medibridges

代理出産・卵子提供コーディネーターブログ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断、アジア・ヨーロッパでの代理出産を提供しているコーディネーターのブログ。

卵子凍結

10

自治体で初 浦安市で卵子凍結に補助金

こんにちは。
日本全国が寒波に包まれた週明けです、今は三寒四温の時。
春はもうすぐそこですです。

spring

さて、浦安市が、自治体レベルでは日本初となる自己卵子凍結への補助金支給を決定しました。

卵子凍結保存、市と連携 順天堂大浦安病院が構想
順天堂大浦安病院(千葉県浦安市)と浦安市が、加齢による不妊を避ける目的で健康な女性が自分の卵子を凍結保存する「プリンセス・バンク(仮称)」構想を進めていることが5日、分かった。市は少子化対策の一環として市民を対象に凍結保存費用を助成することなどを計画している。
日本生殖医学会は平成25年、がんなどの医学的理由と、加齢など社会的理由による卵子、卵巣の凍結保存容認のガイドラインを決定。凍結保存を手掛ける施設は複数あるが、大学病院と自治体が連携して実施するのは初めてとみられる。
構想では、将来の出産に備えたい20〜35歳の健康な女性の卵子を凍結保存する。ほかに、がんが見つかった女性が、抗がん剤治療による副作用で不妊になるのを避けるために凍結するケースも想定している。


昨日のニュースでは、小児がんの治療を受けた場合の卵巣、精巣への影響が報じられていました。 小児がんの治療開始前に、卵巣を凍結する事も検討され始めているとの事でした。

先程の卵子凍結プロジェクトについては、健常な女性を対象とすることに反対の声もあるようですが、卵子凍結も、癌の治療を開始する前の卵巣凍結も、成長した後や、自身が子供を持つ準備ができた時に選択できる幅を残し、人生の選択肢が広がると考えれば、悪くはないのではないかと思うのです。

自己卵子凍結保存プログラムは、弊社でもご提供しております。

5

お笑いコンビ北陽の虻川さん妊娠

おはようございます。
本日の東京は気持ちの良い青空ですが、どうやら広範囲に局地的に大雨の予報が出ています。
北陸・近畿の方はお昼ごろまで、東海・関東の方は夜にかけて非常に強い雨の恐れがあります。ご注意下さい。

さて昨日、お笑いコンビ北陽の虻川美穂子さんがご自身のブログで第一子の妊娠を発表されました。

hokuyo_pregnunt

虻川さんは現在39歳。今年の8月19日に一足早く出産を終えていた相方の伊藤さおりは出産時40歳。
中学時代から仲良しのお二人は、結婚も同じ年。お子さんも同じ学年になられるとのこと。
何ともほほえましくなるご縁です。

今では珍しくなくなったアラフォー世代の有名人の妊娠ですが、伊藤さおりさんは2010年の結婚以来、長く不妊治療を続けてこられた事をご自身のブログでも明かされています。

30代後半での結婚が決して遅いと感じなくなって久しい今日この頃です。女性の見た目の年齢や気持ちの持ちようも若さを保ち続ける方がどんどん増えていると感じます。
しかし依然として、人間の女性の妊娠力は、30歳あたりから低下し始め、37歳を境に急激に落ちる現実は変わっていません。
仕事もプライベートも充実し、結婚も子供も考えなかったけれど、いざ素敵なパートナー得て子供が欲しいと思った時には治療が必要になっていたというお話も多く聞かれます。

30代を迎えられた方は、今すぐ子供が欲しいかどうかに関わらず、ご自分の体の状態を知っておき、将来子供を望んでおられるなら、なるべく早い段階で、ご自身のなりの対策をお考えになることで、安心して充実した時を過ごせる可能性もあるのではないでしょうか。自己卵子の凍結保存も選択肢の一つです。


記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2014 MediBridge Inc. All Rights Reserved



20

不妊に悩む人が多いワケ

こんにちは。
マスクを付けたまま寝る方はいらっしゃいますか?
風邪気味になりやすい今の季節、マスクを付けて寝たり、首に薄手のタオルを巻いて寝ると、喉の痛みが緩和されることもあります。
是非試してみてくださいね。

不妊_原因


さて、不妊に悩む方が多い今日ですが、その数は年々増えています。
その原因は様々で、例を一つ上げるとすると、女性も社会に進出し働く時間が増え、妊娠・出産を考える時期が年々遅くなっていることでしょう。
また、本日ご紹介する記事にも、多くの人が不妊で悩んでしまう原因の一部が書かれています。

高齢出産、卵子凍結、不妊に悩まないためにできること

「デリケートな問題だから」「人それぞれだから…」と明確にだれもが語らなかったことにより、不妊に悩む人が増えています。現在、日本では6組に1組が不妊に悩んでいると言われています。実際に不妊治療をしているカップルに話を聞くと、「不妊治療はタイムレース。もう少し早く事実を知っておけばよかった」といいます。

では、不妊の“事実”とは何か。それは、不妊には男女双方に原因があること。それと卵子は生まれ持った数から増えず、加齢とともに老化し、妊娠しにくくなることです。
例えば、女性側のほうが病院で治療を受けても妊娠せず、原因は検査を渋っていた男性側にあった……という話もよく聞きます。また、40歳以降から本格的に妊娠を望むようになり、年齢が若ければ若いほど、治療期間が短いことに愕然としたり……。
そこで『FRaU』は、「いつか産む」という人のために、12月号から「はじめての妊活」という連載を開始。ここでは、今知っておきたい妊活事情をお届けします。

●20代でも卵巣年齢が老化しているという事実

予防医学コンサルタント細川モモさんは、20代でも卵巣年齢が高齢化している事実について、まず警鐘を鳴らします。
「最近メディアでもよく取り上げる『卵巣年齢(AMH)検査』ですが、これは女性の卵子の残り数を示すもの。最近、20代でも40代総統という女性も少なくありません。この原因となるのは『喫煙』です」(細川さん)

日本では女性の喫煙率が高いことで知られています。また、パートナーの喫煙も卵巣年齢を低下させる可能性大。
「ニコチンは衣服などに付き、空気中に舞うので換気扇やベランダなど、離れたところで吸っていても残念ながら無意味なのです」(細川さん)

いつか産みたいと考えるなら、自分自身は禁煙し、パートナーの自宅喫煙について、配慮してもらったほうがいいでしょう。

●過度なダイエットが不妊リスクに
間違ったダイエットを続けていた人は、妊娠しにくくなるという声も。
「日本女性のエネルギー摂取量は、20代で一日平均1612カロリー。これは基礎代謝を補う程度です。結果として必要な栄養素が不足し、貧血や便秘が慢性化する事態に。スキニーな体を追求するあまり、体脂肪を落とし過ぎると、無月経に。すると卵巣年齢が高齢化してしまう可能性があります」(細川さん)

「いつでも産める」体に整えるのなら、喫煙とダイエットは今日からストップ。健康的な生活を心がけて!

 
いつかは妊娠できる、といった考えをお持ちの方は少ないかとは思いますが、なぜ健康体であっても妊娠できる時期に限界があるのか、その決定的な理由が一般的に知られ始めたのはここ最近の話です。
特に、卵子老化という事実は、もっと多くの人に知られるべきことです。

弊社のエッグドナーの方は、20歳〜30歳の健康で非喫煙者の方に限らせて頂いております。
弊社プログラムに興味を持たれましたら、お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせ下さいませ。

 
記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




プロフィール

メディブリッジ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断プログラム、アジア・ヨーロッパでの代理出産をご提供しております。
このブログで不妊治療現場、世界の医療、弊社メディブリッジの思いなどなどなどあらゆる事をお伝えして参ります。

記事検索
ミッション
MediBridgeのミッション
  1. 1. 日本の医療制度で救われない日本人患者のサポート
  2. 2. 途上国の雇用促進
  3. 3. 医療のグローバル化支援
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 新年の御挨拶 −設立12年目になりました−
  • 新年おめでとうございます
  • 妊娠前の風疹抗体検査
  • ハワイでの卵子提供プログラム
  • 着床前診断について
  • エッグドナーボランティア募集
  • 大渕弁護士、出産で涙止まらず「本当に嬉しくて、感動」
  • 西村知美、不妊で悩んでいたとき相田みつを氏の言葉に出会い救われた…
  • 卵子を使わずに新生児マウス誕生? 英国とドイツの研究
  • メディブリッジのサポート体制
  • 弊社の着床前診断プログラム
  • 3Dプリンターで作った卵巣でマウスが妊娠!
QRコード
QRコード