medibridges

代理出産・卵子提供コーディネーターブログ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断、アジア・ヨーロッパでの代理出産を提供しているコーディネーターのブログ。

年齢制限

16

代理出産プログラムの成功率

こんにちは!

エッグドナー


本日は代理出産プログラムの成功率についてお話しさせていただきます。

代理出産プログラムの成功率は、代理母に移植される受精卵の質、この場合は主に卵子の質によって左右されます。

自ら代理母となる女性は、少なくとも一人の健康な赤ちゃんを問題なく出産した経験があることが条件となっている他、代理出産プログラム開始前に、改めて体 外受精に向けての子宮の状態の検査を受けます。

そして、子宮や心身の健康状態についての検査結果が良好な場合のみ、代理母として協力することが可能となります。

しかし、子宮の状態が大変良い状態であっても、具体的に妊娠成功率の決め手となるのは、「卵子の生殖力」なのです。
 
着床し妊娠・出産へ至るためには、受精卵を成した卵子の質によるところが大きいことが、全米の体外受精の統計結果によりわかっています。

卵子の質、つまり生殖力は、採卵時の女性の年齢や卵巣機能の状態に大きく左右されるのです。
メディブリッジ代理出産プログラムでは、初回検診の際に、担当医がそれぞれのご夫婦の成功率について検討し、それについての説明を受けていただけます。

一般的には、成功率が最良レベルなのは採卵時の女性の年齢が満35歳頃までであり、そして女性の加齢と共に卵巣機能の低下が起こるため、成功率はどうしても少しずつ下がっていきます。
 
代理出産プログラムにおける採卵時の年齢制限は採卵する女性(母となることを願う女性)の満45歳のお誕生日となっております。
そのため、代理母との準備期間や実際の治療に際して充分な猶予があるようにするため、代理出産プログラムへのお申し込みは、採卵する女性が43歳にな るまでに済まされることをお勧めいたします
 
また、成功率を考慮しますと、母となることを希望されている女性の年齢が低ければ低いほど、それだけ成功率が高いうちに治療に挑戦できる、ということになります。


代理出産プログラムをご希望の場合まずは、お問い合せフォームよりご相談ください。


記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2015 MediBridge Inc. All Rights Reserved


 
3

今より若い時はない!

こんにちは。

いよいよ6月に入りました!もうすぐ1年の折り返し地点です。
今年初めに立てた目標はどれくらい進んでいますか?
今日は経営者として有名な方の逸話で私の好きな話のご紹介です。

552698_727537787273270_295662724_n



ある日その方の息子さんが30代に入って、
「バイクに乗りたいと思うのだけど、もう年齢的に無理かな」
と相談したそうです。
そうしたらその方は息子に
「今より若い時はもうやってこない、なんでも思い立ったらやったほうがいい」
というアドバイスをしたそうです。

これは何にでもあてはまりますよね。
弊社の卵子提供も同じです。
弊社の卵子提供サービスは特に年齢でのご制限はございません。
年齢よりもご自身の体の調子によって左右されます。

ですので、迷ったらまずは相談してみてください。
20

不妊治療助成金の年齢制限、2016年から

おはようございます!
8月も下旬に入り、朝晩はいくらか過ごしやすくなってきました。
日差しはまだまだ強いですが、空の色にもなんとなく秋の気配を感じますね。

late_summer

さて、今日は、不妊治療助成金の年齢制限のニュースです。

年齢制限は16年度から、不妊治療の助成見直し


 厚生労働省の有識者らによる検討会は19日、不妊治療で体外受精を受ける患者に対する公費助成は42歳までとする年齢制限を2016年度に導入するとの制度見直し案をまとめた。

 新制度への移行期間を14年度から2年間とし、この間に新規に利用する人については助成を受けられる回数の上限を現行の10回から6回とする。

 新制度では公費助成の対象について42歳までの年齢制限を設け、助成回数を6回までとする方針が7月に決まっていた。ただ現在治療中の人に配慮するため、移行期間が必要との意見が委員から出ていた。

 現行の制度では助成期間は通算5年間、初年度は年3回、2年目以降は年2回までとされているが、新制度ではこれらの期間や年間回数の制限は定めない。

この案が通れば、2016年以降は助成金は42歳までしか受けられなくなります。
女性の卵巣機能は一般的には30代半ばから低下してくることを考えれば、42歳という年齢制限は妥当かもしれません。

弊社では、タイ、ハワイでの卵子提供プログラムをご案内しておりますが、弊社のプログラムを希望される方に最も多いのは、国内で40代半ばまで自己採卵による治療を続け、結果が出ずに卵子提供プログラムに切り替えるケースです。
卵子提供プログラムでは20歳〜30歳の女性から卵子を提供頂くので、卵子提供を受ける女性の卵巣機能の低下は結果には影響しません。
しかし、
年齢とともに子宮の状態も変化しますので、年齢が上がるにつれて、筋腫やポリープが見られるケースが増えてきます。
そのようなケースにおいては、胚移植が受けられるようになるまでに通常よりも時間を要したり、場合によっては移植そのものが受けられないこともあります。

妊娠・出産期の体の負担、その後に続く子育て期間を考えれば、子育ての開始は早いに越したことはありません。
子どもを希望する女性は、年齢や体の状態も考慮しつつ、人生設計を早いうちから考えることをお勧め致します。

記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




9

不妊治療の助成金に年齢制限

おはようございます。
不妊治療に関するニュースがここ最近、メディアでも盛んに取り上げられるようになりました。
日本でも、晩婚化・出産年齢の上昇に伴い、不妊治療に対する関心も高まっています。

今日は、不妊治療の公費助成に関するニュースをお伝えします。

infertility_treatment

不妊治療助成「39歳まで」有識者会議で検討へ

不妊治療への公費助成について、厚生労働省は、対象年齢に上限を定めることを含めた制度改正の検討を始める。

 同省研究班(代表者=吉村泰典・慶大教授)が、40歳以上では医学的な有効性や安全性が低く、「公的助成に年齢制限を設ける場合、39歳以下とするのが望ましい」とする報告書を先月まとめたため。同省は産科医や患者らによる有識者会議を近く設け、助成のあり方について検討する。

 不妊治療は保険がきかず、体外受精などの高度治療には、採卵を含む場合1回30万〜40万円程度かかる。助成事業は2004年に開始された。国と都道府県などが2分の1ずつ負担し、1回最大15万円が補助される。

 04年度約1万8000件だった受給件数は、11年度は約11万3000件と6倍以上に急増した。1件15万円とすると11年度は約170億円かかった。


不妊治療の公費助成の上限年齢を39歳とする方向で制度が検討されているとのことですが、実際に不妊治療病院に通う患者には40代の方も多いですよね。

例えばフランスでは、不妊を「疾病」と考え、セキュリテソシアルという国の保険で治療費をまかなう制度になっていますが、この制度による不妊治療の対象年齢は、女性の43歳の誕生日の前日まで、と定められているそうです。
フランスの女性の方が、日本よりも2年間、長く不妊治療を受けられる計算になります。

少子化が進む中、出生率を上げるための具体的な施索が日本でも検討されています。
今後助成金を希望する方は、年齢制限を踏まえて治療を開始する必要も出てくるかもしれませんね。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




プロフィール

メディブリッジ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断プログラム、アジア・ヨーロッパでの代理出産をご提供しております。
このブログで不妊治療現場、世界の医療、弊社メディブリッジの思いなどなどなどあらゆる事をお伝えして参ります。

記事検索
ミッション
MediBridgeのミッション
  1. 1. 日本の医療制度で救われない日本人患者のサポート
  2. 2. 途上国の雇用促進
  3. 3. 医療のグローバル化支援
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 新年の御挨拶 −設立12年目になりました−
  • 新年おめでとうございます
  • 妊娠前の風疹抗体検査
  • ハワイでの卵子提供プログラム
  • 着床前診断について
  • エッグドナーボランティア募集
  • 大渕弁護士、出産で涙止まらず「本当に嬉しくて、感動」
  • 西村知美、不妊で悩んでいたとき相田みつを氏の言葉に出会い救われた…
  • 卵子を使わずに新生児マウス誕生? 英国とドイツの研究
  • メディブリッジのサポート体制
  • 弊社の着床前診断プログラム
  • 3Dプリンターで作った卵巣でマウスが妊娠!
QRコード
QRコード