medibridges

代理出産・卵子提供コーディネーターブログ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断、アジア・ヨーロッパでの代理出産を提供しているコーディネーターのブログ。

妊婦

19

7月22日セミナー キャンセル待ちにつきまして

こんにちは!
英語で、赤ちゃんが発する言葉にならないおしゃべりのような音と、川のせせらぎを表す言葉が同じBabblingという事を今日初めて知りました。

baby babbling3

さて、先日募集を締め切りましたセミナーですが、引き続き、キャンセル待ちのお問合せをいただいております。なかなかお席が空かず、ご希望に沿えず申し訳なく思っております。
土曜日までにキャンセルの御希望がありましたら、順次ご案内をさせて頂きます。
ご不便をお掛けいたしますが、ご理解の程賜りますよう、どうぞ宜しくお願いいたします。

週末も気温は下がらないようです。
7月22日(日)開催予定のセミナーにご参加の皆様は、ご移動には十分お時間をとっていただき、休み休み、ご無理の無いようご来場くださいませ。
尚、当日は電話でのご連絡をお受けする事が出来ません。
当日の欠席連絡等はメールにてお知らしただきますようお願い申し上げます。


さて、熱中症につきまして、連日の注意喚起となります。お子さん、高齢者と併せ、妊婦さんもリスクが高いとされる方々です。
どうぞご自身の体調、症状に気を配り、事故の無いようにお過ごしください。

以下のような症状には十分にご注意下さい。

一般財団法人 日本気象協会が運営している「熱中症ゼロ」というサイトで、熱中症の主な症状を確認する事ができます。
-----------------------------------------------------------------------------------------
症状 1 めまいや顔のほてり
          めまいや立ちくらみ、顔がほてるなどの症状が出たら、熱中症のサインです。
         一時的に意識が遠のいたり、腹痛などの症状が出る場合もあります。

症状 2 筋肉痛や筋肉のけいれん
         「こむら返り」と呼ばれる、手足の筋肉がつるなどの症状が出る場合があります。
           筋肉がピクピクとけいれんしたり、硬くなることもあります。

症状 3  体のだるさや吐き気
           体がぐったりし、力が入らない。吐き気やおう吐、頭痛などを伴う場合もあります。

症状 4  汗のかきかたがおかしい
           ふいてもふいても汗がでる、もしくはまったく汗をかいていないなど、
           汗のかきかたに異常がある場合には、熱中症にかかっている危険性があります。

症状 5  体温が高い、皮ふの異常
           体温が高くて皮ふを触るととても熱い、
            皮ふが赤く乾いているなどの症状も熱中症のサインです。

症状 6  呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない
            声をかけても反応しなかったり、おかしな返答をする。
            または、体がガクガクとひきつけを起こしたり、
            まっすぐ歩けないなどの異常があるときは、重度の熱中症にかかっています。
           すぐ医療機関を受診しましょう。

症状 7  水分補給ができない
            呼びかけに反応しないなど、自分で上手に水分補給ができない場合は大変危険な状態です。
            この場合は、むりやり水分を口から飲ませることはやめましょう。
            すぐ医療機関を受診しましょう。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

【引用元】日本気象協会
https://www.netsuzero.jp/learning/le01

記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2018 MediBridge Inc. All Rights Reserved

 
14

妊婦さんは熱中症対策を

暑中お見舞い申し上げます!!

この週末は酷暑の予報です。
せっかくの連休ではありますが、不要不急の外出はお控えいただくのが宜しいようです。

Medibridge-Baby-Cool

妊婦さんは熱中症になりやすいということはご存知でしょうか。
この酷暑、妊婦さんは特に注意が必要です。

妊娠中は基礎体温が上昇します。
体温計を眺めハッとした表情で「私、妊娠してる…?」と気付くシーンは、ドラマ等でもお馴染みかもしれません。これは基礎体温をつけている女性が、体温が下がるはずの日が来ても高いままであることで、妊娠に気づいているのです。
また、体内でグングン成長している新しい命に栄養や酸素を送るのですから、お母さんの新陳代謝も活発になり、普段よりも汗をかき易くなります。
この2つの変化だけでも、熱中症を発症し易い状態を作りだしています。
そこへ加えて、ひどいつわりで水分摂取ももまらないとなると、さらに状況は悪化し、短時間のうちに一気に危険な状態になる可能性もあります。


  <妊婦さんの熱中症対策>

 1.1日に1.5リットルを目安に、小まめに水分接収するように習慣づけましょう。
   喉が渇いた。と感じてからは遅いのです。〇分に一回。
   というように習慣づける事が大切です。

 2.水をとったらナトリウムをとりましょう
   水ばかり飲んでいると、汗で、水分と共に排出されたナトリウムの補充ができません。
   塩飴などを上手に活用しましょう。

 3.保冷剤/冷凍ペットボトルなどを活用しよう
   保冷剤/冷凍したペットボトル等を携行し、体中、頭まで熱気を感じた時などは、
   頸部、わきの下等、血液が多く流れる脳に近い場所をいち早く冷やしましょう。
   冷凍ペットボトルは、溶けると経口飲料としても利用できます。
   ※脳内の血液が温まると、正常な思考、判断が出来なくなるだけでなく
   体温等のコントロール力も失い、危機的な状態になり易いと言われています。

 4.自分の状態に敏感でいましょう
   「めまいがした」「汗がドット出てきた」「しびれるような感じがある」
   「足がつった」などの自覚症状があったら、
   /紊鮗茲 ⇔辰靴い箸海蹐飽榮阿垢 日差しを避ける等
   クールダウンの為の行動をとりましょう。
   
           症状が酷いようなら、意識のあるうちに周囲に妊娠している事を告げ、
    助けを求めておくことも必要かもしれません。



  <水分補給にも注意が必要>

☆ 経口補水液・・・水分補給のための飲料です。吸収もよく、夏の水分補給には最も適していると言えるでしょう。飲み難さを感じる場合もあるようです。
☆水・・・多量に接収しすぎた場合、別途ナトリウムの補充が必要です。
☆ スポーツ系ドリンク・・・ナトリウム補充が出きる。吸収が早いく、熱中症状の改善に効果的。一方、糖分が多く、常飲するには肥満や高血糖の誘発の可能性があります。
☆緑茶、ウーロン茶、コーヒー類・・・カフェインが多く、妊婦さんは大量の接種は推奨されません。
☆ジュース類・・・特にフレッシュなものは、手軽にビタミンが摂取できる良さがあるが、糖分が多く、肥満、高血糖の原因になります。
☆麦茶・・・ノンカフェイン、安価の優等生。ミネラル補給も可能という事で、学校などでも推奨されています。

  飲料は数多あります。それぞれの特性を見極めて摂取しましょう。


  <お母さんの熱中症は、おなかの赤ちゃんにも影響がある>

熱中症の初期症状といわれているめまいや立ちくらみですが、これら症状が現れている時点で、母体も胎児も低血圧状態になっていると考えられます。
低血圧になっているということは、十分な血液の循環がなされていないということですので、血液を通じて酸素や栄養を得ている胎児にとっては、非常に苦しい状態になっていることが分かります。


この週末、どうしても外出しなければならない妊婦さんは、どうかお一人では行動しないでください。
そして、何かあった場合にはいつでも病院に駆け込めるよう、常に母子手帳の携行をされる事をお勧めいたします。

25

漢方薬とサプリメント

こんにちは。
もうすぐホワイトデーですね、心にワクワクと期待するものがある方も多いのではないでしょうか?

メディブリッジのWin-Win関係

さて、不妊治療を行っていると、一度は聞いた事があるであろう漢方治療。
皆様漢方というと、どのようなイメージをお持ちでしょうか?

なんだか効きそう。苦そう? 手が出しにくい。難しそう。 

改めて漢方治療と聞くと、あまり聞きなれず、イメージしづらいのではないかと思うのですが、
一般に風邪を治ための薬や、一般の薬局でも購入できる便秘薬など、身近なところに
漢方薬は存在しています。

そもそも江戸時代より前の時代、日本では中国や朝鮮から入ってきた医学にて、治療を
していたそうです。その後オランダより違った医学が入ってきたときに、それらを区別
するために「西洋医学」と「東洋医学」の2つに区分し、東洋医学の方を漢方と呼ぶように
なったそうです。

そんな漢方薬を不妊治療に用いて、良い結果が出ている方もいらっしゃいます。必ず医師の
指示のもと、漢方薬を不妊治療に取り入れていくことが大切ですが、本日はいくつか代表的な
漢方薬の種類をご紹介させて頂きます。

★当帰苛薬散(トウキシャクヤクサン)★
冷えやむくみの改善、めまいや貧血にも効果があるといわれ、体内のホルモンバランスを整え
良い状態に導いてくれます。妊娠前に生殖機能を整えることで妊娠しやすい体になる手助け
になることに加えて、妊娠後の悪阻の軽減、流産の予防などにも効果があるそうです。

★加味這遥散(カミショウヨウサン)★
冷えやめまい、動悸などに効果があることと、女性ホルモンの変動による精神不安や
月経不順等を改善することも期待できるそうです。加味這遥散は、特に神経の高ぶりを
抑え、イライラを軽減したり更年期障害にも用いられます。

★温経湯(ウンケイトウ)★
名前からイメージ出来るように、特に冷えを改善する効果があります。
下半身(女性の生殖機能)が冷え、上半身に熱を持つ(唇が乾燥する)といった状態の改善に
効き目があるようです。

漢方薬には少し手が出しづらいという方は、サプリメントから始めてみるのもよいかも
しれません。弊社クライアント様が医師から良くアドバイスを受けるサプリメントの中で、

「葉酸」と「妊婦用ビタミン」


の2つがあります。妊娠を目指す方、もしくは妊娠中の方であれば、良く聞くかもしれませんね。
即効性があるものではありませんが、いずれも簡単に購入でき、比較的継続しやすいかと
思います。

葉酸の効果については、卵子と精子が授精した後、受精卵が細胞分裂を続けいくときに必要な
酵素を助ける働きをして、正常にDNAがコピーされる様手伝う効果が期待されます。受精卵の
細胞分裂はとても大切な部分です。葉酸の摂取により、その後の着床率、妊娠率、出産率が
上がるというデータも発表されています。

薬に限らず、色々と自分に合うやり方や方法は間違いなく存在するので、
無理なく出来るものから少しづつ試していき、効果を感じられ、かつ続けやすいものを
生活に取り入れていけたらよいですね。

記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2016 MediBridge Inc. All Rights Reserved

3

ジカ熱拡大、妊婦の渡航は要注意

こんにちは!
今日は節分ですね。今年の恵方は「南南東」です。
夕飯には無言で恵方巻きを食べるつもりです。

さて、最近よく耳にするジカ熱について、WHOが緊急事態宣言を出しました。

ジカ熱

WHO、緊急事態を宣言 妊婦の渡航、注意呼びかけ

ベルリン=宮下日出男】世界保健機関(WHO、本部ジュネーブ)は1日、ブラジルなど中南米で拡大している感染症「ジカ熱」の流行について、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に該当すると宣言し、妊娠中の女性が感染地域に渡航する際の注意を呼びかけるとともに、各国に感染拡大の阻止に向けた対策の強化を求めた。

 緊急事態は同日開かれた専門家による緊急委員会の結果を受け、WHOのチャン事務局長が決定した。緊急委はジカ熱と新生児の「小頭症」と関連が「強く疑われる」ことを主な理由として、全会一致で緊急事態の適用を勧告。感染拡大の状況、有効なワクチンや治療法がないことも判断の材料となった。

 WHOは対策として、感染地域への渡航制限などは不要としたが、妊婦には渡航を極力控える一方、渡航する場合には医師と相談の上、長袖の服を着用するなどして、蚊から身を守る対策をとるよう促した。

 また、一段の感染拡大を抑えるため、各国には感染状況に関する監視や情報交換の強化などを求め、ワクチンや治療法の研究・開発への取り組みも強化されるべきだとした。

ジカ熱は蚊が媒介するジカウイルスを原因とした感染症で、昨年5月にブラジルで感染が報告後、20カ国・地域以上に拡大。感染者は最大400万人に達するとも予想される。ブラジルでは昨年10月以降、4千人以上の小頭症の新生児が確認され、ジカ熱との関連が疑われている。

 WHOによる緊急事態宣言は2014年8月、西アフリカを中心に感染が拡大したエボラ出血熱以来。同年5月にはポリオ(小児まひ)でも同様の措置をとっている。
(産経ニュースより)

ジカ熱に感染した妊婦の感染と小頭症との因果関係が強く疑われていますが、今のところ治療法はなく、「蚊にさされないようにする」というのが最も有効な対策のようです。
中南米を中心に広がっているようですが、弊社が卵子提供プログラムを提供しているハワイでも、今年1月に生まれた小頭症児のジカ熱感染が確認されています。

海外に渡航される方、特に妊娠中の方は、蚊に刺されないよう、十分ご注意ください。


記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2016 MediBridge Inc. All Rights Reserved




8

妊婦はコーヒーを控えるべき?

こんにちは!
毎日暑い日が続いていますが、今朝トンボが飛んでいるのを見ました。
暑いとは言いながら、少しずつ秋が近づいているのですね。

さて、今日はコーヒーについての話題を。
コーヒーが好きな方、多いと思いますが、妊娠中はカフェインは控えたほうが良いと言われています。
これはどうしてなのでしょうか?

coffee

国際肥満ジャーナルに発表された研究論文によれば、妊娠中にカフェインを多く含んだ飲み物を飲んでいた母親から生まれた子どもは、カフェインを控えた母親から生まれた子どもに比べて、肥満になる可能性が1.8倍高いそうです。加えて、この可能性は、母親が摂取したカフェインの量に比例して高くなるのです。

例えば、母親のカフェイン摂取量が1日150ミリグラム(中型コーヒーカップ1杯のコーヒーに含まれるカフェイン量に相当)以下であれば、生まれてきた子どもが肥満になる可能性は1.7倍ですが、これが150ミリグラムを超えると、2.3倍にまで増えてしまいます。

カフェインは、胎盤を通じて胎児の血中に入り込むと考えられていますが、実際、どのように胎児の成長に影響するのかは、明らかになっていません。
しかし、動物実験の結果から、カフェインが糖質の代謝を妨げることや、インシュリン抵抗性を高めて血糖値の上昇を誘引すること、また視床下部・下垂体・副腎系(HPA軸)の発達を妨げ、代謝を低下させる恐れがあることが明らかになっているそうです。

妊娠中のカフェイン摂取はまた、早産や流産を引き起こすとも言われています。
カフェイン摂取と低体重児の出生にも、関連性があることが認められており、加えて、低体重児は肥満リスクが高いことも分かっています。

コーヒー好きの方でも、妊娠中は、カフェインはあきらめた方が赤ちゃんのためにはよさそうですね。



記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2015 MediBridge Inc. All Rights Reserved




4

インフルエンザの季節到来!妊婦の予防接種は子も守る

東京は昨日からグッと冷え込んでますね。
そういえば毎年こうして耳を刺すに冷たい風に、年の瀬を感じてきた事を思い出しました。

jpg

さて、今年もインフルエンザが流行の兆しを見せているようです。昨年の流行時期より3週間程度早く広がりを見せているとの事です。
このブログでも毎年のように、特に妊娠を希望されてる方には、早めの接種をお勧めしてまいりましたが、本日、このような記事を見つけました。

妊婦にインフルワクチンOK 早産リスク減らす可能性も期待


記事によれば新型インフルエンザによって約60人の妊婦が死亡している米個では、妊婦はそうでない人に比べ、インフルエンザでの入院率が4倍高いことが分かっているとのこと。
日本ではインフルエンザでの妊婦の死亡例はないものの、妊婦のインフルエンザの罹患は、早産となるリスクも高い等の理由により、健康な妊婦には予防接種を進めている。
また、妊娠7か月以降に予防接種をした妊婦から出生した子供は、していない妊婦から出生した子供に比べて、出生後のインフルエンザの罹患率か優位に低いとのこと。

妊娠中の方も妊娠を望まれる方も、早めの受診をお勧めいたします。

記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2014 MediBridge Inc. All Rights Reserved



3

新型出生前診断は今月にも実施!?

こんにちは。
最近は、「森ガール」の次に「山ガール」が流行りましたが、今日、10月3日は登山の日です。
「と(10)ざん(3)」の語呂合わせから、山に登ることで雄大な大自然に触れ、その素晴らしさを知って、自然を尊び、愛し、自然からの恩恵に感謝しようと日本アルパインガイド協会が制定しました。
カラフルな可愛いアウトドアファッションを着て、山で癒されてみては如何でしょうか?

さて、今日は、先日も当ブログにてご紹介いたしました新型出生前診断に関してのニュースです。

diaper-rash-children-s-health-0103


新型出生前診断で指針策定へ=委員会開催、意見交換会も―産婦人科学会

妊婦の血液からダウン症など胎児の染色体異常を99%の確率で調べる新型の出生前診断について、日本産科婦人科学会は2日、東京都内で検討委員会を開いた。
小西郁生理事長は、公開の意見交換会を開催し広く意見を求めた上で、診断の在り方に関する指針を12月にもまとめる考えを示した。
新型出生前診断は人工妊娠中絶につながる可能性があるため、障害者団体は、安易に行わず十分なカウンセリングなどを実施するよう求めている。
小西理事長は委員会冒頭、「さまざまな意見を採り入れて検討したい」と話した。 


新型出生前診断は、国立成育医療研究センター(東京)や昭和大(同)、名古屋市立大、北海道大などで、今月にも実施予定です。
晩婚化、晩産化の進む中、とても注目される新型出生前診断から目が離せませんね!


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2012 MediBridge Inc. All Rights Reserved




3

妊娠にご利益があるスポット

こんにちは、

今日は節分ですね。恵方巻きの準備はできましたか?
みなさん、恵方巻きの由来知ってますか?
恵方(えほう)とは十干(じっかん)により、その年の幸運を招く方角のこと。
歳徳神(としとくしん)のつかさどる方角とされているみたいです。

今年は、「北北西やや右」で食べるといいみたいですよ。

さて、幸運といえば、妊娠にご利益があるといわれるパワースポットは、日本各地にいろいろあることをご存じでしょうか?

今回は、そんな子宝に恵まれると評判の高い九州にあるパワースポット2か所を紹介しますね。

1か所目は、鹿児島県にあるその名も“子宝島”。
名前からしてご利益がありそう。
この鹿児島県の子宝島には、実際にここを訪れて赤ちゃんを授かったという話もたくさんあるみたいですし、それをもとにした自然海塩“子宝の温泉塩”もネットで販売しているみたいですよ。

2か所目は、どげんかせねばの宮崎県。
宮崎県の小林市にある夫婦岩の“陰陽石”。
陽石(男岩)と陰石(女石)が自然と型どられていて、その形から夫婦円満、子宝の神として評判のスポットになっています。
images

今年もみなさんがいい年になりますように願ってます。



記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2012 MediBridge Inc. All Rights Reserved




14

妊婦に良いチーズ、悪いチーズ - リステリア症を防ぐために

おはようございます!
今日はいよいよ、南アフリカワールドカップで日本戦がありますね。
朝からTVや新聞でワールドカップのニュースをたくさん見聞きしますが、是非明日のニュースは良い報道を聞きたいものですね。

さて、以前の記事で妊婦はカルシウム摂取が必要なので、カルシウム製品の摂取を勧めましたが、その中でチーズを挙げました。

このチーズですが、実は妊婦が食べることを推奨されているものと、推奨されていないチーズがあるのです。今日はそのことについて詳しくご説明したいと思います。

cheese

そもそもどうして妊婦が食べて良いチーズと悪いチーズがあるのか?
その理由はリステリア菌というものです!

リステリア菌とは自然界に広く分布し、低温や高い食塩濃度の環境でも発育できる性質をもつ菌で、リステリア症という感染を引き起こします。米国では、毎年約2500人もの人が重症のリステリア症となり、そのうち、約500人が死亡していると推定されています。

このリステリア症、抵抗力の弱い新生児・老人・妊婦などや肝臓・腎臓(じんぞう)の疾患などによって免疫機能が弱まっている人も発病すしやすくなり、妊婦においても健康な成人より20倍もリステリア症になりやすく、胎児への影響は深刻なんです。
そういう理由で、妊婦には推奨されていないチーズが存在するのです。


さて妊婦へ推奨されていないチーズですが
白カビチーズや青カビチーズ、ウオッシュチーズ、フェタチーズ、ブリーチーズ、カマンベールチーズ、ロクフォーチーズ、メキシカンスタイルチーズ、ブルーチーズ、リンドレスゴーダチーズなど殺菌されていないチーズ

推奨されているチーズは
プロセスチーズやクリームチーズ、カッテージチーズ、ハードチーズ、パルメザンチーズ、モツァレラチーズ、クリームチーズ、カッテージチーズなど殺菌されているチーズ

になりますので、妊婦の方はお気を付け下さいね。

食品汚染がヒトを襲う―O157からスーパーサルモネラまで
ニコルズ フォックス
草思社
売り上げランキング: 502589







記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:©  2009-2010 MediBridge Inc. All Rights Reserved




25

マタニティーマークの普及率と妊婦保護

おはようございます!
今日の東京は昨日より5度程暖かく、3月下旬の気温とのこと、とても気持ちいい朝ですね。
今日からまた一週間、健康に気を付けて頑張りましょう!

さて、今朝のニュースでマタニティマークが徐徐に普及しているというニュースがありました。

kourousyou

特に首都圏の電車は非常に混み合い、体格の良い男性でもしばらく乗車するにはとても体力を使うものです。

マタニティーマークを皆が認識し、妊婦でも過ごせる優しい街にすべきだと思います。

財政上の理由でマタニティーマークを普及しないという理由も記事にありますが、「少子化対策」を表向き政府は掲げているのですから、それに矛盾することなく、妊婦保護の部分も普及させるべきですよね。



マタニティーマークの配布率76%=市町村での普及進む

妊産婦が交通機関などの利用時に着用し、周囲が配慮を示しやすくするためのマタニティーマーク入りグッズを配布する市区町村が、全国で7割を超えることが25日、厚生労働省の調査で分かった。

同省によると、全国約1800市区町村(昨年8月末時点)のうち、今年度にマーク入りのキーホルダーやバッジなどを配布するのは、約76%に当たる1372自治体。85自治体は来年度からの実施を検討中という。

一方、2割近くは今後も未定とし、約7%が財政上の理由を挙げた。滋賀県内では全市町が配布するのに対し、沖縄県内は約49%にとどまるなど、取り組み状況に地域差もあった。





記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:©  2009-2010 MediBridge Inc. All Rights Reserved




プロフィール

メディブリッジ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断プログラム、アジア・ヨーロッパでの代理出産をご提供しております。
このブログで不妊治療現場、世界の医療、弊社メディブリッジの思いなどなどなどあらゆる事をお伝えして参ります。

記事検索
ミッション
MediBridgeのミッション
  1. 1. 日本の医療制度で救われない日本人患者のサポート
  2. 2. 途上国の雇用促進
  3. 3. 医療のグローバル化支援
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 新年の御挨拶 −設立12年目になりました−
  • 新年おめでとうございます
  • 妊娠前の風疹抗体検査
  • ハワイでの卵子提供プログラム
  • 着床前診断について
  • エッグドナーボランティア募集
  • 大渕弁護士、出産で涙止まらず「本当に嬉しくて、感動」
  • 西村知美、不妊で悩んでいたとき相田みつを氏の言葉に出会い救われた…
  • 卵子を使わずに新生児マウス誕生? 英国とドイツの研究
  • メディブリッジのサポート体制
  • 弊社の着床前診断プログラム
  • 3Dプリンターで作った卵巣でマウスが妊娠!
QRコード
QRコード