要な働きをしているのですが、偽の“プロゲステロン”として働くUVフィルターは、精子の周囲のカルシウムイオン濃度を変化させることにより、精子の働きの邪魔をするというのです。
結果は、現時点では実験室の細胞実験の結果でしかありませんが、人の体でも起こりうる可能性が指摘されています。
ここ50年、世界的に妊娠率は低下していることが知られています。原因として、様々な化学物質、内分泌かく乱物質が指摘されていますが、日焼け止めもその可能性があるとは驚きです。
だからと言って、日焼け止めを塗らないで皮膚がんになってしまったら、元も子もありません。研究者は日焼け止めの適切な使用を勧めていましたが、「できる限り、日が出ている時は外出を控え、外出しなければいけない時には帽子や服などでできる限り肌を隠すこと」とも語っていました。肌を焼いてもダメ、日焼け止めを塗ってもダメ、と言ったら何にもできなくて困ってしまいますよね。
様々な環境因子やライフスタイルが精子や卵子に影響を及ぼし、不妊症の原因になり得ることが指摘されています。例えば、たばこや肥満、過度のアルコールは不妊症の原因になり得ます。また、日々の生活で使用している様々なものに含まれている化学物質も、何らかの影響を及ぼすことが徐々にわかってきています。

驚く研究が日々どこかで行われているのですね。
使用する日焼け止めもしっかり選んで使用しましょう。
記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2017 MediBridge Inc. All Rights Reserved
 
プロフィール

メディブリッジ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断プログラム、アジア・ヨーロッパでの代理出産をご提供しております。
このブログで不妊治療現場、世界の医療、弊社メディブリッジの思いなどなどなどあらゆる事をお伝えして参ります。

記事検索
ミッション
MediBridgeのミッション
  1. 1. 日本の医療制度で救われない日本人患者のサポート
  2. 2. 途上国の雇用促進
  3. 3. 医療のグローバル化支援
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 新年の御挨拶 −設立12年目になりました−
  • 新年おめでとうございます
  • 妊娠前の風疹抗体検査
  • ハワイでの卵子提供プログラム
  • 着床前診断について
  • エッグドナーボランティア募集
  • 大渕弁護士、出産で涙止まらず「本当に嬉しくて、感動」
  • 西村知美、不妊で悩んでいたとき相田みつを氏の言葉に出会い救われた…
  • 卵子を使わずに新生児マウス誕生? 英国とドイツの研究
  • メディブリッジのサポート体制
  • 弊社の着床前診断プログラム
  • 3Dプリンターで作った卵巣でマウスが妊娠!
QRコード
QRコード