medibridges

代理出産・卵子提供コーディネーターブログ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断、アジア・ヨーロッパでの代理出産を提供しているコーディネーターのブログ。

基礎体温

1

排卵日って?

こんにちは!
今晩から、東京ではまた雪の予報です。
皆さん、くれぐれもお足元にはお気をください。

Winter-Dog


さて、みなさんはご自身の排卵日がいつかご存じでしょうか?

女性は一生の間に約500回の排卵を繰り返すといわれています。
それぞれ異なる周期をもっていますので、自分の排卵のリズムを知るためには、まず基礎体温をつけることが大事です。
個人差はありますが、月経周期は26〜35日くらいです。
正常な人であれば、基礎体温をはかりグラフをつけていると、低温期と高温期がはっきり分かれていることがわかってきます。
低温期が終わるころに一度大きく体温が低下することもあります。
そこからまた高温期に入るのですが、排卵が起きるのはここから高温期にかけての2〜3日の間が目安となります。
正確な排卵日日時を特定することができませんが、3ヶ月ほど計測を続けていると自分のリズムが把握できるようになるかと思います。
毎日規則的に行うものですから、基礎体温をつけることは面倒だと思っている人も多いようですが、不妊治療にはもちろんのこと、日々自分の体に目を向けることにより病の早期発見にもつながりますのでぜひ続けましょう。

月経から排卵までの間は低温期であり、体温は低めです。
排卵を境にホルモンの活発的な働きにより体温は上昇する高温期に入ります。
高温期への移行期が排卵とされています。
妊娠をしなければ高温期は約2週間ほどで終わり、次の月経がきます。
高温期が3週間続いた場合妊娠の可能性が高いため、妊娠判定薬を使ってチェックしましょう。

妊娠していない場合でも高温期が長くなる原因には精神的ストレスや肉体疲労の可能性もありますので、高温期が短い・長い、いずれの発見をしたら早めに検査を受けたほうが良いでしょう。

31

基礎体温をつけてみましょう

Happy Holloween!
いつの間にか、日本に定着したハロウィーン。
今では、仮装を楽しむ多くの方をみかけます。


halloween

さてみなさんは基礎体温をご存知ですか?
基礎体温をつければ生理が来る日を予測できます。排卵後に高温期が2週間続いたあとに体温が下がり始めると生理が来ます。
また、低温期から高温期に変わる瞬間の体温がガクッと低くなる日から、上がり始める3日くらいの間に排卵日があります。(多少個人差があります)

低温期しかなく排卵がない時(無排卵性月経)、高温期が短かかったり低温と高温の差がない時(不妊症の可能性)、高温期のあとの出血の時(流産の可能性)などのトラブルもわかります。

ポイントは「全体的」にチェックすることです。つけ始めたばかりの人は1日ごとの微妙な変化をじっくり見てしまい「排卵や黄体機能のトラブルがあるのでは?」と神経質になる人が多いようです。

基礎体温は体調の変化や気温、あるいはからだが冷えている、口を開けて寝ていた、など微妙なことですぐに変化がでてしまいます。
大事なことは全体的に高温期と低温期が、わかれてるということなのです。

はかるところは、口の中(口の中でも微妙に温度が違うから毎回同じ場所)に基礎体温計を入れて指定された時間(2〜5分程度)で検温。病気や寝不足などがあったときは備考欄に書き込みます。

基礎体温を付けて、上手にご自分のお身体とおつきあいしましょう。


24

ホルモン検査と生理周期

みなさま、こんにちは!
東京では最低気温が0度、マフラーと手袋でしっかり防寒したいですね。

今週は寒さの日厳しい日が続くようです。
インフルエンザなど、気をつけて生活したいですね。 

ホルモン値_生理1日目

さて、今日は生理開始日の数え方についてです。
妊娠に適したホルモン状態(卵巣機能など)であるかを調べるため、不妊治療クリニックでは、治療前の検査として、必ずホルモン数値を測る為に血液検査を行います。

女性の体は数種類の性ホルモンの働きで生理周期など、様々な機能が保たれています。
その中でも、性ホルモン(女性ホルモン)は、排卵や生理の周期に大きく変動します。
このため、不妊治療クリニックでのホルモン検査は、それぞれの周期に適した検査が行われます。

<月経期に行う検査>
月経期のホルモン測定では、卵胞刺激ホルモン(FSH)や黄体化ホルモン(LH)がきちんと分泌されているかを検査します。
通常月経期の検査は生理2日目から遅くとも生理4日目までに行う必要があります。

その際に 
「生理1日目って・・・いつ」と思われたことがありませんか?

生理のタイミングは周期が安定している方や基礎体温を測られている方はある程度予測がつくかもしれません。
しかし、ホルモンバランス、ストレス、食生活などによって周期がずれることも良くありますよね。
また、おりものに微量の出血が混じったり、すこし間を置いてから出血量が増えることもあります。

こういった場合は、どこから開始日をカウントすればいいのでしょうか?

医師によって見解の違いはありますが、通常本格的に出血が開始した日を生理1日目とカウントします。
不妊治療クリニックや産婦人科での問診、検査、薬を服用する際にはご参考になさっていただければと思います。

メディブリッジでは、海外での卵子提供プログラムをご案内しております。
お気軽にお問い合わせ頂ければ幸いです。
お問い合わせフォーム

記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2017 MediBridge Inc. All Rights Reserved
 
 
17

アプリで妊活管理

こんにちは。
本日の東京は、打って変って秋の長雨です。
寒くもなく、暑くもなく快適ではあるのですが。

raindrop_Medibridges


さて皆様の携帯電話は何を使っていらっしゃいますか?
今日はiPhoneをお使いの方限定のニュースになってしまいます。お許し下さい。

本日9月17日、iOS9がリリースされ、ヘルスケアアプリに新たに「リプロダクティブヘルス」が追加されたとの事です。
iOS9のヘルスケアアプリは不妊治療にも貢献

リプロダクティブヘルスとは直訳すれば「生殖に関わる健康」

具体的には基礎体温、月経周期や性行為の回数、排卵検査結果、頸管粘液の質等の項目にご自身で細かく入力、管理しするのだそうです。
不妊治療中のiPhoneユーザーには、強い味方になりそうです。


あまり細かいデータ入力は面倒で、かえって不便かなとも思いつつ、Androidにも入らないかな…と羨ましく眺めております。

記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2015 MediBridge Inc. All Rights Reserved

21

排卵障害とは?

こんにちは!
オリンピックも終盤になってきましたね。
浅田真央選手のショートプログラムの完璧な演技に昨夜は、感動してしまいました。


不妊治療


さて、本日は不妊症の原因といわれる「排卵障害」についてお話したいと思います。
卵が育たない!?
排卵障害は不妊患者の約3割を占める不妊の大きな原因の一つです。
卵が育たない、育っても排卵しないという状態です。

排卵障害を見極めるには?

基礎体温を測る事です。
排卵が起こる前には基礎体温は低くなり、排卵後には高くなります
低温期の間に卵が大きくなり、低温期と高温期の境目で卵が飛び出してきます。
生理開始から排卵までを低温期(28日型の人はおよそ14日間)、排卵から次の生理開始までを高温期です。
この2層になってない場合は、「排卵障害」の可能性が考えられます。

原因は?

ホルモン分泌の異常が考えられます。
卵子は卵巣で育ち、排卵となりますが、これらの指令をだすのが、性腺刺激ホルモン(卵胞刺激ホルモンと黄体化ホルモン)です。
しかしこの指令部に障害があると、ホルモンが分泌されず排卵が起こらない原因となります。
その要因は?
  •  激しい運動
  •  過度なダイエット、
  •  肥満や心因性ストレス です。
排卵障害があったり、卵子の発育が良くない場合には、排卵誘発剤が投与されます。
排卵障害かも!?と感じた時点で、信頼できる医師と相談する事が大切ですね。


記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2014 MediBridge Inc. All Rights Reserved



29

不妊かな?と思ったら。

こんにちは。
今日も冬型気圧の影響を受けて、寒さが身に染みる1日になりそうです。
冷えは万病の元とも言われていますから、暖かい服装で過ごしましょう。

基礎体温̠_不妊


さて、今日は不妊かどうかを知るための手がかりともなる、基礎体温についてお話しします。

○基礎体温とは?
体の動きが最も安静な状態のときの体温を、基礎体温と言います。
朝、目を覚ましたとき、体を動かす前に測定します。

○基礎体温から分かること
基礎体温をグラフにつけることによって、月経の周期や排卵の有無、排卵時期が不規則になっていないか、高温期の長さなどが確認でき、女性の体をコントロールしている女性ホルモンのリズムを知ることができます。
健康な女性のグラフは、生理や排卵などの性周期にしたがって二相の曲線が描かれます。

○基礎体温をつけるメリット
・次の生理がはじまる時期を予測できる
・体調の良い時期と悪い時期を知ることができる
・妊娠しやすい時期を予測できる
・きちんと排卵できているかどうかを確認できる
・女性ホルモンが分泌されているかどうかを確認できる
・妊娠しているかどうかを早めに確認できる
・流産の可能性を確認できる
・更年期障害を早期に見つける手助けとなる

○基礎体温から分かる妊娠しやすい時期
妊娠は、卵巣から排出された卵子(排卵)が精子と出会い、子宮内膜のベッドで着床して起こります。ですから、排卵の後が最も妊娠しやすい時期といえます。
基礎体温をつけていると、生理がはじまってから低温相になっている体温が、急に上がり高温相に入るのが分かります。これが排卵のサインです。 体温が低温相から高温相に変化した日から前後4 〜 5日間が排卵期と呼ばれていて、妊娠しやすい時期になります。

不妊検査は基本的にいつ受けてもよいそうですが、月経直後の低温期(卵胞期)がベストと言われています。基礎体温をつけると低温期や妊娠しやすい時期など、自分自身の体のことがとてもよく分かります。女性としては、毎日基礎体温を計る習慣を身につけたいものですね。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




13

ホルモンと基礎体温

GOOD MORNING!
みなさんはなにか運動をされていますか?
運動の中でも、おすすめなのが、ダンスです。

ベリーダンスやポールダンス、サルサなどといったダンスは官能的で下半身の激しい動きにより女性ホルモンが分泌されると一時ブームになったことも記憶に新しいかと思います。
また、中でもエジプトが発祥の地とされるベリーダンスの起源は古く、出産時の痛みを和らげるために女性達がおなかをくねらせたことから始まったと言われており、骨盤矯正や腰痛への効果も期待できます。
普段使わない筋肉を動かすことによる、「痩せ」も期待できそうですね。
是非是非女性におすすめのスポーツです。

さて、基礎体温には、高温期と低温期があります。
それは、女性の身体が分泌するホルモンと深い関係があります。
低温期は卵巣の中で卵胞が育っていく時期です。
女性の身体の中では、この時期、卵胞ホルモンの分泌が盛んになります。 この卵胞ホルモンは体温を下げる働きがあるため、低温期となるのです。

また、低温期の間に成熟した卵子が排卵されると、卵巣の中で黄体という組織が形成されます。

黄体という組織は、黄体ホルモンというホルモンを分泌し、子宮に内膜の形成を促して妊娠に備えます。
卵胞ホルモンとは逆に、 この黄体ホルモンは体温を上げる作用があるため、高温期となります。
低温期と高温期の体温の差は僅か0.3〜0.5℃程度です。


排卵後に10日以上の高温期がつづくのが正常の体温ですが、高温期が21日つづくときには妊娠が考えられます。
また、流産の可能性もあります。
すぐ病院で受診しましょう。


また、高温期がないということはすなわち、排卵が起こっていないということをを意味します。
このような無排卵状態でも不順ながら生理が来る場合は多く見られ、これを「無排卵月経」といいます。


高温期と低温気が混じるという人は、排卵していますが、黄体機能不全の可能性が考えられます。
子宮内膜で受精卵が着床するための環境が整っていにので妊娠しても流産しやすい体質の人です。

正常な月経周期では、排卵後に10日以上の高温期がつづきます。
ところが高温期が9日以下と短い場合は、卵が未熟だったり、黄体機能不全の疑いが考えられます。

基礎体温をはかることで、様々なことがわかります。
毎朝、舌下ではかり、記録をとるだけでご自分の体調がわかるので、是非とりいれてみてください。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2012 MediBridge Inc. All Rights Reserved




14

基礎体温をつけてみましょう

こんにちは
今日はホワイトデーですね。
最近ではバレンタインデーにご自分へのご褒美チョコを買う女性が多いんですよね。
そして、今日のホワイトデーもご自分へのご褒美をしてみませんか?
こんなイベント時にご自分を甘やかすのもいいかもしれませんね。

images



さてみなさんは基礎体温をご存知ですか?

基礎体温をつければ生理が来る日を予測できます。排卵後に高温期が2週間続いたあとに体温が下がり始めると生理が来ます。


また、低温期から高温期に変わる瞬間の体温がガクッと低くなる日から、上がり始める3日くらいの間に排卵日があります。(多少個人差があります)


低温期しかなく排卵がない時(無排卵性月経)、高温期が短かかったり低温と高温の差がない時(不妊症の可能性)、高温期のあとの出血の時(流産の可能性)などのトラブルもわかります。

ポイントは「全体的」にチェックすることです。つけ始めたばかりの人は1日ごとの微妙な変化をじっくり見てしまい「排卵や黄体機能のトラブルがあるのでは?」と神経質になる人が多いようです。

基礎体温は体調の変化や気温、あるいはからだが冷えている、口を開けて寝ていた、など微妙なことですぐに変化がでてしまいます。
大事なことは全体的に高温期と低温期が、わかれてるということなのです。


はかるところは、口の中(口の中でも微妙に温度が違うから毎回同じ場所)に基礎体温計を入れて指定された時間(2〜5分程度)で検温。病気や寝不足などがあったときは備考欄に書き込みます。

基礎体温を付けて、上手にご自分のお身体とおつきあいしましょう


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2012 MediBridge Inc. All Rights Reserved




23

排卵日っていつ頃なの?

こんにちは!
暖かくなったかと思えば今日の銀座はとても強い風と雨模様。
季節の変わり目ですので体調管理も特に気を付けないとですね!

女性のみなさんはご自身の排卵日がいつかご存じでしょうか?


女性は一生の間に約500回の排卵を繰り返すといわれています。
それぞれ異なる周期をもっていますので、自分の排卵のリズムを知るためには、まず基礎体温をつけることが大事です。
個人差はありますが、月経周期はふつう26〜35日くらいです。
正常な人であれば、基礎体温をはかりグラフをつけていると、低温期と高温期がはっきり分かれていることがわかってきます。
低温期が終わるころに一度大きく体温が低下することもあります。
そこからまた高温期に入るのですが、排卵が起きるのはここから高温期にかけての2〜3日の間が目安となります。
正確な排卵日日時を特定することができませんが、3ヶ月ほど計測を続けていると自分のリズムが把握できるようになるかと思います。
毎日規則的に行うものですから、基礎体温をつけることは面倒だと思っている人も多いようですが、不妊治療にはもちろんのこと、日々自分の体に目を向けることにより病の早期発見にもつながりますのでぜひ続けましょう。

月経から排卵までの間は低温期であり、体温は低めです。
排卵を境にホルモンの活発的な働きにより体温は上昇する高温期に入ります。
高温期への移行期が排卵とされています。
妊娠をしなければ高温期は約2週間ほどで終わり、次の月経がきます。
高温期が3週間続いた場合妊娠の可能性が高いため、妊娠判定薬を使ってチェックしましょう。

妊娠していない場合でも高温期が長くなる原因には精神的ストレスや肉体疲労の可能性もありますので、高温期が短い・長い、いずれの発見をしたら早めに検査を受けたほうが良いでしょう。

記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2012 MediBridge Inc. All Rights Reserved




19

基礎体温がずっと低温、どうしたらいい?

おはようございます!
いよいよインフルエンザが本格的に流行りだしたようです。
空気の乾燥で粘膜を痛めやすくなっていますから、加湿器を利用するなどして、室内の湿度を一定に保つとよいですね。

bbt-chart

皆さんは、基礎体温表はつけていますか?
基礎体温表をつけることで、排卵の有無を自分でチェックできます。
もし基礎体温が二層なら、排卵があることになります。

でも、基礎体温をつけても、高温期がなく、ずっと体温が低いままのときは、何を意味しているのでしょうか?
これは、排卵していないということを意味します。

でもちゃんと生理はあるんだけど?という方も、中にはいると思います。
生理が来ていても、排卵がない、ということもあり得るのです。これを、無排卵性月経と言います。
この場合、いくら生理が毎月あっても、排卵していないので、妊娠はしません。
放っておくと、いつまでたっても妊娠はできません。

もし、生理はあるのに、ずっと低体温の状態があったら、早めに病院に行く必要があります。
無排卵でも月経のある人は、治療は難しくありません。薬の服用により排卵が復活する場合が多いので、婦人科での治療で、妊娠が可能です。
婦人科を受診する際は、ぜひ基礎体温表を持参してください。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:©  2008-2011 MediBridge Inc. All Rights Reserved




プロフィール

メディブリッジ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断プログラム、アジア・ヨーロッパでの代理出産をご提供しております。
このブログで不妊治療現場、世界の医療、弊社メディブリッジの思いなどなどなどあらゆる事をお伝えして参ります。

記事検索
ミッション
MediBridgeのミッション
  1. 1. 日本の医療制度で救われない日本人患者のサポート
  2. 2. 途上国の雇用促進
  3. 3. 医療のグローバル化支援
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 新年の御挨拶 −設立12年目になりました−
  • 新年おめでとうございます
  • 妊娠前の風疹抗体検査
  • ハワイでの卵子提供プログラム
  • 着床前診断について
  • エッグドナーボランティア募集
  • 大渕弁護士、出産で涙止まらず「本当に嬉しくて、感動」
  • 西村知美、不妊で悩んでいたとき相田みつを氏の言葉に出会い救われた…
  • 卵子を使わずに新生児マウス誕生? 英国とドイツの研究
  • メディブリッジのサポート体制
  • 弊社の着床前診断プログラム
  • 3Dプリンターで作った卵巣でマウスが妊娠!
QRコード
QRコード