medibridges

代理出産・卵子提供コーディネーターブログ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断、アジア・ヨーロッパでの代理出産を提供しているコーディネーターのブログ。

世界の医療

18

ゲノム編集

こんにちは。今日の東京は快晴。初夏が感じられる気温で過ごしやすい一日になりそうです。

ゲノム編集

昨年の秋ごろ、中国においてゲノム編集を経て赤ちゃんが生まれています。この赤ちゃんの父親はHIVに罹患していて、生まれてくる子にHIV耐性を持たせるためにゲノム編集を決断したそうですが、人の受精卵をゲノム編集して挙児にいたった初めての事案であったので、研究者への激しい非難が起きました。

ゲノム編集では、ゲノムの特定部位で外因性の遺伝子を追加・挿入、遺伝子変異を修正、削除します。つまり、異常がある遺伝子や標的とした遺伝子を修復したり排除、標的とした遺伝子や導入された遺伝子の発現を制御したりします。

中国では人の受精卵のゲノム編集は明確に禁止されていませんでしたが、今回の研究は中国の法、規則、倫理的基準を深刻に違反していると中国政府は指摘して研究中止を命じています。

中国と同様に、日本でもゲノム編集に関する法規制はないのですが、このたび、日本政府は法整備の審議を開始したと昨日報道がありました。

“遺伝子を効率良く改変する「ゲノム編集」技術を人の受精卵に使い、子宮に戻したり子どもを誕生させたりすることについて、政府の生命倫理専門調査会部会は15日、法規制を検討する必要があるとの見解を大筋でまとめた。22日の調査会を経て、厚生労働省を中心に具体的な検討を始め、今秋ごろ報告をまとめる。
 政府は今月施行の指針で、不妊治療に関する基礎研究に限って受精卵のゲノム編集を容認。現在の技術では生まれる子に健康上の問題が生じる恐れなどがあるとして、子宮に戻すことは禁じているものの、法律の議論は進んでいなかった。中国の研究者が昨秋、受精卵にゲノム編集を行って双子を誕生させ、国際的な批判が強まって世界保健機関(WHO)が国際ルールの検討を始めたことから、法規制に傾いた。” https://www.jiji.com/jc/article?k=2019041500539&g=soc

中国で挙児にいたったケースは、ゲノム編集した受精卵の移植を経て無事出産に至っています。しかし、理論上やデータ上は正しくとも、技術は100%ではなく、試行錯誤を経なければならないはず。
まして生まれてきた子供が編集した通りの耐性を備えているかは、子供が大きくならないとわからないはずです。
試みが失敗した時、農作物等であればその失敗さえ貴重なデータであり、次に生かすと考えれば済みますが、赤ちゃんだとしたら…。
生まれてきた子供のことを考えると、最低限、社会的に納得・許容できる環境とルールを整えたうえで、技術開発の研究を進める必要があるのではないかと思うのです。

このような報道や、デザイナーズベイビーなどという呼び方で、ご夫妻が理想とする容姿、学歴などを追及するかの如き卵子提供があるという情報に触れると、ふと、弊社メディブリッジの卵子提供プログラムの将来について考えてしまいます。

メディブリッジの卵子提供プログラムでは、レシピアントご夫妻の依頼によって、ご夫妻の為にお一人のドナーの方が海外に15〜16日滞在し、毎日自己注射をしながら採卵に臨んでくださいます。ドナーの方とご夫妻はお顔を合わせる事も、お話をすることもありません。お互いにお名前も連絡先も知らされていないのです。

それでも、ご夫妻はドナーの方の体を心配され、ドナーの方はご夫妻の為にと、食事に気を遣い、ご夫妻の幸せを祈るのです。我々を介して、ずっと、メールはお手紙のやり取りをしておられる方々もおられます。
ドナーの方は命と心の両方を、ご夫妻にもたらしていると感じます。
ご夫妻は命と心を受け取って、ドナーの方の気持の分も、生まれたお子さんへの愛情を注いでいるように見受けられます。

卵子提供の世界にゲノム編集が入り込んできたら、ドナーの方々は遺伝子ドナーとなってしまうのでしょうか? そう想像すると、少し恐ろしく、とても虚しいです。

私たちは 心を贈るプログラムを続けていきたいです。

プログラムに関することなど是非お気軽に以下よりお問い合わせください。

2

代理母は61歳

こんにちは!
昨日は新元号が発表されるのを、テレビの前に座り込んで待っておりました。
  「令和」 
あと1か月あればきっと見慣れることでしょう!

さて本日、米国で男性同士のカップルにお子様が誕生したとの報道がありました。
生まれたのは女児で、出産したのはカップルのお母様です。

61際で出産

つまり、今回妊娠・出産に臨んだのは、出生した赤ちゃんの祖母にあたる方ということになり、ご年齢はなんと61歳。

このカップルは子供を望むなら、特別な方法に頼るしかないと考えていたとのこと。
カップルの願いを叶える為に手を差し伸べたのは、家族でした。

卵子はカップルのお一人の妹さんから提供を受け、精子はカップルの他方のものを使用し、受精卵を作成しました。
妊娠、出産は、精子を使用した方のお母様が協力。
出生した赤ちゃんにとっては、お父さんの母さん、おばあ様が産んでくれた。という事になります。

61歳になる母親は手放しで協力した訳ではなく、協力できるものならしたいけれど、身体的に「出産は不可能」とドクターに言って欲しいという複雑な気持ちもあったようです。しかし、そんな想いと裏腹に「できない理由が見つからない」とのドクターの診断を得て、母親も覚悟を決め、出産に耐えられる体作りに励んだとのことです。

カップルは第3者による代理出産なども検討したものの、経済的な負担が莫大であったことから、今回の方法を取ったそうです。

アメリカの医療費が高額である事はよく知られています。出産費用に関しても例外ではなく、加入している保険にもよるものの、ハワイの現地スタッフの話によれば、保険に加入していない日本の健康な20代の女性がハワイで双子を出産した際にかかった費用は、特別な治療は不要であったにも関わらず、2千万円程度であったとのことでした。出生時に新生児集中治療室に入るなどの特別な治療を必要とした場合には、日に100万円単位での治療費がかかるとの話もあります。
卵子提供は依頼者自身が出産しますが、代理出産は実施国の代理母が出産するプログラムです。妊婦、胎児、出産後に代理母、新生児に必要な治療費は全て、依頼者夫妻の負担になります。
プログラムを選ぶうえで、実施国の医療費は慎重に見極める必要がある、重要な要素です。


弊社メディブリッジの代理出産プログラムは主にウクライナで行っています。
日本ではあまり知られていないウクライナの医療事情ですが、さすがはヨーロッパの1国。
通常の出産、想定の範囲の新生児救急救命であれば、技術水準は遜色はない上に、医療費も米国ほど高額にはなりません。ハイスタンダードの良い例です。
※特殊な高度先進医療となると、各国に得意分野がありますので(例:日本の受精卵作成技術等)、全てが同水準とは言えません。

ウクライナでの代理出産を実現するには、国が定める厳しい適応条件を充たさなければならないというハードルはあるものの、代理母出産が合法化されている数少ない国の1つです。
経験豊富な弊社スタッフがご夫妻を丁寧にサポート致しますので、安心してプログラムを進めることができます。

弊社の代理出産プログラムをご検討の方は是非下記よりお問い合わせください。

7

Y染色体は絶滅してしまうのか!?

こんにちは。
数日前の暑さがウソのように今日は涼しいですね!!

先日、とある番組でY染色体がいずれ絶滅するということを耳にしました。
とても興味深いので調べてみました。

【2月23日 AFP】男性という性を決定づけるY染色体が小さくなり続けているため、やがて男性は絶滅するという説があるが、この説は誤っていると結論付けた遺伝子研究が、22日の英科学誌ネイチャー(Nature)に発表された。

「男性絶滅説」は、男性染色体(Y染色体)が劇的に縮小したという事実を科学者らが発見した約10年前に注目を集めるようになった。数億年前のY染色体は1400個以上の遺伝子が乗る巨大サイズだったが、今や遺伝子が数十個程度しか乗らない極小サイズになってしまったという。そのため、Y染色体はいずれ消滅すると一部で叫ばれるようになった。

 男性絶滅説を唱える学者は、Y染色体を失った人類は、げっ歯類のキイロモグラレミングのような末路をたどると考えている。このほ乳類は、Y染色体が進化的圧力を受けると2つの種に分化したが、このうちの1種はY染色体を持っていない。その子孫の性別がどのように決定されているのかは謎だ。

 最悪のシナリオに沿えば、人工的な方法で男性という性の窮地を救わないと、男性は絶滅してしまう。絶滅は500万年後だと言う学者もいれば、わずか12万5000年先だと言う学者もいる。

■Y染色体は安定している

 しかし、米マサチューセッツ工科大(
Massachusetts Institute of TechnologyMIT)ホワイトヘッド生物医学研究所(Whitehead Institute for Biomedical Research)などの研究チームは今回、Y染色体の縮小は太古に起こったことであり、以来Y染色体は驚くほど安定しているとする論文を発表した。

 人類とチンパンジーから約2500万年前に枝分かれしたアカゲザルと人間のY染色体を比較したところ、枝分かれ後に失った祖先遺伝子の数はアカゲザルが0個、人間が1個だった。なお、1個は全染色体のわずか3%にしか相当しない。これは「Y染色体は消滅しない」ことを明確に示しているという。

 10年前から「衰えつつあるY染色体」説と戦ってきたという同研究所のデビッド・ページ(David Page)氏は次のように説明する。X染色体とY染色体は、性染色体に特化する前は基本的に普通の染色体であり、互いに遺伝子情報を交換(クロスオーバー)して有害な変異を取り除き、遺伝子プールを広く保っていた。だがこのXY間でのクロスオーバーが行われなくなると、Y染色体は直ちに不要な遺伝子をそぎ落としていき、今のような安定した状態になったという。(c)AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/2860023(AFP BB NEWSより引用です)

卵子提供では精子の状態がとても重要です。
今後の記事に注目ですね。


記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2018 MediBridge Inc. All Rights Reserved

 
23

丸岡いずみさんが代理母出産で第1子を授かる

東京は大雪でしたが、みなさんはお怪我されておりませんか?

東京大雪

さて、フリーアナウンサーの丸岡いずみさんが代理母出産で第1子を授かったニュースを目にされた方も多いのではないでしょうか?
2012年に有村昆さんとご結婚され、2度の流産を経験し、代理出産を決意したとインタビューで語っておられました。

本日は、弊社メディブリッジにてご案内させていただいております、代理出産プログラムについてご紹介させていただきます。

代理出産プログラムの流れ

現在日本では、代理出産は残念ながらほとんどの病院で行われていない状況になっております。
※日本の法律自体の規制はありません
しかし、海外では代理出産は不妊治療の1つと考えられており、患者様の状態によっては有効な治療法と言えます。
日本国内でも代理出産を希望する患者様は少なくありません。

弊社メディブリッジでは「子宮に問題があるために、長年赤ちゃんを持つ夢をあきらめていた」、「ずっと子宮の機能がないために苦しんでいた」、「妊娠、出産が危険だと医師に言われ、悩んでいる」といったお問い合わせを多くいただきます。

代理出産プログラムはどなたでもお受けいただけるプログラムではなく、本人による妊娠継続や分娩が医学上危険、不可能であると診断された方に限ります。

<代理出産プログラムの主な適応症>
○子宮が摘出されている場合(子宮体癌等の治療のため)
○子宮欠損症(ロキタンスキー症候群)や子宮奇形などの場合
○着床、妊娠継続、出産に際し重篤な子宮の問題がある場合
○妊娠継続、分娩が医学上危険であると診断された場合

メディブリッジでは海外の高度医療施設と提携し、クライアント様に安心して、なるべくご負担の少ない金額で、代理出産という高度な医療プログラムをご案内させていただいております。
ぜひ一度、弊社にご相談ください。

記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2017 MediBridge Inc. All Rights Reserved
 

27

人工子宮で羊が発育!


こんにちは。ゴールデンウィークをまじかに控え、本日は少し冷えますね。

「羊 画像」の画像検索結果

昨日のニュースですが、大変素晴らしい発表がありました。実験の段階という事ではありますが、超未熟児の羊を人工子宮で育て、正常に発育させることが出来たというニュースです。

超未熟児向け人工子宮、ヒツジ胎児が正常発育 米研究

透明な液体で満たされた人工子宮で、ヒツジの胎児を正常に発育させる実験に成功したとの研究論文が25日、発表された。超未熟児の死亡や生涯にわたる身体障害を回避する助けになる可能性のある成果だという。

中略

現在、妊娠期間が40週ではなく22〜23週程度で生まれる新生児は、生存率が50%で、生存した場合でも90%の確率で重度の長期的な健康問題が発生するとされている。
子宮内の生活を再現する今回の最新システムは、人への使用が承認されれば、これらの確率を大幅に改善するかもしれない。
研究チームは米食品医薬品局(FDA)と協力して、人への臨床試験の準備を進めており、3年以内に開始できる可能性があるという。


記事を見ていただくと、実際の人工子宮の写真も載っています。子宮と同様に真っ暗な環境で、壁が赤くて、など想像していましたが、ビニールの袋が子宮として機能しているということに大変驚きました。透明なため、胎児が瞬きしたりするところも確認出来たそうです。
いつか、人工子宮を使って生命が一から誕生するということが起こり得るかはわかりませんが、安全性が確認され、超未熟児のお子様が実際のお母さんのおなかの中にいるのと同じように発育できる様になれば、とても素晴らしいと思います。実用化できるまでに数年と予想されているそうなので、今からワクワクしますね。

28

ミトコンドリア交換で新たに赤ちゃんが誕生


こんにちは。周囲でインフルエンザが猛威を振るっています。皆さんは大丈夫でしょうか?

「新生児」の画像検索結果

さて、ウクライナにて3人の遺伝子を受けつぐ赤ちゃんが誕生したというニュースが発表されました。

3人の遺伝子をもつ赤ちゃん、ウクライナでも 不妊治療で


3人の遺伝子を受け継ぐ体外受精の技術を使った不妊治療で、子どもが生まれたことがわかった。ウクライナの不妊治療クリニックの医師が18日、複数のメディアに明らかにした。

 不妊治療の目的で技術が使われ、子どもが生まれたのは初めてという。

 英科学誌「ニューサイエンティスト」によると、15年以上不妊治療をしても妊娠しなかった34歳の妻の卵子と夫の精子を体外受精させた。この受精卵の核を、あらかじめ核を除いた、第三者の女性の卵子から作った受精卵に移植。妻の子宮に戻し、今月5日に女児が生まれたという。核DNAは両親から、細胞質に含まれるミトコンドリアDNAは提供者の女性から受け継がれたことになる。この技術が細胞質の異常で起こる受精卵の発育不全に対する治療になるとしている。

遺伝子疾患治療を目的(女性側がミトコンドリア病)としてミトコンドリア交換を行ったケースでは、昨年4月に男児が誕生したというニュースが話題になりましたが、今回は不妊治療目的(受精卵の分割が止まってしまい、移植まで進まない)でのミトコンドリア交換だったそうです。不妊治療を目的としたミトコンドリア交換で児が誕生したのは初めてのケースです。

この治療はウクライナのナディヤ クリニックで行われました。これからもうお一人、不妊治療目的でミトコンドリア交換を行った方の出産を控えているとのことで、また近々ウクライナから新たなニュースが発表されそうです。
まだ新しい技術で、生まれてくる児へ何か影響があるのかどうか等、不明確なことが多い状況ではありますが、これから注目されるべき技術ですよね。

記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2017 MediBridge Inc. All Rights Reserved
 


20

マレーシアでの卵子提供プログラム

こんにちは。昨日から激しい雨模様の東京です。

モスク, マレーシア, 空, に散在の雲, ブルーモスク, 旅行するには

さて、本日は卵子提供プログラムの提供国の一つ、マレーシアについて書かせて頂きたいと思います。マレーシアってどんな国?と思われる方、ぜひ読んでみてください。

国全体が赤道に近く熱帯雨林気候に属しているマレーシアは、一年を通じて常夏の気候ですが、年間の平均気温は27〜28℃、最高気温も34℃程度で、「日本の夏よりも過ごしやすい」との声も聞かれます。特に、本日の東京は37℃まで気温が上がるとの予報でしたので、間違いなくマレーシアの方が涼しいことになります。

マレーシアでは年間を通じてスコールがあり、また雨季と乾季が交互にありますが、雨季でも日本の梅雨とは違い一日中雨が降り続くことはなく、むしろ雨のあとは気温が低下することで過ごしやすくなります。

ホテルやレストラン、ショッピングモールなどの屋内では冷房が効きすぎている場合が多いので、薄手の上着は忘れずにお持ちくださいね。ちなみにこのショッピングモール、クアラルンプールでは多数の大きなモールがよくみられます。中にはマレーシアブランドはもちろんの事、海外ブランドや日本のユニクロや、吉野家、はなまるうどん等、日本から進出しているショップも多数見かけられます。

さらに、マレーシアは多民族国家。マレー系・中国系・インド系、そして多数の部族に分けられる先住民族で構成されています。それぞれの民族が持つ宗教、生活習慣の融合に加え、かつてイギリスの植民地だったこともあり、独特な文化がマレーシアの大きな魅力を創り出しています。国教はイスラム教ですが、民族により信仰する宗教・暦がわかれているため、お正月がなんと4回もあるんですよ!

マレーシアでは医療観光に力を入れており、高水準の医療技術や医療機器を取り入れていることから、海外の方も多く治療に訪れています。恵まれた自然の中で観光やショッピングを楽しみながら、ゆったりと治療を受けられてみてはいかがでしょうか。
マレーシアでの卵子提供プログラムをご検討中の方は、ぜひ一度、弊社までお問い合わせください。

記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2016 MediBridge Inc. All Rights Reserved

24

マレーシアにて「妊娠」についての講義


こんにちは!本日も薄っすら汗ばむお天気の東京です。

「マレーシア 写真」の画像検索結果

先日、マレーシアの医師による「妊娠」についての講演が行われたのですが、その中でお話があった「妊娠において重要なこと」についてのご紹介をさせて頂きます。

この講演は、不妊治療に関わらず、妊娠を達成するために重要な事とは何かという内容で進められていきました。先生は、妊娠を達成するために重要なことの第1位、および第2位について、重点的にお話をされていました。一般に知れていることではあるかと思いますが、折角その場にいさせていただいたので、皆さまにもその内容をお伝えさえていただきます。

妊娠に1番重要な事

それは「年齢」です。女性がこの世に誕生するときに、一生分の原子卵胞も共に生まれます。そのため、女性の年齢=卵子の年齢になるのです。卵子の老化という言葉が最近ではよく聞かれますが、卵子だけが老化をしているわけではなく、女性の年齢と同じだけ卵子も年を重ねているためであり、卵子の年齢が高くなればなるほど、卵子(および受精卵)に起こり得る染色体異常の確率は高くなっていきます。一般的に、この染色体異常が原因となり着床しなかったり、着床しても流産してしまったりするといわれています。

では、何歳ぐらいまでであれば、一般的に自己卵にて妊娠可能といえるのか。それは閉経から遡って10年前までだそうです。閉経する年齢は人によって違いますが、おおよそ45歳〜55歳の間に閉経が訪れることが平均的なので、つまりは35歳〜45歳までが自己卵での妊娠のリミットと考えられるそうです。これはあくまでも一般的にはというお話なので、35歳を過ぎたら妊娠が不可能なわけではありません。妊娠が難しくなる可能性が高まる、といった意味合いでお話をされていらっしゃいました。

年齢の次に重要な事

妊娠に一番関係することは年齢であるということは、最近はよく知られていることですが、ではその次に重要なものは何になるのでしょうか。それは、「体重」だそうです。
標準体重よりも軽すぎる場合、もしくはその逆であっても、体内のホルモンバランスが崩れてしまい、それが妊娠の妨げに影響をすることが明らかになっており、かつ体重が妊娠に影響をするということはあまり知られていないと、お話しされていました。

年齢の部分について重点的にお話をされていたため、その他の項目についてお話しいただく時間はあまりなかったのですが、質問の時間が設けられていたので、男性についても同様かという質問をさせて頂きました。回答としては、年齢および体重、いずれも男性の精子の質に関係はするが、女性に比べるとその影響は顕著ではないということでした。

また、妊活中や妊娠中のカフェイン摂取を心配される方も多いと思いますが、多少であればカフェインの摂取をしても問題は無いとそうです。しかしながら、コーヒーでいえば1日3杯程度でとどめるべきとのことでした。

マレーシアに出張にて滞在中に、一般の方に向けて妊娠についての講演が行われていたり、不妊治療医院に足を運びやすくなるようなイベントがあったりと、日本と比べて「妊娠」ということに対してもうすこし目が向けられ、かつ治療をしやすい環境であるなと感じました。現在日本では、初産の平均年齢が30.4歳程であるそうです。今後、女性が働きやすい環境が整備されるほど、結婚年齢や初産の年齢が上がってくる事が予想されますが、それに伴い不妊治療の行いやすい環境も整備されることを願っています。

 ハワイ・マレーシアでの卵子提供、日本最大の卵子 バンク、アジア代理出産のパイオニアのMediBridge                    記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ
              
              Copyright:c  2008-2016 MediBridge Inc. All Rights Reserved

                          
21

3Dプリンターで作った卵巣でマウスが妊娠!

こんにちは!
今日はすっかり初夏の陽気です。
ビアガーデンで飲むビールが一際美味しい季節ですね。

3Dプリンター‗卵巣

今日は、立体製品をプリントすることができる3Dプリンターで、マウスの卵巣の作成に成功したというニュースをご紹介します。

3Dプリンター製の卵巣で妊娠・出産、米でマウス実験成功


特定の原因による不妊は今後、治療可能になるかもしれない。3Dプリンターで作成した「人工卵巣」で妊娠・出産、授乳が可能なことが、実験用マウスで確認された。

ノースウェスタン大学フェインバーグ医学部の研究チームが4月1日から開催された米国内分泌学会で発表した研究結果によると、卵巣を摘出したマウスで実施した人工卵巣の移植実験の結果、マウスは妊娠後、問題なく出産した。

研究を主導したモニカ・ラロンダ博士によれば、実験は「最終的には人間の不妊治療に適用することを念頭に置いた」ものであり、チームは「がん治療の副作用や先天的な卵巣機能の障害により低下したホルモン分泌・生殖機能の回復」を目指している。

チームは実験に向け、卵巣にある未成熟細胞(卵母細胞)とホルモン産生細胞のどちらにも利用可能で、卵母細胞の成長や排卵、血管形成が可能な柔軟性を持った多孔質の細胞支持構造を設計した。その結果、3Dプリントにより卵子を作り、ホルモンを分泌し、移植が可能な有機的な卵巣が完成した。この卵巣はマウスの妊娠・出産、授乳、女性ホルモン分泌によるサイクルを可能にしたほか、将来的には複雑な軟組織を置換するための方法の枠組みを提供する可能性がある。

医学研究で検査にマウスが使用されるのは、ヒトとの生理学的な類似性と反応における類似性のためだ。研究者らは今回の人工卵巣は拡大可能な設計であり、将来は卵巣機能が低下した女性の治療につなげることができると見込んでいる。また、移植は成人になってがんを発症、治療を受けた女性たちに加え、米国では250人に1人とされ、不妊のほかホルモン異常による発達障害が起きる可能性が高い小児がんの生存者を対象とする方針だ。

ラロンダ博士は、「がんと診断された患者にとっての最大の懸念は、治療が妊娠の可能性とホルモン系の健康にどのように影響を及ぼすかということだ」と指摘。「我々は、人工卵巣移植の実現によって患者の人生の質を回復させるための新たな方法の開発を進めている」と述べている。

将来的には、人の卵巣にも応用できる可能性があります。
卵巣機能不全などの疾患の女性たちが3Dプリンターで作製した卵巣で妊娠できる日がくるかもしれませんね。


 ハワイ・マレーシアでの卵子提供、日本最大の卵子 バンク、アジア代理出産のパイオニアのMediBridge                    記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ
              
              Copyright:c  2008-2016 MediBridge Inc. All Rights Reserved

                          

20

14年前の受精卵から妊娠!! 卵子セルフバンクという方法

今日は海外からのニュースを。

アルゼンチンで同国の40歳の女性が、昨年、14年前に凍結した受精卵を使って妊娠し、このほど女児を出産したそうです!
すごいですね!!
尚、受精卵の“復活”までに経った時間としてはこれまでで最長だそうです。

卵子セルフバンク


弊社でも卵子セルフバンクプログラムをご提供しており、20代、30代の多くの未婚女性が自身の卵子を元気なうちに保存され、将来結婚した際に、受精させお子様を授かる計画をされております。

もともと、卵子というのは一般に女性が20代の時に最も元気で、30代半ばから活力が低下すると言われています。
近年、『卵子の老化』をよく耳にしますが、卵子が老化する前の有効な手段だと考えられています。

弊社の卵子セルフバンクの特徴は、特に管理費用の安さです。
場所によれば、たった一つの受精卵を管理するのに、1年間に1万円もかかるところがあります。
これですと、20個ほど保存し、10年経てば、200万にもなってしましますよね。
弊社ではこのような大きな費用はかかりませんので、ご安心くださいませ。

女性が更に自由に生きれるよう、卵子セルフバンクを利用するもの良い方法かと思います。


記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2014 MediBridge Inc. All Rights Reserved




プロフィール

メディブリッジ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断プログラム、アジア・ヨーロッパでの代理出産をご提供しております。
このブログで不妊治療現場、世界の医療、弊社メディブリッジの思いなどなどなどあらゆる事をお伝えして参ります。

記事検索
ミッション
MediBridgeのミッション
  1. 1. 日本の医療制度で救われない日本人患者のサポート
  2. 2. 途上国の雇用促進
  3. 3. 医療のグローバル化支援
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 新年の御挨拶 −設立12年目になりました−
  • 新年おめでとうございます
  • 妊娠前の風疹抗体検査
  • ハワイでの卵子提供プログラム
  • 着床前診断について
  • エッグドナーボランティア募集
  • 大渕弁護士、出産で涙止まらず「本当に嬉しくて、感動」
  • 西村知美、不妊で悩んでいたとき相田みつを氏の言葉に出会い救われた…
  • 卵子を使わずに新生児マウス誕生? 英国とドイツの研究
  • メディブリッジのサポート体制
  • 弊社の着床前診断プログラム
  • 3Dプリンターで作った卵巣でマウスが妊娠!
QRコード
QRコード