メディカル・デザイン株式会社代表 水口真理子 ブログ 『快適医院をつくるインテリア医学』

メディカル・デザイン株式会社代表 水口真理子の 『快適医院をつくるインテリア医学』

インテリアデザイナー 水口真理子による インテリア医学の実践

メディカルスタイリスト® 資格認定講座(4/8公開収録)

ha_kentei_ms_image
●公開収録日/2021年4月8日(木)
(Eラーニング/2021年6月1日(火)〜)
●時間/10:00~17:00(12:00~13:00 昼食)
●受講料(1名)/27,500円(税込)[テキスト代込]
●詳細/https://www.housing-a.co.jp/kentei/ms/top.html



「コロナ対策として設計・デザインで何ができるの?」
「クリニックや福祉施設から設計・デザイン・コーディネートなどのご依頼を受けたが、事例が少なく自信がない」
「他社と差別化したプランを出したい」等の現場の声に答える形での実践的なカリキュラムを基にした認定制度です。
この認定講座は、医療施設づくりのプロジェクトに直結した内容となっており、現場で必要とされる基礎知識のみならず、人間の健康を環境から考え、空間デザインできる事を目的とします。
認定講座初のEラーニングでの開催となります。
時間と場所の制約がありませんので、タイミングを見計らって受講をご検討ください。
また、Eラーニングの視聴開始予定は6月初旬となりますが、それに先立ち、HIPS東京校で収録する日に限定10名となりますが、ご参加される方を募集いたします。
公開収録日のご参加者はもちろん、Eラーニングでもご視聴いただけます。
(ハウジングエージェンシーHPより)

事例紹介:医療法人社団PRIDE会 吉井矯正歯科クリニック 様

メディカル・デザイン株式会社サイト・事例紹介に、「医療法人社団PRIDE会 吉井矯正歯科クリニック」様を追加いたしました。
クリニックインタビューの動画🎥も 掲載いたしましたので、併せてご覧ください。

日経メッセ JAPAN SHOP「人が安らぐ空間づくりのためのグリーンデザイン―効果実証と事例紹介」[2021年3月9日(火)15:00~15:45]

2021年3月9日(火)〜12日(金)、東京ビッグサイトにて開催の「#日経メッセ・JAPAN SHOP」にて、岩崎 寛 准教授(千葉大学大学院 園芸学研究科 / 日本ガーデンセラピー協会理事)と講演いたします。


「人が安らぐ空間づくりのためのグリーンデザイン―効果実証と事例紹介」
2021年3月9日(火)15:00~15:45(申込番号:JS-4)
●岩崎 寛 氏(千葉大学大学院 園芸学研究科 准教授 / 日本ガーデンセラピー協会理事)
●水口 真理子 氏(メディカル・デザイン代表取締役 / 日本ガーデンセラピー協会理事)

なぜ今、バイオフィリックデザインか(2)

biophilia_02

知識と経験を積み、今思うことは。

「先生やスタッフのみなさんが元気で笑顔であってほしい!」

働く先生やスタッフの皆さんは、日々多くのストレスにさらされています。
本当に感謝するばかりです。

そのストレスを、少しでも取りのぞきたい!
空間デザインで、できることは!

それは、自然環境を取り込んだ空間デザインです。
バイオフィリックデザインともいわれ、コロナ禍において自然環境の大切さが叫ばれるようになり、ようやく一般的に耳にするようになりました。

私は、この「バイオフィリックデザイン」こそが、病院環境にとても大切だと思っています。
「森の中にいるような 生命豊かな空間」が人を元気にしてくれます。

空間環境は、人に生理的・心理的側面からたくさんの影響を及ぼします。
「人の健康を空間環境からデザインする」
この20年間の経験を通して、この大切さを改めて感じています。

いつも私が考えている、
「どうしたら、スタッフのみなさんがニコニコ笑顔になるのかなぁ?!」
バイオフィリックデザインは、答えを知っています。

「先生やスタッフのみなさんが、ニコニコ笑顔でありますように!」

<つづく>



快適な医院空間を演出する様々なヒントが満載の
快適医院をつくるインテリア医学』 どうぞ参考になさってください。



なぜ今、バイオフィリックデザインか(1)

biophilia_01

2000年に、たくさんの夢と情熱を持って会社を立ち上げました。
息子がお世話になった病院の先生や
看護師さん・スタッフのみなさんに恩返しがしたい。

「どうしたら、スタッフのみなさんがニコニコ笑顔になるのかなぁ?!」
「私が、人生をかけてできることは何だろう?」

21年間、変わることなく、考え続けています。

従来の病院のイメージ、汚い・暗い・冷たいといった
リラックスとは程遠い空間を
スタッフのみなさんが気持ち良く仕事ができ、
患者さんに「この病院を選んで良かった」と思ってもらえる病院にしたい!

その思いを込めて、2008年に『インテリア医学』を出版しました。
安全で思いやりのある空間づくり・五感に訴えかける
癒やしの空間づくりのポイントなど具体的に紹介しました。

前例のない書籍でしたので、
書店に並んだ当日からたくさんの反響を頂きました!

そのことがきっかけで、日経BP・小学館などにも
記事を掲載させて頂くこととなりました。
中でも、日本歯科新聞社発刊の
歯科医院向け経営情報誌『アポロニア21』
10年間毎月連載をさせて頂きました。

その間、企業のトップにインタビューする 大変ありがたい機会を得ました。
お話をお伺いした企業トップは120名余りです。
「先生やスタッフの方々が、快適で心も体も安らぐ医院を作るために!」
その方法や商材を尋ねました。

interior_medicine_coverそして、記事にて紹介するだけではなく、
実際私がお手伝いしている医院づくりの現場に取り入れ、
リフォーム後の先生やスタッフの声も紹介しました。
この経験は、私のかけがえのない財産となっています。

これらの記事は、最初の4年間の連載を『インテリア医学の実践』、
10年間の連載を『快適医院をつくるインテリア医学』にて出版頂きました。

<つづく>

(株)日本歯科新聞社 3分ミニセミナーに出演しました

水口真理子 日本歯科新聞社 ミニセミナー 感染症が流行しても患者さんが来る歯科医院3つのポイント

先日、(株)日本歯科新聞社様の「3分間ミニセミナー」に出演させていただきました。

このご時世にも関わらず患者さんが来院される歯科医院のちょっとしたポイントをお伝えいたします。





医院リフォームのご相談・セカンドオピニオンなど、
以下フォームよりお気軽にお問い合わせください。
メディカル・デザイン株式会社:https://medical-design.net/contact/

コロナ対策として設計デザインができること

師走になりましたが、相変わらずコロナに振り回されてばかりの毎日、
皆さんお疲れが出ていることでしょう。
マスク手洗いに加えて、室内の消毒作業は大きな負担ですね。
少しでも作業を効率化するために、
  1. 不要なものは片付ける

  2. ホコリが溜まりにくい工夫をする

  3. 紙媒体をデジタル化する

植物を入れて、静電気によるホコリの吸着を軽減
narimasu_dc_01

リニューアルできるなら、
  1. 椅子などの家具はアルコール消毒に耐性のある素材

  2. 床はリノリウムに

  3. スリッパをやめて土足にする

抗菌効果に優れているリノリウム
yoshimura_dc_01

毎日の掃除・消毒作業が格段に楽になります。
他にも様々なヒントが満載の『快適医院をつくるインテリア医学』を
どうぞ参考になさってください。
表紙



医院リフォームのご相談・セカンドオピニオン・セミナーの依頼など、
以下フォームよりお気軽にお問い合わせください。
メディカル・デザイン株式会社:https://medical-design.net/contact/

WELL認証の厳しい基準

前回ご紹介したWELL認証申請中の調布市・吉井矯正歯科クリニック。
飲み水の水質検査や室内の空気環境の検査など各項目の数値を測定中です。
_9170134
_9170238
_9170250
_9170160

WELL認証の認定には厳しい基準をクリアしなければなりません。