こんにちは。
日本全国が寒波に包まれた週明けです、今は三寒四温の時。
春はもうすぐそこですです。

spring

さて、浦安市が、自治体レベルでは日本初となる自己卵子凍結への補助金支給を決定しました。

卵子凍結保存、市と連携 順天堂大浦安病院が構想
順天堂大浦安病院(千葉県浦安市)と浦安市が、加齢による不妊を避ける目的で健康な女性が自分の卵子を凍結保存する「プリンセス・バンク(仮称)」構想を進めていることが5日、分かった。市は少子化対策の一環として市民を対象に凍結保存費用を助成することなどを計画している。
日本生殖医学会は平成25年、がんなどの医学的理由と、加齢など社会的理由による卵子、卵巣の凍結保存容認のガイドラインを決定。凍結保存を手掛ける施設は複数あるが、大学病院と自治体が連携して実施するのは初めてとみられる。
構想では、将来の出産に備えたい20〜35歳の健康な女性の卵子を凍結保存する。ほかに、がんが見つかった女性が、抗がん剤治療による副作用で不妊になるのを避けるために凍結するケースも想定している。


昨日のニュースでは、小児がんの治療を受けた場合の卵巣、精巣への影響が報じられていました。 小児がんの治療開始前に、卵巣を凍結する事も検討され始めているとの事でした。

先程の卵子凍結プロジェクトについては、健常な女性を対象とすることに反対の声もあるようですが、卵子凍結も、癌の治療を開始する前の卵巣凍結も、成長した後や、自身が子供を持つ準備ができた時に選択できる幅を残し、人生の選択肢が広がると考えれば、悪くはないのではないかと思うのです。

自己卵子凍結保存プログラムは、弊社でもご提供しております。