medibridges

代理出産・卵子提供コーディネーターブログ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断、アジア・ヨーロッパでの代理出産を提供しているコーディネーターのブログ。

採卵

18

緩慢凍結法

みなさんこんにちは。調節卵巣刺激を行い採卵をした場合、投薬により内膜が薄くなるため移植時期をずらす、複数個採卵ができるといったところから、卵子や受精卵が凍結保存されます。

cryopreservation

調節卵巣刺激には手法が様々ありますが、凍結保存法にも手法が複数あります。

凍結保存の手法は以下があります
・緩慢凍結法
・超急速凍結法

それぞれの特徴を少しご案内したいと思いますが、本日は緩慢凍結法についてご案内いたします。

緩慢凍結法においては、プログラムフリーザーとよばれる機械を使用して、マイナス30℃になるまでゆっくりと(0.3℃/分ずつ)冷却します。

冷却する過程において凍結保存液中の水が氷晶形成されます。

そうすると、凍結保存液中の凍結保護物質の濃度が上昇。

凍結保存液中の水が氷晶形成することにより、浸透圧に差が生じ卵子や受精卵は脱水収縮。

卵子や受精卵が脱水収縮すると冷却過程における細胞内の氷晶形成が防げる。

これが緩慢凍結法の利点だそうです。

ただ一方で、以下の懸念もあるといわれています。
・凍結保護物質濃度の上昇に伴う細胞毒性の影響
・細胞外に形成される氷晶により物理的損傷

緩慢凍結法では2時間ほど時間を要するそうですが、超急速凍結法では15分程度で終わるそうです。次回以降、超急速凍結法についてご紹介したいと思います。

弊社メディブリッジでは卵子提供プログラムや代理出産プログラムをご案内しております。
ご検討の方はぜひお問い合わせください。

ご検討の方はぜひ以下よりお問い合わせください。

14

【募集】エッグドナーボランティア

みなさんこんにちは。今朝の東京は雨がぱらついていたのですが、お昼を境に雨が上がった模様です。

エッグドナー

さて、弊社メディブリッジではエッグドナーボランティアを常時募集しております。

卵子ドナーの方には、ハワイまたはマレーシアへ2-3週間ご滞在いただき、採卵のご協力をお願いしています。

ドナーとしてのご登録をご希望される方は多くおられ、弊社メディブリッジにご登録されておられる方は約300名を超えています。

ご登録をご希望される方は、身近に不妊治療でお悩みの方がおられたりして何か役に立つことはないとお考えの方もおられます。また、海外留学時にエッグドナーボランティアのことを知った方、メディアなどで知った方などおられます。きっかけは様々ですが、「他の方の役に立ちたい」というボランティア精神が高い方々が多くおられます。

また、弊社で卵子ドナーとして協力された方からの紹介を受け、ご登録される方も多くいらっしゃいます。
ドナーとしてのご経験をされ方から体験談を聞き、「私にもできることがあるなら、是非協力したい、やってみたい」と志望される方もおられます。

弊社のエッグドナーボランティアは、ご年齢が20歳から30歳まで方で、健康で喫煙されていない方と限定をしています
(登録時に喫煙されていらっしゃる方は、登録を機に禁煙して頂きています)。

登録をご希望される方には、弊社スタッフが直接会うか、ご遠方の方にはお電話にてお話したうえで登録しております。
不誠実な方などはこのタイミングで分かりますので、そういった方にはご登録をお願い致しません。

登録者数が多いことはいいことですが、やみくもに登録者数を増やしているわけではなく、
ドナーとして適正があるかしっかり確認したうえで登録をしています。

卵子提供プログラムは、エッグドナーボランティアの方々の協力があって初めて成り立ちます。
卵子ドナーとして登録をご希望の方は、ぜひ弊社ウェブサイトをご覧ください。

3

弊社の代理出産プログラム

みなさん、こんにちは。

happy dog


さて、弊社は、代理出産のパイオニアとして、これまでも多くのクライアント様のサポートをしております。
弊社の代理出産プログラムは、それぞれの方の事情に合わせて、柔軟に対応できることが特徴です。
弊社がご案内させていただいている凍結受精卵移送による代理出産プログラムは、以下のようなメリットもあります。

・一度に複数個の採卵が難しい人でも、回数を重ねることで状態のよい受精卵を複数個確保することができる
・自身のペースや環境で、国内にて採卵を行うことができる
・渡航に掛かる日数、費用の負担を軽減することができる
・海外に滞在して採卵を行うという、精神的な負担を軽減することができる

弊社は、できるだけクライアント様のご負担を軽減できるよう、それぞれの方のご状況に合わせて、様々な方法をご提案しております。
代理出産をご検討されている方、ぜひ一度、弊社にご相談ください。

5

卵子ドナーボランティア募集

みなさま、こんにちは。
今日は「ゆかたの日」だそうです。
花火大会や夏祭りと、イベントの多い8月ですね。
夏バテと食べ過ぎに注意したいです。

ドナー募集

さて、弊社メディブリッジでは卵子ドナーのページにてエッグドナーボランティアを常時募集しております。
卵子ドナーの方には、ハワイ又はマレーシアへ2-3週間ご滞在いただき、採卵にご協力いただきます。

ドナーとしてのご登録希望の方は多く、メディブリッジでは約300名のエッグドナーボランティアが登録されています。
ご 登録をご希望される方は身近に不妊治療をしている方がいらっしゃる方、海外留学時にこのようなボランティアがあることを知った方、またはメディアを通じて 卵子ドナーを知った方など、理由は様々ですが、いずれも「他の方の役に立ちたい」というボランティア精神が高い方々です。

また、実際にメディブリッジで卵子ドナーとしてご協力頂いた方からご紹介を受けた方々も多くいらっしゃいます。
既にご協力頂いた方からボランティアの体験を聞き、「私にもできることがあるなら、是非協力したい、やってみたい」という、高い志をお持ちの方ばかりです。

弊社のエッグドナーボランティアは、20歳から30歳までの健康で喫煙されていない方に限らせていただいております。
(ご登録時に喫煙されていらっしゃる方は、ご登録を機に禁煙して頂いております。)

登録ご希望の方には、弊社スタッフが直接会い、もしくはお電話にてお話しをさせて頂いた上で登録しております。
ドナーの登録者数自体がえるのは大変うれしい事なのですが、エッグドナーとして適正のある方のみをご登録させて頂くことで、ドナーの質を高く保ことが何より重要だと弊社は考えております。

卵子提供プログラムには、エッグドナーボランティアの方々のご協力なしには成り立ちません。
ご夫妻を幸せにするお手伝いがしたい、という想いを高い志をお持ちのご登録者数が極めて多いことは、スタッフ一同、大変誇りに思っております。

また、卵子ドナーとして登録をご希望の方は、ぜひ弊社ウェブサイトをご覧ください。

http://www.medi-bridges.com/egg_donor.htm
6

☆エッグ―ドナーさん募集☆

みなさま、こんにちは。
豪雨の影響により被災された皆様には 心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復興をお祈りいたします。

エッグドナーさん募集

さて、弊社メディブリッジでは卵子ドナーのページにてエッグドナーボランティアを常時募集しております。
卵子ドナーの方には、ハワイ又はマレーシアへ2-3週間ご滞在いただき、採卵にご協力いただきます。

ドナーとしてのご登録希望の方は多く、メディブリッジでは約300名のエッグドナーボランティアが登録されています。
ご 登録をご希望される方は身近に不妊治療をしている方がいらっしゃる方、海外留学時にこのようなボランティアがあることを知った方、またはメディアを通じて 卵子ドナーを知った方など、理由は様々ですが、いずれも「他の方の役に立ちたい」というボランティア精神が高い方々です。

また、実際にメディブリッジで卵子ドナーとしてご協力頂いた方からご紹介を受けた方々も多くいらっしゃいます。
既にご協力頂いた方からボランティアの体験を聞き、「私にもできることがあるなら、是非協力したい、やってみたい」という、高い志をお持ちの方ばかりです。

弊社のエッグドナーボランティアは、20歳から30歳までの健康で喫煙されていない方に限らせていただいております。
(ご登録時に喫煙されていらっしゃる方は、ご登録を機に禁煙して頂いております。)

登録ご希望の方には、弊社スタッフが直接会い、もしくはお電話にてお話しをさせて頂いた上で登録しております。
ドナーの登録者数自体がえるのは大変うれしい事なのですが、エッグドナーとして適正のある方のみをご登録させて頂くことで、ドナーの質を高く保ことが何より重要だと弊社は考えております。

卵子提供プログラムには、エッグドナーボランティアの方々のご協力なしには成り立ちません。
ご夫妻を幸せにするお手伝いがしたい、という想いを高い志をお持ちのご登録者数が極めて多いことは、スタッフ一同、大変誇りに思っております。

また、卵子ドナーとして登録をご希望の方は、ぜひ弊社ウェブサイトをご覧ください。

http://www.medi-bridges.com/egg_donor.html

記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2017 MediBridge Inc. All Rights Reserved
 


11

エッグドナーって何をするの?

こんにちは。

「卵 画像 」の画像検索結果

さて、弊社で募集しているエッグドナー。一体どのようなことをするのでしょうか?本日は、エッグドナーの登録
〜実際にご協力頂くまでの流れ、採卵について書いてみます。

まずエッグドナーボランティアとは何か。弊社では「卵子提供」というプログラムをご提供しています。卵子提供とは、卵子側に不妊の要因があるご夫妻に向けて、第三者の方に卵子をご提供頂き、このご提供頂いた卵子をご主人様の精子と体外受精させ、作成された受精卵を奥様の子宮に移植、妊娠〜出産までは奥様が行うプログラムです。この第三者の部分をエッグドナーの方にお願いし、卵子をご提供頂いております。

エッグドナーの方には、レシピアントの方が治療をされている国へご渡航頂き、2〜3週間の間採卵に向けた治療をお受け頂く必要があります。

1. エッグドナー登録
卵子提供にご協力頂ける方には、まず指定の登録フォームへのご記入、およびお写真をご提供頂きます。弊社にて受領後、お電話にて登録前の確認を行わせて頂き、ドナーとしての登録が完了となります。
エッグドナーの登録条件については、こちらからご確認ください。

2. エッグドナーとしてのご協力依頼

ドナー登録完了後は、ご提供頂いた情報を弊社にてファイリングし、卵子提供プログラムを進めておられるレシピアントへのご紹介させて頂きます。レシピアントの方へドナーの方の個人情報が開示されることはありません。レシピアントの方が卵子提供をお願したいドナーの方を選びます。

3. 日本での事前検査
ドナーとして選ばれた後は、日本で必要検査をお受けいただきます。

4. 渡航日程の決定
事前検査後は採卵協力に向け、治療国へのご渡航スケジュールの調整をさせて頂きます。現在弊社では、マレーシアとハワイのいずれかにて、ドナー協力をお願いしています。

5. 現地にて採卵サイクル開始

採卵スケジュールが確定したら、実際に治療国へご渡航頂きます。現地では自己注射での排卵誘発を毎日行って頂き、卵胞(卵子の入っている袋)の成長を観察していきます。現地では弊社日本人スタッフが診察に同行し、ドナーの方のサポートを行っておりますので、英語が出来ずともご安心ください。

6. 採卵
一定期間排卵誘発を行って頂きましたら、いよいよ採卵です。卵巣内で複数の卵胞を育てて頂いているので、採卵が近づいてくると少しお中が張るような感覚があると思います。この育てて頂いた卵を、麻酔下で採取していきます。処置にかかる時間は15分〜20分程です。

7. ご帰国
採卵後はご体調を確認し、問題なければ日本へご帰国頂きます。日本へ戻られましたら、採卵協力に際しての経費等を精算させて頂きます。

ドナーとしてのご依頼をお引き受け頂いてからは、最短でも約2〜3カ月の期間をかけて採卵に向けての準備を進めて行きます。メール、もしくはお電話にて、こまめに連絡を取り合いながら、実際に協力に向けて進めて行きます。
エッグドナーの方々のご協力なくしては、卵子提供プログラムを進めることは出来ません。もしドナー登録について悩んでいる方がいらっしゃれば、是非一度弊社にお問合せ下さい。

記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2017 MediBridge Inc. All Rights Reserved
 


12

コーディネート見習いドナー体験記

お久しぶりです。
桜も散り、緑が多くなってくる今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

本日は、いよいよ”採卵”についてお話させていただきます。

毎日自己注射をしてきたので、お腹の張りもピークに達し、靴下を履く為にかがむことも出来ず、座って行うようになりました。
※もちろん、誘発で出来る卵胞数も個人差があるので、出てくる症状も異なります。

毎日、不妊に悩むご夫婦のことを思って続けてきた自己注射もこの日で終わりです。
何個とれるんだろう?
本当に大丈夫なのだろうか?
不安でいっぱいでしたが、こんな経験は選ばれた人にしか出来ません。
ドナー登録に踏み切った自分自身に、少し誇りさえ持てました。

さぁ、いよいよ採卵です。
病院に到着し、あっという間に採卵までの準備が整いました。

採卵室に入ってからの、診察台に上った後のことはあまり記憶にありません。

子猫

目がさめると、担当スタッフの方が待っていてくれました。
その時の安堵感といったら、経験しないとわからないものだと思います。

実は、私には2度の採卵経験があります。
読んでいる人が恐くなるかもしれませんが、1度目は、採卵後に体調を崩しました。
採卵後、歩いて現地スタッフの車へ乗り、ホテルへ向かおうとしていたところ、眩暈を起こし冷汗が出てきて気持ち悪くなってしまいました。
車椅子でクリニックへ戻った事を覚えています。
その後は、現地のサポートスタッフ、Dr.のおかげで無事に帰国する事ができました。
2度目の採卵の時は、身体も心にも余裕があった為か、体調を崩すことはありませんでした。

無事に採卵が終了し、事後の検査も無事で、あとは帰国をするだけになります。
現地での出来事はあまり記載しておりませんが、現地では日本人の女性スタッフがサポートをしてくれるので、ストレスのないように過ごせます。ストレスは、卵子に悪影響ですからね。

卵子ドナーとしての経験は、大袈裟かもしれませんが私の人生を変えてくれました。
誰かのために何かをしたい。
そんな気持ちが、卵子ドナーの登録だったということだけのことでした。

卵子提供のドナーには、とても責任があります。
命を張って卵子提供をしています。

少しでも不妊に悩むご夫婦に、子どもを授かることができるように、これからも皆様をサポートさせていただきます。


                     記事が良いと思われましたら是非クリック をにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

              Copyright:c  2008-2016 MediBridge Inc. All Rights Reserved
                           

18

卵子凍結保存という選択肢

こんにちは!
本日は全国的に晴れ模様でしょうか?
あと1日で週末、近頃は時間の流れがとても早いように感じます。

「sunrise pi」の画像検索結果

さて、将来の妊娠の為の選択肢として、自己卵の凍結保存という手段があることはご存じでしょうか?
いつか子供を持ちたいと考えているものの、今すぐに結婚や出産は考えていない場合にも、
不妊の原因の一つとなる卵子の老化を止めることは出来ません。

しかしながら、卵子の採取が可能な時に自己卵子の採取を行い、採取された卵子を凍結保存
しておくことで、将来その凍結卵子を使用した体外受精が可能になります。

2月初めのニュースになりますが、実際に凍結卵子を使用し体外受精を行い、その後女児を妊娠、
出産された方がいらっしゃるそうです。

「凍結卵子から女児出産 健康な44歳、参加で体外受精」


健康な女性が数年前に大阪市内のクリニックで自分の卵子を凍結し、その後
女児を出産していたことがわかった。がん患者が治療前にあらかじめ卵子を凍結し、
出産した例などはあるが、健康な女性のケースは極めて珍しいという。

卵子の凍結と体外受精を担った大阪市のオーク住吉産婦人科によると、
出産した女性は44歳の看護師。独身だった41歳の時に仕事の多忙などを理由に、
卵子を凍結。2年前に結婚し、この卵子を使った体外受精で妊娠、昨年5月に女児を
出産した。

現代では、6組のうち1組のカップルが不妊治療に取り組んでいるというデータがあります。
現在のキャリアを大切にしながら、将来の人生への投資という意味で、自己卵子凍結保存は一つの
選択肢といえるのではないでしょうか。

弊社では海外のクリニックでの自己卵凍結、「卵子セルフバンク」といったプログラムも提供させて
頂いております。ご興味のある方は、是非一度お問合せ下さい。
http://www.medi-bridges.com/eggselfbank.html


記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2016 MediBridge Inc. All Rights Reserved


20

卵巣過剰刺激症候群になりづらい?

こんにちは。毎日蒸し暑い日が続いております。
朝から元気よく蝉が鳴いていましたが、ミンミン蝉からつくつくぼうしに変わり、秋も近いのでは?と願うばかりです。

IVM

さて以前にもお話ししております「卵巣過剰刺激症候群=OHSS]。
今回はこちらの危険を回避するといわれるIVM-IVF(未熟卵子体外培養体外受精)についてお話しします。

IVM(in vitro maturation)をわかりやすくご説明すると、
卵巣から未熟な配偶子を採取し、培養液(体外)の中で24〜48時間程培養し、成熟させる方法です。
IVM-IVFはこちらの方法で体外受精を行いますので、自然周期で成熟前の卵を採取し、
体外で成熟+受精+胚移植となります。

日本では2000年に臨床応用に踏み切り、現在も研究、応用段階ではありますが
卵巣過剰刺激症候群になりやすい方にとっては、IVM-IVFによって身体への負担が軽減されます。
卵巣過剰刺激症候群を恐れず、体外受精に臨めるよう、研究・応用がもっともっと進むと良いですね。


記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2014 MediBridge Inc. All Rights Reserved



23

インドでの代理出産

こんにちは。
弊社メディブリッジはインドでの代理出産のパイオニアとして、これまで多くのクライアント様のサポートを行っております。

AP_India_World_Indigenous_Day_09aug11-420x287

まず代理出産とは、奥様の卵子とご主人様の精子を体外で受精させ、代理母の子宮に入れ(胚移植)妊娠させる、つまり簡単に言うならば、お子様が生まれてくるお腹(子宮)をインドの代理母に借りるということです。
妊娠した場合、妊婦としてお腹で胎児を育てるのは代理母ですが、生まれてくる子はご夫婦お二人の遺伝子を持ったお子様です。

但し、代理出産を行う場合は、卵巣と精巣は健康で、子宮が要因の不妊症の時です。
子宮要因の不妊症とは、ロキタンスキー症候群による子宮欠損、または子宮が痕跡程度、妊娠できる大きさに発育しなかった場合、子宮奇形、子宮癌などによる全摘出の場合などです。

お子さんが欲しくても難しいご夫婦にとって、ご夫婦の遺伝子を受け継ぐお子さまを持てる幸せな選択肢でございます。

弊社は、できるだけクライアント様のご負担を軽減できるよう、それぞれの方のご状況に合わせてプログラムをご案内しております。
代理出産をご検討中の方は、ぜひ一度、弊社にご相談ください!


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2012 MediBridge Inc. All Rights Reserved




プロフィール

メディブリッジ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断プログラム、アジア・ヨーロッパでの代理出産をご提供しております。
このブログで不妊治療現場、世界の医療、弊社メディブリッジの思いなどなどなどあらゆる事をお伝えして参ります。

記事検索
ミッション
MediBridgeのミッション
  1. 1. 日本の医療制度で救われない日本人患者のサポート
  2. 2. 途上国の雇用促進
  3. 3. 医療のグローバル化支援
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 新年の御挨拶 −設立12年目になりました−
  • 新年おめでとうございます
  • 妊娠前の風疹抗体検査
  • ハワイでの卵子提供プログラム
  • 着床前診断について
  • エッグドナーボランティア募集
  • 大渕弁護士、出産で涙止まらず「本当に嬉しくて、感動」
  • 西村知美、不妊で悩んでいたとき相田みつを氏の言葉に出会い救われた…
  • 卵子を使わずに新生児マウス誕生? 英国とドイツの研究
  • メディブリッジのサポート体制
  • 弊社の着床前診断プログラム
  • 3Dプリンターで作った卵巣でマウスが妊娠!
QRコード
QRコード