medibridges

代理出産・卵子提供コーディネーターブログ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断、アジア・ヨーロッパでの代理出産を提供しているコーディネーターのブログ。

不妊の原因

28

下着障害がもたらす影響

本日2018年7月28日(土)は、台風12号接近のため誠に勝手ながら午後5時を持ちまして、スタッフは帰宅致します。
突然のお知らせとなり、大変申し訳ございません。

メールでのご対応は行っておりますので、ご用の方はメールにてお問い合わせくださいませ。
ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。



こんにちは。
関東は強い台風が向かってきておりますので、本日は必要以上の外出は控えましょう!!
Medi_Shitagi

さて、皆さま「下着障害」という言葉を耳にしたことはございますでしょうか?
簡単にいうと、自分の身体に合っていないサイズの下着を着用することで起きる、ボディラインの崩れ、リンパの流れを止めてしまう身体への障害です。

一日中働いて帰宅し、お風呂に入る前に下着を外しますよね?
その際に、ご自身の身体を鏡で確認してみてください。
ブラジャーの跡がついていたり、ショーツのラインが身体についていることはありませんか?

ある方は、要注意です。

その下着、ご自身の身体にはフィットしていないということになります。
特に女性は、可愛い下着、素敵な下着をつけて身体のラインが綺麗に見えるように工夫をされている方が多いかと思います。
しかしながら、選んで着用している下着のサイズが合っていないと、どんどん身体のラインは悪くなってしまうのです。。。

◇下着障害の主な障害◇
*血液循環障害
*リンパ管締付障害
*姿勢が悪くなってしまう障害
*体系を崩してしまう障害

妊娠を考えている方には、血液循環が悪いことは悩みの一つではないでしょうか?
血行が悪くなると、子宮や卵巣に十分な栄養が届かなくなってしまうので、冷えは不妊の大敵ともいわれています。子宮や卵巣は、血流をとっても大切にする臓器なのです。
正しい下着を身に着け、子宮や卵巣を冷やさないようにして血流アップを心がけましょう!

記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2018 MediBridge Inc. All Rights Reserved

 

10

この時期こそ、ゆっくり入浴を!

こんにちは。
連日、うだるような暑さの東京ですが、この暑さの中で復旧作業を続けられる豪雨被害地の皆様の事を思うと、心が痛みます。
この度の豪雨で被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

さて、こんなに暑いとつい、毎日の入浴をシャワーで済ませてしまいがちですよね。
でも、実は夏も、女性の身体はとても冷えやすくなっています。

medibridges

冷えを招く一番の原因は、冷房です。長時間冷房の中で過ごす方は特に、注意が必要です。
また、少しでも熱を逃がそうと裸足にサンダルだったり、ノースリーブで過ごす方、肩や手足の冷えを感じることはありませんか?
どこにいっても建物の中はガンガン冷房が効いていますから、「冷えるかな・・・」と思うときは、靴下を持ち歩くとか、羽織もので肩をカパーするとか、自衛策が必要です。
薄着で出かけるとき、私はいつも薄手のストールを一枚持ち歩くことにしています。
冷房がちょっと効きすぎのときには、サッと肩にかけるだけで、冷えすぎを防ぐことができて便利ですよ。

この季節は、暑い外の気温と、室内の冷房の温度差で、自律神経の働きも鈍っています。
一日の終わりには、ゆっくりぬるめのお湯で半身浴をすることで、冷房で疲れた体を芯から温めましょう。
アロマオイルを使ったり、炭酸ガスの入浴剤なども、リラックスしながら体を温めるのにお勧めです。
寝る前にゆっくり湯船につかることで、深い睡眠が得られる効果も期待できます。

特に妊活中の女性には冷えは大敵。
ぜひ、お風呂を上手に楽しんで、体を温めてください。

24

妊娠力を高める食事

こんにちは。
だんだんと、春はなんだか、気分が沈みやすくなったりしませんか?
抑うつ気分や溜まった疲れは体の機能を低下させてしまい、睡眠障害、食欲不振、肌荒れなど、あらゆる体の不調につながりやすくなり、それがまたストレス となって体の不調の原因となります。

適度な運動や半身浴を行って、体に溜まりこんだ老廃物を排出しましょう。 
また、疲れた体にしっかり休息を与えて、リラックスしながら体の疲れを癒すことも大切です。
みなさん、体調管理にくれぐれも気をつけてお過ごし下さい。

柴犬

さて、今日は妊娠しやすい体づくりについてお届け致します。
現代人の食生活は乱れがちで偏った食生活が懸念されています。
不妊の原因の一つとして排卵がおこらない排卵障害は、偏った食事や飲酒やタバコの摂取が関係していると言われております。

ここで、子宝ビタミンといわれるビタミンEを多く含む食品ベスト10と精子の成長を促す男性ホルモンの合成を助ける働きがあるといわれている亜鉛食品ベスト10についてご紹介します。

ビタミンEは、女性ホルモンの強化に役立ち、男性ホルモン、黄体ホルモンの生成分泌にも深くかかわっています。
また、血管に働いて、血行をよくする作用もあります。

ビタミンEを多く含む食品ベスト10
1. ひまわり油
2. アーモンド
3. サンフラワー油
4. 落花生
5. 養殖あゆ
6. うなぎ
7. ししゃも
8. かぼちゃ
9. アボカド
10.ほうれんそう

亜鉛を多く含む食品ベスト10
1. カキ
2. ごま
3. 豚レバー
4. 凍りどうふ
5. 牛もも肉
6. 牛レバー
7. 鶏レバー
8. ずわいがに
9. 豚もも肉
10. 納豆

亜鉛は、生殖器の機能 向上や、精子の運動性を活発にして妊娠を促す男性ホルモンの合成にかかわります。
ビタミンEや亜鉛は、上記のトップ10の食品の中に多く含まれるので、積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

5

秋の味覚で不妊対策

こんにちは。
街にハロウィーンの飾りが増えてきました。
年中行事としては未だにあまり馴染めずにおりますが、オーナメントのかぼちゃのオレンジは、秋の訪れを感じさせてくれます。

medi-bridge5oct

秋の味覚の代表と言えば、キノコです。
そのキノコの中に、不妊の原因ともなる多嚢胞性卵巣(PCO)の改善に有効なものがある事を、ご存知でしょうか。


それは『まいたけ』です。

マイタケエキスから抽出される「グリスン」という成分が、インスリン抵抗性が改善され、月経不順や多嚢胞性卵巣(PCO)が改善されるという研究結果があるのです。
 
 グリスリンと多嚢胞性卵巣(PCO)の治療に用いられることが多い芍薬甘草湯と比較した実験では、排卵を認めた例はグリスリンを使用した群で66,7%、芍薬甘草湯を使用した群で30,8%。排卵率で2倍以上差があったうえ、グリスリンを使用した人は女性ホルモンのバランスも改善されたという結果が得られたそうです。 

多嚢胞性卵巣(PCO)改善などの為には162mg を摂取する事が良いと言われています。 グリスリンの場合過剰摂取による副作用は無いため、クロミッドなど他の薬での治療を受けている人でも安心して摂取できます。 

サプリメント等も発売されていますが、少しお高めです。(1ヵ月¥10,000以上)

という事で、まずはこの季節グンと美味しさを増す まいたけづくしの料理など試してみてはいかがでしょうか。
多嚢胞性卵巣(PCO)の改善には、何よりもまず減量が有効であるともされていますから、ノンカロリー食品の代表のキノコ、まいたけを使ってダイエットもしてしまえば、一石二鳥かもしれませんね。

記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2017 MediBridge Inc. All Rights Reserved
 



10

子宮筋腫は着床を妨げる!?

みなさん、おはようございます。
昨日の猛暑とはうって変わって、本日は過ごしやすいですね。
さて、今日は不妊症と子宮筋腫関係について書きたいと思います。

Uterine fibroid


子宮筋腫は子宮の筋層にできる良性の筋腫です。
発生の原因は明らかになっておりませんが、卵胞ホルモンの影響を受けて大きくなると言われています。
子宮筋腫があると全ての場合で不妊症になるわけではありません。
しかし筋腫の場所や大きさによって着床が阻害されたり、流産の原因になると言われています。

子宮筋腫はできる部位によって3つに分かれます。
子宮の外側の漿膜と呼ばれる膜の下にできる筋腫:「漿膜下筋腫」
子宮の筋層にできる筋腫:「筋層内筋腫」
子宮内膜という粘膜の下に発生する筋腫:「粘膜下筋腫」

そのうち、子宮内腔を変形させるものや卵管や卵管口を圧迫し、通過を妨げる筋腫は不妊症と関連していると言われています。
また、最近は筋腫から産生される物質が原因で着床阻害の原因や流産の原因になるという説もあります。

筋腫の大きさ、筋腫の数や場所によっては、不妊症の原因となりうる筋腫もあるので、主治医の先生とよく相談をして治療の有無、または治療の方法を考えていく必要があるようですね。
また筋腫を取り除いた方が良いと判断された場合にも、治療後の子宮筋腫再発の可能性もあるので、治療のタイミングの検討も重要だそうですよ。

卵子提供をお考え中で子宮筋腫のある方は、ご心配もあるかと思います。
弊社のお客様でも子宮筋腫のある状態でご出産された方、医師と話し合いの下、筋腫を取り除いてご出産された方がいらっしゃいます。

弊社メディブリッジでは、プログラム内容だけでなく、個々の方に合わせて最適なプログラムのご案内をさせていただけるようスタッフ一同心がけております。
ぜひ一度カウンセリングにお越しいただければ幸いです。

記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2017 MediBridge Inc. All Rights Reserved
 


8

どうして妊娠しないの?

こんにちは。
早めのお休みに入られている方もおられるのではないでしょうか?
東京は台風の影響も少なく、今日は真夏日ですね。

どうして妊娠しないの

不妊治療には、タイミング法、人工授精、体外受精などの治療方法がありますが、何度もトライしても、妊娠(着床)できない・・・と治療にストレスを感じておられる方も多いのではないでしょうか?

今日は受精卵の着床=妊娠の成立に重要なことについてお話しさせていただきます。
まずは、受精卵の着床に必要な要素をおさえておきましょう。

<受精卵着床(妊娠)に重要なこと>
1.質の良い卵子
2.質の良い精子
3.状態の良い子宮環境(子宮内膜の厚みなど)


他にも着床に影響を与える要素は、食生活や生活リズムなどありますが、主なポイントは上記になります。

その中でも、「3.状態の良い子宮環境」について詳しくお話しさせて頂ければと思います。
そもそも「着床」とは、どういった状態を意味するのでしょうか?

<着床=妊娠とは?>

子宮の内腔は繊毛の生えたような粘膜で覆われています。
子宮内膜に受精卵が付着(着床)することので、妊娠が成立します。

女性の体は月経周期によって様々な変化がみられます。
特に、排卵直前〜排卵後には、子宮内膜の厚みに大きな変化があります。
受精卵が着床するためには、子宮内膜に十分な厚みが必要と言われており、子宮内膜の厚みが足りないと、受精卵がしっかり着床できない(=妊娠が成立しない)原因となることがあります。

<理想的な子宮内膜の厚みとは?>
通常、妊娠に理想的な子宮内膜の厚さは10mm程度といわれていますが、投薬を行うことで7-8mm以上であれば妊娠が十分可能と言われています。

不妊治療をされておられる方の中には、「子宮内膜が薄いので、今週期は移植を見送りましょう」と医師に言われた方もおられるのではないでしょうか?

特に体外受精(胚移植)では、なるべく良い状態で胚を子宮内に移植するため、子宮内膜の厚みが十分になるよう、ホルモン剤などを服用するケースが多くあります。
また、月経周期が不順であるようなケースでは(閉経に近い状態)、カウフマン療法を用いて、月経を起こすことで、子宮内膜の厚みを徐々に取り戻せることあり、一度移植が出来なかったからと言って、諦めることはありません。
※カウフマン療法(月経をお薬で誘発する療法)

お薬の服用だけでなく、生活環境の改善等で子宮内膜の厚みを改善できる方法もあるので、ご自身に合った方法を担当の先生と相談することが重要です。
子宮内膜は、妊娠がわかった後も、赤ちゃんの大切なベッドとなり、成長に必要な栄養を与える重要なものでもあります。

弊社メディブリッジでご案内させていただいております、「卵子提供プログラム」においては、ドナーの方から卵子を提供いただくことで、質の良好な受精卵の得られます。
移植をお受けになられる奥様の子宮や子宮内膜の状態が更に良いと、より高い着床率が期待できます。

弊社でのプログラムをご検討中の方は一度、メディブリッジまでお問い合わせくださいませ。 
お問い合わせフォームはこちら

記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2017 MediBridge Inc. All Rights Reserved
 


22

初夏の温め

みなさん、こんにちは。
桜も散り、日に日に初夏のお天気になってきていますね。
これからの時期は油断すると冬以上に身体が冷えてしまうのでくれぐれも気を付けたいです。
一般的に女性の体は筋肉が少ないため男性に比べて、冷えやすいと言われています。

体が冷えると血管が収縮して血流が悪くなる→手足の先まで血液が届かず冷え性→腸や子宮、卵巣の働きが悪くなる

この悪循環が女性の「妊娠する力」を機能しない状態にしていくそうです。
本日はこの時期だからこそ、気をつけたい「温め」をいくつかご紹介させてください。

 
green

・冷たい飲み物を欲する時期になりましたが、氷を避け、温かいものを飲む気が起きなかったら
せめて常温にて水分補給を。

・この時期は日に日に薄着になってきますが、腹巻などで子宮周りだけは冷えないように温める。

・寒くなくなるとシャワーで済ませてしまう方も多くなってきますが、ゆっくり入浴を。
お湯の中で手足の指を広げてみたり頭皮をマッサージすると、血の巡りがよくなりさらに効果的。

メディブリッジでは、ハワイ・マレーシアでの卵子提供プログラムをご案内させていただいております。生理周期が不順であったり、お薬を服用して生理を起こしているけれど、それでも卵子提供で妊娠することができるのだろうか、などのご質問をいただきます。
弊社では、海外での治療をお受けいただくにあたり、様々なご質問やご不安にも、現地クリニックと医師と密に連絡を取りながら、 サポートさせていただいております。
ご検討中の方は、ぜひ一度、弊社にご相談ください。


28

若年性更年期障害とは?

こんにちは。
春めいた陽気になってきましたが如何お過ごしでしょうか。

20〜30代の女性にも起こりうる若年性更年期障害のお話しです。
更年期障害は通常、40代後半〜50代前半の女性に起こり得る障害として知られており、不眠などの症状を引き起こすことが知られています。

若い方であっても、喫煙などの外的刺激により、ホルモンのバランスが崩れ、卵巣機能の低下を招くことがあります。

若年性更年期障害
         
若年性更年期障害に見られる症状って?

・ほてり
・骨密度の減少(女性ホルモン低下のため)
・膣の乾燥、萎縮
・手足の冷え
・うつ病、精神不安定
・脱毛 など

原因として考えられることですが、卵巣機能の低下、女性ホルモンであるエストロゲン低下、無理なダイエット、不規則な食生活などがあげられます。
また食生活や、栄養バランスの乱れ、職場や学校のストレス等も影響があると考えられています。

若年性更年期障害はどのようにして改善することができるのでしょうか?
・十分な睡眠時間を取る
・ストレスを溜め込まない
・毎日適度な運動を行う
・精神的・肉体的にリラックスできるものを取り入れる
・毎日適度な運動を行う
・バランスの良い食生活を心がける

女性の体は繊細ですよね。
ご自身の体調に変化が見られたり、心配なことがあれば、早めに医師に相談したいですね。

記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2017 MediBridge Inc. All Rights Reserved
 
17

卵子の質を良くするには

こんにちは。
とても寒くなりましたね。
ヨガ

さて、人間の生命現象を左右しているのは、体の温度です。
体温が低いと卵子の質や排卵にも影響があるのです。
体を正常に動かすための体温が低いと、元気で質のよい卵子を育てたり、排卵を起こすこともできなくなってしまいます。
逆を言えば、体を温めて、体温を上げれば、卵子の質も高まり排卵もスムーズになると言えます。

卵子が好むものの中に、カリウムと酸素があります。
カリウムを多く含むのは野菜や果物ですから、これらを沢山食べるように心がけると良いでしょう。
また、卵子に含まれるミトコンドリアは酸素が大好きです。
深呼吸などは効果があるそうです。
身体を温め、酸素、カリウムを与えることで、ミトコンドリアが元気になり、卵子の質も良くなるそうです。

しかしながら、熱心にやりすぎるとミトコンドリアがショックを受けて死んでしまうそうなので、温泉などに行って長湯したり入浴しすぎるのは良くないそうです。

弊社でご案内している、卵子提供、代理出産においても、卵子の質がとても重要です。
できるだけよい状態で卵子を採取できるよう、担当医とカウンセリングを重ね、治療を行っていきますが、投薬による治療の前提として、体を温めることも、積極的にやって頂くようにおすすめしています。

弊社のプログラムについては、こちらからお問い合わせくださいませ。
お問い合わせフォーム

記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2017 MediBridge Inc. All Rights Reserved
 
22

ストレッチで冷え対策!


こんにちは、風が一段と強くなり寒さが厳しい今日この頃ですね。

strech


昔から「冷えは万病の元」と言われており、現在もストレスや運動不足などから冷えを抱えている女性が増えて、体のあらゆる不調を招く事があります。
不妊や流産の原因を冷えや血行不良に限定するのは難しいですが、血行の状態を改善することで妊娠力をアップする可能性は期待できるかと思います。
骨盤周りの筋肉をストレッチをすることは、子宮や卵巣の状態を改善するうえではとても効果的なのです。

ここで一つ、おすすめ運動をご紹介します。

猫型ポーズのストレッチ
●手と膝を床について、四つんばいになります。

● 猫のように背中を丸めます(息を吐きながら)。

● 次に、ゆっくりと背中を戻します(息を吸いながら) 。

● この時は、背中ではなく腰に意識を向けましょう。

●背中を丸めるとき、ヒップの丸みを中心に寄せる意識で・・・
このとき、仙骨(しっぽ)が下向きになる感じです。

●腰を平らに戻すときは、ヒップが広がる感じです。

*それぞれ、3回ぐらい。

ストレッチにはこの他いろいろな方法がありますので、本やDVDなどを参考にして自分で探してみるのもよいでしょうし、必ずしもその通りにしなければ効果が無いというわけではないようなので、ストレスなく自分流にアレンジしてみるのもよいかと思います。

子宮や卵巣など、命を授かる上で重要な臓器血液がスムーズに流れなくなってしまうと、せっかく授かった赤ちゃんを元気に育てることができない状態になってしまいます。

道具も何もいらず、部屋で手軽に出来るストレッチならば誰にでも取り入れやすいかと思いますので、この寒い冬から毎日の生活に取り入れ、冷え知らずで子宮や卵巣の状態を改善していきたいですね。

記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2016 MediBridge Inc. All Rights Reserved
 

プロフィール

メディブリッジ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断プログラム、アジア・ヨーロッパでの代理出産をご提供しております。
このブログで不妊治療現場、世界の医療、弊社メディブリッジの思いなどなどなどあらゆる事をお伝えして参ります。

記事検索
ミッション
MediBridgeのミッション
  1. 1. 日本の医療制度で救われない日本人患者のサポート
  2. 2. 途上国の雇用促進
  3. 3. 医療のグローバル化支援
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 新年の御挨拶 −設立12年目になりました−
  • 新年おめでとうございます
  • 妊娠前の風疹抗体検査
  • ハワイでの卵子提供プログラム
  • 着床前診断について
  • エッグドナーボランティア募集
  • 大渕弁護士、出産で涙止まらず「本当に嬉しくて、感動」
  • 西村知美、不妊で悩んでいたとき相田みつを氏の言葉に出会い救われた…
  • 卵子を使わずに新生児マウス誕生? 英国とドイツの研究
  • メディブリッジのサポート体制
  • 弊社の着床前診断プログラム
  • 3Dプリンターで作った卵巣でマウスが妊娠!
QRコード
QRコード