medibridges

代理出産・卵子提供コーディネーターブログ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断、アジア・ヨーロッパでの代理出産を提供しているコーディネーターのブログ。

女性

18

兵庫県、不妊治療助成を拡充 

こんにちは。

3月も中旬となって本日は春の陽気ですね。
ついお散歩に出かけたくなります。


medi0318 男性不妊


不妊治療に対する助成のニュースは、当ブログでも何度も紹介しておりますが、本日は兵庫県の助成ニュースについてご紹介させて頂きます。

不妊治療助成を拡充 兵庫県、男性の面接相談も

兵庫県は4月から、医療保険が適用されない「特定不妊治療」の治療費助成制度を拡充し、年間所得が400万円未満の夫婦への助成額を治療1回あたり5万円引き上げる。
県ではなく市で助成制度を設ける中核市以上の4市(神戸、姫路、西宮、尼崎)は対象外。また不妊相談の窓口も拡充し、男性不妊専門の面接相談も始める。

県健康増進課によると、特定不妊治療には卵子を体外にとりだして精子を混ぜて受精させる「体外受精」と、卵子に針を刺して精子を注入する「顕微授精」がある。
現在は年間所得が730万円未満の夫婦に、国と県が治療1回あたり最大計15万円を助成する制度がある。


しかし、実際の治療費は体外受精が治療1回あたり約30万円、顕微授精が約40万円。無精子症など男性の不妊治療が必要な夫婦は約50万〜60万円とさらに高額になる。不足分を補おうと、豊岡市や三木市など県内20市町では独自に追加助成してきた。

そこで県は、卵子を採取し、受精卵を子宮に戻すまでの特定不妊治療を受けた夫婦への助成額を5万円加算し、最大20万円にする。回数制限は設けない。
県の担当者は「比較的所得が低い若い世代からでも早く不妊治療を受けられるようにしたい」と話す。


不妊の専門相談窓口は現在、助産師や産科医による電話・面接相談があるが、女性からの相談ばかりだった。4月からは泌尿器科医による男性不妊専門の面談窓口も開設する。

不妊の原因のおよそ4割は、男性側にあると言われておりますが、未だに「不妊は女性の問題」との意識が強いように感じます。女性と比べ、不妊治療に消極的な男性も多いかと思います。
不妊治療はご夫婦の協力が不可欠です。
男性にも治療には積極的に参加して頂くとともに、助成や面談窓口など利用できるものは積極的に活用して頂きたいですね。

13

本当の「美しさ」とは??「ダヴ」のCMから見る、不妊治療に大切なもの

こんにちは!
今日はちょっと素敵な動画がありますので、ご紹介を!

もしよろしければ、一度観てみてくださいね。




女性なら皆さん、『あー!! ある!ある!』と思うのではないでしょうか?

ほとんどの女性は(男性もそうかも知れません)、自分に自信がないものです。

この動画の中で、『人との出会い、仕事選び、子育て、(自信が付けば)全てが良い方向に動き出しそう』というコメントがありますね。

これを観て、なんだか不妊治療も一緒だなと思いました。


長年、不妊治療をして結果がでないと、どんどん自信をなくしてしまう。

そういう女性が不妊治療の現場では多くおられます。


弊社では、『まだ子宮は十分元気なのだから』、『子宮はなくとも、元気な卵子が採れるのだから』と、奥様の良い部分を引き立て、卵子提供や代理出産を用い、お子様を授かって頂くよう心がけております。

どうか、皆さん自信を持ちましょう!

そうすれば、きっといいことが起きるはずです。



記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2014 MediBridge Inc. All Rights Reserved




31

コカ・コーラはインドで女性の社会進出を支援

こんにちは。
弊社ではインドでの代理出産プログラムをご紹介しておりますが、今日はアメリカのコカ・コーラがインドで女性の社会進出を促すための支援を始めたニュースをお知らせ致します。

spring

コカ・コーラ、インドで女性の社会進出を支援

米コカ・コーラは女性の社会進出を促すため、仕事を持たない農村部などに住む女性を自社商品を販売する店舗の店主に育成することを目的とした取り組みを進めている。

同社が市民の教育向上を目指して設立した「コカ・コーラ・ユニバーシティ」の「パリバルタン(Parivartan)」と呼ばれるプログラムの新たな試みとして実施する。
パリバルタンはこれまで、売り上げの増加を目指す既存の日用品店の経営者を教育することに主眼を置いていたが、昨年から女性の起業支援にも乗り出した。
飲料メーカーがこうした取り組みを実施するのは初めて。

プログラムでは、農村部や地方都市に暮らす仕事を持たない女性を、コカ・コーラの製品を販売する店舗の経営者に育成する。
女性たちはコカ・コーラが各地で展開するコカ・コーラ・ユニバーシティの教室やバスを改造した移動教室などで、経営手法や在庫管理、接客、経理など店舗の運営に必要な知識について学ぶ。

期間は10日間で、修了者には認定証書が贈られる。
また、商品の温度を一定に保つため、冷蔵庫を持たない女性には300ミリリットル入りのボトルが50本入る太陽光で発電する冷却器を提供する。
さらに、女性が病気や事故で死亡したり障害が残った場合などを想定し、10万ルピーの保険をつける。

ウッタルプラデシュ州アグラ郊外のナグラサブラに住むプリーティ・グプタさん(42)は1年前にプログラムに参加した。
以前は農業を営む夫の限られた収入で3人の子どもを抱えながら家計をやりくりしなければならず、経済的に苦しい生活を強いられていた。
十分な教育を受けていないグプタさんにとり、外に出て働くことは想像すらできないことだったが、店舗開業後は夫とほぼ同額の収入を得られるようになり、生活は大きく変わった。
グプタさんは「自分の店を持てたのはこれまでの人生で最も重要なできごと」と話す。

あるエコノミストはコカ・コーラの取り組みについて、「女性の社会進出を促進するだけでなく、同社の業績の拡大にもつながる試み」との見方を示している。


もっと女性が活躍できる社会になることを期待いたします。

記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




15

野田聖子さん、出産1年後の想い

こんにちは!
銀座は今日、風が強いですね。春一番でしょうか?
皆さん物を飛ばされないよう、お気を付け下さい。

さて、今日は出産して1年経った野田聖子さんのインタビュー記事についてご紹介致します。

nodasmall

出産1年の野田聖子さん 私にはこれしかなかった

「産む」という行為そのものへの執念だったのか。聞くと本人は、そうではないと言う。

自分としては育てることができれば十分だと。訪ねた乳児院で、親に放り投げられたという赤ちゃんを見て「もらえませんか」と頼んだ。でも、まず年齢制限で駄目。当時、事実婚だったことも理由にされた。いくつかの団体に断られ、思案して思案して(卵子提供に)行った。自分に残された子どもとの出会いはそれしかなかった。でも、わたしのようになってほしくはない。子どもを望む人は早く産んでほしいし、産めるようにしてあげるべきだ。

現職の国会議員として体験した不妊と出産。特殊な立場ではあったが、多くの女性と同様の苦しみを味わった。

子どもがいない女は社会では半人前の扱い。特に政治家はそう。「子どもがいない女に政治が語れるか」とずっと言われてきた。ところが子どもができたら今度は「子どもがいるから仕事ができない」に変わった。
不妊で産めない人もいるのに、子どもを産まないのはエゴで、自分の仕事を優先していると思われている。そうした誤解に苦しむ女性は多い。わたしも家庭を持たず好きなことだけやって、とレッテルを貼られた。だからといって結婚できるわけではない。たまたま縁あって夫と出会えたが。
育休を取れないのはつらかった。「ゆっくり休んだら選挙に落ちます」と脅かされ、産後2カ月弱で復帰した。政治家以外の人が、仕事がなくなるとか出世できないとか、給料が減るのと同じ。少子化と騒いでも、昔と全然変わっていない。


子どもを育てる選択肢のひとつに「養子縁組」があります。しかし、日本においての養子縁組の制限はとても厳しく、野田聖子さんのように年齢制限があるために無理であったり、夫婦共働きで主婦ではないため養子縁組が不可能であったりと、簡単ではありません。
弊社のクライアント様も、上記のような条件のために養子縁組で子どもを授かることが出来なかった方が多くいらっしゃいます。

加齢や卵巣の病気でお子様を授かれないご夫婦にとって、卵子提供はお子様を授かる唯一の方法と言っても過言ではありません。
弊社メディブリッジは、様々なご事情によりご自身での妊娠が困難なご夫妻に、卵子提供や代理出産プログラムを通してお子様が授かれるようサポートさせて頂いております。

卵子提供・代理出産プログラムにご興味がある方は、是非一度お問合せ下さい。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2012 MediBridge Inc. All Rights Reserved




17

働く女性に聞いた「少子化対策で一番必要だと思うこと」

おはようございます。
週初めの今日も気持ち良い青空となりました。
快適すぎて、食欲が進んでしまいます。

New-born-ba


以前、働く女性に「少子化対策で一番必要だと思うこと」というアンケートがありました。
「少子化対策で、一番必要だと思うこと」というアンケートです。
結果は以下の通りとなります。

第一位/子育てからの復帰がしやすい雇用状況を整える……23.8%
第二位/出産費の援助・無料化……13.8%
第三位/育児休暇をとりやすい職場環境を整える……12.8%
第三位/会社に託児所を完備する……12.8%
第五位/保育園・学童保育の整備を整える……9.0%
第六位/仕事の残業時間を減らす……8.2%
第七位/景気が回復する……7.4%
第八位/託児所・ベビーシッター費用の援助……5.2%
第九位/男性の育児休暇制度の導入と普及……5.0%
第十位/不妊治療費の援助・医療保険適用……2.0%

どれも必要と感じられるものですよね。
このような項目が改善されれば、子供を持つことにどんなに抵抗がなくなるかと思います。

弊社はハワイとタイでの卵子提供プログラム、そしてインドでの代理出産プログラムをご提供しており、少子化にも少なからず貢献しようと日々励んでおります。
弊社としては、海外で行う不妊治療に関しても補助金が出れば、とつくづく思います。
海外で不妊治療を行おうと、国内で行おうと子供は大切な日本の希望なのですから。

あと国の政策だけではなく、会社や周りの社会も少子化について、態度を大きく変えないといけませんね。
少子化は誰の得にもならず、この日本を衰退させていく病気なのですから。



記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2011 MediBridge Inc. All Rights Reserved




12

冷え性は女性の敵?

みなさん、おはようございます。

暖かかったゴールデンウィークでしたが、ここ数日は曇り空ですね。
肌寒い日が続いていますので、あたたかい服装でお出かけ下さいね。

さて、本日は悩まれている方も多いかと思います、「冷え性」についてお話させていただきたいと思います。
冷え性くらいは、たいしたことではないと考えておられる方はいらっしゃいませんか?
また、ご自身では冷え性ではないと思っている人の中にも、実は身体が冷えているというケースが増えています。
また、女性の冷え性は、不妊の原因になることもあるので、注意が必要なんです。

sick

それでは、なぜ「冷え性」が不妊の原因になるのでしょうか?

冷え性や低体温である体は、血液のめぐりが悪くなります
血液には、身体のエネルギーの素となる栄養素や酵素、身体の調子を整えるホルモンなどが含まれているので、 これらがうまく身体の全体に意気わたらなければ、身体の機能が低下してしまいます。
特に、子宮や卵巣など妊娠に不可欠な生殖器のある下半身は、冷えの影響を受けやすいと言われています。
子宮や卵巣が冷えてしまうと、生理痛、生理不順、子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣脳腫などを引き起こすこととなり、排卵や着床がスムーズに行えなくなる原因になることがあります。
また、これらの器官の周辺が冷えることにより、卵管を収縮させることにもなります。

冷え性の改善には入浴が効果的と言われています。
あたかい季節になると、冷えを感じることが少なくなってきますよね。
また、夏になると、短時間のシャワーですませる方も多いかと思いますが、お時間があるときは、湯船につかって体を温められてはいかがでしょうか?



記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ


Copyright:c  2008-2011 MediBridge Inc. All Rights Reserved




9

30代の若年性更年期障害ってなに?

みなさん、おはようございます。
ゴールデンウィークも終わり、今日からお仕事という方も多いのではないでしょうか?

さて、今日は若年性更年期障害についてお話をさせて頂きたいと思います。
「更年期」とは、女性ホルモンが低下し始める40代半ばから、閉経を迎える50代半ばの10年間のことで、更年期障害とは、この時期に出てくる下記のような症状のことです。

【更年期障害にともなう症状】
・顔がほてる
・顔や手足が冷えやすい    
・寝つきが悪いまたは、眠りが浅い
・頭痛、めまい、吐き気がする
・疲れやすい
・肩こり、腰痛、手足の痛みがある

上記のような心身の症状があらわれた場合は、病気や何らかの原因で一般より早く閉経してしまう「早発閉経」が疑われます。
また、これらの症状は女性ホルモンが年齢とともに減少することによってあらわれ、症状は人それぞれです。

High-Heels-Image

通常の更年期障害とは違い、若年性更年期障害はなにかの原因によって女性ホルモンのバランスが崩れると起こることがあります。
たとえば、職場の冷房で、知らない間にカラダが冷えていたり、無理なダイエットをしたり、喫煙しているなどの原因があります。
また、仕事が忙しい女性に多い原因が、ストレスといわれています。
また、睡眠時間や食事の時間がしっかり取れない不規則な生活は、肉体的なストレスを抱えることになります。

女性の体は強いストレスを受けると、まわりの器官が正常に働かなくなってしまいます。
脳が正常に働いている場合は、脳からの指令を受けて卵巣から2種類の女性ホルモンが出て、妊娠の準備を始めます。
しかし、ストレスを抱えることにより、子宮や卵巣は元気なのに脳からはホルモンを分泌する命令がうまく働かなくなり、若年性更年期障害のような症状につながることもあるのです。

では、若年性更年期障害の対処法とはどのようなものがあるのでしょうか?
まず、漢方薬や「OC(経口避妊薬)」と呼ばれるホルモン剤が役に立つと言えます。
気になる方は、婦人科に相談をし、適切な運動や食事はもちろん、日頃から健康管理をして、生活の質を上げることが大切なのではないでしょうか。



記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ


Copyright:c  2008-2011 MediBridge Inc. All Rights Reserved






21

アロマでリラックスタイム

みなさん、おはようございます。

 暖かい日はあまり続かず、朝は風がつめたく感じますね。

今日は、お好きな方も多いのではないでしょうか、アロマオイルに関してお話させて頂ければと思います。

人の脳には物を考える大脳新皮質と、五感を感じたり本能をつかさどる大脳旧皮質と大脳周縁系があります。
アロマテラピーは五感の一つである香りを感じることで、心身のバランスを整える効果と効能が期待できると言われています。
 

aroma3

 
 女性は、ホルモンバランスの変化でいつも以上に疲れを感じたり、ストレスを感じることはないでしょうか?
そんな方には、こんなアロマが効果を発揮しそうです。
[リラックス効果]
たとえば、バラの花の香りなど、上質な花の香りを嗅ぐと人はリラックスできるといわれているそうです。
また柑橘系の甘酸っぱい香りは、気持ちをリフレッシュさせてくれるようですね。

また、この春の季節は、花粉症でお悩みの方も多くおられるのでないでしょうか?
[花粉症対策]
数多くあるエッセンシャルオイルの中で、とりわけ花粉症によく効くと言われているのは、ユーカリやティートリーといわれています。
ユーカリは、ミントを思わせるスッとする香りがさわやかなエッセンシャルオイルですが、原料となる木はあの有名なコアラの大好物で、主産地であるオーストラリアでは、深い切り傷などに包帯の代りにユーカリのおしべを巻いたり、感染症の治療に使われていたという歴史もあり、信用できるアロマの一つです。

病院で処方される薬と違い、自然界からの産物から得られる、アロマオイルは安心して利用することができそうですね。
アロマの香りが私たちの心と体に与えてくれる効果と効能で、気分が落ち込んだり、体調がすぐれない時に少しでもリラックス頂ければと思います。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ


Copyright:c  2008-2011 MediBridge Inc. All Rights Reserved






20

知ってます?乳がん夜間校!

こんばんは!

「アピタル乳がん夜間学校を開校します」
こういう広告が朝日新聞に載せられています。
一体、夜間校って何!?
と、皆さん思ったのではないでしょうか?

2264a8ee10eeefed


これはアピタルという朝日新聞の医療サイトが行う一つの企画でして、
Ustreamを使って、乳がんに関するインターネット情報番組です。
うーん、非常に画期的。
TVだけではなく、インターネットを通じて、個人や大から小までの団体が今後はどんどん情報公開できる社会になってきたのだなと思います。



朝日新聞の医療サイト「アピタル」は、4月20日から月1回のインターネット番組「アピタル乳がん夜間学校」(毎月第3水曜日夜9時〜)を始めます。
放送中、アピタルのトップ画面は午後9時半から自動的に動画中継に切り替わります。

1年をかけて計12回を開講し、トップクラスの乳がん専門家からお話をうかがっていくことで、乳がんの全体像がわかる構成になっています。各回の後半では、乳がんサバイバーでモデルのMAIKOさんも交え、対談形式でより深い理解をしていただこうと思っています。乳がん患者さんを含め、関係者の方々の「不安」が少しでも和らぐ企画を目指します。



是非、このようなインターネット動画を利用されてはどうでしょうか。



記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2011 MediBridge Inc. All Rights Reserved




8

不妊治療を繰り返す中で

こんばんは!
弊社近くにある数寄屋橋交差点には大きな桜が数本並んでいるのですが、その桜がいよいよ5分咲き〜7分咲きになってまいりました。
いよいよ日本で一番綺麗なシーズンの一つが到来してきたなーと思います。

415447-5648-49



さて、弊社メディブリッジは、インドにおいて代理出産、韓国において卵子提供をご提供しているエージェンシーですが、日々、クライアント様からご相談を受けている際、強く感じることがございます。

それは何かといいますと、日本での不妊治療患者が、非常に閉ざされた環境にいて、ストレスを感じながら治療を受けている、ということです。

不妊治療において主役は女性になることが大半です。
多くの方は、最初に不妊治療病院を訪れてから、タイミング法→体外受精という過程を経て、うまくいかなければ長期間の体外受精を何度も繰り返すことが考えられます。

採卵は上手くいくのか、採卵ができても受精するのか、受精卵ができても移植後うまく着床するのか・・・。
このように期待し、そして上手く進まない時、患者はとても落ち込みます。
とくに繰り返し、結果が出なかった時の落ちこみは非常に深いものです。

しかしそのような場合でも、「自分が不妊治療を受けている」ということを、多くの女性は人には言えません。
友人にも身内にも言えない、という方すら結構おられるのです。
それほど「不妊治療」というのは、日本では、「人には言えない秘密事」なのです。

不妊治療をオープンにできないことは、患者にとっては、とても厳しい環境を生みます。
情報交換の場もなく、心配や不安を相談する場もなく、クリニックを頼るしかない。
しかし、不妊治療クリニックは患者を事務的にさばくのみで、患者の心理的なケアや、自分のクリニックで提供していない治療法は教えてくれません。
夫もしっかりと相談にのってくれない状況の女性もたくさんおられます。

話は少し変わりますが、不妊治療とは時間との戦いです。
年齢を重ねることで、卵子の質は低下し、妊娠の確率が落ちてくるのは否定しようのない事実です。
患者は、いつ結果がでるのかわからない治療を、いつまでやればいいのか、と不安に思いながら続けています。
「自分には妊娠の可能性があるのか」という不安を患者は抱えながら治療を受けていますが、自分から治療をやめることはなかなかできません。
治療をやめることは、子どもを授かる可能性を0にする、ということを意味するからです。

弊社の相談に来られて、卵子提供を行い、お子さんを授かった方からは、「もっと早く卵子提供という方法を知っていれば、何年も結果がでない体外受精を、高い費用を払って続けなくて済んだのに」というお声を頂きます。

卵子提供、という選択肢は、日本のクリニックで紹介されることはまずありません。
ですが、実際に、自分の卵子で長年体外受精を繰り返してきて妊娠できなかった多くの方が、弊社の卵子提供プログラムにより20代のドナーボランティアからの卵子提供を受け、妊娠に成功しています。

不妊治療クリニックに通うだけが、お子さんを授かる道ではありません。
卵子提供、という選択肢も、お子さんを授かる方法として、悩みながら不妊治療を続けておられる多くの方に知って頂ければ、と思います。



記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:©  2008-2011 MediBridge Inc. All Rights Reserved




プロフィール

メディブリッジ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断プログラム、アジア・ヨーロッパでの代理出産をご提供しております。
このブログで不妊治療現場、世界の医療、弊社メディブリッジの思いなどなどなどあらゆる事をお伝えして参ります。

記事検索
ミッション
MediBridgeのミッション
  1. 1. 日本の医療制度で救われない日本人患者のサポート
  2. 2. 途上国の雇用促進
  3. 3. 医療のグローバル化支援
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 新年の御挨拶 −設立12年目になりました−
  • 新年おめでとうございます
  • 妊娠前の風疹抗体検査
  • ハワイでの卵子提供プログラム
  • 着床前診断について
  • エッグドナーボランティア募集
  • 大渕弁護士、出産で涙止まらず「本当に嬉しくて、感動」
  • 西村知美、不妊で悩んでいたとき相田みつを氏の言葉に出会い救われた…
  • 卵子を使わずに新生児マウス誕生? 英国とドイツの研究
  • メディブリッジのサポート体制
  • 弊社の着床前診断プログラム
  • 3Dプリンターで作った卵巣でマウスが妊娠!
QRコード
QRコード