medibridges

代理出産・卵子提供コーディネーターブログ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断、アジア・ヨーロッパでの代理出産を提供しているコーディネーターのブログ。

医療情報

19

妊娠中の母体の炎症で自閉症誘発?!

こんにちは。 関東は台風一過、真夏のような連休さ最終日でしたね。
暑い暑いというつぶやきもあと少し。 10月ともなれば紅葉も始まり、否が応でも秋の気配を感じることでしょう。

MediBridgAutumn

さて、今年の夏は例年になく食中道に関するニュースが多かったように思います。
何かが起こった時には、人為的なミスやずさんさが指摘され、改善に向けた取り組みが行われる訳ですが、ことそこに至るまでは、あまりにも普通の日常の風景にその「危険」は潜んでいて、未然に防ぐのはそう簡単ではないと感じます。

日常の危険について、夏が終わりを迎える今、妊娠中の女性、これから妊娠を予定しておられる方には、是非ご注意頂きたい事があります。

最近のいくつかの研究で、妊娠中に細菌やウィルス感染によって母体に炎症が起きると、自閉症スペクトラムにつながる脳回路の変化を誘導している事を示唆するデータが得られていとの事です。

[参考文献]Prenatal fever and autism risk


これまでにも妊娠中の感染が、胎児に影響を及ぼすことが知られているウィルスはありましたが、ウィルスや細菌そのものでなく「炎症」という、身体的な反応が胎児の脳の発達に影響するとするならば、原因は多岐に渡ります。
この研究結果を重く見た専門家の中には「妊婦は感染による炎症が起きないよう、出来る手は全て打つことが重要である」と喚起している方もおられます。 

「打てる手」と言われても…具体的にはどんなものがあるのか…。
少し途方に暮れながら、探してみました。
まずはワクチンの接種です。下記の2種はその代表的なものと言えるでしょう。


風疹ワクチンただし風疹ワクチンは摂取から2か月は妊娠を避けなければなりません。また、妊娠中に摂取する事はできません。

インフルエンザ予防接種妊娠前、妊娠中も受けられるとされる予防接種です。弊社でも冬が近づくと毎年接種を呼び掛けています。

その他に妊婦と赤ちゃんを守るどんな予防接種ー「打つ手」があるのか、医師にご相談されるのも良いかもしれません。

弊社でも引き続き、情報提供できるよう調べて参りますが、やはり、変わらずに、大きな効果を上げる防衛策は「手洗い」です。 あまりに普通の、誰でも知っている対策ですが、効果は絶大です。
冬に向け、ご家族皆さんで、取り組まれてください。

記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2017 MediBridge Inc. All Rights Reserved
 
13

無精子症でも赤ちゃん誕生!

こんにちは。
今年は穏やかな気候の過ごしやすい年末年始だったために、急に寒くなったここ数日が大変辛く感じますね。
皆さまはご体調はいかがでしょうか。

7245b68c


本日は先日国内で発表された男性不妊に対処する新たな技術のお話をさせて頂きます。
不妊の原因の一つで、精巣で精子がつくられない無精子症であっても精子に成熟する前段階の「前期精子細胞(円形精子細胞)」※前期精子細胞とは、精巣内で精子のもととなる精祖細胞が減数分裂してできる細胞で、成熟すると精子を精巣から採取して体外受精を安定的に成功させられる技術を北九州市のセントマザー産婦人科医院が実証し、その仕組みなどを米科学誌に発表。いままで無精子症のご夫妻に対しての不妊治療は、第三者の精子を使うしかないとされてきた通説を覆す成果ですでに100人以上の赤ちゃんも誕生しているとのことです。

精子に何らかの問題がある人は10人に1人といわれ、不妊全体の原因の半分は男性側にあるとされるなか、年明け早々国内で嬉しい報告に賞賛の声があいついでいるそうです

不妊治療に消極的な男性も多いかと思います。
男性にも治療には積極的に参加して頂くとともに、もっと治療に取り組めやすい環境が増えていくと良いですね。 


記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2016 MediBridge Inc. All Rights Reserved
                               
14

体外受精に新技術

こんにちは。
今日、ランチに入ったカフェで、お水と一緒に小さなチョコレートを頂きました。 昨日、ランチのタイミングを逃して仕方なく入ったラーメン屋さんでも、思いがけなくチョコレートを頂きました。
バレンタインデーを意識しなくなって久しい今日この頃ですが、こんな気遣いがあると、少し嬉しくなりますね。

heart

さて、卵子提供にも大きな影響を与えそうな技術が承認されたというニュースがイギリスから入ってきました。

3人の親を持つ子供がイギリスで生まれる?
英下院は先週、体外受精の際にカップルが別の女性の卵子を利用する治療法を世界で初めて承認した。これによって、遺伝子上3人の「親」を持つ子供が生まれる可能性が広がった。

子供は父と母の2人の親から遺伝情報を受け継いで誕生する。だが細胞の中でエネルギーをつくり出すミトコンドリアの遺伝子は、母親からのみ子供へ受け継がれる。このミトコンドリアの遺伝子に欠陥を持つのが「ミトコンドリア病」。臓器や筋肉の働きが損われる難病で、新生児の約6500人に1人が発症するが、確かな治療法はない。

承認されたのはミトコンドリア病の女性の卵子から核を取り出し、健康な別の女性の卵子核と交換する技術。これでミトコンドリア病が子に伝わるのを防げるかもしれない。この手順で作られる受精卵は3人の「親」の遺伝子を受け継ぐ。両親の遺伝子と、卵子核を提供する女性のミトコンドリア遺伝子だ。

この技術を開発した英ウェルカム・トラスト・ミトコンドリア研究センターのダグ・ターンブル所長は、ミトコンドリアの遺伝子を交換する技術を承認するよう議会に求めていた。「承認が遅れれば、年齢的にそろそろ妊娠を諦めざるを得ない女性たちが苦しむだけだ。妊娠の機会を逃してしまう」と、ターンブルは言う。「遺伝子に問題はあるが健康な子供が欲しい女性の中には、この技術の承認が唯一の希望という人もいる」

だが技術の承認には、倫理や宗教、医学の見地から反対の声があった。「技術の安全性と効果を証明する必要がある」と、英国国教会の医療倫理顧問を務めるブレンダン・マッカーシーは言う。カトリック教会のジョン・シェリントン司教は下院の投票前に「この方法には倫理的に反対すべき大きな理由がある。人の胚を破壊することだ」との声明を発表した。やがて遺伝子を選んでつくる「デザイナーベビー」の誕生につながるという懸念もある。

その一方でノーベル賞受賞者を含む14カ国40人の科学者は、英下院に技術の承認を求めた。「ミトコンドリアの移植は、健康な子供を持つ機会を人々に与え得るものだ」

イギリスを二分した新たな医療技術は、早ければ年内にも実施される可能性がある。

web版ニューズウィーク:2015年2月17日号掲載

調べてみると遺伝子として受け継がれるからと言って、ミトコンドリアが外貌等に影響を与える事は余りないようです。
ただしミトコンドリアを母親からした受け継がれず、ミトコンドリアをたどっていくと、母親の系譜を遡っていくことが出来る事は知られていることから、母親との繋がりは受け継ぐことになりますね。

それにしても、すごい技術ですね。

プロフィール

メディブリッジ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断プログラム、アジア・ヨーロッパでの代理出産をご提供しております。
このブログで不妊治療現場、世界の医療、弊社メディブリッジの思いなどなどなどあらゆる事をお伝えして参ります。

記事検索
ミッション
MediBridgeのミッション
  1. 1. 日本の医療制度で救われない日本人患者のサポート
  2. 2. 途上国の雇用促進
  3. 3. 医療のグローバル化支援
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 新年の御挨拶 −設立12年目になりました−
  • 新年おめでとうございます
  • 妊娠前の風疹抗体検査
  • ハワイでの卵子提供プログラム
  • 着床前診断について
  • エッグドナーボランティア募集
  • 大渕弁護士、出産で涙止まらず「本当に嬉しくて、感動」
  • 西村知美、不妊で悩んでいたとき相田みつを氏の言葉に出会い救われた…
  • 卵子を使わずに新生児マウス誕生? 英国とドイツの研究
  • メディブリッジのサポート体制
  • 弊社の着床前診断プログラム
  • 3Dプリンターで作った卵巣でマウスが妊娠!
QRコード
QRコード