medibridges

代理出産・卵子提供コーディネーターブログ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断、アジア・ヨーロッパでの代理出産を提供しているコーディネーターのブログ。

早発閉経

19

癌との戦いと卵巣機能温存に光

こんにちは。

今日は厚手のスプリングコートでは汗ばむような気温です。

Hope_ray_egg-donation

さて、癌治療における化学療法が、早発閉経や不妊の、卵子や精子の質の低下等の副反応を伴う事が多い事は良く知らせております。 最近では、小児がんの既往のある方々が成人してから不妊に悩む実態から、小児であっても治療開始前に卵巣を摘出し、治療完了後に戻するなどの方法で、機能の温存る事も検討すべきであるとの医学会の提案が注目を集めました。
今、目の前にある命を奪いかねない病に対しての治療にあたっては、あくまでも可能性としての、まだ見ぬ命を生み出す機能としての生殖が犠牲になる可能性は、受け入れざるを得ない副作用なのかもしれません。

そんな中、米国で、乳癌治療において、治療後の早発閉経の発現を有意に低減させる物質を発見したとの研究結果が発表されました。

ゴセレリンと呼ばれる薬剤を追加することにより、その確率を低減できることが示されたというこの研究は、米国立がん研究所(NCI)の支援により実施され、「New England Journal of Medicine」3月4日号に掲載されました。
Goserelin for Ovarian Protection during Breast-Cancer Adjuvant Chemotherapy
乳癌補助化学療法中の卵巣保護のためのゴセレリン(日本語抜粋)

研究が開始された背景として、若い乳がん患者にとって、化学療法の最も悩ましい副作用の一部が早期の急な閉経と不妊であるとしており、閉経前の乳癌患者の女性に化学療法を実施し転移リスクの低減、全生存率の向上、乳がんの克服に効果がある一方、治療が原因で不妊になる事が揚げられている。

分かり易く解説した日本語記事はこちらです。
乳がん治療による早期閉経の回避に有効な薬剤

女性が不妊を恐れずに癌治療に臨めるよう、研究が進んで行くことを願っています。

末筆ではございますが、不妊治療を継続中の方々におかれましては、乳癌、子宮頸がん、子宮体がん等、定期的な受診をお忘れなきよう、何卒宜しくお願い申し上げます。


18

早発閉経(POI)とは?

こんにちは。

本日は蒸し暑さもなく、少し肌寒いですね。

ajisai 0718


本日は早発閉経(POI)についてお話したいと思います。

40歳未満の早い時期に月経が来なくなり、完全に無月経となり50代の閉経と同じような状態となってしまうのが早発閉経です。

通常卵巣機能は30歳以降は低下していきますが、早発閉経の場合はその経過が以上に早くなっています。
最近は若い女性が月経不順を経て病院へ受診し、POIと診断されるケースが増えてきています。

POIの原因ですが、ほとんどが原因不明だと言われ、原因が明らかになっているのは全体の1-2割程度だといわれています。
先天的な染色体異常なども考えられますが、卵巣機能低下症などもあります。

早発閉経になった場合、若年性更年期障害になりやすくなりますので、治療や予防、改善策が必要です。
生理が不規則で少しでもおかしいな、と思われましたら早めの治療をお勧めします。


弊社では早発閉経による不妊に悩んでいらっしゃる方のご相談も承っており、卵子提供プログラムをご案内することが可能です。
子宮の状態が良好であれば、ドナーの卵子を用い受精卵を移植することで、妊娠することが可能です。

ご興味のある方は弊社ホームページをご覧くださいませ。
http://www.medi-bridges.com/

2

早発閉経でも妊娠は可能

こんにちは。
台風が日本列島に近づいている影響で、雨模様な地域が多いですね。
涼しくなってきていますし、雨に濡れると体が冷えるのが早いので、タオルでしっかり拭くようにしましょう。

rain_flower


さて、弊社のクライアント様の中には、早発閉経の方もいらっしゃいます。
排卵がなくなったからといって、妊娠が不可能になるというわけではないのです。
子宮の状態さえ良ければ、受精卵を人工的に体内に戻すことで妊娠することができます。

早発閉経の患者に原子卵胞を成熟させ、顕微授精で受精卵を作り、妊娠・出産まで成功させたケースをご紹介致します。

出産:早発閉経で初 卵子のもと成熟させ体外受精

妊娠が難しい「早発閉経」の患者から卵巣を摘出し、その中の卵子のもとになる細胞を卵子に成熟させる方法で、日本人患者1人が世界で初めて出産したと、聖マリアンナ医大など日米のチームが30日付の米科学アカデミー紀要で発表した。臨床研究として実施した。早発閉経患者の妊娠への道を開く治療法として注目される。

研究で用いた卵子のもとになる細胞は「原始卵胞」。女性の卵巣には、思春期に約50万個の原始卵胞があり、毎月成熟した1個が排卵される。閉経時は数千個に減る。早発閉経は、卵巣機能の低下によって40歳未満で排卵が止まり、月経がなくなる病気で、女性の約1%が発症し、国内の患者数は推計10万人に上る。

聖マリアンナ医大の河村和弘准教授(産婦人科学)らのチームは、20代後半〜40代前半の早発閉経患者27人の卵巣を腹腔鏡(ふくくうきょう)手術で取り出し、液体窒素(氷点下196度)で急速冷凍して保存。そのうち原始卵胞が残っていた13人について、解凍した卵巣の切片を2日間培養した。成熟前の原始卵胞は休眠状態にあり、チームは原始卵胞の目覚めを促す物質を加えた培養液を使った。

培養後、卵子の成熟に適した卵管付近に移植し、数週間〜約1年後に5人から成熟した卵子を採取できた。体外受精の一つ、顕微授精で受精卵を作り、子宮へ戻した3人中2人が妊娠、うち1人が男児を出産した。出産した女性は29歳で卵巣を摘出、出産時は31歳だった。赤ちゃんや胎盤に異常は見つかっていない。【須田桃子】


上記の記事では患者自身の卵子が使用されていますが、それは運よく自己の原子卵胞を凍結保存していたからです。
中には、何らかの理由から自己卵子を凍結保存している方もいらっしゃるかと存じます。
ところが、不妊に悩む多くの方は、若くして閉経してしまう方も含め、自己卵子を凍結する機会がないままというケースが多いのが現実です。

弊社の卵子提供プログラムでは、20〜30歳のドナーの方の卵子を提供して頂くことで、排卵できない方であっても、子宮の状態さえ良好であれば妊娠を期待することができます。
是非一度、弊社のお問い合わせフォームからご相談下さいませ。

記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




29

卵子提供とは?

おはようございます。
関東では過去3番目に早い梅雨入りが発表されました。
しばらくは雨の季節になりますが、体調管理に気をつけて、梅雨を乗り切りたいですね!

卵子提供

さて、国内でも卵子提供の支援団体が設立され、日本においても卵子提供という言葉の認知度は、ここ数年で高くなってきました。
野田聖子議員の出産も卵子提供によるものであったことから、頻繁にマスコミでも「卵子提供」の言葉を目にするようになりました。
では、卵子提供とは、一体どういうものでしょうか?

卵子提供とは、女性の卵子に要因があって妊娠が難しい場合に、第三者から卵子の提供を受けることで、妊娠を試みる方法です。
第三者から提供された卵子を、ご主人の精子と体外で受精させ、受精卵を作ったのちに、奥様の子宮に受精卵を移植します。
卵子は第三者から提供されたものですが、妊娠・出産するのは奥様ご自身であり、お子さんはご夫妻の実子となります。

卵子提供においては、提供される卵子が妊娠の可能性を大きく左右します。
卵子提供においては、卵子は健康な若い方に提供頂くことが望ましく、弊社の卵子提供プログラムでは、ドナーの選定には一定の基準があり、慎重に審査が行われます。
卵子ドナーの年齢は、卵子の質に大きく影響しますので、弊社の卵子ドナーは20歳〜30歳の方に限定されています。

今年に入って、ターナー症候群、早発閉経などの一部の患者には、国内での卵子提供への道が開かれました。
国内でもこうした動きがあったことは歓迎すべきことなのは言うまでもありませんが、残念ながら、現状は高齢を理由とした卵巣機能の低下による不妊は、国内での卵子提供の条件には適合しません。
そして、実は卵子提供を望む患者の多くは、加齢による卵子の老化を理由とする不妊に悩む方々です。

弊社では、ターナー症候群、早発閉経の方のみでなく、加齢による卵子の老化による不妊のケースにも、卵子提供をご案内することが可能です。
卵子提供をご検討されている方、お気軽に弊社までご相談ください!



記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




29

早発閉経とは?

こんにちは。
気温もだいぶ安定してきて、過ごしやすい日が続いていますね。
お昼休みは桜の木の下でランチでもしてみてはいかがでしょうか?

春


さて、最近は若い女性が月経不順を経て病院へ受診し、早発閉経と診断されるケースが増えてきています。
今日はこの早発閉経についてお話します。
早発閉経とは43歳未満で閉経を迎える状態と言われています。
卵巣に卵胞が残っていないと確認されると早発閉経と診断されます。
早発閉経が起こる原因としては先天的な染色体異常なども考えられますが、卵巣機能低下症などもあります。
早発閉経になった場合、若年性更年期障害になりやすくなりますので、治療や予防、改善策が必要です。
早発閉経になることで、エストロゲンがきちんと役割を果たさずに骨粗鬆症や心血管疾患に罹りやすくなります。
少しでも、変だなと思ったら、早めの治療をお勧め致します。

弊社の行う卵子提供プログラムでは、早発閉経による不妊で悩んでいる方々からのご相談も承っております。
卵子提供を選択肢のひとつとして、ご検討してみてはいかがでしょうか。

記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved




20

日本における非配偶者間の生殖医療の現状

こんにちは!
梅雨も明けて夏本番かと思いきや、東京はやや肌寒い週末になりそうです。
気温の変化に体調を崩さないよう、皆さんお気を付けくださいね!

flower-poppy-field-summer-nature

さて、最近、新聞等でも非配偶者間の生殖医療について、取り上げられることが増えてきました。
生殖補助医療には、夫婦間の精子と卵子により作製された受精卵を用いる配偶者間の生殖補助医療と、第三者により提供された精子・卵子を用いて行われる非配偶者間の生殖補助医療があります。日本で行われている一般的な不妊治療は、配偶者間(夫婦間)で行われ、人工授精、体外受精等の方法で認知されているものです。

弊社がご案内している卵子提供は、非配偶者間の生殖補助医療に当たります。
弊社のプログラムでは、第三者の卵子ドナーから、ご夫妻に提供された卵子とご主人の精子により受精卵を作製し、奥様の子宮に移植を行います。
非配偶者間の体外受精に関しては、日本ではまだまだ認知度が低く、現在国内では、ごく一部の条件に該当する方以外は、ほぼ行うことができません。
しかし、第三者による卵子提供を受けない限り、子どもを持つことができないご夫妻は、実際には多数おられます。
配偶者間の体外受精で長年国内で治療を受けても妊娠に至らない方や、早発閉経により自己卵子での採卵が困難な方、また、先天的な卵巣機能不全等の理由で採卵が行えない方など、現在の日本での治療では子どもを授かれない方には、海外での治療に頼らざるを得ないのが今の日本の不妊治療の現状です。

弊社では、上記のようなご事情で国内での治療が難しい方々に、ハワイとタイにおける卵子提供プログラムをご案内しております。
国内では、やっと非配偶者間の生殖医療に関しての法整備の必要性が、やっと認識されつつあるような状況ですが、子どもを持つことを望むご夫妻には、法の整備をまっている時間はないのが現実です。
多くのご夫妻は、国内での法整備を待てずに海外での卵子提供を受けるため、タイやハワイでの治療を受けられています。

妊娠・出産は、ゴールではありません。
そのあとに続く、長い子育ての期間を考えると、国内での卵子提供が可能になるのを待っていることはできない、というのが、多くの患者の本音ではないでしょうか?

第三者による卵子提供を含めた、非配偶者間の生殖医療には、倫理的な面からの十分な議論が必要なのは、当然のことです。
しかし、不妊治療にとり組まれているご夫妻が、実際に非配偶者間の生殖医療を日本で受けられるようになるまでには、まだまだ何年もかかるでしょう。
十分な議論がなされ、国としての方向性が決まるころには、今不妊治療に取り組んでいる夫婦は、子育てという20年プロジェクトに耐えられるだけの体力・経済力を維持できないかもしれません。

子どもが成人するまでの長い期間を考えたとき、妊娠・出産は、早いに越したことはありません。
国内での治療に限界を感じているご夫妻にとって、海外での卵子提供は、現実的な選択肢の一つであると言えます。

弊社では、ハワイ、タイにおける卵子提供をご案内しております。
卵子提供についてご検討されているご夫妻は、まずはお気軽に弊社までお問い合わせください。



記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2012 MediBridge Inc. All Rights Reserved




29

卵子提供による妊娠の可能性

こんにちは!
梅雨と言いながら、今年は雨が少ないですよね。
雨が続くと、洗濯できなかったり、傘が手放せなかったりと不便も多くなりますが、作物には恵みの雨。
あまり雨が少ないと、作物への影響が心配されますね。

japanese_agriculture

さて、弊社はハワイ・タイでの卵子提供をサポートしているエージェンシーですが、卵子提供をご検討されるクライアント様のご事情は様々です。
卵子提供の適応となるのは、ターナー症候群、早期閉経をはじめとした、主として卵巣機能が原因でお子様を授かれない方です。
また、加齢が原因の卵巣機能低下により、自己卵子での妊娠が難しい方も、卵子提供により若い女性の卵子を提供して頂くことで、ご妊娠が期待できます。
弊社にご相談に来られる方で最も多いのは、加齢による卵子の劣化が原因でご妊娠が困難な方です。

こういった方からよく頂くご質問に、ご年齢に関するものがあります。

「卵子提供だったら、いくつまで妊娠できるんですか?」

というものです。
自己卵子での妊娠を前提とした通常の妊娠は、排卵が行えなくなれば、不可能になります。。
よくある誤解としては、「生理があるうちは排卵があるので妊娠できる」というものですが、排卵はあっても卵子の質は年齢とともに低下しますから、妊娠可能性は年齢上昇とともに下がってきます。
しかし、卵子提供においては、排卵の有無を考慮に入れる必要はありません。
たとえ閉経していても、投薬により子宮の状態を整えることで、若い女性から採取された卵子によって作られた受精卵の着床を促すことも可能になります。

卵巣に比べて、子宮は比較的年を取らない臓器と言われます。
ご年齢が高い方でも、子宮に着床を阻害する要因が無ければ、排卵がなくなってからも妊娠は可能です。

しかし、やはり高齢での出産には、一般的な高齢出産によるリスクもつきものです。
妊娠中毒症や早産、糖尿病や肥満などの内科疾患の合併等、妊娠期には十分な注意と管理が必要になります。

弊社では、それぞれの方のご状況に合わせて、ハワイ・タイでの卵子提供プログラムをご提案しております。
卵子提供をご検討されている方は、是非一度、弊社までお問い合わせください!


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2012 MediBridge Inc. All Rights Reserved




30

日本における卵子提供の現状とは?

こんにちは!
秋田県の男鹿市観光協会が「なまはげ」として活躍してくれる人材を募集しているそうです。
ワード・エクセルと運転免許も条件となっているそうで、いまどきのなまはげは悪い子を探すだけではなく、PCスキルも必要なんですねー。
なまはげがPCを操っているところを想像して、ちょっと笑ってしまいました。

spring-lifestyle

さて、弊社では、日本人ドナーによるタイ、ハワイでの卵子提供をご案内しておりますが、第三者による卵子提供をはじめとした非配偶者間の体外受精は、まだまだ日本では一般的な治療方法ではありません。
日本国内では、不妊に悩む患者が受けられる治療は、自身での採卵による体外受精のみです。
不妊患者のうち、早発閉経や卵巣の疾患による不妊となった患者のみ、国内で親族による卵子提供を受けられる例もありますが、多くの患者に門戸が開かれているわけではなく、ドナーも依頼者も厳しい条件があり、審査をクリアする必要があります。この対象には、高齢による卵巣機能低下が原因の不妊は含まれません。

現代の日本では、ご存知の通り、女性の生き方の選択肢は広がり、晩婚化・非婚化が進んでいます。
仕事に夢中で婚期が遅れ、妊娠適齢期を逃してしまうケースは、弊社にご相談に来られる方にも非常に多く見られます。

男女雇用機会均等法が施行され、女性の社会進出が称揚される一方で、婚期が遅くなることによるリスクについては語られることはありませんでした。

弊社に卵子提供のご相談に来られる方からよく聞かれるのは、

「結婚したらすぐに子どもができるものだと思っていた」
「生理があるうちは妊娠するのだと思っていた」

という言葉です。
生殖医療の現場では、35歳を超えるころから女性の卵子の生殖力が低下することは良く知られていることです。しかし、こういった情報は、一般的な常識として浸透しているわけではありません。

婚期が遅くなり、30代後半でで結婚し、そこから数年子どもができるのを待ち、不妊治療を開始したのが40代に入ってから、という例も非常によくあるケースですが、もし子どもを望むなら、30代後半からすぐに不妊治療を始めるべきです。

卵子の老化は待ってはくれません。
30代後半を過ぎたら、治療は1日でも早い方が良いのです。

一方で、子宮は卵巣に比べて年齢の影響を受けにくい臓器と言われています。
先日も当ブログで60代の女性がスイスで出産したニュースをお伝えしましたが、子宮筋腫や内膜の状態などに問題がなければ、体外受精による妊娠は60代でも可能です。

現在のところ、日本の不妊治療病院では、患者に提供できるのは自身の卵子による体外受精だけです。
仮に採卵の結果が良好でなくとも、他の方法は日本では行えないので、ひたすら自身による採卵を繰り返すのが現在の日本で受けられる治療です。

しかし、海外では、卵子提供という方法は広く認知されており、弊社がプログラムをご提供しているタイ、ハワイでも、多くの患者が第三者による卵子提供を受けています。
自身の卵子での結果がでない場合、先の見えない採卵を繰り返すより、卵子提供という方法を選ぶことも、お子様を授かるというゴールに近づくためには有効な方法ではないでしょうか?

妊娠、出産のあとには、長い子育ての期間があります。
いつの段階で決断するかはそれぞれの方のご事情によりますが、出産後の子育ての期間を考えると、早い段階で着手することをお勧め致します。

弊社では、日本人ドナーによるタイ・ハワイでの卵子提供をご案内しております。
海外での卵子提供をお考えの方は、ぜひお気軽に弊社までお問合せください。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2012 MediBridge Inc. All Rights Reserved




21

「休眠卵子」を育てて妊娠が可能に?!

みなさん、おはようございます。
春分の日、皆様はどのようにお過ごしになられましたか?

さて、本日は不妊治療の新しい治療法に関しましてお話させて頂きます。
2012年3月16日川崎市にある聖マリアンナ医大が卵子のもとになる細胞を「眠った状態」から目覚めさせ、発育した卵子を体外受精して妊娠を試みる不妊治療を臨床研究として開始したと発表を行いました。

images

“休眠卵子”育て不妊治療 早発閉経の患者で開始 聖マリアンナ医大が臨床研究

卵子のもとになる細胞を眠った状態から目覚めさせ、発育した卵子を体外受精して妊娠を目指す新しい不妊治療を、聖マリアンナ医大(川崎市)が臨床研究として開始したことが15日分かった。
40歳未満で月経がなくなる「早発閉経」の患者が当面の対象だが、従来の不妊治療が成功しない女性にも妊娠、出産の機会が広がる可能性がある。早発閉経は女性の約1%に発症、国内の患者は約10万人とみられる。
石塚文平産婦人科教授らのチームは同大と日本産科婦人科学会の倫理委員会の承認を得ている。チームは既に30代〜40代の早発閉経の複数の女性から成熟させた卵子を採取する段階まで治療を進めている。
女性は生まれた時点で卵巣に一生分の卵胞を持っているが、ほとんどが休眠状態で、時間とともに少数ずつ成熟を始めるとされる。


現在のところこの治療法は早発閉経の患者様を対象に臨床研究段階ということですが、将来的には不妊治療を必要とされる幅広い年齢や状況の方々に適用される可能性もあるとのことです。

今回の新たな研究結果が不妊治療に新しい可能性を切り開いてくれれば、多くの不妊患者にとって、大きな光になります。
今後のさらなる研究が期待されますね!

記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2012 MediBridge Inc. All Rights Reserved




プロフィール

メディブリッジ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断プログラム、アジア・ヨーロッパでの代理出産をご提供しております。
このブログで不妊治療現場、世界の医療、弊社メディブリッジの思いなどなどなどあらゆる事をお伝えして参ります。

記事検索
ミッション
MediBridgeのミッション
  1. 1. 日本の医療制度で救われない日本人患者のサポート
  2. 2. 途上国の雇用促進
  3. 3. 医療のグローバル化支援
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 新年の御挨拶 −設立12年目になりました−
  • 新年おめでとうございます
  • 妊娠前の風疹抗体検査
  • ハワイでの卵子提供プログラム
  • 着床前診断について
  • エッグドナーボランティア募集
  • 大渕弁護士、出産で涙止まらず「本当に嬉しくて、感動」
  • 西村知美、不妊で悩んでいたとき相田みつを氏の言葉に出会い救われた…
  • 卵子を使わずに新生児マウス誕生? 英国とドイツの研究
  • メディブリッジのサポート体制
  • 弊社の着床前診断プログラム
  • 3Dプリンターで作った卵巣でマウスが妊娠!
QRコード
QRコード