medibridges

代理出産・卵子提供コーディネーターブログ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断、アジア・ヨーロッパでの代理出産を提供しているコーディネーターのブログ。

インド

10

インドの楽しいイベント「ナマステ・インディア2013」

こんにちは。
今日は少し涼しく、秋ももうすぐそこですね。
秋の味覚といえばきのこですが、最近では野菜コーナーで数多くのきのこ類を見かけるようになりました。
低カロリーで、ミネラルやビタミン、食物繊維が豊富なきのこ類は、和洋中さまざまな料理で活躍します。
味や香りも増した秋のきのこは、ダイエットや美肌効果もあるので、是非、これから食卓に取り入れたい食材ですね。

kinoko


さて、今年で21回目となる日本最大級のインドフェスティバル「ナマステ・インディア2013」が、9月28日・29日に代々木公園でイベントが開催されます。
ナマステ・インディア会場では、インドを丸ごと体験できる知・衣・食・文化・経済を含む豊かで多様なインド文化を体験できる楽しい一大イベントです。

まず、レストラン店舗の醍醐味はなんと言っても本場のインド料理が存分に味わえることではないでしょうか?
一口にインド料理といっても、「北インド料理」や「南インド料理」に代表されるように、地域や民族、宗教などによって多様なバリエーションがあります。
毎年、様々な店舗が並ぶレストランエリアで、初めてのインドの味に出会うかもしれませんね。
また、物販コーナーではインドの美しいサリーやアクセサリー、本格的なスパイスのケース、インドの音楽CD等、インドの品物が何でも揃っているようです。

インドの魅力がつまった日本最大級のイベントに、是非、足を運んでみては如何でしょうか?


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:©  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




5

インド洪水災害救援金のお願い

おはようございます。

先月の6月14日から4日間、南アジアでは大雨が続き、洪水等の被害が発生しています。
特にインド北部では被害が甚大で、多くの死傷者を出しています。

india_flood



2013年インド洪水災害救援金

平成25年6月14日から4日間続いた大雨で、南アジアでは洪水等の被害が発生しており、特にインド北部ではこの洪水と地滑りにより、これまでに1,000人以上が死亡、一時78,000人以上が孤立していたと報道されるなど、甚大な被害が発生しています。この災害を受け、日本赤十字社では救援金の受け付けを開始します。

募金は上記記事リンク先から可能ですので、是非ご協力頂ければと思います。

弊社では、インド ムンバイのスラム支援やインドの子供たちへの生活支援を行っております。
日頃から支援をさせて頂いている国ということもあり、今回の洪水被害のニュースには大変心を痛めております。

今だに数千人もの方々が山などへ避難したまま、身動きが取れない状態という報道が流れています。
避難を続ける方々が一日も早く安心した生活を取り戻されるよう、お祈りしております。

記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




23

世界初の救命顔面移植に成功

こんにちは。
弊社ではインドでの代理出産プログラムをご提供しておりますが、インドの元バレーボール選手の女性が5月21日、下肢切断者の女性として初めて世界最高峰エベレストの登頂に成功したそうです。
シンハさんは2年前、列車に乗っていたところ強盗に襲われて車外に突き落とされ、左足の膝から下を切断する大けがをしました。
インドのテレビ局の取材に、シンハさんは「同情の目で見られないために、何かを成し遂げなければならないことに気付いた」と語り、エレベストの登頂に挑みました。
シンハさんの功績は素晴らしいですね。

mounteverest

さて、今日は世界初の救命顔面移植に成功したニュースをご紹介いたします。

「世界初の救命顔面移植」にポーランドの医師らが成功

ポーランド南部グリビーツェ(Gliwice)の医療施設は22日、患者の命を救うための顔面移植手術に世界で初めて成功したと発表した。手術を受けた男性(33)は数週間前、職場の事故で顔に重傷を負っていた。

手術を行った「がんセンター・腫瘍学研究所(Cancer Centre and Institute of Oncology)」の広報担当によると、顔面移植手術がポーランドで行われたのは初めて。

石材加工場で働く男性患者は4月23日、石を切断する機械によって顔の大部分を切り取られる事故に遭っていた。

切断された顔の一部を接着し直す手術が行われ、視力の回復と顔の一部の再現には成功したものの、手術自体は失敗。傷の広さと深さから、男性は命の危険にさらされていたという。

しかし2週間もたたないうちに、死亡した30代の男性の顔面が提供されることになり、今回の手術が行われることになった。30代男性の遺族はすぐに同意したという。顔面を提供した男性の心臓と肝臓も、それぞれ別の人物に移植された。

ポーランド国内で顔面移植の施術が認められている唯一の医療機関である同センターは、5月15日に27時間に及ぶ手術を実施した。手術は患者の全面的な同意の下、行われ、男性本人は手術にとても前向きだったという。

医師の1人によると、術後1週間になる現在、男性の容体は依然として深刻であるものの、自力で呼吸をしており、話すことはできないが頭と手を動かすことで意思疎通も可能だという。顔の周囲に黒い縫い目のある男性が、ベッドに横たわって親指を掲げている写真がポーランドのメディアで報道された。

男性は自力でものを食べたり、見たりするまで回復する見込みで、8か月後には顔面の動きを完全に制御できるようになるとされている。

世界で初めて顔面移植手術に成功したのは、2005年のフランスの医師ら。以降、ベルギー、スペイン、トルコ、米国など世界各地で20以上の顔面移植手術が実施されている。


人の命を救うためには、先端医療技術の発展は常に求められますが、近年は目覚ましい進歩が見られますね。
順調な回復をお祈りいたします。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




10

インドでの代理出産と病院について

こんにちは!
毎年4月10日から16日は女性週間と言うそうです。
これは、日本において女性が初めて参政権を行使した第22回衆議院議員総選挙の投票日(1946年(昭和21年)4月10日)を起点とした一週間だそうです。
この時期から女性の社会参加が増えていったのでしょうね。


インド

さて、弊社は日本で最初にインドでの代理出産を始めたパイオニアであり、毎日多くの方からお問合せを頂いております。
その中で皆様からの多数頂くご質問として「インドの医療は大丈夫でしょうか?」「病院はどういった所でしょうか?」などがございます。
海外で、しかもインドとなると日本の方にとってあまり馴染みのない国であり、皆様がインドでの治療に不安を持たれるのは当然のことと思います。

しかし、急速な経済成長を続けるインドで今、医療分野が大きな注目を集めており、弊社の提携病院も最新の医療設備を備えた近代的な私立病院として知られています。
欧米の病院で経験を積んだ優秀な医師も多数勤務していますので、医療技術も高いと評判です。
また、弊社の提携病院は不妊治療の成功率が高いことで世界的に有名であり、インド国内だけでなく、アメリカやヨーロッパ、オセアニアやアジア各国からも多くの患者が訪れています。

また、病院の個室は清潔でとても広く、毎日医師が診察を行い、そして24時間体制で看護師が定期的に部屋へ訪れサポートしてくれます。各階には警備員も配備されておりますので安心です。

食事もインド料理や中華、そしてパスタ等種類も豊富で、「今日は何を食べようかな?」と一つの楽しみともなります。
設備もサービスも充実しており、実際に弊社の代理出産プログラムを受けられた方からは、「医師や看護師の丁寧な診察やケア、そして充実した設備に安心しました」というお声を多く頂きます。

弊社は皆様に安心して治療をお受けいただけるよう、信頼のおける病院と提携しております。
インドでの代理出産プログラムをご検討中の方は、是非一度お問合せ下さい。

記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




5

インドの代理母はどのような人?

こんにちは。
今週末は”猛烈低気圧”に伴う台風並みの暴風となる恐れがあるとのことです。
外出は控えて、家でゆっくり過ごすと良いかもしれませんね。

green (2)

さて、弊社メディブリッジではインドでの代理出産プログラムをご紹介しておりますが、今日はよくある代理母に関する質問をご紹介致します。

Q: 代理母はどのような方がなるの?

A: まず、出産経験がありご自身のお子さんがいる方、そして厳しい検査をパスした身体的・精神的に代理出産に適した方となります。
また、インドの代理母は20代が主ですが、30代前半の方もおられます。


Q: 代理母の健康管理はどうなっているの?

A: 弊社が提携している病院では、代理母の健康管理を徹底して行います。
代理母は移植日から特別な代理母ハウスにて出産するまで過ごされますので、代理母が栄養不足で赤ちゃんに十分に栄養がいきわたらないという心配ありません。
また、代理母側も、依頼者から預かった赤ちゃんを誕生させるまで、徹底したプロ意識を持って出産に臨みます。


Q: 代理母が赤ちゃんを出産したあとに、手放すことを拒否するといったトラブルは起こらないの?

A: 経済的な理由からインドでは代理母を志願するケースは少なくありません。
経済的な事情が彼女たちの代理母の主な志願理由であるため、代理母自身も、トラブルになることは望みません。
もちろん、見ず知らずの人が子どもを授かることに協力しようというのですから、ボランティア精神がなければとてもできることではありません。

弊社提携先のインドの代理母は、出産までストレスのない快適な環境で、しっかりとした医師の管理のもと妊娠期を過ごし、代理出産を行っています。
インドでの代理出産をご検討中の方は、お気軽にお問い合わせください。

記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




13

代理出産とは?

こんにちは。
最近、風が強く夕方からは雨になるかもしれないとの、予報ですね。
一雨ごとに暖かくなっていくので、春ももうすぐですね!

sprng 代理出産

さて、弊社ではインドでの代理出産プログラムを、ご提供しております。
代理出産とは、奥様の卵子とご主人様の精子を体外で受精させ、代理母の子宮に入れ(胚移植)妊娠させる、つまり簡単に言うならば、子どもが生まれてくるお腹(子宮)をインドの代理母に借りるということです。
妊娠した場合、妊婦としてお腹で胎児を育てるのは代理母ですが、生まれてくる子はご夫婦お二人の遺伝子を持った子どもです。

但し、弊社の代理出産プログラムは、卵巣と精巣は健康かつ、子宮要因あるいはその他疾患により妊娠継続が困難な場合に適応となります。
子宮要因の不妊症とは、ロキタンスキー症候群による子宮欠損、または子宮が痕跡程度、妊娠できる大きさに発育しなかった場合、子宮奇形、子宮癌などによる全摘出の場合などです。

代理出産は、子どもが欲しくても難しいご夫婦にとって、ご夫婦の遺伝子を受け継ぐお子様を持てる現実的な選択肢です。

弊社は、できるだけクライアント様のご負担を軽減できるよう、それぞれの方のご状況に合わせてプログラムをご案内しております。
代理出産をご検討中の方は、ぜひ一度、弊社にご相談ください。

記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




8

インドでの代理出産プログラム

こんにちは。
暖かくなりましたが、スギやヒノキによる本格的な花粉症のシーズンに突入しましたね。
症状のある方にとっては辛いシーズンですが、朝食にヨーグルトを食べると症状が軽減される可能性があるそうです。
様々な対策方法はありますが、一日も早く花粉症のシーズンが終わることを願います。

さて、弊社メディブリッジは、インドでの代理出産のパイオニアとして、これまでも多くのクライアント様のサポートを行っております。
今日は、インドの代理出産についてお話をさせて頂きます。

babyribon

まず、奥様の卵子とご主人様の精子を体外で受精させます。
そして、その受精し分割した卵(胚)を代理母の子宮に移植し、その後代理母は妊婦期を過ごし、出産します。
その為、代理母から生まれてくるお子様はご夫婦の遺伝子を持ったお子様です。

但し、弊社の代理出産プログラムは、卵巣と精巣は健康で、子宮が要因の不妊症の方にご提供させて頂いております。
子宮要因の不妊症とは、ロキタンスキー症候群による子宮欠損、または子宮が痕跡程度、妊娠できる大きさに発育しなかった場合、子宮奇形、子宮癌などによる全摘出の場合などです。
また、卵巣が良好に機能していない場合、卵子提供プログラムと併用して代理出産プログラムを行うことも可能でございます。

では、なぜインドで行うのでしょうか?
第一に、インドでの代理出産は、アメリカに比べると費用がとても安く抑えることが出来ます。
また、出産までに代理母が緊急入院したり、お子様がNICUに入った場合にかかる費用も、アメリカに比べてインドは格段に安いです。
さらに、日本との時差が3時間半と少なく、物価も大変安いため滞在費用等も抑えれます。

第二に、インドの医師は海外で医療を学んできた人も多く、医師の技術レベルが非常に高いことです。
弊社が提携している病院には、その成功率の高さから、アメリカやヨーロッパなど、世界中の患者が集まっています。

弊社メディブリッジではインドでの代理出産プログラム、タイやハワイでの卵子提供プログラムを多くのご夫婦にご提供しております。
代理出産プログラムや卵子提供プログラムをご検討中の方は、お気軽にお問い合わせください。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




7

マテ茶で健康美を目指そう!

こんにちは。
日増しに暖かく春の訪れを感じますね。
分厚いコートやダウンでは少し汗ばむ陽気になりました。
春に向け、薄着になる機会が多くなり、冬のうちについた‘お肉’が気になっている方は多いのではないのでしょうか。
かといって、花粉や黄砂の飛ぶ今のこの時期にランニングをするには躊躇してしまいます。
とはいえ、ジムに通う時間がないという方も多いのではないのでしょうか。

turkey_meat-mate


そんなお忙しい方に朗報です。

それは、最近日本でも知名度が上がってきたマテ茶。
なんでも、肉料理が中心の南米諸国では日本人にとっての緑茶、あるいはそれ以上に愛飲されているそうです。


マテ茶の美容・健康効果は、野菜に代わるだけの有効成分を含んでいることにあります。
野菜に勝るとも劣らないフラボノイド類を含有していることが研究で明らかになってきており、南米では「飲むサラダ」と言われているそうです。

ミネラル成分も多く含んでいるので、アミノ酸が多い肉とも相性ばっちりです。
むしろ、肉と一緒に摂ることで代謝アップを促してくれます。


マテ茶に含まれるミネラルのうち、特に多いのがカルシウムとマグネシウム、鉄、亜鉛です。
これらはどれも、日本人女性に不足しているミネラルばかり。疲労感や倦怠感を回復させたり、生理痛を和らげる効果があるミネラルを、マテ茶で手軽に摂取することができます。
南米の人々の牛肉消費は日本の約3〜4倍。

主食はパンやイモ類、とうもろこしなどで野菜の摂取量は決して多くないのに、ヘルシーボディなラティーナたち。
彼女たちの美の秘訣でマテ茶を飲んで、ヘルシーボディを目指しましょう!


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




28

ハワイの芸術と文化のご紹介

おはようございます。
今日から3月13日まで、全国火災予防運動習慣です。
空気が最も乾燥するといわれている2月の終わりから3月中旬まで。
昔は自治体等の方々が拍子木を持って、「火の用心、マッチ一本、火事のもと」と町内を回られていましたね。
そんな冬の風物詩も今ではすっかり行うところも少なくなりましたが、気を付けましょう。

hawaii 卵子提供


さて、弊社では、卵子提供プログラムをタイとハワイでご提供しております。
今日は、ハワイの文化と芸術を少しご紹介いたしますね。


ハワイは様々な民族が暮らし、文化、ライフスタイルがアロハ・スピリットで一体となっている人種のるつぼです。
オアフ島の史跡を見れば、ハワイ先住民の威厳ある歴史が見えてきます。
イオラニ宮殿、カメハメハ大王像、ワイキキ・ビーチのデューク・カハナモク像、ビショップ・ミュージアムなど、ハワイの歴史に貢献した人物を称える貴重なランドマークがたくさんあるオアフ島。
島の伝統、フェスティバル、さまざまな国の料理が融合し、変化してきたこの地ならではの新しい形の文化が広がっています。


農業が盛んになった19世紀後半、中国、日本、ロシア、朝鮮、プエルトリコ、ポルトガル、フィリピンから大勢の労働者がプランテーションに仕事を求めて移住したことで、幅広い文化が入ってきました。
オアフ島のご当地グルメ を味わい、様々なフェスティバルに参加すると、それら豊富な文化に触れられます。
ハワイ・プランテーション・ビレッジなどでツアーに参加したり、オアフ島の美術館・博物館を訪れると、ハワイの多民族文化のルーツについて理解がより深まります。


現代のオアフ島は過去と現在が魅力的にミックスしています。
ビジネスマンと農民や職人、東洋の哲学とテクノロジー、音楽、ダンス、演劇。今もなおハワイの伝統と習慣を受け継ぐ地元文化、そして各国の文化が見事に融合された芸術は島の宝です。
ハワイ文化の豊かな遺産は21世紀の現代に受け継がれ、アロハ・スピリットはハワイの人の心に時代を超えて残っています。

ハワイでの治療をお考えの方は、ぜひハワイの文化や芸術を楽しまれてくださいね。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




27

新型出生前診断のゆくえ

こんにちは。
今年は、例年より寒く熱海や偕楽園の梅園や河津桜が見頃になる時期が少し遅い様です。
視覚、嗅覚共に楽しませてくれる梅や桜が待ち遠しいですね。

さて、民間の会社にて新型出生前診断をあっせんするサービスを開始することが発表され、産婦人科学会では賛否両論が巻き起こっています。

シーケノム


血液使う出生前診断、民間が先行開始へ 学会指針発表前

妊婦の血液で胎児にダウン症などの染色体異常があるか判定できる新型の出生前診断について、東京都内の民間会社が、米国での検査をあっせんするサービスを始めると発表した。
この検査は安易な人工中絶につながる心配もあり、日本産科婦人科学会(日産婦)は3月に対象年齢や施設を限定する指針を発表する予定だった。
学会関係者からは指針が骨抜きにされかねない、との声が上がっている。


この会社は昨年9月に設立され、業務内容は「不妊、妊娠、出産に関わる海外検査の提供」という。
担当者によると、グアムやハワイ、米国西海岸の3カ所の医療施設と提携。
妊婦が渡航して採血、米国の検査会社シーケノム社で判定する。
費用は約35万円で別に渡航費が必要。
「都内のクリニックでも採血できるよう調整中」という。


国内では国立成育医療研究センターや昭和大、大阪大、兵庫医科大など数十カ所の医療機関が、日産婦が3月に指針を完成させるのを待って、シーケノム社に依頼して行う計画だ。
この検査には「命の選別につながる」との批判があり、日産婦は検査対象や実施施設を限定する指針作りを進めている。
昨年12月に公表された指針案では、
(1)ダウン症や検査結果の意味についてきちんと説明するなど、十分な遺伝カウンセリングができると認定した施設に限って行う
(2)35歳以上の高齢妊娠や超音波検査で胎児に染色体異常が疑われる妊婦に限る、とした。


国内では、未だ是非が問われている新型出生前診断ですが、3月には具体的な指針を発表する予定とのことです。
民間会社でも都内のクリニックでの採血後に米国で検査を行うことを調整中とのことですが、まだまだ時間がかかりそうですね。

記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




プロフィール

メディブリッジ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断プログラム、アジア・ヨーロッパでの代理出産をご提供しております。
このブログで不妊治療現場、世界の医療、弊社メディブリッジの思いなどなどなどあらゆる事をお伝えして参ります。

記事検索
ミッション
MediBridgeのミッション
  1. 1. 日本の医療制度で救われない日本人患者のサポート
  2. 2. 途上国の雇用促進
  3. 3. 医療のグローバル化支援
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 新年の御挨拶 −設立12年目になりました−
  • 新年おめでとうございます
  • 妊娠前の風疹抗体検査
  • ハワイでの卵子提供プログラム
  • 着床前診断について
  • エッグドナーボランティア募集
  • 大渕弁護士、出産で涙止まらず「本当に嬉しくて、感動」
  • 西村知美、不妊で悩んでいたとき相田みつを氏の言葉に出会い救われた…
  • 卵子を使わずに新生児マウス誕生? 英国とドイツの研究
  • メディブリッジのサポート体制
  • 弊社の着床前診断プログラム
  • 3Dプリンターで作った卵巣でマウスが妊娠!
QRコード
QRコード