medibridges

代理出産・卵子提供コーディネーターブログ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断、アジア・ヨーロッパでの代理出産を提供しているコーディネーターのブログ。

予防接種

28

妊娠初期の「風しん」で障害 男性も要注意

こんにちは。2月も終わりですが、まだまだ寒い日が続きますね。
本日は風しんにまつわるお話しをさせていただきます。

風しん
 

妊娠中の女性、特に初期の段階で「風しん」にかかると約8割の確率で赤ちゃんに障害が出るといいます。風しんはうつりますので、これはひとごとではなく夫や同僚、さらにおじいちゃんがうつしてしまう可能性もあるのです。
お母さんと一緒にごはんを作る女の子、西村葉七ちゃん4歳です。ピンクの眼鏡は、目の乱視を矯正するためです。
「うまーい、最高!」(西村葉七ちゃん)
母親の麻依子さんは、あることを後悔しています。
「妊娠7週目に頸部のリンパが腫れているのがわかって、血液検査の結果“風しん”にかかっているのがわかった」(母親 西村麻依子さん・34歳)
産婦人科の医師からは、こう告げられたといいます。
「中絶するように言われた。100%障害が出るとわかっている子を『なぜ産むのか』と言われた」(母親 西村麻依子さん)
お腹の中の子どもを信じ、産む決断をした西村さん。実際に葉七ちゃんが生まれてくると、恐れていたことが現実となりました。
「心臓に2か所穴が開いている。角膜の混濁が右目にある、将来的に発達障害がでる可能性があると言われた。“風しんにかからなければ”という気持ち…この子に本当に申し訳ないことをしてしまったと」(母親 西村麻依子さん)
風しんは2012年から翌年にかけ流行し、1万7000人が感染しました。この時期に胎内で感染し生まれた45人の赤ちゃんには障害があり、少なくとも7人が生後5か月を前に亡くなりました。
「先天性風しん症候群と言われていて、耳が聞こえにくい、聞こえない、聴力がほとんどない。視力が低い、白内障、場合によっては目が見えない。もう1つが心臓の奇形ですね」(済生会中津病院 安井良則医師)
この時期の流行にはある特徴があったといいます。
「“取り残された年代”、特に30代後半から40代の男性を中心に流行していて、ご主人が発病して妻がもらってしまうケースが少なくなかった」(済生会中津病院 安井良則医師)
風しんの予防接種を受けているかどうかは、世代や性別によって大きな違いがあります。特に1979年以前に生まれた男性は、予防接種を受ける機会が全くありませんでした。
「男性にもワクチンをうってもらって、ワクチンを打てない妊婦や抗体がつきにくい人を守ることができる」(妊娠中に風しんにかかった 西村麻依子さん)
日本産婦人科医会は2020年までに国内から風しんをなくす「風しんゼロプロジェクト」を立ち上げるなど、ワクチン接種を呼びかけています。
「カメラさん見てくれてるよー」(西村葉七ちゃん)
母親が妊娠初期に風しんにかかり生まれた葉七ちゃん。心臓に開いていた穴も自然に治りました。いまは療育センターに通い、ゆっくりと成長しています。
「他の子どもと比べると幼いところはたくさんあるが、葉七なりの成長を頑張ってしていると思う」(母親 西村麻依子さん)


男女共に抗体を持っていない方は、早々にワクチン接種のご受診をお勧めします。
体外受精を受けられる方の場合には、抗体ワクチンを受けてから2か月以上経過してから治療を行うのが望ましいとされています。

記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2017 MediBridge Inc. All Rights Reserved
  
29

風疹の抗体検査が負担減に?!

こんにちは。
週末にかけて、台風の接近の影響で天候は下り坂になるようです。
徐々に日が落ちる時間も早まり、秋の気配を感じますね。

sunset


さて、昨日は、妊娠中に風疹に感染した場合の危険性についてお伝えしました。
感染の危険を避ける方法としては、まず風疹の抗体検査を受け、免疫が弱い又は無い場合、予防接種を受けることになります。
この抗体検査の費用負担が、近い将来軽減される可能性があるようです。

風疹大流行 妊娠を望む人ら対象に抗体検査費用を全額補助へ

2013年に風疹が大流行したことを受けて、厚生労働省は、風疹の免疫を持っているかどうかを調べる抗体検査の費用を、妊娠を望む人らを対象に、2014年度から全額補助する方針を決めた。
風疹をめぐっては、妊婦が感染すると、胎児に障害が出るおそれがあることから、厚労省は、妊娠を望む人や、そのパートナーを対象に、風疹の抗体検査をしたうえで、免疫がないとわかれば、予防接種を受けるよう呼びかけている。
2013年の風疹の流行の際、一部の自治体では、抗体検査や予防接種の費用を補助する動きがあったことから、厚労省は、2014年度から、抗体検査の費用を、第1子の妊娠希望者とそのパートナーを対象に、全額補助する方針を決め、2014年度の概算要求に8億円を盛り込んだ。
費用は、国と自治体で半額ずつ負担する方針。


特に不妊治療を受けるご夫妻にとって、費用の負担が少しでも減るのは嬉しいことですね。
また、費用の負担が減ることで、抗体検査を受けやすくなり、妊娠中に風疹に感染する危険を回避できる人が増えるのは、日本の将来にとっても大切なことだと感じます。

記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




28

妊娠中の風疹に注意!

妊娠を望む方が注意しなくてはいけないことの一つに、風疹があります。
今年は風疹が大流行しており、厚生労働省の発表によれば、3月の時点ですでに昨年の報告件数を上回っており、平成20年以降最も早いペースで患者数が増えているとのこと。

rubella_vaccine

特に首都圏、近畿地方での件数が多いようですが、妊娠中の女性が風疹にかかると、赤ちゃんにも風疹ウィルスが感染し、出生後に後遺症が出ることがあります。
いわゆる「先天性風疹症候群」です。
先天性風疹症候群の代表的な症状としては、下記3つが挙げられます。

(1)先天性心疾患
  軽度の場合は自然治癒するケースもあります。自然に治癒しないケースでは、可能な時期に手術による治療を行います。
(2)白内障
 手術が可能になったら、濁り部分を取り除く手術を行うことになります。
(3)難聴
 どの程度なのかによっても治療は異なります。人工内耳を使用することもあります。

厚生労働省の発表では、昨年10月から今年8月11日までに、16人の先天性風しん症候群の患者が報告されています。
妊娠中の女性は予防接種が受けられないため、妊娠を希望する方は、早めに予防接種を受けることをお勧めします。

風疹の予防接種を受けた場合、摂取後2か月間は避妊しなくてはいけません。
不妊治療中の方も同様に、摂取してから2ヵ月経過してからでないと、治療をお受け頂くことはできません。

もし、妊娠中に風疹に掛かってしまった場合、かかりつけの産婦人科医に速やかにご相談ください。
先天性風疹症候群のリスクは、妊娠週、風疹の症状、ウイルス量等により異なるとされていますが、妊娠4〜6週ではほぼ100%で何らかの先天性風疹症候群の症状が見られるとされ、7〜12週で80%、13〜16週で45〜50%の割合になるという報告もあります。
17〜20週では6%に低下するそうですから、どの時期に掛かったのかによってもリスクは異なります。

いずれにしても、妊娠を希望する女性そしてご家族も、早めに予防接種を受けることが望ましいですね。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




19

風疹大流行、妊娠前にワクチンを!

弊社のブログでもお伝えしていますが、今年に入って風疹の流行が拡大しています。
全国で風疹患者が1万人を超えたとのことです。

mmr_vaccine

風疹患者1万人超え、流行広域化の恐れ 首都圏から関西移行か


今年の全国の風疹患者数が累計で1万人を超え、1万102人となったことが18日、国立感染症研究所のまとめで分かった。9日までに全国から報告された患者数を集計した。全ての患者が報告対象となった平成20年以降では最も多く、患者が激増した昨年1年間の2392人を大きく上回った。

 3〜9日の週に新たに確認された患者は速報値で517人。都道府県別では大阪(129人)が東京(82人)を上回り、鹿児島(34人)や宮城(8人)などは前週よりも新規患者が大幅に増えており、流行の中心が首都圏から関西など広域化している恐れもある。

 風疹は妊娠初期の女性が感染すると胎児が難聴や白内障、心臓病などの「先天性風疹症候群」になる恐れがある。患者は4分の3が男性で、20〜40代が中心。一部の自治体では、妊娠を希望する女性や妊婦の夫らに予防接種の費用の助成を始めている。

記事にもあるように、妊娠初期で風疹に感染した場合、胎児の心臓や聴力などに障害が出る「先天性風疹症候群(CRS)」になる可能性があると考えられています。
妊娠中に風疹にかかった場合には、胎児への影響を恐れて中絶を勧められる例も少なくありません。

ちなみに体外受精の場合は、体外受精の2か月前までにワクチンを受けておくことが望ましいとされています。
妊娠を希望する女性は、早めに予防接種を受けておきましょう!



記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




プロフィール

メディブリッジ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断プログラム、アジア・ヨーロッパでの代理出産をご提供しております。
このブログで不妊治療現場、世界の医療、弊社メディブリッジの思いなどなどなどあらゆる事をお伝えして参ります。

記事検索
ミッション
MediBridgeのミッション
  1. 1. 日本の医療制度で救われない日本人患者のサポート
  2. 2. 途上国の雇用促進
  3. 3. 医療のグローバル化支援
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 新年の御挨拶 −設立12年目になりました−
  • 新年おめでとうございます
  • 妊娠前の風疹抗体検査
  • ハワイでの卵子提供プログラム
  • 着床前診断について
  • エッグドナーボランティア募集
  • 大渕弁護士、出産で涙止まらず「本当に嬉しくて、感動」
  • 西村知美、不妊で悩んでいたとき相田みつを氏の言葉に出会い救われた…
  • 卵子を使わずに新生児マウス誕生? 英国とドイツの研究
  • メディブリッジのサポート体制
  • 弊社の着床前診断プログラム
  • 3Dプリンターで作った卵巣でマウスが妊娠!
QRコード
QRコード