こんにちは。
湿度が高く蒸し暑い日本の夏ですが、そろそろ夏の疲れが出てくる時期ではないでしょうか?
健康を維持するためにも夏つかれ対策が必要ですが、今日は”蒸しショウガ”パワーをご紹介いたします。

ginger

生ショウガより10倍効果のある“蒸しショウガ”がスゴイ

例年以上のこの猛暑。しかし、暑い一方で、建物内に入ると冷房がキツく、冷えに弱い女性にとってはどちらもツライですよね。着込んだりするなどはできますが、根本的な対策になっていません。カラダを温める食べ物として、ショウガが知られていますが、なかなか積極的に摂りいれられないもの。そこで、最近、普通のショウガ以上に効果があると注目されているのが、“蒸しショウガ”です。作り方は後ほど説明しますが、簡単で続けやすいそうです。『病気にならない蒸しショウガ健康法』(アスコム刊)を上梓されているイシハラクリニックの石原新菜先生に詳しく聞いてきました。

「現代の女性のほとんどが冷え性と言ってもいいでしょう。実は、冬よりも夏のほうが冷えるんです。冷房もカラダに悪いですが、特に悪いのは水の飲み過ぎです。夏だから、水分を摂ろうと躍起になる気持ちはわかりますが、低体温で代謝が低い人が飲むと、まるで濡れた水着を着こんでいるように、余計に冷えてしまうのです。これにより、血流は悪くなり、むくみや、下半身デブの原因になってしまうのです」

熱中症対策も大事ですが、この冷えを放っておくと、さまざまな病気が誘発される可能性があるんだとか……。

「肥満、女性に多い婦人病、不妊、そして最悪はガン……などですね。体温は、37度くらいあると、酵素の働きがよくなり、病気になりにくいのです。今からでも、体質を変えて、夏にも冬にも元気で過ごせるカラダにしていきましょう」

そこで、冒頭の“蒸しショウガ”の出番である。どれほどの効果があるのでしょう?

「私は毎朝、にんじんショウガジュースを飲んでいますし、日中は蒸しショウガ入り紅茶を水の変わりに飲んだり、蒸しショウガを食事にふりかけたりしています。毎日元気です。効果としては、カラダが温まるのはもちろん、ダイエットに成功した、血糖値が下がった、花粉症が治った、うつ病が治った、といった声が届いています」

そんなに大きな効果があるんですか! しかし、なぜ蒸す必要があるんでしょう?

「ショウガには、ジンゲロールとショウガオールという薬効成分が含まれています。ジンゲロールは、カラダを温めたり免疫力を高めたりする効果があり、ショウガオールは、ダイエット効果や体内の脂肪や糖質の燃焼を促進させて体温を上げる効果があります。生のショウガには残念ながら、ショウガオールの効果がほとんどなく、蒸しショウガには10倍のショウガオールが含まれているのです」

積極的に摂り入れたい“蒸しショウガ”。作り方は以下の通り。誰でも簡単につくれる方法を聞いてきました!

1.ショウガの汚れを取り、1ミリ厚くらいにスライス

2.80℃に設定したオーブンに1時間過熱する。設定できない場合、100℃前後ならOK。

3.ショウガが充分に乾燥したら完成。なかなか乾燥しなければ、天日干しや室内干しなどをしてみるのもあり!

⇒【写真】完成した「蒸しショウガ」http://joshi-spa.jp/?attachment_id=29530

こちらを細かく刻んだり(やや固いので注意)して、瓶に入れておけば、3か月保存が効くんだそう。粉末状にして、持ち歩いてランチにふり掛けたりすれば、毎日の食事で蒸しショウガが摂り入れられますね。

特に、水分補給としてオススメなのが、蒸しショウガを入れた紅茶。1杯につき、小さじ1杯程度の蒸しショウガを入れるだけです。

「紅茶にもカラダを温める作用があるのでこれは抜群にいいですよ。水の代わりにショウガ紅茶にすれば、余分な水分がカラダに停滞しないので、すっきり痩せられるんです。水分をたくさん含んだタプタプした二の腕も解消されますよ。とはいえ、そこまでストイックにすることはないです。私は、日中はカラダを冷やす水分を我慢している分、夜はビールを飲みますから(笑)。こうして帳尻を合わせていけば、無理なく続けていけるはずです!」

これ以上、冷えを放置しておくわけには行かない。簡単なのだから、ぜひ週末作ってみたい!


夏バテは真夏だけでなく、夏の終わりごろになって夏の疲れとして現れることもあります。
まだまだ暑い日が続きそうですので、これからは水の代わりに蒸しショウガの入った紅茶にすると体に良いかもしれませんね。


記事が良いと思われましたら是非クリックをにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ

Copyright:c  2008-2013 MediBridge Inc. All Rights Reserved