medibridges

代理出産・卵子提供コーディネーターブログ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断、アジア・ヨーロッパでの代理出産を提供しているコーディネーターのブログ。

染色体異常

8

着床前診断(PGS)とは?

みなさんこんにちは!
ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか?
天気の良い日も多く、気持ちよかったですね。
週明けは雨模様、急な気温の変化に風邪などひかないよう気をつけていきましょう。

着床前診断_PGS

さて、今日は着床前診断についてお話ししたいと思います。
着床前診断(PGS)は、受精卵に対して行われる検査で、特定の染色体異常を確認することができます。
受精卵の段階で染色体異常が検出できるので、異常がある受精卵を避けて、胚移植を行うことが可能になります。

着床前診断と出生前診断の大きな違いは、検査を受ける時期です。
出生前診断は妊娠が成立し胎児になってから受ける為、産むか産まないかを判断する際の精神的負担は大きなものです。
反対に、着床前診断は着床前の受精卵の段階で、受精卵の胎盤になる部分を採取し検査を行うので、出生前診断のような心的負担はありません。
PGSの一つの大きなメリットとしては、染色体異常に起因する流産による母体への負担を避けることができることが挙げられます。
異常胚とわからず複数回の胚を移植をし、流産を繰り返すことは母体への負担に加え、精神的な負担がとても大きいのです。

メディブリッジの卵子提供プログラムでは、9割の方が着床前診断を希望されています。
また、卵子提供だけではなく着床前診断プログラムもご案内しておりますので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
6

新型出生前診断、一般診療に

皆さん、こんにちは。
もうすぐ暖かな春とはわかっていても、日々、気温差が大きく体調管理も難しい時期ですね。
さて、本日は新型出生前診断(NIPT)についてお話させていただきます。


springs has come

妊婦の血液から胎児の染色体異常の可能性を調べる新型出生前診断(NIPT)について、日本産科婦人科学会(日産婦)は3日の理事会で、倫理面から臨床研究に限定してきた指針を変更し、一般診療として実施することを正式に決めた。現在は指針に基づき、日本医学会が臨床研究として実施する医療機関のみを認定しているが、今後は研究計画書や施設内の倫理委員会を通すことが不要になるため、実施施設が増える見通し。
NIPTは胎児の染色体が1本多いダウン症など3疾患の可能性を妊娠早期に調べることができ、他の出生前診断と比べて手軽で精度が高いのが特徴。国内では2013年4月に導入され、現在は90施設が認定されているが、事実上は大手の医療機関に限られている。胎児の染色体異常による中絶につながるため、「命の選別」との批判も根強い。

理事会では、85施設が加わる共同研究組織「NIPTコンソーシアム」と、未加入の2施設から臨床研究データが報告され、検査内容や意味を夫婦に説明する「遺伝カウンセリングの重要性が確認できた」ことなどを理由に、臨床研究終了を認めた。医学会の承認を経て一般診療に移行する。施設の認定自体は遺伝カウンセリングの実施などを条件に、一般診療化後も続ける。費用は1回約20万円で、保険診療の対象ではない。

記者会見した日産婦倫理委員会の久具(くぐ)宏司委員は「慎重に始めるために臨床研究の形を取ってきたが、開始から5年がたち、受けたい妊婦の需要にも応えられていない。施設が増えることを期待しているが、慎重に増やしていきたい」と述べた。


新型出生前診断(NIPT)は、母体血清マーカーテストや羊水検査といった従来の出生前診断に比べて、リスクが低く精度が高い検査とされています。日本でも一般診療扱いになり、実施施設が増え、必要としている方々がご受診しやすい環境になればと願います。
ただし、検査の意義について理解が不十分なまま受けてしまうと、検査結果によっては妊婦さんが混乱してしまう恐れもあります。十分な遺伝カウンセリングを経たうえで、新型出生前診断(NIPT)を受けるかどうかは医師やご主人とよく相談してください。


21

着床前診断について


こんにちは。今日は大変風が冷たく感じます。

blastcyst

さて、今日は着床前診断についてお話ししたいと思います。
つい先日、日本産婦人科学会が着床前検査の臨床研究を開始したとのニュースが発表されていました。着床前診断を国内で受けるための条件もかかれていましたが、国内で一般化するまでにはまだまだ時間が必要なようです。

さて、着床前診断(PGS)という言葉はよく耳にするかもしれませんが、どういった検査の事を指しているのでしょうか?これは移植前、受精卵に対して行われる検査で、染色体の異常を調べる事ができます。
受精卵の段階(移植前)で染色体異常のある胚と健康な胚が検知できるため、染色体の異常がある受精卵を避けて移植を行うことが可能になります。

体外受精での移植後の流産は受精卵の染色体異常による場合も多くあります。着床前診断を受ける事により、胎児として育ちにくい条件を持った受精卵を予め排除し、結果として未着床率や流産の可能性を下げることができます。着床前診断にはいくつか検査方法がありますが、基本的にはこの検査で受精卵の性別もわかります。

すでに欧米や多くの国で有効性が証明され、一般の患者様に向けた検査が実施されています。弊社でも着床前診断プログラム、および卵子提供+着床前診断というプログラムをご案内しております。
海外での着床前診断にご興味のある方は、お気軽にお問合せください。

記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2017 MediBridge Inc. All Rights Reserved
 
24

マレーシアにて「妊娠」についての講義


こんにちは!本日も薄っすら汗ばむお天気の東京です。

「マレーシア 写真」の画像検索結果

先日、マレーシアの医師による「妊娠」についての講演が行われたのですが、その中でお話があった「妊娠において重要なこと」についてのご紹介をさせて頂きます。

この講演は、不妊治療に関わらず、妊娠を達成するために重要な事とは何かという内容で進められていきました。先生は、妊娠を達成するために重要なことの第1位、および第2位について、重点的にお話をされていました。一般に知れていることではあるかと思いますが、折角その場にいさせていただいたので、皆さまにもその内容をお伝えさえていただきます。

妊娠に1番重要な事

それは「年齢」です。女性がこの世に誕生するときに、一生分の原子卵胞も共に生まれます。そのため、女性の年齢=卵子の年齢になるのです。卵子の老化という言葉が最近ではよく聞かれますが、卵子だけが老化をしているわけではなく、女性の年齢と同じだけ卵子も年を重ねているためであり、卵子の年齢が高くなればなるほど、卵子(および受精卵)に起こり得る染色体異常の確率は高くなっていきます。一般的に、この染色体異常が原因となり着床しなかったり、着床しても流産してしまったりするといわれています。

では、何歳ぐらいまでであれば、一般的に自己卵にて妊娠可能といえるのか。それは閉経から遡って10年前までだそうです。閉経する年齢は人によって違いますが、おおよそ45歳〜55歳の間に閉経が訪れることが平均的なので、つまりは35歳〜45歳までが自己卵での妊娠のリミットと考えられるそうです。これはあくまでも一般的にはというお話なので、35歳を過ぎたら妊娠が不可能なわけではありません。妊娠が難しくなる可能性が高まる、といった意味合いでお話をされていらっしゃいました。

年齢の次に重要な事

妊娠に一番関係することは年齢であるということは、最近はよく知られていることですが、ではその次に重要なものは何になるのでしょうか。それは、「体重」だそうです。
標準体重よりも軽すぎる場合、もしくはその逆であっても、体内のホルモンバランスが崩れてしまい、それが妊娠の妨げに影響をすることが明らかになっており、かつ体重が妊娠に影響をするということはあまり知られていないと、お話しされていました。

年齢の部分について重点的にお話をされていたため、その他の項目についてお話しいただく時間はあまりなかったのですが、質問の時間が設けられていたので、男性についても同様かという質問をさせて頂きました。回答としては、年齢および体重、いずれも男性の精子の質に関係はするが、女性に比べるとその影響は顕著ではないということでした。

また、妊活中や妊娠中のカフェイン摂取を心配される方も多いと思いますが、多少であればカフェインの摂取をしても問題は無いとそうです。しかしながら、コーヒーでいえば1日3杯程度でとどめるべきとのことでした。

マレーシアに出張にて滞在中に、一般の方に向けて妊娠についての講演が行われていたり、不妊治療医院に足を運びやすくなるようなイベントがあったりと、日本と比べて「妊娠」ということに対してもうすこし目が向けられ、かつ治療をしやすい環境であるなと感じました。現在日本では、初産の平均年齢が30.4歳程であるそうです。今後、女性が働きやすい環境が整備されるほど、結婚年齢や初産の年齢が上がってくる事が予想されますが、それに伴い不妊治療の行いやすい環境も整備されることを願っています。

 ハワイ・マレーシアでの卵子提供、日本最大の卵子 バンク、アジア代理出産のパイオニアのMediBridge                    記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ
              
              Copyright:c  2008-2016 MediBridge Inc. All Rights Reserved

                          
10

着床前診断プログラム

こんにちは!
ついに関東地方も梅雨入りしました、朝天気が良くても折りたたみ傘をもって外出をするように心がけております。

メディブリッジのミッション


さて、本日は着床前診断プログラムのご案内です。
着床前診断はご自身の卵子で行う事も可能ですし、卵子提供プログラムでもお受けいただく事が出来ます。

着床前遺伝子診断あるいはPGD(Preimplantation Genetic Diagnosis)とは、体外受精後、胚移植を行う前に受精卵に対して検査を行い、遺伝子を検査する方法です。

胚移植を行うに先立って、受精卵の染色体に異常があるかどうかを検出することで、移植を行う受精卵を選択することが可能になります
検査は、受精後数日間培養した受精卵の細胞の一つを取り出して行われます。

染色体異常を持つ受精卵を移植した場合、このような受精卵は着床しにくく、着床した場合でも高確率で流産をすると考えられていますが、着床前診断により染色体異常を持つ受精卵を移植前に確認することで、もともと着床しにくかった受精卵、あるいは流産しやすい条件を持った受精卵を予め避け、染色体異常の見られない受精卵を選んで移植を受けられます。
 
体外受精後の流産はこういった受精卵の染色体異常による場合が多く、着床前診断を受けることで、胎児として育ちにくい条件を持った受精卵を予め移植しないことで、結果として流産の確立を下げることが可能です。

着床前診断は、習慣性流産による不妊に悩む方が流産を回避して妊娠しやすい条件を整える新しい技術です。
弊社の着床前診断プログラムは、ハワイ・タイでご提供しております。

ご興味のある方はまず弊社までお問い合わせください。


19

卵子の老化

こんにちは。
少し雨降りですが、木々の緑には天の恵みでしょうか。

ajisai 0708 medhi


今日は、卵子の老化について書きたいと思います。

卵子のもとになる原始卵胞は、200万個程度、生まれる前から卵巣に蓄えられています。ところが、この原始卵胞は、どんどん減り続け、思春期を経て生殖適齢期のころには20万から30万個程度になります。その後も減り続け、新しく作られることはありません。つまり、卵子はご自身の年齢とともに年をとるのです。最終的に閉経までに造られる成熟卵胞の数は約400個程度と言われています。

年齢を重ねた原始卵胞から排卵された卵子には、減数分裂がうまくいかず、染色体異常を持ったものが増えてきます。卵子に染色体異常があると、受精卵になりにくく、また、流産する可能性も増えてきます。また、自然妊娠の確率は、30歳頃から下がり始め、40歳を超えると激減し、44歳以降では1%程度になってしまします。

このように、40歳以降になると、自己卵での妊娠が難しくなってくるため、海外では卵子提供による不妊治療が早い時期から行われるようになっています。

弊社では、タイとハワイでの卵子提供プログラムをご提供しております。また、着床前診断などもご提案しております。ご興味のある方は、一度弊社までお問い合わせください。



記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2015 MediBridge Inc. All Rights Reserved


3

着床前診断の研究

こんにちは。
本日は桃の節句、雛祭りです。
この時期、様々なピンクの花が咲き始めますが、梅、桜、桃の花の違い、見分け方をご存知ですか?
花びらの先端が丸いのが梅。先が割れているのが桜。尖がっているのは桃とのこと。

桃の花

さて、着床前診断に関するニュースを耳にしました。
流産を繰り返している女性を対象に染色体異常がない受精卵を移植し、妊娠率が向上するか3年かけて調査を行うとの事です。

着床前検査、臨床研究へ 産科婦人科学会が了承 流産2回以上対象
日本産科婦人科学会は28日、体外受精させた受精卵の染色体異常を調べる着床前スクリーニング(着床前検査)の臨床研究を正式に了承した。来年度にも開始する。流産を繰り返す女性を対象に、染色体異常がない受精卵を子宮に戻し、妊娠率が向上するかを3年かけて調べる。

異常がない受精卵を選んで子宮に戻す着床前検査をめぐっては、異常を持つ子供が生まれる可能性が排除されるため「命の選別」につながるとの批判がある。苛原(いらはら)稔常務理事は「医学的に価値ある治療となれば、倫理的な問題についても検討していく」と述べた。

臨床研究は流産を2回以上繰り返す女性と3回以上体外受精に不成功の女性が対象。受精卵の染色体異常を調べ、子宮に戻すのに適切かどうかふるい分ける。検査費用は原則として患者負担。300例検査し、検査しない300例より出産率が向上するか検証する。研究に参加する施設などは今後、決める。

学会は特定部位の異常を調べる「着床前診断」は認めているが、流産を防ぐ目的で行う「着床前検査」は認めていない。今回は指針は変えず、臨床研究として有効性を検討する。

本臨床検査に選ばれた方は、診断の受診を断ることも可能だとのことです。
臨床研究の開始は来年度。期間は3年間。
私たちが結果を知る事ができるまでには、もう少し時間がかかりそうです。




27

着床前検査 日本産科婦人科学会、臨床研究案を了承

こんにちは。

medi1127



昨日は天気が悪かった分、今日の晴天はとても気持ちがいいですね。

昨日の新聞記事で、着床前検査について気になる記事を見つけたのでご紹介させて頂きます。

着床前検査 学会委、臨床研究案を了承 3年かけ出産率検証

日本産科婦人科学会(東京都中央区)の倫理委員会は25日、体外受精させた受精卵の染色体異常を調べる着床前スクリーニング(ふるい分け検査)の臨床研究案を了承した。流産を繰り返す女性を対象に、異常がない受精卵を子宮に戻し、妊娠率が向上するかを調べる。12月の学会理事会で承認されれば、シンポジウムを開いて関係団体などから意見を聞き、早ければ来年度中に実施される。

異常がない受精卵を選んで子宮に戻す着床前検査をめぐっては、ダウン症などの染色体異常を持つ子供が生まれる可能性を排除するため、「命の選別」につながるとの批判がある。また、受精卵を廃棄することが倫理的に問題との指摘もある。

苛原(いらはら)稔委員長によると、臨床研究は流産を2回以上繰り返す女性や、体外受精に3回以上不成功の女性が対象。受精卵の染色体の数の異常を調べる新手法を用い、スクリーニングにより出産率が向上するかを3年ほどかけて検証する。

これまで学会は、重い遺伝病の子供が生まれる可能性がある夫婦などに限り、着床前に異常を調べる「着床前診断」を1件ずつ審査。平成16年に慶応大で初めて行われて以降、350例以上が承認された。

やっとという感じもしますが、まだまだ着床前診断が一般化されるまでには時間がかかりそうです。
弊社では、卵子提供プログラムに加え、ハワイ、タイでの着床前診断もご提供しています。
着床前診断について検討されている方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2014 MediBridge Inc. All Rights Reserved

17

卵巣年齢とは?

こんにちは!
一雨ごとに暖かくなって参りましたね。

皆さんは、卵巣年齢という言葉を聞いたことがありますか?
卵巣の年齢には個人差があり、妊娠の確率に大きく影響を与えます。
では自分の卵巣年齢を知るには、どうすればいいのでしょうか?

flower

卵巣年齢の検査としては、血液中の「AMH(抗ミューラー管ホルモン)」の測定があります。
AMHは、卵子の成長過程で分泌されるもので、その測定値と発育卵胞の数が相関します。
通常、発育卵胞の数は25歳〜30歳をピークに加齢とともに減少し、同時に血液中のAMH濃度も減少していきます。
AMH濃度を測定することで、残存する発育卵胞の数が測定でき、それにより卵巣年齢が何歳くらいか測定することができるのです。

妊娠率は年齢の上昇とともに低下し、逆に流産の発生率、染色体異常の発生率、ダウン症の発生率は上昇していきます。
この確率を左右しているのが、卵子の質であり、卵子を作り出す卵巣の年齢なのです。

卵巣の年齢は加齢に大きく影響されますが、加齢以外にも卵巣年齢を老化させる要因としては、以下のようなものが考えられます。

・喫煙
・体重異常(肥満、痩せすぎ)
・運動不足
・ストレス
・不規則な生活習慣


加齢は避けることができませんが、喫煙を避け、適度に運動をし、ストレス解消を心がけ、規則的な生活を送ることで、卵巣の老化をある程度予防することは可能です。
残念ながら一度老化してしまった卵巣を若返らせることはできません。

ご自身の卵巣年齢を把握してみるのも、いいかもしれせん。


記事が良いと思われましたら是非 クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:ⓒ  2008-2014 MediBridge Inc. All Rights Reserved



3

着床前診断のメリット

こんにちは。
9月も始まりましたが、まだまだ暑いが続いていますね。
紅葉や温泉など秋らしい季節が待ち遠しいです。


PGD_eggdonation

さて、今日は着床前診断についてお話ししたいと思います。
着床前診断(PGD)は、受精卵に対して行われる検査で、特定の染色体異常を確認することができます。
受精卵の段階で染色体異常が検出できるので、異常がある受精卵を避けて、胚移植を行うことが可能になります。

PGDの一つの大きなメリットとしては、受精卵の移植を行う前に受精卵の異常を識別できるため、染色体異常に起因する流産による母体への負担を避けることができることが挙げられます。

欧米では多くの国ですでに解禁されているこのPGDの是非について、わが国では現在十分な議論が行われておらず、基本的には臨床応用の許可が出ていません。

弊社では、卵子提供プログラムだけでなく、ハワイ、タイでの着床前診断プログラムもご案内しております。

自己採卵による着床前診断、卵子提供プログラムでの着床前診断もご提供が可能です。

着床前診断にご興味のある方は、お気軽にお問合せください。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved

プロフィール

メディブリッジ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断プログラム、アジア・ヨーロッパでの代理出産をご提供しております。
このブログで不妊治療現場、世界の医療、弊社メディブリッジの思いなどなどなどあらゆる事をお伝えして参ります。

記事検索
ミッション
MediBridgeのミッション
  1. 1. 日本の医療制度で救われない日本人患者のサポート
  2. 2. 途上国の雇用促進
  3. 3. 医療のグローバル化支援
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 新年の御挨拶 −設立12年目になりました−
  • 新年おめでとうございます
  • 妊娠前の風疹抗体検査
  • ハワイでの卵子提供プログラム
  • 着床前診断について
  • エッグドナーボランティア募集
  • 大渕弁護士、出産で涙止まらず「本当に嬉しくて、感動」
  • 西村知美、不妊で悩んでいたとき相田みつを氏の言葉に出会い救われた…
  • 卵子を使わずに新生児マウス誕生? 英国とドイツの研究
  • メディブリッジのサポート体制
  • 弊社の着床前診断プログラム
  • 3Dプリンターで作った卵巣でマウスが妊娠!
QRコード
QRコード