medibridges

代理出産・卵子提供コーディネーターブログ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断、アジア・ヨーロッパでの代理出産を提供しているコーディネーターのブログ。

体外受精

16

企業向け不妊治療支援マニュアル

みなさんこんにちは。不妊治療においては通院など女性の負担はとても多いと思います。希望日に予約が取れなかったり、予約が取れても混雑が激しく長時間待つことになった、仕事の都合でやむなく予約をキャンセルせざるを得ない、といった具合です。

Ministry of Health、Labour and Welfare

治療をされている方々の負担を軽減するために国が今回、支援マニュアルをなどを策定するそうです。以下ご紹介いたします。

“不妊治療と仕事を両立できずに退職したり、治療を諦めたりする人が多いことを受け、厚生労働省が、両立を支援するための企業向けマニュアルを本年度中に策定する方針を固めた。都道府県などが設置する「不妊専門相談センター」や全国の労働局、経済団体などを通して、両立できる職場づくりを呼びかけていくという。

不妊治療を受ける人は、女性の社会進出に伴う晩婚化などを背景に増加。少子化対策とともに、女性の活躍を支えるためにも、治療を受けやすい環境を社会が整えていくことが求められている。働き方改革の一環としても捉え、職場での理解を広めたい。

不妊治療は、体外受精などで妊娠や出産を試みる治療だ。不妊の原因に応じて段階的に進めていくが、1回当たり数十万円かかる高額な治療もある。肉体的、経済的負担も伴う体外受精でさえ妊娠率は1割ほどしかなく、治療が数年に及ぶ人も珍しくない。

不妊の検査や治療を受けたことがある夫婦はいまや、5・5組に1組に上るとも言われる。日本産科婦人科学会の調査によると、2016年に体外受精によって国内で生まれた子どもは5万4110人。15年より3109人増え、過去最多を更新した。16年の総出生数は97万6978人で、18人に1人が体外受精で生まれた計算になる。

その一方で、働く男女2060人を対象に厚労省が17年に実施した調査では、治療を経験した人の16%が仕事と治療との両立ができずに離職している。両立できずに雇用形態を変えた人が8%、治療を辞めた人も11%に上り、両立が難しい現状が浮かび上がった。治療を理由に人材を失ったり、社員が能力を十分生かせないことは、企業にとっても損失だ。

両立の一番の障害になるのが、通院回数の多さと通院日が調整できないことだろう。通院日は月経周期や卵子の成育状態などで医師側が決めるため、治療が長引けば、突発的な休みを取ることが増えていく。精神的、体力的な負担も大きい。

職場の理解が進んでおらず、従業員が不妊治療を公にできないまま抱え込む実態もある。779社が回答した厚労省の調査では、従業員が不妊治療をしているかどうか、「把握していない」と答えた企業は約7割に上った。

不妊治療に特化した社内制度がある企業は19%にとどまり、管理職や従業員向けの啓発に取り組んでいたのは、わずか2%だった。出産・育児と同様に不妊治療への支援も、女性活躍のための社会的課題と捉えることが必要だろう。に、そうした制度を利用できる環境も整えてもらいたい。”
https://kumanichi.com/column/syasetsu/1099011/

治療費を確保するために働かねばならない方が多くおられますので、企業の支援が充実していると大変ありがたいです。
ぜひとも実効性が確保できるものを策定いただきたいと思います。

弊社メディブリッジでは卵子提供プログラムや代理出産プログラムをご用意しております。
ご検討の方はぜひ以下よりお問い合わせください。

29

PGT‐Aの臨床研究拡大

みなさんこんにちは。今日の東京は雨です。もう梅雨になるのでしょうか。

PGT-A

さて本日は以下の記事をご紹介いたします。

”日本産科婦人科学会(日産婦)は22日、体外受精させた受精卵の染色体の数の異常を調べて問題のないものを子宮に移植する「着床前検査(PGT−A)」を不妊治療に用いる臨床研究を拡大すると発表した。

日産婦は、流産の確率を下げる効果があるとした海外の報告を受け、流産を繰り返す患者ら85人を対象に4カ所の医療機関で試験的な臨床研究を行っていた。今後は研究の条件を緩め、医療機関を増やして数千人の患者を集める。

着床前検査には「命の選別」との批判がある。日産婦は一般医療としての実施を禁じており、臨床研究は流産率を下げる効果などがあるかを調べるための例外として行う。これに対し一部の専門家は、研究としての意義は薄く一般医療に等しいと指摘。また、染色体異常のない受精卵を得られれば流産率は下がるが、得られない女性も多く、出産率向上には結び付かないとの報告がある。”
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019062200528&g=soc

厚生労働省によると、2017年度に新たに出生された赤ちゃんは946,065名であったとのことです。少なく見ても2017年度では100万人程妊娠されていた方がいるわけです。

PGT-Aの適応条件が緩和されて数千人の患者を集めるとされていますが、100万人程妊娠がいますので、希望される方全員のご希望が叶うわけではないです。

弊社では不妊でお悩みのご夫妻に卵子提供プログラムなどをご提供しています。プログラムでは最新技術NGS法による着床前診断のご選択も可能です。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

18

受精卵移植と最高裁判例

みなさんこんにちは。本日の東京は晴れています、。ここ数日晴れが続いていますが、気温はそこまで高くなく、今日は1日過ごしやすい日になりそうです。

judge

さて本日は、以下の記事をご紹介いたします。

凍結保存していた受精卵を別居中の妻が無断で移植したとして、外国籍の男性が出生した女児との親子関係がないことの確認を求めた訴訟で、最高裁第2小法廷(三浦守裁判長)は7日までに、男性の上告を退ける決定をした。

婚姻中に妊娠した子を夫の子と推定する民法の「嫡出推定」に基づき、父子関係を認めた一、二審判決が確定した。決定は5日付。

 一、二審判決によると、男性と妻は2010年、奈良県内のクリニックで体外受精を行い、複数の受精卵を凍結保存。

2人は長男誕生後に別居したが、妻は男性の同意を得ないまま受精卵を移植、14年に女児を妊娠し、出産後に離婚した。

 一審奈良家裁は17年、「生殖補助医療で民法上の親子関係を形成するには、夫の同意が必要だ」と指摘する一方、同意がないことを「嫡出推定が及ばない事情とみることはできない」とも述べ、別居後の2人の生活状況を検討。男性は妻や長男と外出するなどの交流を続けており、夫婦の実態はあったと判断、男性の請求を却下した。”
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019060700928&g=soc

記事にあるトピックはすこし複雑な話だと思います。

奥様としてはお子様を授かりたかっただけなのかもしれませんし、ご主人様としては知らないうちにとお考えになるのは十分理解ができます。
しかし、判決としては親子関係を認めるとしていますので、生まれてきた子供に多分に寄り添った判決と思えます。法的な解釈も大切ですが、生まれてきた子供が幸せになってほしいと思います。

弊社では卵子提供プログラムや代理出産プログラムを不妊でお悩みの皆様にご案内しております。ご検討の方は以下よりぜひお問い合わせください。

9

弊社のプログラムにつきまして

みなさん、こんにちは。
朝晩も、気温差もあり通勤電車内でも咳き込む方を多くみます。
ご体調、崩されておりませんでしょうか。

medibridges


さて、弊社は不妊治療に関する悩みを持ったいろいろな方からご相談を受けておりますが、なかには、「自分の場合は治療方法として、代理出産と卵子提供のどちらが適切なのか、わからない」という方もいらっしゃいます。
そこで、今日は、弊社が提供している、卵子提供、代理出産という不妊治療が、それぞれどのようなケースに有効なのかをお伝えしたいと思います。

卵子提供が該当するケース
卵子提供というのは、ご自身の卵子での妊娠ができない場合に、第三者からの卵子を提供してもらい、配偶者の精子と体外受精を行い、自分の子宮に移植を行うという治療法です。
具体的には、早期閉経、ターナー症候群、加齢による卵子の老化、卵巣がんなどによる卵巣摘出などのケースが挙げられます。
子宮環境に問題はなく、何度も体外受精を行ってきたが、卵子が採取できない、あるいは採取できても状態がよくない、といったケースにも、卵子提供は有効です。
自身の卵子による妊娠が難しくても、ご自身の子宮に問題がなければ、若い女性の卵子による体外受精を行うことで、高い確率で妊娠することが期待できます。

代理出産が該当するケース
代理出産は、ご自身の子宮で妊娠・出産ができない場合、自身の卵子を採取し、配偶者の精子とで体外受精を行い、その後第三者の子宮に移植を行って、文字通り第三者の子宮を借り、自分の代わりに出産をしてもらうという治療法です。
卵巣は機能しており排卵はあるが、子宮側あるいはその他の臓器の問題で、自身での妊娠ができないケースがこれに該当します。
具体的には、子宮がんなどによる子宮摘出、ロキタンスキー症候群、その他疾患などによる妊娠継続不可などのケースがあります。
なかには、「体型が変わるから自分で産みたくない」「仕事を休みたくない」などの理由で代理出産を希望する人もいますが、弊社では、ご自身で出産ができる方のケースは扱っておりません。
弊社では、ご病気などの理由により、身体的にどうしてもご自身での妊娠ができない場合に限って、代理出産をご案内しております。

代理出産、卵子提供のいずれも、第三者の助けがなければ、成立しない治療方法です。
先が見えない不妊治療を長年行ってくると、多くの患者は気持ちも落ち込みますし、他者に対する思いやりを持つ余裕を失ってしまうこともあるかも知れません。
でも、力を貸してくれる誰かが、自分の為に頑張ってくれている、という事実は、決して軽く考えてはいけないことです。
勇気をもって、力を貸してくれる方のことを、治療を受ける側もまた、常に敬意を持って考えてほしい。
それが、代理出産、卵子提供という生殖医療のあるべき姿だと、私たちは考えています。


2

日本初卵子提供説明会&卵子提供の経験談同日開催

みなさん、こんにちは。
本日はいよいよ来月開催となった、説明会についてご案内させていただきます。

FIH


株式会社メディブリッジ提携クリニック ファーティリティ・インスティテュート・オブ・ハワイ(以下FIH)の院長 ジョン L. フラッタレリ医師(Dr. John L. Frattarelli)は、不妊治療と体外受精で多くの経験を積んだ熟練医師であるだけでなく、体外受精ラボラトリーのディレクターと しての資格も併せ持つ、稀有な医師です。
臨床、研究の両面から、質の高い、総合的な体外受精を行うことができるFIHは、その先進医療サービスにより、妊娠率も世界最高レベルを誇っております。
最先端、最高水準の体外受精(IVF)クリニックの現状を、日本でも人気のジョン医師自らリアルに語って頂きましょう。

また、同日には卵子提供&ジョン医師サポートのもとお子様を授かり、現在育児真っ最中の方に経験談を赤裸々に語って頂きます。

質問タイムも設けさせて頂きますので、ご質問をご用意してお越しください。

[第一部]
講演医師:Doctor ジョン L. フラッタレリ先生(Dr. John L. Frattarelli)
1, FIHの紹介
2, 高い成功率の秘訣
3, 培養へのこだわり
4, 米国における卵子提供の認識
5, 卵子提供特有の出産リスクはあるのか?
6, 告知について

[第二部]
知りたい!聞きたい!子育て奮闘中の方による卵子提供体験談

[第三部]
質疑応答のお時間

※プログラム内容は一部変更になる場合がございます。

どの国を選んだらいいのか、卵子提供の成功率はなぜそんなに高いのか、信頼できるエージェントはどこか...
卵子提供を検討するに当たり、様々な思いをお持ちのことと思います。
卵子提供プログラムにおいて、お申込み前に現地医師に対面できる機会は多くなく、直接お話しできる機会もございません。

卵子提供に関する不安や疑問をご相談いただける実りある機会にしていただければ、幸甚です。

日程:2018年7月22日(日) 午後1時〜(約3時間)
会場:東京
参加方法: 弊社ホームページ上の「お問い合わせフォーム:http://www.medi-bridges.com/contact.html」より、参加ご希望の旨をお知らせください。
※本セミナーは予約制です。お席に限りがありますので、お早目にお申込み下さい。
※なお、演題の性質上、聴講を希望される方のお名前は、演者に通知させて頂きますことをご理解下さいませ。
※当日は顔写真付きの身分証明書を受付にて提示して頂きます。
※参加費用は無料です。

14

卵子提供や代理出産という選択肢

弊社は不妊治療に関する悩みを持ったいろいろな方々からご相談を受けております。
そこで、今日は、弊社が提供している、卵子提供、代理出産という不妊治療が、それぞれどのようなケースに有効なのかをお伝えしたいと思います。

バレンタインデー

<卵子提供が該当するケース>
卵子提供というのは、ご自身の卵子での妊娠ができない場合に、第三者からの卵子を提供してもらい、配偶者の精子と体外受精を行い、自分の子宮に移植を行うという治療法です。
具体的には、早期閉経、ターナー症候群、加齢による卵子の老化、卵巣がんなどによる卵巣摘出などのケースが挙げられます。
子宮環境に問題はなく、何度も体外受精を行ってきたが、卵子が採取できない、あるいは採取できてもグレードがよくない、といったケースにも、卵子提供は有効です。
自身の卵子による妊娠が難しくても、ご自身の子宮に問題がなければ、若い女性の卵子による体外受精を行うことで、高い確率で妊娠することが期待できます。

<代理出産が該当するケース>
丸岡さんが代理出産でお子様を授かったことが記憶に新しく、弊社メディブリッジにも多くのお問い合わせ、ご面談のご予約を頂いております。
代理出産は、ご自身の子宮で妊娠・出産ができない場合、自身の卵子を採取し、配偶者の精子とで体外受精を行い、その後第三者の子宮に移植を行って、文字通り第三者の子宮を借り(「借り腹」などという言い方もあります)、自分の代わりに出産をしてもらうという治療法です。
一般的には、卵巣は機能しており排卵はあるが、子宮側あるいはその他の臓器の問題で、自身での妊娠ができないケースがこれに該当します。
具体的には、子宮がんなどによる子宮摘出、ロキタンスキー症候群、その他疾患などによる妊娠継続不可などのケースがあります。

代理出産、卵子提供のいずれも、第三者の助けがなければ、成立しない治療方法です。
先が見えない不妊治療を長年行ってくると、多くの方は気持ちも落ち込みますし、他者に対する思いやりを持つ余裕を失ってしまうこともあるかも知れません。
でも、力を貸してくれる誰かが、自分の為に頑張ってくれ、勇気をもって、力を貸してくれるのです。
卵子提供や代理出産をお考え中の方、ご不安も大きいことと思います。
弊社のプログラムにご興味のある方は、こちらからお問い合わせください。

記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2018 MediBridge Inc. All Rights Reserved
 
26

妊娠率を理解しよう

今日は久しぶりの秋晴れですね。
もうすぐハロウィーンです。今年はどんな仮装が街中に溢れるのか楽しみです!

ハロウィーン

さて、本日は妊娠率について考えてみたいと思います。
妊娠率とは、1生理周期(もしくは1治療周期)を基準として何%妊娠するか、と通常は定義されています。
すると、1生理周期(もしくは1治療周期)の妊娠率を累積していくと妊娠率は上がって行くことになります。
これを累積妊娠率といいます。
すると理論的には累積妊娠率は限りなく100%に近づくはずです。
しかし現実的にはそうではありません。
すなわち、累積妊娠率には頭打ちがあります。

1人の女性の治療経過で考えた場合、同じ治療において不成功の回数が増えるほど妊娠率が低下するということになります。
一般的には、累積妊娠率の頭打ちは5-6回程と言われており、それ以上同じ治療をくり返しても成功の可能性は低いと考えらています。

タイミング法、人工授精、体外受精と、次のステップに行くときの決断に悩まれる方も多いのではないでしょうか。
弊社メディブリッジの面談にお越しくださったクライアントの方の多くも、卵子提供プログラムにおける妊娠率についてのご質問をされます。
弊社メディブリッジでは、クライアントの方の疑問や不安に1つ1つお答えさせて頂いております。
ご面談ご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。
記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2017 MediBridge Inc. All Rights Reserved
 













8

どうして妊娠しないの?

こんにちは。
早めのお休みに入られている方もおられるのではないでしょうか?
東京は台風の影響も少なく、今日は真夏日ですね。

どうして妊娠しないの

不妊治療には、タイミング法、人工授精、体外受精などの治療方法がありますが、何度もトライしても、妊娠(着床)できない・・・と治療にストレスを感じておられる方も多いのではないでしょうか?

今日は受精卵の着床=妊娠の成立に重要なことについてお話しさせていただきます。
まずは、受精卵の着床に必要な要素をおさえておきましょう。

<受精卵着床(妊娠)に重要なこと>
1.質の良い卵子
2.質の良い精子
3.状態の良い子宮環境(子宮内膜の厚みなど)


他にも着床に影響を与える要素は、食生活や生活リズムなどありますが、主なポイントは上記になります。

その中でも、「3.状態の良い子宮環境」について詳しくお話しさせて頂ければと思います。
そもそも「着床」とは、どういった状態を意味するのでしょうか?

<着床=妊娠とは?>

子宮の内腔は繊毛の生えたような粘膜で覆われています。
子宮内膜に受精卵が付着(着床)することので、妊娠が成立します。

女性の体は月経周期によって様々な変化がみられます。
特に、排卵直前〜排卵後には、子宮内膜の厚みに大きな変化があります。
受精卵が着床するためには、子宮内膜に十分な厚みが必要と言われており、子宮内膜の厚みが足りないと、受精卵がしっかり着床できない(=妊娠が成立しない)原因となることがあります。

<理想的な子宮内膜の厚みとは?>
通常、妊娠に理想的な子宮内膜の厚さは10mm程度といわれていますが、投薬を行うことで7-8mm以上であれば妊娠が十分可能と言われています。

不妊治療をされておられる方の中には、「子宮内膜が薄いので、今週期は移植を見送りましょう」と医師に言われた方もおられるのではないでしょうか?

特に体外受精(胚移植)では、なるべく良い状態で胚を子宮内に移植するため、子宮内膜の厚みが十分になるよう、ホルモン剤などを服用するケースが多くあります。
また、月経周期が不順であるようなケースでは(閉経に近い状態)、カウフマン療法を用いて、月経を起こすことで、子宮内膜の厚みを徐々に取り戻せることあり、一度移植が出来なかったからと言って、諦めることはありません。
※カウフマン療法(月経をお薬で誘発する療法)

お薬の服用だけでなく、生活環境の改善等で子宮内膜の厚みを改善できる方法もあるので、ご自身に合った方法を担当の先生と相談することが重要です。
子宮内膜は、妊娠がわかった後も、赤ちゃんの大切なベッドとなり、成長に必要な栄養を与える重要なものでもあります。

弊社メディブリッジでご案内させていただいております、「卵子提供プログラム」においては、ドナーの方から卵子を提供いただくことで、質の良好な受精卵の得られます。
移植をお受けになられる奥様の子宮や子宮内膜の状態が更に良いと、より高い着床率が期待できます。

弊社でのプログラムをご検討中の方は一度、メディブリッジまでお問い合わせくださいませ。 
お問い合わせフォームはこちら

記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2017 MediBridge Inc. All Rights Reserved
 


20

着床診断と染色体異常について

こんにちは。
本日は着床前診断プログラムについて書かせて頂きます。

baby smile

着床前診断とは、体外受精での受精卵(胚)の検査を行い、移植前に染色体の数の異常がないかを確認する方法です。

さて、そもそも染色体とはなんでしょうか?
人の体は細胞からできています。
細胞のひとつひとつには核という部分があり、DNAを包む染色体が存在しています。
染色体は通常46本(2本1対で23組)あります。
そのうち、44本(22組)は常染色体と呼ばれ、あと2本(1組)をは性染色体と呼ばれています。

通常、染色体は受精の際に半分(23本)は卵子から、残りの半分は精子(23本)から受け継がれ、46本(23組)の染色体の組み合わせになります。
しかしこの時に数の異常が起こることがあります。

例えば、ダウン症は21番目の染色体が通常の2対ではなく、過剰(3本)な状態で21トリソミーと呼ばれています。
しかし多くの染色体異常は子宮への着床がうまくいかなかったり、自然流産することが多いとされています。

さて、弊社でもご紹介いたしております着床前診断では、染色体の数の異常等をスクリーニングすることができます。
着床前診断を行うことで、体外受精での受精卵が子宮に着床しないことや、流産のリスクを減らせることが可能になります。

卵子提供プログラムをご検討中のご夫妻様、詳しくはどうぞお気軽に弊社までお問い合わせくださいませ。

11

メディブリッジ代理出産プログラム

こんにちは。
本日は弊社が提供しております代理出産プログラムについてのご紹介です。

sm


弊社が提供している代理出産とは、子宮要因で妊娠が不可能な方、その他何らかの要因で妊娠継続・出産が難しい方(かつ、自己での採卵が可能な方)へ向けて弊社が提供しているプログラムで、ご夫妻の卵子・精子を受精させた受精卵を代理母へ移植、その後妊娠〜出産までの経過を代理母の方に行っていくものです。

現在、日本国内で法律の規制はないものの、ほとんど行われていないのが現状です。
しかし、海外の一部では代理出産は不妊治療の一手段と考えられており、日本に比べてもう少し一般的に知られ、行われています。また、代理出産を希望するご夫妻は国内でも少なくありません。
弊社では「子宮に問題がある女性が、子宮に問題のない女性の力を借りてお子様を授かる」ことについて、応援していきたいと考えております。

「子宮に問題があるために、長年赤ちゃんを持つ夢をあきらめていた。」「ずっと子宮の機能がないために苦しんでいた。」そんな切実な願いに応えるのが「代理出産プログラム」です。「子宮を失った」あるいは「子宮の機能を 失った」女性達も自分の遺伝的子供の母となり、そしてその女性の夫は、父となる可能性が見い出せるのが、この先端生殖医療プログラムです。

しかしながら、代理母が命をかけてご夫妻の為に出産を行うプログラムであることを考え、弊社の代理出産プログラムをお受け頂ける方は本人による妊娠継続や分娩が医学上不可能、もしくは危険であると診断された方に限ります。

<代理出産プログラムの主な適応症>
○子宮が摘出されている場合
○子宮欠損症や子宮奇形などの場合
○着床・妊娠継続・出産に際する重篤な子宮の問題がある場合
○本人による妊娠継続や分娩が医学上危険であると診断された場合

弊社ではなるべくご負担の少ない金額で、代理出産という高度医療プログラムをご提供しております。
代理出産をご検討中の方は、ぜひ一度、弊社にご相談ください。

プロフィール

メディブリッジ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断プログラム、アジア・ヨーロッパでの代理出産をご提供しております。
このブログで不妊治療現場、世界の医療、弊社メディブリッジの思いなどなどなどあらゆる事をお伝えして参ります。

記事検索
ミッション
MediBridgeのミッション
  1. 1. 日本の医療制度で救われない日本人患者のサポート
  2. 2. 途上国の雇用促進
  3. 3. 医療のグローバル化支援
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 新年の御挨拶 −設立12年目になりました−
  • 新年おめでとうございます
  • 妊娠前の風疹抗体検査
  • ハワイでの卵子提供プログラム
  • 着床前診断について
  • エッグドナーボランティア募集
  • 大渕弁護士、出産で涙止まらず「本当に嬉しくて、感動」
  • 西村知美、不妊で悩んでいたとき相田みつを氏の言葉に出会い救われた…
  • 卵子を使わずに新生児マウス誕生? 英国とドイツの研究
  • メディブリッジのサポート体制
  • 弊社の着床前診断プログラム
  • 3Dプリンターで作った卵巣でマウスが妊娠!
QRコード
QRコード