medibridges

代理出産・卵子提供コーディネーターブログ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断、アジア・ヨーロッパでの代理出産を提供しているコーディネーターのブログ。

クリスマス

24

長友選手&平愛梨さんが婚約☆

みなさま、こんにちは。
今夜はクリスマスイブですね、皆さまどのようにお過ごしでしょうか。

昨日の祝日から3連休の方も多いのではないでしょうか?
皆様にとって素敵なクリスマスになりますように・・・☆

さて、本日は婚約を発表された、サッカー日本代表DFの長友佑都選手(30)、女優の平愛梨(32)のニュースをお伝えしたいと思います。

クリスマス_婚約

☆長友選手&平愛梨さんが婚約☆

サッカー日本代表DFの長友佑都選手(30、伊インテル)、女優の平愛梨(32)が24日、都内ホテルで記者会見を行い、婚約を発表。長友がエスコートする形で仲睦まじい2ショットを披露し、多くのフラッシュを浴びながら「私、長友佑都と平愛梨は、1月29日に入籍をします」とクリスマスイブに満面の笑みで報告した。

お二人は今年6月、長友選手の日本代表合宿中に交際が報じられ、報道陣の前で「僕は女優の平愛梨さんと真剣にお付き合いしています。
自分自身にとって大切な人『アモーレ』です、イタリア語で『愛する人』という意味です」と発言されたことが大きく報道され、堂々とした交際宣言&アモーレという言葉も注目されましたよね。

その後、『(僕の)アモーレ』は12月1日に発表された「2016ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞のトップテンにも入り、長友選手は「大切な人に向けた言葉が日本の皆さんに届き、うれしく思います。多くの人に使っていただくことで、こうした素晴らしい賞をいただくことができました。自分自身、好きな言葉なので、多くの人に使ってもらえるとうれしいです」とメッセージを寄せ、受賞を喜んでおられました。

表彰式には平愛梨さんが出席され、「私にとっても大切な言葉で、2人で一緒にいただけた賞を大切にします」と涙ぐんでおられる姿が印象的でした。

お二人は2017年1月29日に入籍されるとのこと、末永くお幸せに!

弊社メディブリッジですが、ホームページ内でもご案内をさせて頂いておりますが、こちらでも弊社の年末年始営業期間についてお知らせをさせて頂きます。

≪年末年始休業日≫
2016年12月29日(木)〜2017年1月4日(水)

ハワイ・マレーシアでの卵子提供、日本最大の卵子 バンク、アジア代理出産のパイオニアのMediBridge
記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2016 MediBridge Inc. All Rights Reserved
 
26

歌手SILVAさんご出産!


こんにちは!



昨日はクリスマスでしたね、皆様はどのようにお過ごしになられましたでしょうか?
東京はホワイトクリスマス。。。ということにはならず、比較的温暖なクリスマスだったのかなと
感じます。

クリスマスイブの前日、12月23日(水)ですが、歌手のSILVAさんが第一子となる
女の子をご出産されたそうです。40才でのご出産だったそうですが、母子共に健康で、
既に初めてのクリスマスも経験されたようですね。本当におめでとうございます!
SILVAさんのオフィシャルブログにて、出産時の様子を詳しくお話しされています。

さて、クリスマスも終わり、いよいよ年末の雰囲気ですね。
ホームページ内でもご案内をさせて頂いておりますが、ここでも弊社の年末年始営業期間
についてお知らせをさせて頂きます。

≪年末年始休業日≫
2015年12月27日(日)〜2016年1月4日(月)

なお、年末年始休業中にいただきましたお問合せに関しましては、2016年1月5日(火)より
順次対応をさせていただきます。

皆様、本年も弊社ブログをお読みいただき、誠にありがとうございました。
どうぞ、よいお年をお迎えくださいませ。


Copyright:c  2008-2015 MediBridge Inc. All Rights Reserved

25

子供のアレルギー予防には妊娠中のナッツ摂取

☆メリークリスマス☆
もう、すっかり日本でもお馴染みの「メリークリスマス」ですね。
よろこびいっぱいのクリスマスになりますように

christmas


さて、妊娠中にナッツ類を食べると、子供の食品アレルギー予防となる可能性があるそうです。

妊娠中のナッツ摂取、子供のアレルギー予防に役立つ可能性

妊娠中にピーナツやツリーナッツ類を多く食べていた母親の子供ほどナッツアレルギーを持っている確率が低い可能性があることが、新たに発表された調査で明らかになった。

 ナッツや牛乳、魚介、卵といったアレルギー誘発性食品を幼いうちは食べさせないようにしても食品アレルギーの発現を防ぐことはできないというのが医療専門家の共通する見解だが、米ハーバード大学医学大学院小児科の臨床准教授で論文の第1著者のマイケル・ヤング氏は、米医学誌JAMAペディアトリクスに23日に掲載された調査論文はそれを裏付けていると指摘している。

 今回の発見は裏を返せば、妊婦のピーナツやツリーナッツ摂取とその子供のナッツアレルギーの発現との間に関連性があることを示している。ヤング氏によると、妊娠中や妊娠前後1年以内のナッツの摂取量が多い母親の子供ほど、ナッツアレルギーを発現するリスクが低い可能性があるという。ただし、今回の調査は妊婦の食事とその子供のナッツアレルギーの因果関係を立証するものではない。

 論文では妊婦にナッツの摂取を推奨しているわけではない。また、そうするには単に被験者の妊婦が摂取したものを追跡するのではなく、被験者を複数のグループに分け、グループごとに食事を決めて調査を行う研究が必要だ。

 今回、ボストンのダナ・ファーバー/ボストン・チルドレンズ・センター&血液疾患センターのリンゼー・フレージャー氏率いる研究チームは、1990年1月1日〜94年12月31日に生まれた人で、母親が妊娠中またはその前後の食事について報告していた8205人のデータを分析した。そのうち140人は09年までにピーナツやツリーナッツアレルギーを発現していた。論文によると、医師にナッツアレルギーの診断を受けたと自己申告したケースについては、全て2人の小児科医がそれぞれ独自に詳しく調査した。

 ヤング氏によると、米国では子供のピーナツアレルギーの有病率が近年、爆発的に増加している。論文によると、1997年の有病率は0.4%だったのに対し、2010年は1.4%と3倍以上に増えている。また、ピーナツアレルギーとツリーナッツアレルギーは重複していることが多く、子供がピーナツやツリーナッツを初めて摂取したときに判明するのが通常だという。論文では、クルミ、アーモンド、ピスタチオ、カシュー、ピーカン、ヘーゼルナッツ、マカダミア、ブラジルナッツをツリーナッツと定義している。


まだまだ調査が必要とのことですが、今後の良い報告を期待いたします。


記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




25

メリークリスマス!!

メリークリスマス!
クリスマスの朝を迎えましたね!
昨晩はクリスマスイブ礼拝に出席させて頂きましたが、皆で美しいクリスマスソングを歌い、喜びを共有できるに感動いたしました。

メディブリッジクリスマス


クリスマスという日は、改めて他者への思いを考えさせられます。
家のない人々、病に苦しまれる人々、食べる物に苦労している人々、家族を失った人々、愛情に恵まれていない子供達などなど、国境や文化も超え、自分のことではなく、他者のことを考えされられる良い機会であります。

そう考えると、キリスト教のイベントと考えるより、全ての人に、このような再考できる日があることは大切ではないでしょうか。

メディブリッジは今後もミッションを胸に、人と社会に貢献できるよう努力して参ります。

ところで、皆さんクリスマス募金というものをご存知でしょうか?
クリスマスという良い機会に一度参加されてはいかがでしょうか?



記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2012 MediBridge Inc. All Rights Reserved




4

ソニービル「愛の泉」が点灯−募金でイルミが変化、毎時演出も

こんにちは!
12月に入り、街はクリスマスのイルミネーション一色。 
銀座のソニースクエアでも毎年恒例となったチャリティーイベント、〈愛の泉〉が始まりました!


ソニービル(中央区銀座5、TEL 03-3573-2371)1階屋外イベントスペース「ソニースクエア」で12月3日、恒例となったチャリティー募金イベント「第45回 愛の泉」が始まった。


ソニービル「愛の泉」が点灯−募金でイルミが変化、毎時演出も


ソニースクエアでのクリスマスチャリティイベント

 今回登場したのは、高さ最大10メートルのイルミネーション「クリスタルアクアツリーズ」。棒状の電飾が長短さまざまにレイアウトされたイルミで、色や動きの組み合わせで「滝」「噴水」「氷琴」「波」といった4種類の水を表現。通常は主に白と青い光が揺らめき、上部に設置したカメラによって街の景色や人の動きにも反応する。

 ローマ・トレビの泉にヒントを得た募金スタイルで、募金箱へコインを投入すると音と光の演出も。ほかに毎時00分から約1分半、赤や黄のカラフルな色使いによる特別演出がお目見えする。募金は昨年に引き続き、公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンを通じて東日本大震災復興支援プロジェクト「RESTART JAPAN ファンド」による夢実現プロジェクトの第3期助成金として、被災した子どもたちのスポーツや文化活動を支援。昨年の愛の泉では約200万円が集まった。

 3日には、ソニーのキャラクターモモ妹とリサとガスパールのキャラクターが登場し、クリスタルアクアツリーズの点灯式を開催。ソニー企業の齋藤惠治社長は「被災した子どもたちの夢への支援をよろしくお願いします」と募金を呼び掛けた。その後、カウントダウンの後にライトアップがスタート。足を止めた来街者が歓声を上げた。


 開催時間は11時〜23時。来年1月14日まで。

集まった募金は、東日本大震災で被災した子供たちへ使われるとのことです。
ぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか。



記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2012 MediBridge Inc. All Rights Reserved




20

iPS細胞を用いた目の臨床研究を理研が認証

こんにちは。
弊社オフィスのある銀座では、クリスマスへ向けたイルミネーションがいたるところで見られますが、有楽町ロフト、銀座三越などの銀座・有楽町エリアの商業施設に、被災地復興への祈りを込めてクリエーターや美大生らがデザインしたオーナメントを飾り付けた「ユニセフ 祈りのビッグツリー」がお目見えしています。
銀座へお越しの際は、個性あふれるオーナメントを一度ご覧になってみては如何でしょうか?

1352883238_photo

さて、本日は、iPS細胞を用いた目の臨床研究を理研の倫理審査委員会が認証したニュースをご紹介いたします。

<iPS細胞>目の臨床研究を承認 理研の倫理審査委

理化学研究所(理研)の倫理審査委員会は19日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使った目の病気治療の臨床研究について、計画は適正として承認した。21日には共同研究機関の先端医療センター病院(神戸市)の倫理委でも審議が予定され、承認されれば年内にも厚生労働省の委員会に計画が申請される。国が承認すれば、iPS細胞を使った世界初の臨床応用が実現する見通し。

 臨床研究は、理研発生・再生科学総合研究センター(同市)の高橋政代プロジェクトリーダーらが計画。高齢者に多い目の病気「加齢黄斑変性」のうち、網膜の裏側に余分な血管が生えて視力が落ちる「滲出型(しんしゅつがた)」の患者6人前後を対象としている。患者の皮膚細胞から作製したiPS細胞を、網膜の一部「網膜色素上皮細胞」に変化させ、シート状にして移植する。

 理研の倫理委は、法律の専門家や臨床医ら9人で構成し、非公開で審査。倫理的観点や科学的な視点から議論したとみられる。iPS細胞は、移植後のがん化が最大の課題だが、目の細胞の組織はがんになりにくいとされる。今回の計画は「臨床研究の初期段階」と位置づけ、安全性の確認を主な目的にしている。



記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2012 MediBridge Inc. All Rights Reserved




13

帝国ホテルにマカロンのクリスマスツリーが登場!

こんにちは!
銀座のケーキ屋さんのショーウィンドーには、クリスマスケーキの見本が並ぶ時期になりました。
どれもおいしそうで、つい足を止めてしまいます。

クリスマスの雰囲気で賑やかな銀座界隈ですが、日比谷の帝国ホテルにはなんとマカロンで作られたピンクのクリスマスツリーが展示されています。

1322720220_b


マカロン2000個を使った巨大クリスマスツリー、帝国ホテル地下に登場


マカロン2000個を敷き詰めた巨大クリスマスツリーが12月1日、帝国ホテル 東京(千代田区内幸町1)地下1階アーケードに登場した。
 
 同アーケードでは昨年から、食べられるアートを紹介する「スイーツアート展」を展開。昨年は、3メートルのケーキ製ツリーを展示した。スイーツとは思えない「リアルさ」「大きさ」が話題を集め、来街者数は「例年の3〜4倍に増えた」(同アーケード内「マユヤマジュエラー」取締役の繭山達也さん)という。

 今年のマカロンツリーは、昨年アーケードで併催したコンペ「第1回IHA杯」で金賞に輝いたスイーツアーティスト田邉美佐紀さんによるもの。ピンクのマカロン風モチーフ2000個をグラデーション状に敷き詰めた高さ4メートルのツリーで、11月初めから制作を開始。田邉さんが主宰する教室「Mammy Sugar Art」のスタッフ、生徒らが協力し、延べ150人が1カ月かけて完成させた。2000個のマカロンパートだけでも150キロの砂糖を使い、土台部分には花やリボンをモチーフにした細かい装飾も展開。4つのパートに分割して2トントラックで搬入した。

ほんのりピンクのマカロンで作られたツリー、とっても可愛いですね!
12月25日までの展示だそうですから、お近くに来られた際は是非立ち寄られてみては如何でしょうか?



記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2011 MediBridge Inc. All Rights Reserved




17

銀座ミキモトにジャンボクリスマスツリーが登場!

こんにちは!
11月も後半になり、銀座の街はクリスマス一色になってきました。
今年も銀座のあちこちに、趣向をこらしたツリーが飾られています。
先週末には、毎年恒例のミキモトのツリーが、今年も点灯されました。

mikimoto_tree

銀座に冬の彩り−ミキモトツリー、LEDに変更し今年も点灯

銀座・ミキモト本店(中央区銀座4)前で11月12日夕方、今年も「ジャンボクリスマスツリー」点灯式が行われ、歩行者天国となった中央通りはツリーを一目見ようと訪れた多くの来街者でにぎわった。

 1976(昭和51)年から続くミキモト恒例企画で、銀座に冬の到来を告げる風物詩として親しまれる同ツリー。今年で34本目を数えるモミの木は、高さ約10メートル、樹齢30〜40年のものを根付きのまま運び込んだ。

 今年のテーマは「子どもたちの夢」。「建築家になって面白い家を造って住みたい」(ゆうすけ君)「宇宙の奥に行ってみたい」(ひろむ君)など、子どもたちの夢を記した35個のガラス製メッセージボールをオーナメントに、電飾を添えて飾り付けた。メッセージは店内受付でも展示する。

 今年初の取り組みとして、3000個のイルミネーション全てをLEDに変更。これまで「温かい表現を」との思いで白熱灯にこだわってきたが、「暖かい色のLEDがようやく見つかった」(ミキモト広報課)。消費電力はこれまでに比べ10%まで引き下がるという。

 同日の銀座は気温19度で比較的暖かい一日だった。会場では日の入りと共に点灯式を開催し、子どもゴスペル隊「エバーグリーン・クワイアー」がクリスマスソングを合唱。来街者の人だかりは中央通りに大きく広がり、17時の歩行者天国終了まで続いた。

 点灯時間は10時〜22時。12月25日まで。

3月の震災以降、節電で暗かった銀座ですが、ようやく元の活気が戻ってきたような気がします。
とはいえ、被災地の方にはまだまだ厳しい冬。
被災地の方々が、少しでも明るいクリスマスを過ごせますようお祈り致します。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2011 MediBridge Inc. All Rights Reserved




24

クリスマスに思うこと

おはようございます!
今日はクリスマスイブ、金曜ということもあって、朝からお仕事に身が入らない方もいるのでは?
日本では、イブは恋人たちが一緒に過ごす日になっていますが、海外では、家族で一緒に過ごしたり、クリスチャンは教会に行って祈りを捧げる方が多く見られますね。皆さんはどんなイブを過ごされますか?

Christmas-Time


さて、イブは言うまでもなくイエス・キリストの生誕にちなんだ日ですが、キリストの教えの中には「隣人愛」というものがあります。「自分を愛するように、隣人を愛しなさい」とキリストは説きましたが、この言葉には、とても深い含蓄があるように思います。
誰かのことを、自分自身のことのように考えること。
これには豊かな想像力が必要です。

「もし私があの人の立場だったら・・・」

立場の違う人のこと、自分が持っているものを持っていない人のこと、そのような誰かのことを、自分自身の立場に置き換えて考えることは、容易なことではありません。

弊社がご提供している、インドでの代理出産、韓国での卵子提供も、「もし私だったら・・・」という気持ちを持ってくださる、多くの方々のご協力によって成り立っています。
お子さんが欲しくても、ご夫婦だけではお子さんを授かることがどうしてもできない。そのような辛い状況を、理解し、協力してくださる代理母の方たち、エッグドナーボランティアの方たちの存在なくしては、私たちは不妊に苦しむ方々のお手伝いをすることもできません。

インドの代理母の方たちは、お子さんを出産するまで、管理された環境で過ごし、家族とは離れて暮らします。快適な環境で過ごされてはいるものの、ご自身の生活をある意味犠牲にして、お子さんを望むご夫婦に協力してくださっています。

また、卵子提供にご協力くださるエッグドナーボランティアの方たちも、それぞれの方がご自身の依頼者の方がお子さんを持てることを祈りながら、長い投薬期間中も「うまく採卵ができるだろうか」とご自身の状態を気にしながら、慣れない海外での治療に協力してくださっています。

代理出産、卵子提供という新しい分野の不妊治療方法に関しては、まだまだ理解が得られていないと感じることも多いのですが、その一方で、ご協力くださる方々の支えがあり、多くの方々がお子さんを授かっておられることが、私たちにとっては本当に喜びであり、感謝の念に堪えません。

私たちメディブリッジは、日本の医療で報われない方々をお助けしたい、という思いで、インドでの代理出産、韓国での卵子提供をご提供しています。そのような弊社の理念を理解し、ご協力くださった代理母の方々、エッグドナーボランティアの方々をはじめとする皆様のお蔭で、今年も多くのご夫婦がお子さんを授かっておられます。

皆様のご理解、ご協力に、この場を借りて改めて感謝の意を表したいと思います。
今後とも、どうかご声援、よろしくお願い致します!

記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:©  2009-2010 MediBridge Inc. All Rights Reserved




25

メディブリッジからメリークリスマス!

メリークリスマス!
関東が晴天の中、クリスマスの朝を迎えました!
昨晩はクリスマスイブ礼拝に出席しましたが、今年も皆で美しいクリスマスソングを歌い、喜びを共有いたしました。

santa-letter-child

クリスマスというものは、改めて他者への思いを考えさせられます。
家のない人、病に苦しまれる人、食べる物に苦労している人、ストリートチルドレン、家族を失った人、愛情に恵まれていない子供達などなど、国境や文化も超え、人として自身のことではなく、他者を考えされられる良い機会であります。

そう考えると、キリスト教のイベントと考えるより、全ての人にもこういう再考する日は大切であろうと思います。

メディブリッジもこれからも3つのミッションを胸に、人と社会に貢献するよう努力して参ります。

ところで、皆さんクリック募金というものをご存知でしょうか?
クリックすることで募金を行えるとっても画期的なシステムなのですが、クリスマスという良い機会に一度参加されてはいかがでしょうか?

クリック募金
http://www.dff.jp/





記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:©  2009 MediBridge Inc. All Rights Reserved




プロフィール

メディブリッジ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断プログラム、アジア・ヨーロッパでの代理出産をご提供しております。
このブログで不妊治療現場、世界の医療、弊社メディブリッジの思いなどなどなどあらゆる事をお伝えして参ります。

記事検索
ミッション
MediBridgeのミッション
  1. 1. 日本の医療制度で救われない日本人患者のサポート
  2. 2. 途上国の雇用促進
  3. 3. 医療のグローバル化支援
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 新年の御挨拶 −設立12年目になりました−
  • 新年おめでとうございます
  • 妊娠前の風疹抗体検査
  • ハワイでの卵子提供プログラム
  • 着床前診断について
  • エッグドナーボランティア募集
  • 大渕弁護士、出産で涙止まらず「本当に嬉しくて、感動」
  • 西村知美、不妊で悩んでいたとき相田みつを氏の言葉に出会い救われた…
  • 卵子を使わずに新生児マウス誕生? 英国とドイツの研究
  • メディブリッジのサポート体制
  • 弊社の着床前診断プログラム
  • 3Dプリンターで作った卵巣でマウスが妊娠!
QRコード
QRコード