MTRL でものづくり の技術紹介の機会を得ました。
11月27日 19-21 Fab Meetup Kyoto が開催されます

 https://mtrl.com/kyoto/events/181127_fab-meetup-kyoto-vol-32/

参照してください  場所や趣旨など説明があります。

化粧領域への新たな特性を持つテープを開発してお客様の多様なニーズにこたえて行けたらと思っています 化粧品はそれなりに優れた要素を持ち日本で2兆円余の市場とか
しかし、高齢化してきた今、従来の化粧水にメイクのPowderかペースト、クリームで対応できるかと考えると難しい要素が増えている もっと違ったアプローチが必要であろうと思う
そこで、
化粧の出来るテープを考案し、ニキビやシミのカバー、 
さらには垂れてきた頬やしわをリフトアップして手術しなくてもプチ整形レベルの矯正が出来るテープを美容外科医と一緒に考案した

ジェル粘着剤は単に皮膚に貼るだけでなく、皮膚に美容成分や薬理活性な成分を供給するDeviceになる。
単に隠すだけでなく、菌を殺したり、しみを分解したり、しわが出来るのを防ぐなどの機能を持つものを添加して、より高度の美容への挑戦が出来ないか? そんな風に考えている

医薬品のテープはいくつか日本に世界に供給されている。新たなまだ生まれていない機能を持つものへも挑戦してゆきたいと考え研究し特許も出し、特許化も出来ている

私は粘着剤の新しい応用の分野を切り開けたら 特に健康医療の分野で とは思うもののそれほどレベルの高い皆が想像できないようなことは難しい
60才を過ぎ、引退の時期ではあるが、今までの蓄積を基に創造的開発にチャレンジしている
年を取るというのは悪いものではない まず、恥ずかしがることもなくなり、背伸びをしなくていい 誰のところにでも、立場が高かろうがつかつか入って行ける、相手が拒絶しない限り これは大きな武器である 若いころはそれが出来なかった
晩熟の凡才には長年の熟成が必要なのではと今感じている

滋賀県のNEW Business Contest 2017 では最優秀賞を得たり、
滋賀銀行・京都信用金庫から今年初旬に 地域のイノヴェーション 賞をいただいたり、
晩年 刺激的な日々は送れている 
cosmetape.com    を参照いただきぜひ本活動の応援をよろしくお願いします。
代表 山本敏幸