2010年12月18日

ほったらかし投資術 (朝日新書)

10日に発売された、山崎元さんと水瀬ケンイチさんによる「インデックス運用実践ガイド」(副題) です。

「語り口の相性の良さ」 に引っ張られるようにして、2日ほどで読み終わりました。

水瀬さんの抑制がきいた筆致による序章 (山崎さんはご自身のブログで「上品な文章」 と形容されています) のあと、「アクティブファンドを買うことは・・・阿呆か、お人好しのすること」 という一文が登場したりします。

共著を読む楽しみの一つでしょう。

山崎さんの理論編には、私には難しく感じられる部分もありましたが、まず太字で書かれている部分を確認したあと、本文に戻ることにして乗り切りました。

(太字を追うと、おおまかに説明の方向・着地点が把握できて、助かるものです)

水瀬さんの実践編では、さほどページ数は割かれていないものの「心がまえ」の項がとても印象的でした。

文字通り「実践」 に入ってみようかという人を、後押ししてくれそうな部分だと思ったのです。

ただ、せっかくの共著なので、互いに「異論」 がある部分に焦点を当てたページもあっていい気がしました。

その点は少し物足りなく感じています。

それにしても、意義深い出版です。

書籍というメディアによって、水瀬さんのようなブロガーの存在や見識が、さらに広く世に知られるようになるのは、とてもすてきなことです。

山崎さんには既に多くの著書がありますし、この本も好調な売れ行きのようですが、部数というひとつの物差しから離れても、大きなヒット作と言えるのではないでしょうか。



medicalhoken at 22:00│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新コメント