こんばんはいかがお過ごしですか。表題のテープ開発を目指したのはいきさつがあるのです。
実は数十年前に有名な形成外科の先生を訪問していろいろお話してました。
先生から、君はテープ屋だろう。若い女性の顔などの小手術(あざや、ほくろの除去など)の後に
貼るドレッシング(被覆材)の良いのがない。ファンデーションが乗るものを作ってくれ。
それが出来れば、手術した女性が自信を持って、術後も外に出かけられる。
と言われ、なんとかならないかと考え続け、やっとその解決方法を見出すことが出来ました。
ファンデーション、コンシーラーを化粧テープの上に乗せることができ、指でふき取っても取れません。
ある程度は色合いなど調整することは可能です。
比較すると、市販にあるものは表面がほとんど平滑だから、ファンデーションを
上に載せていても、指でなでるとれてしまう。我々が開発したものは適度に化粧料が乗るため色調の調整が出
き指で撫ぜても取れない。
上高地
上高地 10月です。

最近化粧用テープが利用されることが多くなってきているようです。
普通はウレタンフイルムを使い、粘着剤はアクリルという高分子(べたついて接着する特性を持つ)が薄く貼り合せた状態になっています。
このアクリルは超粘度の高い液体に近いような特性があり、何時間化皮膚に貼っていると、皮膚の肌理(きめ)あるいは皮溝に流れて入り、接着力が高くなり、皮膚温によって、少し柔らかくなり、流れやすくなります。それで剥がすとき、皮膚表面の角質層を剥がし、物理的に皮膚表面にストレスを与え、発赤が生じることがあります。アイプチのように、同じところに毎日貼る場合は特に刺激が累積して、貼れて来たり、ヒトによってはアレルギー反応に結び付きます。
私どもで開発している粘着剤はアクリルですが、ゲル(一般ではジェルと呼ぶようですが、プリンのような形を維持するようにしているものです)状にして、柔らかくして、皮膚の凹凸に最初から接触面性を高めたもので、実用的な接着性を持つけれど、微細な面積では接着力を抑えているため、剥離の際に皮膚へのストレスを大幅に抑え、皮膚刺激発現を抑えることに成功しています。ゲル型粘着剤と呼んでいます。

この粘着剤にはいろいろなものを添加しやすいのです。
皮膚代謝を活発化して、皮膚を若返らせるような成分やビタミンC (美白効果があるとされる)、血流増進効果のあるビタミンE など、抗菌剤を入れてニキビ用などにも展開できます。

もうすぐ商品を出しますので待っていてください。 

魔法のテープ  「はるコンシール」

露出しているところで目立つのは隠したいですね

傷痕や
しみ、
小じわ  ほうれい線 
ニキビやニキビ跡  ニキビ跡もなかなか消えません  大人ニキビに吹き出物もありますから
虫刺され、虫刺され後  蚊にかまれると腫れて、かゆいからかきむしり、傷が残ります。
大きな黒ずみができ、長い間消えません。

こんなところ皆さんどうしていますか。

薄い薄い柔らかな化粧品(ファンデーションやコンシーラー)が乗るテープが出来ました。
貼ったところの周囲の皮膚に合わせて色合いの調整が可能です。

「気になるところを気にならないようにできる 魔法のテープ」

如何ですか、ご興味があれば ご意見ください。 MF 山本

連休はみなさん山に海に海外にとレジャーを満喫されましたか、
いや帰りには渋滞に巻き込まれ散々な苦労をされて、どっと疲れてしまい、
今日の最後の日は休息されているのかな 

私のところでは砂摺りの藤というのが近くにありまして、小さな神社ですが、なんでも藤原鎌足
という方、歴史に出てくるでしょ、その藤原鎌足にちなんで藤が植えてあり、それこそ長い地に着きそうなほど
花が下に伸びて来る藤の老木があります。
そこで買い求めた藤の苗が4年経ち、花をたくさん咲かせました。
また、花水木やエビネも庭には咲きました。 花が咲き乱れ良い季節です。
鳥や蝶も楽しそうに飛び回っています。山本
 IMG_0646[1]


IMG_0649[1]

ニキビは嫌ですね。
ぷつっと赤い発疹のようなのが現れ、違和感が生じ、少し気になり触っていると
発疹がとがってきます。小さいですが赤くなり、先がとがって、少し痛いし、何だか目立ちます。
気になって、すぐに手で触ってしまいます。

ファンデーションやコンシーラー塗りつけるのは嫌ですね。膨らんでるから隠せないし。
ニキビ治療用軟膏もありますが、軟膏ですから隠せませんね。
その上から化粧できると書いてもありますが、コンシーラーを塗り付けるとニキビ用の軟膏が取れて、コンシーラーに代わってしまいそうだし、ファンデーションしても気になり指が触れると取れてしまい、余計に目だったりします。

皆さんどうしていますか
良い方法があればご連絡お待ちしています。MF 山本
ニキビ 写真1




 

↑このページのトップヘ