medibridges

代理出産・卵子提供コーディネーターブログ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断、アジア・ヨーロッパでの代理出産を提供しているコーディネーターのブログ。

精子

1

出生児の性別構成割合から読み取れること

みなさんこんにちは。生まれてくる子供の性別を決めるの精子の種類です。

うみわけ

どういうことかといいますと、男性の精子にはX染色体を持つX精子とY染色体をもつY精子が存在します。一方で、女性の卵子にはX染色体のみしか存在しません。

つまり、X精子と卵子が受精すると受精卵はXXとなって女の子が生まれてくる、Y精子では受精卵はXYの男の子となるわけです。

したがって、精子が性別決定しているのです。さて本日は以下の記事をご紹介します。

”統計総局(GSO)によると、2018年の男女出生比(女児100人に対する男児の数)は115.1だった。保健省人口・家族計画化総局のグエン・ゾアン・トゥー総局長は、男女出生比が高い状態が続いており、さらに上昇する傾向があると指摘した。自然の男女出生比は105とされている。

統計によると、高学歴の夫婦や経済的に恵まれた夫婦ほど男女出生比が高い。読み書きのできない母親グループの男女出生比は107と最も低いのに対し、女性の学歴が高まるにつれて数字が上昇し、短大卒以上の母親グループでは114に達している。また、貧困層グループの105に対し、富裕層グループは112と明確に差がある。

トゥー総局長はこうした状況の主な原因について、性別に対する偏見・先入観を挙げた。ベトナムでは女児より男児を好む傾向が強いことがおおもとの原因だが、科学技術の発展によって男女の産み分けができるようになったことも、状況悪化に拍車をかけている。学歴が高い富裕層ほど、産み分け技術を利用できる条件に恵まれている。”
https://www.viet-jo.com/news/social/190724082243.html

これはベトナムの状況です。少し他国の状況も少し調べましたが、たとえばインドや中国など、男児を希望する割合が多いように見受けられました。やはり経済的要因なのでしょうか。

富裕層などは、着床前診断など最新技術を用いて産み分けをされているのでしょうね。

弊社メディブリッジでご提供している卵子提供プログラムでは着床前診断を行っていただくことができます。ハワイにおけるプログラムでは、受精卵の性別を選択してプログラムをお進めいただくことも可能です。

弊社プログラムをご検討の方は是非お問い合わせください。

30

タイムラプスモニタリングシステム

みなさんこんにちは。本日の東京は晴れですが、そこまで暑さは感じない1日でした。

timelapse

本日は受精卵の成長過程についてお話します。

授精した卵子は卵割を繰り返しながら成長します。卵子は精子と授精して10〜20時間後に受精卵の中央に前核と呼ばれる核が2つ見えてきます。

受精2日目には受精卵が4つのかつ急に分割します。そして、3日目には受精卵は8つに分割します。

その後、4日目で20〜40分割して割球が見えなくなります。この状態の胚は桑実胚と呼ばれています。

そして5日目で胚の中の細胞のそれぞれが独自の機能を持ち始め、胚の中央部分には胞胚腔と呼ばれる空洞が見られるようになります。ことの時の細胞数は数十個から100個くらいまで増えています。この状態の胚は胚盤胞と呼ばれています。

6日目で胚盤胞は透明帯と呼ばれる殻から抜け出します。これをハッチングと呼んでいますが、この状態の胚はハッチング胚盤胞です。

上記は通常の胚の成長過程です。つまり、胚は1細胞、2細胞、4細胞、8細胞と規則正しく分割が進みます。
しかし、1細胞、3細胞、5細胞、8細胞といったように不規則な分割が進む場合があります。

このため、たとえば8細胞の時点の胚だけしか見ないとなってくると、規則正しく分割した胚か否か違いが分かりません。

こういった事のために、違いを分かるようにしたシステムがあるのですが、このシステムはタイムラプスモニタリングシステムと呼ばれています。

このシステムでは、静止画を一定間隔で撮影し、それを繋ぎ合わせ動画を作り成長過程を追跡します。すると、規則的に分割した胚かまで知り得るわけですね。

弊社メディブリッジの卵子提供プログラムはマレーシアでも行っていますが、マレーシアではタイムラプスモニタリングシステムが導入されています。

弊社プログラムをご検討の方は是非お問い合わせください。

7

不妊治療はご夫妻で!

こんにちは。
季節の変わり目、ご体調崩されておりませんでしょうか。

milk2

さて、本日は精子を良い状態にするために心がけて欲しいことをお伝えいたします。
不妊治療では、女性ばかりが頑張ってしまう印象が見受けられますが、男性も頑張る必要があります。
近年、パソコン・スマートフォンを使用する時間が昔に比べ長くなってきています。
実は性欲が湧かないという現象は、パソコンやスマートフォンと向き合う時間に比例して増えると言われているのです。
例えば、パソコンに向かって夢中になって仕事をしていたら、食事をとり忘れたり…
スマートフォンを長時間使用していて、気づけば寝る時間であったり…
パソコンやスマートフォンが食欲や性欲を奪ってしまっている。という説もあります。

電車に乗っていても、気づけばみんな携帯電話を触っていますよね。
数十年前には考えられない光景です。
こうした最先端機器から、化学物質が体内に入りホルモンに影響を与える環境ホルモンが、精子の数を減らす原因とも言われています。
便利なものを求めすぎてしまうが故に、良いことばかりではないと、数年経ってから気づくのです。

しかし、パソコンもスマートフォンもなくてはならない機器となりましたので、今は出来ることをするしかないのです。
精子を良い状態にするために、以下のことを心がけましょう。

・パソコン操作を1日2時間以内にする。(難しいですが、心掛けが重要です)
・禁煙
・適度な運動をする
・起床時、就寝前に睾丸を3分間手で軽くマッサージをする
・カフェインの多い飲み物を飲まない
・寝るときは下着をつけない
・サウナ、長湯を控える
・キツイジーンズや下着を着用しない
・アルコールを減らす
・大豆製品を積極的にとる
・亜鉛をとる
・ビタミンE,Cをとる
・朝食は必ずとる

書ききれませんが、どの項目もこのブログを見たらすぐに取り掛かれることばかりです。
やらずに後悔することだけは、身体にも精神的にも良くないので、出来ることは挑戦していきましょう。

弊社の卵子提供プログラムには、ご主人の精子は非常に重要です。
より良い状態で、採精をしていただく為に、渡航前に事前に出来ることは行っていきましょう!

記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2019 MediBridge Inc. All Rights Reserved

 

6

不妊の原因の半分は男性に

みなさん、こんにちは。
今週末、東京は暑くなりそうです。
水分補給、しっかりしていきたいですね。


medibridges


セレブリティたちが60代や70代?!で父親になったというニュースを聞くと、「男性はいくつになっても子どもが作れる」と思いがちですが、
男性も高齢になると、精子の状態に影響がでてくるそうです。

女性側だけではなく、35歳過ぎた男性が妊活を行う場合、日々の生活習慣を見直すことが大切と言われています。

・禁煙
先日値上げした、たばこ。お財布状況を悪化させるだけではなく、ペニスの海綿体への血流も悪化させ、勃起不全の原因になることもあるそうです。

・禁欲期間
体内での精子の生存期間はおよそ3日で、それ以上ためると、死滅精子(非運動精子)が増加。
古い精子は、新しい精子を痛めつけ、精液全体の質を下げるそう。

・ノートパソコンは膝の上で使わない
パソコンからの放熱で、陰嚢の温度上昇を招きます。精巣の温度が高くなる状態は避けることは基本。
「温め」には注意。

・下半身の「放熱」
座り続けることで陰嚢が圧迫され、血流が悪くなり、陰嚢周辺に熱がこもります。
1時間に1度は立ち上がって、圧迫状態が続かないように注意してください

未だに女性の不妊原因ばかり、指摘されることが多いように感じ不妊治療に消極的な男性も多いかと思います。
男性にも日々の生活習慣を見直してもらい、治療にも積極的に参加していただけると良いですね。


7

Y染色体は絶滅してしまうのか!?

こんにちは。
数日前の暑さがウソのように今日は涼しいですね!!

先日、とある番組でY染色体がいずれ絶滅するということを耳にしました。
とても興味深いので調べてみました。

【2月23日 AFP】男性という性を決定づけるY染色体が小さくなり続けているため、やがて男性は絶滅するという説があるが、この説は誤っていると結論付けた遺伝子研究が、22日の英科学誌ネイチャー(Nature)に発表された。

「男性絶滅説」は、男性染色体(Y染色体)が劇的に縮小したという事実を科学者らが発見した約10年前に注目を集めるようになった。数億年前のY染色体は1400個以上の遺伝子が乗る巨大サイズだったが、今や遺伝子が数十個程度しか乗らない極小サイズになってしまったという。そのため、Y染色体はいずれ消滅すると一部で叫ばれるようになった。

 男性絶滅説を唱える学者は、Y染色体を失った人類は、げっ歯類のキイロモグラレミングのような末路をたどると考えている。このほ乳類は、Y染色体が進化的圧力を受けると2つの種に分化したが、このうちの1種はY染色体を持っていない。その子孫の性別がどのように決定されているのかは謎だ。

 最悪のシナリオに沿えば、人工的な方法で男性という性の窮地を救わないと、男性は絶滅してしまう。絶滅は500万年後だと言う学者もいれば、わずか12万5000年先だと言う学者もいる。

■Y染色体は安定している

 しかし、米マサチューセッツ工科大(
Massachusetts Institute of TechnologyMIT)ホワイトヘッド生物医学研究所(Whitehead Institute for Biomedical Research)などの研究チームは今回、Y染色体の縮小は太古に起こったことであり、以来Y染色体は驚くほど安定しているとする論文を発表した。

 人類とチンパンジーから約2500万年前に枝分かれしたアカゲザルと人間のY染色体を比較したところ、枝分かれ後に失った祖先遺伝子の数はアカゲザルが0個、人間が1個だった。なお、1個は全染色体のわずか3%にしか相当しない。これは「Y染色体は消滅しない」ことを明確に示しているという。

 10年前から「衰えつつあるY染色体」説と戦ってきたという同研究所のデビッド・ページ(David Page)氏は次のように説明する。X染色体とY染色体は、性染色体に特化する前は基本的に普通の染色体であり、互いに遺伝子情報を交換(クロスオーバー)して有害な変異を取り除き、遺伝子プールを広く保っていた。だがこのXY間でのクロスオーバーが行われなくなると、Y染色体は直ちに不要な遺伝子をそぎ落としていき、今のような安定した状態になったという。(c)AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/2860023(AFP BB NEWSより引用です)

卵子提供では精子の状態がとても重要です。
今後の記事に注目ですね。


記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2018 MediBridge Inc. All Rights Reserved

 
2

男性不妊とパソコン

皆さん、こんにちは。
本日も猛暑。
水分補給して、体調管理はしっかりしていきましょうね。


medibridges


さて、不妊症の原因の4割は、男性側にあると言われていて、男性の精子の状態を左右するものの一つに、食生活が挙げられます。
魚、野菜、全粒穀物中心の食事を心がけている男性は、赤身肉、精製穀物中心の食生活の男性より、精子の運動能力が高いそうです。
また、揚げ物や加工食品に含まれるトランス脂肪酸摂取過多の男性は、精液中の精子濃度が摂取量の少ない男性の6割程度であることが、ある研究によって明らかになっています。

もう一つ、精子に悪影響を与えると言われているものに、パソコンがあります。
パソコンをよく使用する男性は、使用するときに膝に乗せて使うと、パソコンの熱が精巣に悪影響を与えることが知られています。
今や、仕事でもプライベートでも、パソコンの使用は避けられないものになっていますが、膝に乗せて使っている方は、要注意です。

妊娠を望んでいる方は、自身のパートナーがどんな食生活をしているか、膝にノートパソコンを置いていないか、チェックしてみてくださいね。

19

精子発見、AIが手助け

人間の医学、科学の進歩というのはとても凄いものです。 


love


男性の不妊治療で、人工知能(AI)を使って精子を見つける支援システムを開発したと、横浜市立大と横浜国立大のチームが、京都市で19日から始まる日本泌尿器科学会で発表する。体外受精が増えるなか、培養士の負担を軽減し、精子の見落とし防止につながる可能性があるという。

不妊の原因の半数は男性が関係するとされている。このうち、精液中に精子がない「無精子症」の場合、医師が精巣にメスを入れ、取り出した組織のなかから、培養士が精子を探し出す必要がある。精子が見つかりにくい場合は、2〜3人がかりで数時間、探し続けることもあるという。

横浜市立大付属市民総合医療センターを受診した患者の同意を得て、精巣組織に含まれる精子や白血球などが混在する顕微鏡映像を利用。培養士が精子約8千個、白血球など約2万5千個に分類した後、機械学習などが専門の横浜国立大の濱上知樹教授と大学院生の佐々木勇人さんらがAIに学習させた。

その結果、AIが精子とそれ以外の細胞を見分け、精子の可能性のある場所を囲んで知らせるシステムの開発に成功した。精子の見落としを極力避けるため、精子と形が似た細胞もある程度、検出するように設計。精度を上げると、ほかの細胞が混じる割合も高くなるため、たとえば「精子を99%見落とさない」と設定すると、AIが示したうち、約半分はほかの細胞も入り込むという。この情報をもとに、培養士が治療に使う精子を決定する。

同センターの湯村寧・生殖医療センター部長(泌尿器科)は「このシステムが医療現場で使えるようになれば、時間がかかる培養士の作業の手助けとなる」と話す。


科学の目まぐるしい進歩に大変驚いています。

弊社にご相談に見えるご夫妻の中には、ご結婚自体が遅かった等の理由で、自分の卵では妊娠無理であろうからと、ご夫妻での検査をお受けなった事がないまま卵子提供のご相談にいらっしゃる方がおられます。
卵子提供ではドナーさんから提供いただく卵子と、ご主人の精子が非常に重要です。
クリニックの方針によっては「受け入れは45歳まで」といった基準を設けている場合もあり奥様の事前検査が困難な場合でも、少なくともご主人様の精子の状態は事前に検査されることを強くお勧めしております。

16

精液検査でわかる事

こんにちは。
昨日の「隣の家族は青く見える」は、ご覧になりましたでしょうか。
松山ケンイチさんがとても素敵なお父さん役をされていますね!
まだ観ていない方、必見です!

家族

さて、本日は精液検査についてお話したいと思います。
男性不妊の検査の中で、精液検査は最も重要な検査です。
精液検査では次の項目を調査します:

1.精液の量
採取された精液の総量を測定します。
通常1回の射精で2cc以上が普通とされています。
ただ、精液の量は同じ人でも体調によって異なる事があります。

2.精子の数 (濃度)
正常な人は精液1cc中に精子が4,000万個以上いるのが普通と言われています。
ただ、こちらも体の状態などで精子の数(濃度)が変化します。

3.運動率
元気に運動している精子がどれくらいいるかを調べます。
精子の受精能力を一番表しているのが運動率と言われており、通常60%以上あれば正常と考えられます。
運動率が極端に低い場合は、精子無力症と診断されます。

4.奇形率
精液中に奇形精子が何パーセントいるかを調べます。
奇形精子の多くは受精能力がないといわれているので、奇形率が高い場合、不妊の原因になります。
奇形精子の頻度が高い場合は奇形精子症と呼ばれます。

5.精液のPH
精液の酸性度を調べます。
通常中性よりアルカリ性に傾いており、PH 7.2から7.8の間にあります。
乏精子症、無精子症の場合は酸性に傾くこともあります。 


実際に検査するときは、マスターベーションで精液を採取し、病院で渡される容器に直接入れます。
検査の結果は身体の状態によっても異なるので、検査結果が悪い場合は繰り返し行います。

男性の場合、女性と比べて男性は積極的に行動に移す人が少ないようです。
しかし不妊の原因の3分の1近い割合を男性不妊が占めると言われており、精液検査は大切でな検査です。
女性の不妊検査に比べると、簡単で痛みを伴うこともほとんどありません。

ご夫婦協力して不妊治療に取り組む姿勢が大切ではないでしょうか。

記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2018 MediBridge Inc. All Rights Reserved
 
4

不妊治療について男性が最低限知っておくべきこと

こんにちは。
テレビ東京の狩野アナが産休に入られるそうです。テレビで狩野さんの元気な笑顔が見られなくなるのは寂しいですが、無事元気なお子さんを出産していただきたいですね!

Ku

本日は、不妊治療について男性が最低限知っておくべきことについてのお話です。
不妊治療は奥様だけの治療ではなく、ご夫妻の治療なのです。
WHOの定義では、自然に性交渉をもって1年間妊娠の兆しがない場合に「不妊」とされています。
WHOによれば、1年以上妊娠できず、医療的なサポートが必要なカップルはおよそ15%、医療的なサポートを受けても妊娠できないカップルが5%います。
射精ができれば「自分には問題ない」と考える男性は多いようですが、生理がある間は妊娠できると思っている女性と同様に、これは大きな間違いです。
妊娠できるかどうかは、精液の中にどれだけ健康で活発な精子が含まれているかにかかっているのです。
不妊の原因は、男性側にある場合と女性側にある場合とどちらが多いと思いますか?

実は不妊の原因は、男性にも女性にも同じ割合で存在するといわれています。
「不妊かな?」と感じると、まず女性が病院で検査を受けることが多いと思いますが、実は男性の検査のほうが負担が少なく、すぐに結果が分かりますから、まずは男性が病院に行くほうが合理的です。
「自分の側に原因があったらどうしよう?」と不安になって病院に行くことをためらう男性も多いようですが、その気持ちは女性だって同じです。
仮に精液の中に健康な精子がほとんどないということが分かっても、子供を授かるチャンスはあります。精巣の中に健康な精子が見つかれば、顕微授精という選択肢も開けるのです。
女性だけが病院にいってあれこれ検査をしても原因が分からず、数年後、ようやく男性が病院に行ったら、男性の側に原因があったことがわかったケースというのも実際にあります。

弊社へご相談に来られる方の中にも、精液検査を一度も行ったことがないという方がおられます。弊社では、必ずお申込前までに精液検査を行っていただくことを推奨しております。


4

精液検査の内容って?


こんにちは。
本日はとても春らしい暖かな陽気ですね。


【 #いきものtweet −アカハライモリ】

さて、本日は精液検査についてお話をしたいと思います。
不妊治療を開始すると、ほとんどの場合で最初に精液検査が行われるかと思いますが、検査の結果精子側に不妊の要因があると判明することも少なくありません。一般的にはどういった項目が検査されるのか、以下に書いてみます。なお、カッコ内にはWHOが定める基準値を入れてご紹介します。


<精液検査項目>
精液量: (1.5ml以上)
射精された精液の量についてです。精子量が少ない場合にも、精子濃度があればあまり問題にはなりません。

pH:(7.2以上)

ペーハーです。

精子濃度:(1ml中に1500万以上)
採取された精液に対する精子濃度をみています。

総精子数:(1ml中に3900万以上)
精液中の精子数ですが、こちらが3900万未満の場合には乏精子症と診断されます。

精子運動率:(40%以上)
全体でどのくらいの精子が運動しているかを示しています。

正常形態率:(4%以上)

正常な精子の形をしている精子が全体のどのくらいの割合であるかを示しています。現代の日本人はこの数値が低いことが多いそうです。

如何でしょうか?精子について検査を行うことは、男性からすると少し抵抗があるかもしれませんが、不妊の原因は女性側にも男性側にも考えられます。例えば結婚前の独身男性であっても、ご自身の状況を知っておくためにブライダルチェックなどで検査を行うと良いのではないでしょうか。


記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2017 MediBridge Inc. All Rights Reserved
 
プロフィール

メディブリッジ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断プログラム、アジア・ヨーロッパでの代理出産をご提供しております。
このブログで不妊治療現場、世界の医療、弊社メディブリッジの思いなどなどなどあらゆる事をお伝えして参ります。

記事検索
ミッション
MediBridgeのミッション
  1. 1. 日本の医療制度で救われない日本人患者のサポート
  2. 2. 途上国の雇用促進
  3. 3. 医療のグローバル化支援
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 新年の御挨拶 −設立12年目になりました−
  • 新年おめでとうございます
  • 妊娠前の風疹抗体検査
  • ハワイでの卵子提供プログラム
  • 着床前診断について
  • エッグドナーボランティア募集
  • 大渕弁護士、出産で涙止まらず「本当に嬉しくて、感動」
  • 西村知美、不妊で悩んでいたとき相田みつを氏の言葉に出会い救われた…
  • 卵子を使わずに新生児マウス誕生? 英国とドイツの研究
  • メディブリッジのサポート体制
  • 弊社の着床前診断プログラム
  • 3Dプリンターで作った卵巣でマウスが妊娠!
QRコード
QRコード