medibridges

代理出産・卵子提供コーディネーターブログ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断、アジア・ヨーロッパでの代理出産を提供しているコーディネーターのブログ。

自閉症

19

妊娠中の母体の炎症で自閉症誘発?!

こんにちは。 関東は台風一過、真夏のような連休さ最終日でしたね。
暑い暑いというつぶやきもあと少し。 10月ともなれば紅葉も始まり、否が応でも秋の気配を感じることでしょう。

MediBridgAutumn

さて、今年の夏は例年になく食中道に関するニュースが多かったように思います。
何かが起こった時には、人為的なミスやずさんさが指摘され、改善に向けた取り組みが行われる訳ですが、ことそこに至るまでは、あまりにも普通の日常の風景にその「危険」は潜んでいて、未然に防ぐのはそう簡単ではないと感じます。

日常の危険について、夏が終わりを迎える今、妊娠中の女性、これから妊娠を予定しておられる方には、是非ご注意頂きたい事があります。

最近のいくつかの研究で、妊娠中に細菌やウィルス感染によって母体に炎症が起きると、自閉症スペクトラムにつながる脳回路の変化を誘導している事を示唆するデータが得られていとの事です。

[参考文献]Prenatal fever and autism risk


これまでにも妊娠中の感染が、胎児に影響を及ぼすことが知られているウィルスはありましたが、ウィルスや細菌そのものでなく「炎症」という、身体的な反応が胎児の脳の発達に影響するとするならば、原因は多岐に渡ります。
この研究結果を重く見た専門家の中には「妊婦は感染による炎症が起きないよう、出来る手は全て打つことが重要である」と喚起している方もおられます。 

「打てる手」と言われても…具体的にはどんなものがあるのか…。
少し途方に暮れながら、探してみました。
まずはワクチンの接種です。下記の2種はその代表的なものと言えるでしょう。


風疹ワクチンただし風疹ワクチンは摂取から2か月は妊娠を避けなければなりません。また、妊娠中に摂取する事はできません。

インフルエンザ予防接種妊娠前、妊娠中も受けられるとされる予防接種です。弊社でも冬が近づくと毎年接種を呼び掛けています。

その他に妊婦と赤ちゃんを守るどんな予防接種ー「打つ手」があるのか、医師にご相談されるのも良いかもしれません。

弊社でも引き続き、情報提供できるよう調べて参りますが、やはり、変わらずに、大きな効果を上げる防衛策は「手洗い」です。 あまりに普通の、誰でも知っている対策ですが、効果は絶大です。
冬に向け、ご家族皆さんで、取り組まれてください。

記事が良いと思われましたら是非 クリックを ブログ村代理出産卵子提供

Copyright:c  2008-2017 MediBridge Inc. All Rights Reserved
 
6

自閉症 感情の神経機能低下が関係

おはようございます!
今日は自閉症患者の研究記事がありましたので、載せることにいたします。


自閉症 感情の神経機能低下が関係 脳断層撮影で浜松医大

自閉症患者の脳では、感情などをつかさどる神経が十分に機能していないことを、浜松医科大などが陽電子放射断層撮影(PET)を使って初めて明らかにした。自閉症の治療や予防に役立つ成果として注目される。5日、米専門誌「精神医学アーカイブス」に発表した。

e8be99475375a8b2c50261b4d69b51ac

自閉症は発達障害の一つで、「相手の気持ちが読めない」「自分の気持ちを伝えられない」「強いこだわりを持つ」などコミュニケーションや社会性の低下が特徴。程度や症状には幅があるが、小学生以下では50〜100人に1人の割合で患者がいると推定される。原因は特定されておらず治療法もないため、「育て方が悪い」などの誤解が今も根強い。

研究チームは、18〜26歳の男性自閉症患者20人と健康な男性20人の脳を、研究目的に限定した専用のPETで撮影した。分析の結果、感情などを伝える「セロトニン神経」内部で、神経伝達物質のセロトニンを取り込むたんぱく質の働きが、患者の脳全体で健康な人より、平均で3割低くなっていた。中でも他人の気持ちを推し量る部位などでの機能低下が目立った。

自閉症の原因については、関連する遺伝子が複数指摘されており、チームはこれらの遺伝子の異常が、今回分かった神経の障害を起こしている可能性があるとみている。

チームの森則夫・浜松医科大教授(精神神経医学)は「自閉症は育て方とは関係なく、神経に障害が存在することが明確になった。治療・予防につながる標的が見えた意味は大きい」と話す。




記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:©  2009-2010 MediBridge Inc. All Rights Reserved




プロフィール

メディブリッジ

ハワイ・マレーシア・台湾での卵子提供と着床前診断プログラム、アジア・ヨーロッパでの代理出産をご提供しております。
このブログで不妊治療現場、世界の医療、弊社メディブリッジの思いなどなどなどあらゆる事をお伝えして参ります。

記事検索
ミッション
MediBridgeのミッション
  1. 1. 日本の医療制度で救われない日本人患者のサポート
  2. 2. 途上国の雇用促進
  3. 3. 医療のグローバル化支援
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 新年の御挨拶 −設立12年目になりました−
  • 新年おめでとうございます
  • 妊娠前の風疹抗体検査
  • ハワイでの卵子提供プログラム
  • 着床前診断について
  • エッグドナーボランティア募集
  • 大渕弁護士、出産で涙止まらず「本当に嬉しくて、感動」
  • 西村知美、不妊で悩んでいたとき相田みつを氏の言葉に出会い救われた…
  • 卵子を使わずに新生児マウス誕生? 英国とドイツの研究
  • メディブリッジのサポート体制
  • 弊社の着床前診断プログラム
  • 3Dプリンターで作った卵巣でマウスが妊娠!
QRコード
QRコード