medibridges

代理出産・卵子提供コーディネーターブログ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断、アジア・ヨーロッパでの代理出産を提供しているコーディネーターのブログ。

ロキタンスキー

12

代理出産プログラムのご案内

こんにちは!
 
1月12日、今日はスキーの日!
平成6年に大手スポーツメーカーが設定したそうです。
東京では昨年11月に初雪がみられて以降、雪の訪れがなくちょっと寂しい感じもしますね.

代理出産_メディブリッジ

さて、本日は弊社メディブリッジにてご案内させていただいております、代理出産プログラムについてご紹介させていただきます。

代理出産プログラムの流れって? 

現在日本では、代理出産は残念ながらほとんどの病院で行われていない状況になっております。
※日本の法律自体の規制はありません
しかし、海外では代理出産は不妊治療の1つと考えられており、患者様の状態によっては有効な治療法と言えます。
日本国内でも代理出産を希望する患者様は少なくありません。

弊社メディブリッジでは「子宮に問題があるために、長年赤ちゃんを持つ夢をあきらめていた」、「ずっと子宮の機能がないために苦しんでいた」、「妊娠、出産が危険だと医師に言われ、悩んでいる」といったお問い合わせを多くいただきます。

代理出産プログラムはどなたでもお受けいただけるプログラムではなく、本人による妊娠継続や分娩が医学上危険、不可能であると診断された方に限ります。

<代理出産プログラムの主な適応症>
○子宮が摘出されている場合(子宮体癌等の治療のため)
○子宮欠損症(ロキタンスキー症候群)や子宮奇形などの場合
○着床、妊娠継続、出産に際し重篤な子宮の問題がある場合
○妊娠継続、分娩が医学上危険であると診断された場合

メディブリッジでは海外の高度医療施設と提携し、クライアント様に安心して、なるべくご負担の少ない金額で、代理出産という高度な医療プログラムをご案内させていただいております。

様々なご事情により、代理出産プログラムをご検討中の方は、ぜひ一度、弊社にご相談ください。
お問い合わせフォーム
 
記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2017 MediBridge Inc. All Rights Reserved
 

10

日本でも子宮移植ができる日が!

こんにちは!
抜けるような冬の空が広がった今日の東京ですが、今夜から今期最大の寒波がやってくるそうです。
暖かくしてお過ごしください。

medi-bridges_20170111

ビックニュースです。
とうとう日本でも子宮移植が実現できる可能性が出てきました。
慶応大学のチームがが2017年内に学内の倫理委員会に申請する方針であることが判明したとの事です。

子宮移植、慶大が初の申請へ…5人に臨床研究
病気などで子宮がない女性に、妊娠・出産を目的に第三者の子宮を移植する子宮移植の臨床研究を、慶応大のチームが2017年内に学内の倫理委員会に申請する方針であることがわかった。

海外では出産例もあるが、国内で実施されれば初めて。

子宮移植は赤ちゃんを得ることが目的で、心臓や肝臓の移植のように本人の生命維持のためではない。

このため、倫理委員会や関連学会の承認を得て、先天的に子宮がない「ロキタンスキー症候群」という病気の女性を対象に3年間で5人に移植する計画だ。子宮は母親など親族から提供を受ける。将来は子宮頸(けい)がんなどで子宮を失った人も対象になる可能性がある。

読売新聞 1/9(月) 6:06配信

「ロキタンスキーー症候群」という疾患をご存知でしょうか。
生まれつき子宮がない疾患で、日本産婦人科学会の説明によれば、出生女児5,000人に 1 人の割合で発生する比較的まれな疾患であり,胎生期のミュ.ラー管の分化異常により起こるとされるが,その正確な原因はいまだ不明との事です。
通常卵巣はありますので、採卵は可能です。
しかしご自身で妊娠、出産をすることが出来ないため、弊社では代理出産のプログラムでサポートしてい参りました。
2014年にスウエーデンで世界で初めて、子宮移植を受けた女性が健康な男児を出産たとのニュースの接し、目から鱗の素晴らしい発想と技術だと感心すると同時に、世界でもトップレベルの医療、不妊(ではないけれど)治療技術を誇る日本において、何故このような方々に助けの手が差し伸べられないのかと、じれったく思いました。

学内には倫理的に問題視する向きもあるようです。
倫理問題をおざなりにしていいと、考えているわけではありませんが、その技術で救われる方がいる事も忘れて欲しくはありません。

記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2017 MediBridge Inc. All Rights Reserved
 

29

スーパーモデルのタイラ・バンクス、代理出産で第1子誕生

こんにちは。
今週は九州で大雪が降ったり、沖縄でもみぞれが見られるなど、寒さが一際でしたね。
週末にかけて雨、雪の予報になっていますから、風邪を引かないように、皆さんお気をつけください!

今日はスーパーモデルのタイラ・バンクスのニュースをお伝えします。

Tyra_surrogacy

〈速報〉タイラ・バンクス、代理母通じ奇跡の第一子誕生

スーパーモデルのタイラ・バンクス(42)が、代理母を通じ、第一子となる男児ヨークス・バンクス・アスラが誕生したことを発表した。

 バンクスは米国時間の27日、インスタグラムで代理母に感謝のメッセージを贈り、「私たちが一生懸命祈っていた最高の贈り物が、ついに届きまし た。彼は私の指と大きな目、パパのエリックの口と顎を受け継いだ。私たちのミラクル・ベイビーを産んでくれた天使のような女性に感謝し、この喜ばしい道標 にたどり着くために頑張っている皆さんのために祈っています。ヨーク・バンクス・アスラ、ようこそ」とコメントした。

 赤ちゃんはバンクスとフォトグラファーの恋人エリク・アスラにとって、第一子となる。24歳の頃から子供を熱望していたというバンクスは過去に、 米ピープル誌のインタビューで、妊娠するための苦労について明かし、「非常に辛く、トラウマ的な瞬間を経験した」と語っていた。(ニューヨーク=鹿目直子)

(朝日新聞DIGITALより)


ビクトリアシークレットのモデルを務めたこともあるスタイル抜群の完璧な美女タイラですが、不妊治療での苦悩があったことを明かしています。出演したテレビ番組で、子どもをなかなか授かれないことを涙ながらに語ったこともあるそうです。治療の末、やっと授かった第一子は男の子だったようですが、タイラのコメント、母になった喜びでいっぱいですね。


弊社では、卵子提供だけでなく、代理出産プログラムもご紹介しています。

弊社の代理出産プログラムには条件があり、子宮がんなどの理由により子宮摘出した方や、ロキタンスキー症候群の方など、主に子宮の機能不全によりご自身の妊娠が不可能な方にのみご案内しております。

代理出産についてご検討されている方、まずはお気軽にお問合せください。



記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2016 MediBridge Inc. All Rights Reserved




11

メディブリッジのプログラム


先日報道されました弊社元代表者の法人税法違反容疑事件につきましては、皆様方に、多大なるご迷惑とご心配をおかけ致しましたことを謹んで深くお詫び申し上げます。

クライアントの皆様からのお叱り、失望、ご心配のお声を頂戴いたしておりますこと、厳粛に受け止めております。
また、変わらぬご信頼をお寄せいただいた皆様、社員への励ましのお言葉をくださった皆様に感謝申し上げます。

弊社では今後とも変わらずにプログラムを提供してまいります。

このような状況にも関わらず、提携を継続いただけたのみならず、いずれも励ましのお言葉をかけて下さいました各国の提携先クリニックにも心より感謝申し上げます。



flower_winter


弊社メディブリッジでは、海外での卵子提供プログラム、代理出産プログラムをご提供しております。
卵子提供プログラムは、卵巣機能要因(早発閉経や高齢による卵巣機能低下など)によりご妊娠に至らないご夫妻に、第三者(エッグドナー)に卵子をご提供頂き、ドナーから提供された卵子とご主人の精子を受精させ、受精卵を奥様の子宮に移植するプログラムです。
代理出産プログラムは、子宮要因による不妊(子宮摘出やロキタンスキー症候群など)、あるいはその他持病による影響で妊娠継続が困難な場合に、ご夫妻の受精卵を用いて第三者(代理母)の子宮に移植を行うプログラムです。

弊社は設立以来、多くのお子様を望まれるご夫妻のサポートを行って参りました。
新しい命の誕生のお手伝いができることは、私たちにとっても、大きな喜びです。

弊社は今後も、弊社をご信頼下さった方々のご期待に応えるべく社員一同全力をあげて職務に邁進し、信用の回復に努めて参る所存でございます。

皆様のご支援に、重ねて御礼申し上げます。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2015 MediBridge Inc. All Rights Reserved
16

子宮移植を受けた女性が出産

12月も折り返し、2014年もカウントダウンに入りました。
皆様にとって、今年はどんな年でしたか?

eggdonnor

日進月歩の医療の世界では、生殖に関わる医療の進歩も目覚ましいものがあります。
2014年12月3日付英3日付英大衆紙デイリー・メールが、驚くべきニュースを報じました。
自身の母親から子宮の移植手術を受けた女性が2人、無事出産に至ったいうのです。

親から子宮移植、2女性が相次いで出産…英紙

3日付英大衆紙デイリー・メールは、スウェーデンで最近、自身の母親から子宮の移植手術を受けた2人の女性が相次いで出産に成功したと伝えた。
同紙は、親からの子宮移植で出産に成功したのは世界で初めてとしている。
同紙によると、成功したのは、生まれつき子宮のないスウェーデン人の女性(29)と、がん治療で20歳代の時に子宮を摘出した女性(34)で、それぞれ約2500グラムと約2700グラムの男児を産んだ。ともに予定日より約1か月早く、帝王切開で出産した。
手術では、母親の子宮を10時間かけて摘出した後、本人の子宮に6時間かけて移植し、拒絶反応を防ぐ免疫抑制剤を投与。約1年後、凍結保存しておいた受精卵を子宮に戻し、妊娠させた。手術には、英国の大学教授らも立ち会った。
スウェーデンでは9月、血縁関係のない提供者(ドナー)からの子宮移植で出産に成功していた。
【ロンドン=柳沢亨之】


始めは驚愕をもって受け止めたこのニュースですが、次第に子宮の移殖はむしろ発想としては当然の事であり、なぜ今まで実行されなかったのかという気さえしてきました。
むしろ驚くべきは臓器としての子宮の力です。ご出産されたお二人の年齢を考えると、お母様は閉経されていたと考えられます。閉経後、子宮としてはそれまでの肥厚と消退を繰り返す事は無くなっていますが、一旦環境を与えられれば本来の力を発揮し、着床さえる力を持っているのだと改めて実感しました。卵子提供の可能性も感じたニュースでした。


記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2014 MediBridge Inc. All Rights Reserved



17

代理出産という選択肢

弊社、メディブリッジは代理出産を日本で始めて5年。
これまで80組以上の以上のクライアント様のサポートをして参りました。

ここ数年は「メディブリッジといえば代理出産をアジアで最初に始めた会社」
と言って頂けるようにもなりました。

代理出産とメディブリッジ

弊社ではどなたでも代理出産をご提供するということはせず、ロキタンスキー症候群のような生まれつきお子様をご自身で出産することが難しい患者様や、癌などの理由で子宮を摘出せざるをえなかった患者様のみ、代理出産プログラムをご提供しております。

本当に必要な方にだけ、代理出産をご提供する。
代理出産を日本で根付かせるためにも、この考えは重要であると我々は信じております。

そしてもう一つ重要なことは代理母が幸せで、満足して協力頂けること。

依頼者夫婦と代理母がお互いにお幸せになって頂ける、WIN-WIN関係が作れるよう、そのことを常に考え代理出産をご提供しております。

多くの人を幸せにしたい。
我々はこの思いで、日々患者様とお会いさせて頂いております。



記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




13

代理出産って?

こんにちは。
もうすぐ父の日ですね!
みなさんはなにか心のこもった贈り物など考えていますか?
おしゃれステテコや甚平など人気のようですね。
でも、世のお父さんはいくつになっても、娘からの”気持ち”が嬉しいんですよね!

father

さて、今日は弊社の代理出産プログラムについて少しお話したいと思います。

不妊治療の一手段として耳にする機会も増えてきた「代理出産」ですが、実際どのようなケースに有効なのでしょうか?

代理出産とはご自身の子宮の異常・病気などにより妊娠・出産が難しい女性に代わり、女性自身の卵子を採取し、配偶者の精子とで体外受精を行い、その後代理母の子宮に移植を行って、出産をする方法です。
卵巣は機能しており排卵はあるが子宮側あるいはその他の臓器の問題でご自身での妊娠・出産が出来ないケースが該当します。

このプログラムがなければ生まれてくることが出来なかったかもしれない「自分たちの遺伝的子ども」を、代理母の協力のもと、もてる可能性があるのです。

代理出産プログラムの成功率は代理母に移植される受精卵の質、この場合は主に卵子の質によって左右されます。
子宮の状態が大変良い状態であっても、具体的に妊娠成功率の決め手となるのは「卵子の生殖力」が大きいのです。
また、生殖力は採卵時の女性の年齢や卵巣機能の状態に大きく左右されます。

また、代理出産プログラムにおいての問題として、費用が非常に高額であることがあがります。
弊社ではインドの高度医療施設と提携し、負担の少ない金額でどこよりも安心して代理出産という高度な医療プログラムをご提供致します。
これによりアメリカでの代理出産にかかる費用の約3分の1のご負担で代理出産を行うことを可能に致しました。

代理出産をご検討されている方は、ご夫妻だけで悩まずに、ぜひ一度弊社までお気軽にお問い合わせください。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2012 MediBridge Inc. All Rights Reserved




28

代理出産が有効なのはどんな場合なの?

おはようございます!
東京では5月のスカイツリーのオープンが何かと話題になっていますが、スカイツリーを作った大林組が、なんと宇宙に行けるエレベータの建設を計画しているそうです。
なんとも夢のある計画ですが、実現したら是非乗ってみたいですよね!

さて、今日は、代理出産に関する誤解について、お話ししようと思います。
弊社は、代理出産・卵子提供を中心に、海外での不妊治療をご提供しているエージェンシーですが、代理出産に関してのお問合せの中には、代理出産を誤解されているケースが少なくありません。

一番多いのは、「日本で長年不妊治療を受けてきたが、どうしても妊娠できないので代理出産を希望する」というケースです。
日本で不妊治療を受けてこられたという治療歴がある場合、患者は体外受精を受けられる、と医師に判断されている、ということです。
体外受精を受けられる、ということは、その方の子宮が胚移植を受けられる状態である、ということを意味します。

代理出産は、ご自身の子宮で妊娠・出産ができない場合、自身の卵子を採取し、配偶者の精子とで体外受精を行い、その後第三者の子宮に移植を行って、文字通り第三者の子宮を借り(「借り腹」などという言い方もあります)、自分の代わりに出産をしてもらうという治療法です。
卵巣は機能しており排卵はあるが、子宮側あるいはその他の臓器の問題で、自身での妊娠ができないケースがこれに該当します。
具体的には、子宮がんなどによる子宮摘出、ロキタンスキー症候群、その他疾患などによる妊娠継続不可などのケースがあります。
弊社では、このようなご病気などの理由により、子宮に問題があり、身体的にどうしてもご自身での妊娠ができない場合に限って、代理出産をご案内しております。

従って、上記のようなケース(長年の不妊治療にもかかわらず妊娠できない)は、代理出産には該当しません。
ほとんどの場合、「体外受精による不妊治療を受けてきたが、妊娠に至らない」というケースは、子宮の問題ではなく、卵子の劣化が原因です。
もし妊娠に至らない原因が、加齢などによる卵巣機能の低下にあるとすれば、仮にご自身の卵子での代理出産を試みることができたとしても、結果はご自身で胚移植を受けた場合と同じものになることが予想されます。
このような治療歴の方の場合は、お子様を持つために有効なのは、卵子提供です。

代理出産は、「妊娠できない人が誰でも子どもを持てる魔法のような方法」と考えている方が少なくありません。
しかし、子宮には問題がないが卵子の劣化が原因で妊娠に至らないケースに対しては、代理出産は解決策にはなりません。

弊社では、それぞれの方の治療歴、ご状況をまずはお伺いした上で、個々の方に適切なプログラムをご案内しております。
ご自身に有効な治療方法を見極めるためにも、海外での不妊治療をご検討の方は、お気軽に弊社までお問い合わせください!



記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2012 MediBridge Inc. All Rights Reserved




28

代理出産と卵子提供、どんな場合に有効なの?

おはようございます!
今日は銀座もうららかな春の陽気となっています。
青空の日は気分が晴れやかになり、嬉しいものですが、花粉の飛散は今がピークのようです。
花粉症の方、来週半ばには大量飛散が予想されていますので、お気を付けください!

Child-blowing-bloom


さて、弊社は不妊治療に関する悩みを持ったいろいろな方からご相談を受けておりますが、なかには、「自分の場合は治療方法として、代理出産と卵子提供のどちらが適切なのか、わからない」という方もいらっしゃいます。

そこで、今日は、弊社が提供している、卵子提供、代理出産という不妊治療が、それぞれどのようなケースに有効なのかをお伝えしたいと思います。

  • 卵子提供が該当するケース
卵子提供というのは、ご自身の卵子での妊娠ができない場合に、第三者からの卵子を提供してもらい、配偶者の精子と体外受精を行い、自分の子宮に移植を行うという治療法です。
具体的には、早期閉経、ターナー症候群、加齢による卵子の老化、卵巣がんなどによる卵巣摘出などのケースが挙げられます。
子宮環境に問題はなく、何度も体外受精を行ってきたが、卵子が採取できない、あるいは採取できてもグレードがよくない、といったケースにも、卵子提供は有効です。昨年卵子提供による妊娠を公表された野田聖子議員などはこのケースに該当しますね。
自身の卵子による妊娠が難しくても、ご自身の子宮に問題がなければ、若い女性の卵子による体外受精を行うことで、高い確率で妊娠することが期待できます。

  • 代理出産が該当するケース
代理出産は、ご自身の子宮で妊娠・出産ができない場合、自身の卵子を採取し、配偶者の精子とで体外受精を行い、その後第三者の子宮に移植を行って、文字通り第三者の子宮を借り(「借り腹」などという言い方もあります)、自分の代わりに出産をしてもらうという治療法です。
卵巣は機能しており排卵はあるが、子宮側あるいはその他の臓器の問題で、自身での妊娠ができないケースがこれに該当します。
具体的には、子宮がんなどによる子宮摘出、ロキタンスキー症候群、その他疾患などによる妊娠継続不可などのケースがあります。
なかには、「体型が変わるから自分で産みたくない」「仕事を休みたくない」などの理由で代理出産を希望する人もいますが、弊社では、ご自身で出産ができる方のケースは扱っておりません。
弊社では、ご病気などの理由により、身体的にどうしてもご自身での妊娠ができない場合に限って、代理出産をご案内しております。


代理出産、卵子提供のいずれも、第三者の助けがなければ、成立しない治療方法です。
先が見えない不妊治療を長年行ってくると、多くの患者は気持ちも落ち込みますし、他者に対する思いやりを持つ余裕を失ってしまうこともあるかも知れません。
でも、力を貸してくれる誰かが、自分の為に頑張ってくれている、という事実は、決して軽く考えてはいけないことです。
勇気をもって、力を貸してくれる方のことを、治療を受ける側もまた、常に敬意を持って考えてほしい。
それが、代理出産、卵子提供という生殖医療のあるべき姿だと、私たちは考えています。



記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:©  2008-2011 MediBridge Inc. All Rights Reserved




28

代理出産、卵子提供をご提供する上で 〜マスコミとの取材をする上で〜 [Part 1]

おはようございます!
野田聖子さんの報道があってか、最近も多くのマスコミの取材を受けております。
マスコミの取材では、弊社がどうして代理出産や卵子提供をご提供しているのか、しっかりとご説明できるチャンスだと思い、真剣にお話させて頂いております。

まず弊社が存在する意義をマスコミの方にはご説明しなくてはなりません。
弊社が行いたいこと。
それは日本社会において、生まれつき子宮や卵巣が機能しない女性、癌などの病でやはり子宮などを摘出した女性、早期閉経の女性、そのような方が数多くいる中、その方々に対して日本の医師は通常、見向きもしません。
人にも簡単に話せることではなく、望んでいた普通の幸せが手れることも出来ず、医師にも相手にされないならば、もう行き場がないのです。

woman

日本では代理出産、卵子提供は違法ではありません。
それでも尚、前述の女性達の助けになれないのは、産婦人科学会の指針に相反ことにより、直に言えば学会からの追放を恐れるからです。
さらに悪い言い方をすれば、やはり多くの医師も人間。患者を救おうとする気持ちより、せっかく医師になれたのだから、自身を守ろうとする気持ちの方が強いため、行き場のない女性達の相談にものらない医師も多くいるのです。

弊社はそのような方々にとって、相談できるよりどころであり、その各々の女性に、欧米人が既に築き上げた、他の生き方の選択肢があることを
伝えたいのです。

弊社は利益を追求するようなことはせず、逆に利益を追求すれば、人とは直に接し会う事が出来ないと考えております。

「自分の悩みを全て話せたのは初めてです」
幾人かのクライアント様はそうおっしゃって下さいました。
それほど自身の悩みを人に話すことが簡単には出来ないのです。

まずメディブリッジはそのような女性が、公の場では知られていないが、たくさんおられ、各々とても悩み苦しみまれていることをマスコミに伝えるようにしております。

どうかこの日本において、各々の苦しみが、自身が味わっていなくとも理解しあえる世の中になって欲しいと、メディブリッジはそう強く望んでおります。



記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:©  2008-2011 MediBridge Inc. All Rights Reserved




プロフィール

メディブリッジ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断プログラム、アジア・ヨーロッパでの代理出産をご提供しております。
このブログで不妊治療現場、世界の医療、弊社メディブリッジの思いなどなどなどあらゆる事をお伝えして参ります。

記事検索
ミッション
MediBridgeのミッション
  1. 1. 日本の医療制度で救われない日本人患者のサポート
  2. 2. 途上国の雇用促進
  3. 3. 医療のグローバル化支援
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 新年の御挨拶 −設立12年目になりました−
  • 新年おめでとうございます
  • 妊娠前の風疹抗体検査
  • ハワイでの卵子提供プログラム
  • 着床前診断について
  • エッグドナーボランティア募集
  • 大渕弁護士、出産で涙止まらず「本当に嬉しくて、感動」
  • 西村知美、不妊で悩んでいたとき相田みつを氏の言葉に出会い救われた…
  • 卵子を使わずに新生児マウス誕生? 英国とドイツの研究
  • メディブリッジのサポート体制
  • 弊社の着床前診断プログラム
  • 3Dプリンターで作った卵巣でマウスが妊娠!
QRコード
QRコード