連休はみなさん山に海に海外にとレジャーを満喫されましたか、
いや帰りには渋滞に巻き込まれ散々な苦労をされて、どっと疲れてしまい、
今日の最後の日は休息されているのかな 

私のところでは砂摺りの藤というのが近くにありまして、小さな神社ですが、なんでも藤原鎌足
という方、歴史に出てくるでしょ、その藤原鎌足にちなんで藤が植えてあり、それこそ長い地に着きそうなほど
花が下に伸びて来る藤の老木があります。
そこで買い求めた藤の苗が4年経ち、花をたくさん咲かせました。
また、花水木やエビネも庭には咲きました。 花が咲き乱れ良い季節です。
鳥や蝶も楽しそうに飛び回っています。山本
 IMG_0646[1]


IMG_0649[1]

ニキビは嫌ですね。
ぷつっと赤い発疹のようなのが現れ、違和感が生じ、少し気になり触っていると
発疹がとがってきます。小さいですが赤くなり、先がとがって、少し痛いし、何だか目立ちます。
気になって、すぐに手で触ってしまいます。

ファンデーションやコンシーラー塗りつけるのは嫌ですね。膨らんでるから隠せないし。
ニキビ治療用軟膏もありますが、軟膏ですから隠せませんね。
その上から化粧できると書いてもありますが、コンシーラーを塗り付けるとニキビ用の軟膏が取れて、コンシーラーに代わってしまいそうだし、ファンデーションしても気になり指が触れると取れてしまい、余計に目だったりします。

皆さんどうしていますか
良い方法があればご連絡お待ちしています。MF 山本
ニキビ 写真1




 

化粧品 ファンデーションやコンシーラーがのる柔らかなフイルムが出来ました。

気になるところが顔をはじめ、露出したところに出来ると気になりますね
なんとか隠そうとしますか。
ファンデーションとかコンシラーで隠せますが、
凸凹や窪みがあったり、直接化粧品を塗るとまずいのではと思うことがあります。 

今までは柔らかなフイルムのテープはありましたが、 化粧がのりませんでした。のってもごくわずかでした。
そもそも隠す目的のものはありませんでした。化粧品を乗せる工夫も難しく、今までできませんでした。
形成外科の先生に顔のプ手術の後、絆創膏を貼って目立つので若い女性が外出できない。
だから、薄くてさらに化粧が出来るものを作りなさいとずいぶん前から言われていたのです。

何か良い方法はないかと何十年と探していましたところ、漸くその方法が掴めました。

その研究の結果、化粧が乗るよう特殊加工した表面を持つ柔らかなテープを作りました。
さらに、ジェルの粘着剤で皮膚常在菌の増殖を抑え、毛穴を広げてくれて、皮膚に潤いを
もたらす成分も配合しました。

ご興味のある方はご連絡ください。 メディカルフロント 山本 

優秀な方が加わってくれました。
一人は化粧品関係に携わったことがある女性で若い方です。
高分子材料や粘着剤は今勉強中ですがすぐに習得してくれます。
先日は新しい機能材料のフイルムの塗工も行いました。

もう一人はいろいろなことを経験してきた方で、恐らくバイタリチーのある方と見ています。
分野は違いますが精度の高いコーティングなどの技術等の経験もあります。
各種分野の技術感性を統合しながら新たな製品開発に向かってゆきます。 

午前中だけで5,6cmは積もりました。閉口です。

最近思うことがあります。団塊世代ということもありますが、
10年後には75歳以上が1600万人を超えると言われ、
その内、がん患者は半数の800万人に達します。
がんの摘出も全員受けることはできません。医師が足りない。
入院するベッドも足りない、看護婦も足りない。
今まで、治療とは心臓の拍動を1分でも長く保つことが治療であると考えてきたし、
家族もそうしてあげていることに価値を置いて、自己満足していたのかなと思います。
命への哲学が必要です。
生の価値とは何かという問いに答えることです。
哲学の用語は知りませんが、生とは活力を持って、家族と知り合いと会話を楽しみ
過ごしていることではないでしょうか。心臓が動いていることではないと思います。
自宅で豊かに家族とともに死を迎えることが生ではないかと。価値ある生かとおもいます。
痛みのコントロールは痛み止めのパッチもできており、相当程度コントロールできます。
国が財政破綻しそうなので、在宅で家族に面倒見て、介護者に助けてもらい、医師が訪問医療する
ということを推進するということです。背景には上記のことが必要になってきます。
皆さんはどのように考えているのでしょうか  山本 

↑このページのトップヘ