インテリア医学

インテリアデザイナー 水口真理子による インテリア医学の実践

盛岡にて講演させて頂きます。

12月11日、株式会社ジーシー様主催&ササキ株式会社様協賛の「リニューアルセミナー」にて、講演を務めさせて頂きます。

医院継承は、院内環境の改善・スタッフのモチベーションアップの最大のチャンスです!

講演テーマは下記の通り。

○100事例から生まれた快適空間テクニック
○「5S」で心スッキリ★医院片づけ術

詳細は以下のフライヤーにてご覧ください。


flyer_20161211

フライヤーを拡大表示 (PDF 0.2MB)


アポロニア21〈12月号〉インテリア医学Q&Aコーナー連載

題材:親子継承をスムーズにするための「5S」

Q:親子継承を機に 院内環境を整えたい。
A:「5S」に取り組むことをお勧めします。

詳細はアポロニア21(日本歯科新聞社)にて12月号をお求めください。


 

HIPS 実務セミナー開講&講演会開催

HIPS(ハウジング・インテリアプロスクール ヒップス)東京校にて、「水口真理子のインテリアコーディネーターが医療コンサルタントになれる劇的な秘策」と題し、以下の日程で実務セミナーを開催いたします。

●第1回 2016年12月14日(水)
 【医療スペースのデザイン・コンセプト】

●第2回 2016年1月25日(水)
 【医療施設プロジェクトに関わる図面・書類の作成】

●第3回 2016年2月22日(水)
 【医療施設プロジェクトに関わる入札・交渉・履行確認】

詳細はこちら (HIPS ホームページ講座案内)


この実務セミナーに先駆けて、去る11月9日に講演会を開催させていただきました。

当日は満員御礼のため、お越しいただけなかった多くの方にはたいへん申し訳なく、心よりお詫び申し上げます。


20161109_Image1

20161109_Image2

20161109_Image3



岡山県保険医協会の講演会

11月6日、「歯科医院のための『インテリア医学』講演会」が岡山県保険医協会主催のもと開催され、
100事例から生まれた快適空間テクニック
「5S」で心スッキリ★医院片付け術

というテーマで講師を務めさせて頂きました。

主な内容は以下の通りです。

○ホスピタリティー・マネジメントとは
○快適空間の演出テクニック
○物があふれかえる状況をどう変えるか
○心スッキリ☆良い環境をいかに維持するか

詳細は岡山保険医新聞に掲載されていますので、以下のPDFにてご覧ください。

20161125_newspaper

岡山保険医新聞 (PDF 1.3MB)

受講後のご感想 (PDF 0.2MB)

※記事は新聞社の許可を得て掲載しております。

20161106_IMG_4083



20161106_IMG_4077







アポロニア21〈11月号〉インテリア医学Q&Aコーナー連載

題材:ポップの書き方

Q:受付周りでの物品販売に 効果的な方法は?
A:ポップを上手く活用しましょう。


11月号では、特集:待合室を変えよう(下)のコーナーで、「光で快適な待合室空間を」と題し、コイズミ照明株式会社(梅田照幸社長)の協力の下、照明の光を活用した快適な待合室の空間デザインについて事例を交えて解説させていただきました。

photo3

窓のない待合室の照明についてや、間接照明の活用法、ディスプレイを引き立てる照明の当て方など、容易に取り入れて頂ける内容となっております。

また、照明による印象を体感できるコイズミ照明ショールームについてもご紹介させていただきました。

https://www.koizumi-lt.co.jp/showroom/



詳細はアポロニア21(日本歯科新聞社)にて11月号をお求めください。


 

臨時休暇のご案内

10月20日から26日までは 研修会の為、休暇とさせていただきます。

コイズミ照明東京ショールームで講演いたしました

2016年10月3日、東京・神田のコイズミ照明:東京ショールームで医療福祉施設での快適な空間づくりについて講演させて頂きました。

20161003_DSC01226


コイズミ照明:東京ショールーム内に、クリニックの待合をイメージしたコーナーを水口真理子監修にて新設する予定で、その発表会を兼ねての講演会、多くの方々が関心を持って聴講くださいました。

また、このセミナーは各種メディアでも取り上げていただきました。


20161003_newspaper

記事の詳細はこちら (PDFファイル 1MB)



アポロニア21〈10月号〉インテリア医学Q&Aコーナー連載

題材:アクアリウムセラピー

Q:なぜ、アクアリウムには セラピー効果があるのですか?
A:アクアリウムには ヒューマンスケールが詰まっているからです。

詳細はアポロニア21(日本歯科新聞社)にて10月号をお求めください。